龍馬伝 第40回
「龍馬伝」が始まるといつもスタッフロールの演出担当名を見て私がなにやらつぶやくせいか、今回はうすらぼけっと新聞の整理をしてスタッフロールを見てなかった私に、子どもが「演出のところ、二人になっているよ!」とわざわざ報告してくれたんである(笑)。で、顔を上げてみてみると前回書いたように演出はお初の松園さんと、他にあの渡辺Dの名前が並んでますよ! ……え”!?

[あらすじ]
「“長崎で商売をするには龍馬(福山雅治)の力が必要だ”と悩む弥太郎(香川照之)。そこに土佐の容堂(近藤正臣)から、象二郎(青木崇高)のもとに「ひそかに薩長とつながりを持て」という命が届く。象二郎は薩長を結んだ龍馬と会う決心をする。馬関での戦いから長崎に戻った龍馬は、弥太郎に会い「大政奉還を目指して、土佐を薩長に取り組むために象二郎と会う」と言う。ついに土佐での因縁を抱えた2人が対決するが…」(NHK番組表より)

うわーっ、びっくり。すごくシンプルというかストレートな演出で、見ていてすごくすっと入ってくるんですよ。松園さんはまだ若手だから渡辺さんはどちらかというとテクニカルサポートに回っているんじゃなかろうか。まあ「時計じかけのオレンジ」のアレックスみたいなどぎつい、これでもかな象ちゃん(後藤象二郎役、青木崇高)描写は渡辺Dならではな感じもするけど、でもこれは象ちゃん役の青木さんの力が大きいせいでもあるかも。で、いつもならうざくてイラっとする龍馬(福山雅治)が、今回はあまり気にならなかったんですね。それどころか、三白眼祭り(眉なし(徳川慶喜役、田中哲司)、象ちゃん、弥太郎(香川照之))で皆さんが吠えたり切れたりにらんでたりする中、薄くて飄々とした感じが結構よかったです(←エラソー?)。土佐が大政奉還に果たす役割と必要性の説明も(歴史的事実はどうだか知らんですけんど)わかりやすかったですし。

そして今回の見所、「龍」対「虎」、「虎」の象ちゃんですよ。まあ前半はふてくされの切れキャラでしたけんど、肝心の清風亭の対決は見応えがありました。重量感ある悪代官ぶりにほれぼれ。これまた「透明感溢れる」龍馬との対比が効いていてよかったし。また今回は舞台劇みたいな感じだったよなあ。会談の中心となる清風亭の小さな座敷の中で会話だけで進む龍馬と象ちゃんの対決、それを取り囲む象ちゃんの手下と弥太郎と亀山社中の連中、とりあえず中立な立場ながらもわかりやすくその場の空気を見せているお元(蒼井優)、それぞれが交互に映し出されて場の緊張感を盛り上げ、なおかつ彼らの視線の先が常に龍馬と象ちゃんに向かっている事で、今回のテーマをくっきりと見せていましたもんね。

でもまー、どいつもこいつも「龍馬さんでないと」「坂本君なら」「龍馬さんは」と言い過ぎ。そこまでヨイショせんでもええ。しかも高杉晋作(伊勢谷友介)まで「坂本さんは大政奉還をなしとげると-ー」「坂本さんはそのおうなお人では-ー」と血を吐きながら木戸さん(谷原章介)に抗議、この「龍馬伝」の死亡フラグのお約束、奥さん?だか恋人だかもご登場ですよ。来週はやっぱり坂本君マンセーで退場の模様。あーあ、おいたわしや。

今週の「あの人は今」。久しぶりに登場の半平太さん(大森南朋)。……何もあの場面を使わなくても。そりゃ「武市さんや以蔵(佐藤健)を殺した敵じゃ」という場面の回想だから仕方ないんだろうけどさー。死ぬ場面を出すなら、あの浅葱の衣装でスッと立って、和助(小市慢太郎)に声をかける直前の一瞬を見たかったけどな。

今週の適当な思いつき。風邪薬のCMに高杉晋作の起用はどうか。ゴホゴホッと咳き込む晋作さんに、「はい、風邪にはやっぱり○○ネ」と風邪薬を差し出す……って、晋作さん死んじゃうからダメか。

そして「龍馬滅亡」まで後10ヶ月! ……本当にカウントダウンしてるでやんけ。
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
お久しぶりです。
薄っぺらい脚本にいつも噛み付いているモノです

