先日横浜まで行って生大友Dを見てきたばかりですが(10月19日「生大友Dを見に(「制作者に聞く!~番組制作の現場から~「龍馬伝」)。」)、またもや機会があったので見に行ってきました。場所は銀座Apple、お題は「DVJ BUZZ TV #14:「龍馬伝」フィクション × ノンフィクション」、司会は石川幸宏氏、大友D(NHKディレクター・大友啓史氏)の話を引き出すのは歴史小説家の伊東潤氏。

 ・<告知> DVJ BUZZ TV #14『フィクション×ノンフィクション』(石川幸宏twitter)
 ・歴史作家伊東潤のブログ【仍如件(よってくだんのごとし)2】

ま、またもやtwitter……。まあ、このtwitter上の書き込みによれば今度はは「龍馬伝」と「ハゲタカ」の編集だった大庭さんに出てもらいたいと書いてらっしゃいますね。で、このDVJ BUZZ TVの企画は通常はUSTREAM等のライブストリーミング配信を行なうそうですが(DVJ BUZZ TV)今回は行なわず、ただし伊東さんのブログを見ると後日YouTubeでのダイジェスト配信があるようですね。なので興味がある方はそちらをご覧下さい。それにご一緒したnanakoさんがきっと記事にしてくれるはずだから(プレッシャー?(笑))、そちらを見た方がよくわかるかも(しかもnanakoさん、ちゃんと当日のうちに最初の記事書いてるし。夏休みの宿題はきっと7月中にやるタイプだよね。「銀座Apple Storeにて:「龍馬伝」フィクション × ノンフィクション」)。

なので私は超簡単な印象と感想のみ。会場は80数席のみの小さなシアターで整理券発行とか予約とか何も受け付けないシステムという事だったので、ヒジョーーに早めに行ったらなんと1番乗り、そんな訳で座った場所も一番真ん前。うひゃーー、こんなに前だと目の前でメモ取れないじゃん。せっかくお話をして下さるのにそれを見ないでメモしているって失礼なんじゃ!? とか思いつつもメモしちゃいましたが、あとで見てみたら文字が読み取れなかったよ、ママン……(ダメダメ)。しかも私が座った席の真ん前の1mちょっとぐらい前に置いてある椅子に大友さんが。前回のトークショーでは思っていたよりも巨漢ではなかった事に驚きましたが、今回こんだけ間近に真ん前で見たら、思ったよりもずっとお若いというのもわかりました(あれ? 色々失礼すぎ? すんません)。でもお話する様がヒジョーにラブリー。

さて、大友さんのお話の中で印象に残った事をちょっとだけ。「カット割(アニメの絵コンテのようなもの?)を決めるのは演出の仕事。カット割を決めるとカメラマンが(役者の)芝居を見ずにカット割だけを見る。(なのでカット割をしないで演出する)最初は僕だけだった、まさか他の演出も(カット割を)やらないとは思わなかった(笑)。もう(台本とかカット割とか)紙の量がすごい。それがないんだからエコディレクタです(笑)。エコ大河。人間にはやさしくないかもしれないけど(笑)」

岡田以蔵について。「岡田以蔵といえば五社英雄の「人斬り」(大映、勝新太郎主演、1969年)が好きだった。佐藤健くんはチーフプロデューサーがどうしてもと推してて、ここは争った所だったが、佐藤健にしたことで面白い、ピュアな以蔵が出来上がった。このピュアさは今までの(岡田以蔵の)描き方にはなかったもの。永山則夫の「無知の涙」をやりたかった。(佐藤健の岡田以蔵は)無知である事を自覚している所がいい」
【追記】(2010/11/4):もしかして私の書き方で非常に大きな誤解をさせてしまったことがあれば申し訳ないと思うのですが、大友さんは「龍馬伝」を演出する前に大友さんなりの岡田以蔵像があったために、佐藤健ではイメージが少し違うと思ってらっしゃったのではないかと思います。実際、史実上の岡田以蔵は多分「人斬り」の勝新太郎の方がイメージが近いでしょうし。しかしやってみたら「龍馬伝」の中の佐藤健演じる岡田以蔵はとてもよかったと、大友さんは非常に高く評価してらっしゃいました。私の拙い文章では色々伝わらない事だらけで本当に申し訳ありません(とほほ。変な誤解を招いては大友さんにも佐藤健さんにも申し訳ないので記事自体削除しようかと思いましたが、一旦書いてしまった責任があるのでこのままにしておきます)。