第四部に入ってからいきなり 「太政奉還」が出てきてビックリしています
これって龍馬暗殺直前に後藤と船のなかで話しのなかででてきたやつじゃなかった、よにいう「船中八策」違ったかしら
清風亭の会談では後藤は薩摩、長州に近づく為、龍馬を利用し、龍馬は亀山社中が金欠で土佐潘から金を引き出す為に後藤を利用しようとしてたはず当然幕府を倒すという点では、一致してたはず、龍馬伝はいきなり太政奉還のはなし理解に苦しむ それと気になるセリフが「政権」先週もこのセリフがでてきたけどこの時代は「政」じゃないの
龍馬伝の最終回に武市さん、亀弥太、以蔵 ほか土佐勤王党の面々 あと饅頭屋がでるらしい
2010/10/06(Wed) 17:36 | URL | 刹那 | 【編集
いや、これ怖すぎるから本当に写真を見てまたおもいましたよ。

座敷が狭いのにあんなに土佐側(見えるだけで)8本、亀山社中側7本も刀があるってだけでマジびびりましたが(もっとあったかも)、その中を後藤さんが立ち上がった時はもう「危ない!切れる!!」と画面に向かって叫んでしまいました。

昔昔、機会がありまして、日本刀の本物をほんの一瞬持たせてもらったことがありまして、もう物凄い迫力で、重くて、硬くて、きれいで、怖かったです。

ケビン・コスナーのボディーガードって映画で日本刀にオーガンジーのスカーフを落として切るシーンがありましたが、その時はなんと髪の毛を刀の刃の上にそっと置いただけで切れるという実演を見てしまい、それからどうも先端、刃物恐怖症になってしまいました。

なので、殺陣のシーンは苦手なんですけど今回は龍馬の話に伸るか反るかの大事な場面でしたからがんばって見たのですけど…一瞬は怖かったのに後藤さんが「まっこと恐れを知らん男じゃな」と言った後には私も怖くなくなってしまいました。

それはそうと、もうマンダリン・オリエンタルの1泊2日5500万円(税抜き、サービス料別)のホテルプランはCafe Tumireのオフ会で予約をされましたか?

>アラブの王族の誕生日などに

というくだりでハゲタカの1シーンがつい思い浮かんでしまいましたとさ。




2010/10/06(Wed) 18:22 | URL | むぎこがし | 【編集
へぇぇ、今週の演出は二人だったのか。わたしも全然見て無かったわ。なんか今週は象ちゃんオン・ステージって趣で、今までは変質者にしか見えなかった象ちゃんが、今週は大物感も混ぜ込んできた上に、時間的にもほぼ出ずっぱりということで、さすがの容堂様も薄く感じられました。でも清風亭のシーンは、緊迫感あるなぁと思いながらもそれを一歩後ろから見ているような、ドラマとの距離感が縮まるまではいかなかったなぁ………もう「龍馬伝」で熱くなることはなさそう。

>そこまでヨイショせんでもええ。しかも高杉晋作(伊勢谷友介)まで~

ほんとにねー、大政奉還あたりから高杉晋作、急に龍馬教に入信した様子で、長崎でのワイルド高杉はどこへやら、座頭市で花を咲かせた後は、いよいよ最後のお勤めに入ってます。はぁぁ~、龍馬ageが全てをダメにしていく………

>……何もあの場面を使わなくても。

全く同じことを思いましたよ。「ここかよ~(泣)」って。死ぬ前の凛とした静かな面差しじゃだめなのか?(でもそんな風に思うのは半平太ファンだけで、一般の人にはインパクトの強い顔の方がいいんだろうなぁ………「かお」で変換したら「加尾」って出てびっくり!まだ覚えてたんかい)

>「はい、風邪にはやっぱり○○ネ」と風邪薬を差し出す

で、その後手のひらの血が映ったら、「多い日も安心」って横からナ○キンを差し出す………
スンマセン!スンマセン!←平謝り


またまた話題ズレで申し訳ないんだけど、昨日、映画「ハゲタカ」(この時はブルーレイ)を見てたら、最後のエンドロールで、その他大勢の出演者の中にリアル鷲津さんがいてびっくり!
主人公の名前が佐藤や鈴木で、出演者の中にリアル佐藤やリアル鈴木がいてもちっとも驚かないけど、「鷲津」はどきっとしたなぁ。これって、わたしの中ではもう姿形が伴わなくても、「鷲津」って名前だけでキャラが立ってるってことなんじゃないかなと思った次第でした。はぁぁぁ、ビョーキ………
2010/10/06(Wed) 21:06 | URL | suika | 【編集
>薄っぺらい脚本にいつも噛み付いているモノです

いっそね、全部スッキリと無視したりスルーできればもっと幸せなんでしょうけどね。

>第四部に入ってからいきなり 「太政奉還」が出てきてビックリしています

私もあれには結構いきなり感がありましたよ。でも知識がないもんで今慌ててWikipediaをチェックしてみたけど(笑)、一応1866年の夏頃に龍馬は大政奉還論を唱えていたみたいですね。そんで翌1867年1月の清風亭会談で土佐藩と仲直り、6月に京都で島津久光、伊達宗城、松平春獄、山内容堂による四侯会議が開催されて、そこに向かう船の中で象ちゃんと龍馬が、大政奉還の具体的な内容として「船中八策」をまとめた、と。へーー。

>龍馬は亀山社中が金欠で土佐潘から金を引き出す為に後藤を利用しようとしてたはず

だって龍馬は清く正しく美しく平和主義だから、そんな現実的な話はしないのよ~。今回だって何かっちゃあ「日本のため」とか言ってたしね~。

>龍馬伝はいきなり太政奉還のはなし理解に苦しむ

今回、土佐を軸にして薩長と手を結んで幕府を倒すという説明はわかりやすかったですけど、そこに至るまでの描写が今三つなんですよね。私は龍馬が倒幕に至るまでの心情もまだ全然理解できてませんよ。なーんか、戦術あって戦略なしっつー感じもするな。

>それと気になるセリフが「政権」先週もこのセリフがでてきたけどこの時代は「政」じゃないの

当時の言葉とか単語は微妙なところですね。「政」でも現代に通用する言葉だと思うけど、でももしかしたら一般的じゃないと思ったのか。あるいは「政」は「政治」だけど、「政権」は政治を行う主体であるというのを強調しているのかもね。つまり今回なら江戸幕府から奪い取るのは「政治」ではなく「政権」だと強調したいのかも。

>龍馬伝の最終回に武市さん、亀弥太、以蔵 ほか土佐勤王党の面々 あと饅頭屋がでるらしい

10月になってからゾンビな皆さんが新しい場面を撮ったそうですね。
2010/10/06(Wed) 23:27 | URL | tsumire→刹那さん | 【編集
>その中を後藤さんが立ち上がった時はもう「危ない!切れる!!」と画面に向かって叫んでしまいました。

いやあ、私もあの狭い空間の中であんなに刀振り回したら絶対誰か怪我するだろとは思ったものの、どうせ小道具だし、と思っちゃったので怖くはなかったんですけど(えー、非常に夢がないっつーか?)。

>日本刀の本物をほんの一瞬持たせてもらったことがありまして、もう物凄い迫力で、重くて、硬くて、きれいで、怖かったです。

本物の剣には魂が宿るとかいうくらいすごいもんらしいですもんね。大昔古文書学の授業を受けた時に確か刀の話も聞いたことがあるようなきもするなあ。

>それはそうと、もうマンダリン・オリエンタルの1泊2日5500万円(税抜き、サービス料別)のホテルプランはCafe Tumireのオフ会で予約をされましたか?

マンダリン丸ごと貸し切りパックね(笑)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000934-yom-bus_all
残念ながらまだ予約はしてないざます。定員は500名ですからね、オフ会運営も大変ですよ(本当にオフ会かよ!)。

「スイートルームなど全178客室の宿泊代、レストランなど9店舗での飲食代、スパの利用代、500人のカクテルパーティー代」込みですから、芸能人の結婚式なんかを考えたらもしかしたらかなりお得なんじゃ?(引き出物代が別だろうけど)。

うーん、マンダリン貸し切りでハゲタカ廃人500人が鬼ごっこ! スケールでけえなあ(←バカ)。
2010/10/06(Wed) 23:50 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>なんか今週は象ちゃんオン・ステージって趣で、今までは変質者にしか見えなかった象ちゃん