このキャストで想像以上にハマったのは誰?という問いには、高杉晋作(伊勢谷友介)と。「高杉晋作はハマるとは思っていたけど想像以上だった。あのザンギリ頭でカッコいいのはなかなかいない。高杉晋作が憑依していた。最後の福山雅治との場面では(福山が)「伊勢谷君、死相が出ているから、人間ドックに行ったら」と言ったとか(笑)」

書いていたらきりがないのでここらへんで。ハリウッド留学経験の話も非常に興味深かったがちょっと時間がないので、YouTubeの方に載っている事を祈りつつ。あ、客とのQ&Aで映画(「ハゲタカ」)とTVとの違いは?というのがあったんだった。「テレビはいつチャンネルを変えられるのかわからないけど、映画は最後まで見てもらえるって前提で作っている。映画って独特のメディア。映画を見ると言うのは「体験」になる。TVは「日常」。映画は色んなしかけが伝わりやすい。TVは視聴者がどんなコンディションで見ているかわからないので全ての人の事を考えて行かなくてはならない」とのこと。

私的に一大イベントだったは、生まれて初めてサインをもらったことだ。私は作家であれ役者であれ監督であれ作品が全てと思っているので、サインをもらう事には何の意味もないと思っていたのである。しかしこれほど近くで大友Dを見る事ができるチャンスなんかもう二度とないかもしれないので(ま、同行の廃人某嬢とnanakoさんにけしかけられたというのもあるが)、すっごーーーーーく思い切って「サイン、下さい」と言っちゃったよ……。周りにはまだまだ人が沢山いて、こんなおのぼりさんなリクエストをする私に、皆さんの視線が本当に痛かったっす(泣)。でもサインをもらってわかったことは、サインってもらったものが重要なんじゃないんだね、もらうこと自体に意味があるんだねえ。いやはや。

そしてこのあとnanakoさんがハゲタカ廃人的重要事項を大友さんに突撃して聞いていたのだが……それは多分nanakoさんがそのうち書く事であろう。「いやあ面白かった」「よかったよかった」といいながら会場をあとにして、その後入った喫茶店でまたもやハゲタカトークに花が咲くわしら。思えば去年の今頃、東京国際映画祭会場で初めて会ったというのに、あの「笑う警官」を見たあとに3時間以上「ハゲタカ」について喋り倒したのもこのメンバーだったよなあとしみじみしたことである(2009年10月24日「東京国際映画祭の「笑う警官」を見に行ってきました。」)。

【追記】(2010年12月14日):当日のMC担当の石川幸宏氏のコラムでこの日のトークショーの報告が載っていました。大友さん、ラブリー♡(ちなみにこの記事の一番上の写真にわしらの後ろ姿がバッチリ映っとる……)。

銀座Apple「龍馬伝」トークショー 大友D
 Vol.08 大河ドラマの常識を塗り替える「龍馬伝」。本当の功績とは?[石川幸宏のコラムーチョ]

なお、nanakoさんの大河連載(笑)も無事終了。ほぼフルバージョンを堪能されたい方はこちらをどうぞ。

 その1「龍馬伝」フィクション×ノンフィクション@銀座アップルストア メモ
 その2「龍馬伝」フィクション×ノンフィクション@銀座アップルストア メモ
 その3「龍馬伝」フィクション×ノンフィクション@銀座アップルストア メモ
 ラスト!その4「龍馬伝」フィクション×ノンフィクション@銀座アップルストア メモ
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
なんだかんだ言いながら「龍馬伝」を一年見たものとして(もう言い切っても大丈夫だろう)、あるいは一「ハゲタカ」ファンとして非常に興味深い話が聞けそうな記事なのに、宿題の押し付け合いか?(笑)
tsumireさんの思惑通りnanakoさん宅におじゃまして、ソフトに(自社比)詳細なレポートをお願いしてきました。
そうか、大友さん、最初は佐藤健の起用に反対だったのか。子犬系岡田似蔵のキャラ設定はなかったと。

>このキャストで想像以上にハマったのは誰?という問いには、高杉晋作(伊勢谷友介)と。

福山雅治じゃないんだ。福山は最初からすっごくハマると思っていたと。だから充分ハマってるけど、想定範囲内だと、そういうことでOK?

>あのザンギリ頭でカッコいいのはなかなかいない。

確かに。見せて(魅せて)くれましたよね、伊勢谷君。でもバナナマンの日村の髪型でもかっこよくなれるのかなぁ。(ちょっと想像してみた限りでは、さすがにこれは無理っぽいんだけど)
そこはやっぱりヘアメークさんが充分計算した上でのザンギリ頭か。

>映画を見ると言うのは「体験」になる。TVは「日常」。映画は色んなしかけが伝わりやすい。

へぇ。でもわたしはドラマの「ハゲタカ」でも充分「体験」だったけどなぁ。とても「日常」とは思えないほどインパクトがあったけど。
大友さんの映画関連の話では、「ハゲタカ」のコメンタリでシネマスコープについて語ってたのがおもしろかったな。


>すっごーーーーーく思い切って「サイン、下さい」と言っちゃったよ……。

この年になって、また新たな扉を開いちゃったね。

>サインってもらったものが重要なんじゃないんだね、もらうこと自体に意味があるんだねえ。

深い………どゆこと?言葉を交わして近くにいることに幸せを感じたってこと?
でもさぁ、思いつめるってすごいことだよねぇ………
去年は映画を追っかけてて(まぁ追っかけとしてはかなりハイレベルだったけど)同人誌を発行して、今年はその映画の監督の話を二回も生で聞いて(その内一回は半径一メートル以内!)、サインまでもらっちゃったんだからなぁ。
来年はどうなってるのかしら。やっぱり南国のビーチでビールを飲んでるのかしら。それとも個人で映画「ハゲタカ」の上映にこぎつけてるのかしら。tsumireさんならどっちもやれそう。
とりあえず今年はあと、新刊発行でもやっとくかね!
2010/11/04(Thu) 09:11 | URL | suika | 【編集
>こんなおのぼりさんなリクエストをする私に、皆さんの視線が本当に痛かったっす(泣)。

うっひゃ~、さっすがtsumireさんすごいっす、ナイスです(笑)
tsumireさんのパワーにはいつも感心しちょります。でも、大友さんって芸能人じゃないけど、ちゃんとサインがあるんですね(いや、名前くずしただけでもサインだろうけど←参照:スタンリー&CLICの方々のサイン)

>映画を見ると言うのは「体験」になる。TVは「日常」。映画は色んなしかけが伝わりやすい

なるほど…テレビ制作の方は、チャンネルをいつ変えられてもいいように、対策を練ってるんでしょうかね。まぁ、まれに映画館でも途中で出ていく人がいるけど…(三軒茶屋では何人か出入りしてたなぁ)

>高杉晋作はハマるとは思っていたけど想像以上だった。

私的には西郷どんでした。いや、伊勢谷さんもよかったですよ。

>思ったよりもずっとお若いというのもわかりました

全然関係ないんですが、子供が見てる「たまごっち」(アニメ)に出てくる「たまPっち」ってキャラを見ると、大友さんを連想してしまうんです。ほんと、ごめんなさ~~い、大友さん(苦笑)それにPじゃないし…
ちなみにこんなキャラです↓こんな太ってないよね、大友さん。
http://tamagotch.channel.or.jp/tama_anime/chara/index.html#char
2010/11/04(Thu) 12:58 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
へえ~大友さんの以蔵のイメージは勝新!?
そりゃ健くんはだいぶ違うね。でもチーフプロが頑張ってくれたおかげで不憫以蔵が見れてよかったよかった(?)

初サイン、なんか羨ましいっす(笑)
次は大森さんに「鷲津政彦」と書いてもらって♪(あの鷲津がサインするとは思えんが)

>nanakoさんがハゲタカ廃人的重要事項を大友さんに突撃して聞いていたのだが……

ちょっとー!それで答えは?
・・・ここでnanako宅をチェック。
・・・・・?
で、どうなの?
2010/11/04(Thu) 22:52 | URL | oha~ | 【編集
いつも貴重なレポートありがとうございます。
皆さま、御多忙なのに、生大友Dと会うためなら、どこまでも。
特濃トリオ様が、ハゲタカ廃人であるだけでなく、大友啓史様ファンクラブフの乙女たちになっているように見えてしまう私をお許しくださいませ…。

佐藤健くんが以蔵にキャスティングされて、あのピュアで不憫なキャラクタができたのも、鈴木さんの強力プッシュのおかげだったんですね。
いつも文句いっててすみませんねえ…。
鈴木ちゃん、グッジョブ、と遅ればせながら言っておきます。

nanakoお嬢さまの御宅の速報(?)記事を拝読した時にも皆さまの熱意と行動力に驚嘆いたしましたが、さすがtsumire師匠、ついに新たなステージに進まれましたね!

>>生まれて初めてサインをもらったことだ。

すごい!
ちょっと(ちょっとなのか!?)羨ましいっす!
大丈夫、きっと他の参加者は「大友さんの熱烈なファンなのね♪」と生温かい目で見逃しておられたことでしょう。
恥ずかしくても、思い切って告白して(違?)良かったですね。

nanakoお嬢さまの質問と大友さんの回答が気になりますが、suikaさんがナイスなおねだりをされた御様子なので、のんびり待ちたいと思います。(suikaさん、グッジョブ!でございます。)

ところで、tsumireさん、お仕事お忙しそうですし、有明・冬の陣の御支度もあるというのに、縦横無尽の廃人活動。
あまり無理をなさいませんように、どうぞ御自愛くださいね。
2010/11/05(Fri) 00:23 | URL | 美冬 | 【編集
>あるいは一「ハゲタカ」ファンとして非常に興味深い話が聞けそうな記事なのに、宿題の押し付け合いか?

ほほほ、だってnanakoさんは今月中旬までウルトラスーパーお忙しい状況で、私は私で残業三昧で今日なんか帰って来たの11時近くっすよ(泣)。原稿だって描かなきゃならないのにーーー。ま、一生懸命お仕事してたんで部長がハーゲンダッツのアイスを差し入れてくれたけど(うちの上司達は結構こまめに気を使って差し入れをしてくれるのだ)。

>最初は佐藤健の起用に反対だったのか。

まあ勝新の「人斬り」がベースにあっちゃあちょっと違うと思われたのかもね。でも佐藤健の起用でこんなすごい岡田以蔵像ができあがったんだからドラマってわかんないよね。

>福山雅治じゃないんだ。福山は最初からすっごくハマると思っていたと。

そう。福山雅治のカリスマ性とか存在感とか時代を切り取る力とかは最初から信頼していたみたいで、それとは別に想像以上にハマったというのは高杉さんだったみたい。

>でもバナナマンの日村の髪型でもかっこよくなれるのかなぁ。

資生堂のCMで瑛太とか小栗旬がビートルズのパロディみたいなキャラをやっているけど、日村の髪型がマッシュルームカットだとすると、あのCMみたいになるのかもよ。日村の顔を想像しちゃ絶対ダメ(笑)。

>でもわたしはドラマの「ハゲタカ」でも充分「体験」だったけどなぁ。とても「日常」とは思えないほどインパクトがあったけど。

確かにドラマ「ハゲタカ」と「外事警察」は「体験」と言っていいかも。それでも結局チャンネル権は視聴者にあるという意味でやっぱり「日常」なのかもよ。

>言葉を交わして近くにいることに幸せを感じたってこと?

サインをしてもらっている間は時間を共有できていたっつーことっす。

>来年はどうなってるのかしら。

去年の6月末から突っ走り続けて来たけどさすがにもう息切れしているんじゃないのかなあ。来年はもうひっそりしているよ。

>それとも個人で映画「ハゲタカ」の上映にこぎつけてるのかしら。

先月はその個人での映画上映について色々調べていたんだけど、どうやた東宝と松竹は非常に難しいらしいというのだけはわかったよ。ちくしょー、なんとかしたいぜ。じゃ、来年の目標は映画「ハゲタカ」上映実行委員会結成っつーことで。suikaさんもご協力よろしく。
2010/11/05(Fri) 01:46 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
お忙しそうなのに、またまたレポートをありがとうございます。

うーーーーーんっ。羨ましいっす。
御三方の情熱が、正しい方向に一直線!!でございますね。
関西ではその手のイベントがないし出口も見つからなくて、私もう堆肥になってしまいそうですわ…(~_~;)

だから、
>映画「ハゲタカ」上映実行委員会

はい。もちろん参加!!です。
ファンド組むなら当然出資しますので、立ち上げの時はお声掛けくださいませ。私を下働きとして使ってくださいっっ。
それとtsumireさん、やっぱり大友さんに「次の機会の公式サイトは、是非このワタクシにおまかせください!」ってアピールしとかないと、と思いますだ(笑)
2010/11/06(Sat) 01:36 | URL | BOOKO | 【編集
>tsumireさんのパワーにはいつも感心しちょります。

えーー、やっぱりアイタタタだったかなあ。ちっくと反省。

>でも、大友さんって芸能人じゃないけど、ちゃんとサインがあるんですね(いや、名前くずしただけでもサインだろうけど

最初にサインをお願いしている方がいたので私も思い切ってお願いしてみたのですが、実物はコレだ!
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/IMG_6134.jpg

>テレビ制作の方は、チャンネルをいつ変えられてもいいように、対策を練ってるんでしょうかね。まぁ、まれに映画館でも途中で出ていく人がいるけど

テレビはチャンネルを自由に変えられてしまうというのはおっしゃってましたねえ。まあ映画館でも映画をみるためではなくただ単にヒマつぶしで来ている人や、あまりにも映画がつまらない場合は出て行く人もいますけどね。

>「たまPっち」ってキャラを見ると、大友さんを連想してしまうんです。

たまごっち……なつかしいのう……サンタさんからのプレゼントに行列に並んで買ったもんじゃったが。

たまPっち、サングラスしているし(笑)。イメージ的にはどっしり感があったんですが、実物の大友さんは太ってはなかったですね(といって痩せてもいないけど)。
2010/11/06(Sat) 16:34 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>でもチーフプロが頑張ってくれたおかげで不憫以蔵が見れてよかったよかった

鈴木CPのあちこちの発言を見ると(私は鈴木CPはまだ一度も見た事ないけど)、キャスティングに関してはかなり決定権が大きそうな感じね。まあ勝新が最初のイメージだったらそりゃ佐藤健ではあまりにも違いすぎるけど、大友さんの言う通り、本当にピュアな、そしていまだかつてない以蔵になったと思うし、半平太と以蔵の関係がまた、(史実とは違うけど)美しくてよかったっすよね。

>次は大森さんに「鷲津政彦」と書いてもらって♪(あの鷲津がサインするとは思えんが)

えーーーーーーー、私、大森南朋には興味ないしー、鷲津は契約書以外にはサインしないし、それに大森南朋のあの丸っぽい字は鷲津の字じゃないしーー(ドラマで見られる鷲津のサインは大森南朋の字ではないと思う)。

>・・・ここでnanako宅をチェック。
>・・・・・?
>で、どうなの?

気がみじけーよ(笑)。nanakoさんは今月は無茶苦茶お忙しいらしいので気長に待たれては~。
2010/11/06(Sat) 17:38 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
>特濃トリオ様が、ハゲタカ廃人であるだけでなく、大友啓史様ファンクラブフの乙女たちになっている

お、乙女……そっか、「ハゲタカ」や大友Dを追っかけているときはオトメっつーことで、いいんだよね?(←おいっっ!)。でも大友Dファンクラブ会長(笑)の廃人某嬢には完全に負けますわ。一昨日開催された文京区民限定イベント、香川照之さんのトークショーに参加されたそうですが、発表されていなかったゲストが大友Dと鈴木CPとカメラマンの佐々木さんで、それはそれは濃い内容だったそうですぜ。そうと知っていれば……ま、知ってても一昨日は仕事が忙しくて抜け出せれなかったけど(とほほ)。

>佐藤健くんが以蔵にキャスティングされて、あのピュアで不憫なキャラクタができたのも、鈴木さんの強力プッシュのおかげだったんですね。

鈴木CPってば、キャスティングに関しては本当にグッジョブですよね。私たちは大森半平太の行く末にハラハラさせられたり(笑)、納得できない福山龍馬の展開に憤慨したり色々盛りだくさんだったこの1年でしたが、佐藤以蔵は本当に得がたいキャラでしたねえ。しみじみ。

>恥ずかしくても、思い切って告白して(違?)良かったですね。

そっかあ、一度踏み外してしまえばもう怖いもんなし?(笑)

>あまり無理をなさいませんように、どうぞ御自愛くださいね。

お気遣いありがとうございます。さすがに今週は息も絶え絶えな残業三昧が体にこたえて昨日はフラフラしてたら同僚にも「そこまで弱っているのは始めて見た」とか言われちまいましたが(笑)、今日はぼんやりすごしたせいかなんとか復活しつつあります。さて、頑張って映画「ハゲタカ」上映実行委員会を立ち上げるとするかあ~(おいおい、ほんとかよ)。
2010/11/06(Sat) 22:01 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>またまたレポートをありがとうございます。

大友さん、1時間30分ずっとしゃべりっぱなしだったからもう少し文章に出来ると良かったんですが、いかんせんあんまり時間がなくて簡単になっちまいました。でもまあ、YouTubeには載るらしいのでそちらの方を見るのが一番。

>御三方の情熱が、正しい方向に一直線!!でございますね。

正しい……のかどうかはビミョーなところですが(笑)。

>>映画「ハゲタカ」上映実行委員会
>はい。もちろん参加!!です。

さてどうしようかなあ……(←ホンキか???)。ここんとこ怠けてますが、9月10月とあちこち問い合わせてみてわかったのは、東宝と松竹の映画作品を上映するのはすっごく難しいらしいってことなんですよねえ。他の会社の映画作品だと代行会社みたいなところが色々手配もやってくれるみたいなんですけど。どこかに伝手はないもんか。

じゃ、ちゃんと実行委員会をたちあげたら、BOOKOさん、副委員長でヨロシクね。

>それとtsumireさん、やっぱり大友さんに「次の機会の公式サイトは、是非このワタクシにおまかせください!」ってアピールしとかないと、と思いますだ

そっかあ、次のために今やっておけ、と。でもその前にちゃんとお勉強しておかないとなあ(遠い目)。まあ会社の仕事でも本業以外に、部門のウェブページもヨロシクってこの間部長に言われたばっかりなんでやらなきゃいけないんだけどさーー。
2010/11/06(Sat) 22:50 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
まさかリアルでこのセリフを言うコトになるとは…
先々週の木曜日の深夜に母親が階段から落ちて左腕を骨折し一時意識喪失したので救急車からかけてきた父親からの電話からはじまりました。

救急車から父親が電話をかけてきたんですけど、サイレンがウルサイのと本人も動転しているので何を言っているのかぜ~んぜん分からないんですよ。

で、救急隊員の方が電話を代わってくれて「あ~娘さんですか。お母さんね階段から落ちて今救急車で○○病院に向かっているからゆっくり落ち着いて来て下さいね~。あわてて今度娘さんがケガをしてお母さんを下ろした後に娘さんを乗せるなんてこまるから~。ゆっくりね~。後ね~お母さんが入院しないでそのまま帰るのに困るから上着と靴を持ってきてあげてくれる~。ご本人パジャマだからさ~。寒くて困るでしょ~。とにかくゆっくりね~お母さん大丈夫だから~。」と、すごく大きなノンビリとした声で話してくれたので緊張感が一気に緩みました。さすがプロですね。お陰で落ち着きましたが…。

えっと、本当にここでいいのかしら?
だって救急車が三台、パトカーが二台!消防指揮車っていったと思うんだけど東京消防庁と白いロゴの入った真っ赤な車も一台いますよ。覆面パトカーでしょうか黒い乗用車の屋根の上にドラマでお馴染みのあのサイレンが赤く回転していますから。
警察官、消防士、救急隊員、病院関係者らしい白衣の人々、病院の警備員さんらしいオジサン達、そして野次馬…。

ホント、ドラマの