とりあえずさっきWikipediaをチェックしたら龍馬はしばらく象ちゃんと一緒に行動するみたいね。ま、「龍馬伝」ではどうだかしらないけど。史実通りならしばらくは大物変質者(違)の象ちゃん大活躍ですよ。

>もう「龍馬伝」で熱くなることはなさそう。

ま、あと残り8回ですから。でも某嬢のタレコミによれば最終回には半平太さんが出るそうよ。つい最近新しく撮ったそうで。もっともそのせっかくの新撮りの半平太さんもけっきょく龍馬の最後の「ごめん茶」に使われるだけなんだろうけどさーー。

>いよいよ最後のお勤めに入ってます。はぁぁ~、龍馬ageが全てをダメにしていく………

本当にもうねえ……(遠い目)。もう予告でアレだかんね。晋作さんも浮かばれないわ~。

>死ぬ前の凛とした静かな面差しじゃだめなのか?

そりゃさ、「武市さんと以蔵の敵!」という場面だから仕方ないのかもしれないけどさー、あの、凛とした立ち姿を見せる事で半平太さんの思いがまっすぐ亀山社中の連中にも受け継がれているのだと、龍馬は半平太さんの思いを引き継いでいるのだと言う事を、言葉で説明しなくても納得させられる場面でもあるのになー。

>「多い日も安心」

これで晋作さんも安心して血が吐けるというもんです(違)。

>その他大勢の出演者の中にリアル鷲津さんがいてびっくり!

あー、鷲津秀人さんだっけ? 確か他にももう一人ネタになる名前の人がいたんだけど誰だったっけな。

>「鷲津」って名前だけでキャラが立ってるってことなんじゃないかなと思った次第でした。はぁぁぁ、ビョーキ………

やだなあ、ビョーキじゃないよ、ほら中学生くらいの女子が好きな男子の名字を見るだけで嬉しい、に近い心境だね。つまりsuikaさんはまだまだ若いっつーことよ(笑)。
2010/10/07(Thu) 00:14 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
こんにちは 今晩で伊勢谷晋作ともお別れですね。今日また本屋を徘徊しておりましたら雑誌コーナーにてまことちゃんヘアーの鋭い目つきの高杉さんを発見!ステラの表紙を飾られていました。
なかの記事に大友さんのお名前がでていましたので思わず熟読(立ち読み)してしまいました。
第39回の必殺シーンは台本にないその場での大友演出だったようで伊勢谷さんご本人は普通では考えられないシーンでも大友さんが一緒に役者と頑張ってくれる、脚本以上の演出が現場でなされるから台本を100%の状態で現場に臨まないといけないけれども今後もずっと一緒にお仕事をしたいとベタぼれコメントが載っておりました。いや~愛されてますね、大友さん。

以前読んだ大友さんのインタビューで幕末で惹かれる人物として、
世の中のおかしい事に声を上げ続ける龍馬、
自分の地位に満足できずに真っ正直に生きる弥太郎、
古いシステムに誠実に生きようとした半平太、
全く違う階層の人たちを纏め上げて一緒にやろうよと言った晋作
とあげていたのを今頃になってようやく納得できそうな感じです。
2010/10/10(Sun) 17:33 | URL | むぎこがし | 【編集
>第39回の必殺シーンは台本にないその場での大友演出だったようで

うわぁ~、あの結構トンデモ演出はやっぱり脚本にはない大友さんならではのものだったのか~。

>普通では考えられないシーンでも大友さんが一緒に役者と頑張ってくれる、脚本以上の演出が現場でなされるから台本を100%の状態で現場に臨まないといけない

「普通では考えられない演出」「脚本以上の演出」……(笑)。やっぱりこの「龍馬伝」、役者さんが誰をとっても素晴らしすぎるなあ。

>いや~愛されてますね、大友さん。

大友さんもこれぞと見込んだ役者さんは徹底的に美しく、あるいはカッコよく見せてくれるから役者さんも演じがいがあるんでしょうね。

>あげていたのを今頃になってようやく納得できそうな感じです。

まあ、返す返すも脚本がアレなのは残念でしたよ……(遠い目)。残すところ「龍馬伝」も7回、来週は飯島さん(違)の「お前は誰なんだ」違う、「おまえは何者なんだ」も聞けますからね、楽しみです。
2010/10/11(Mon) 20:31 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック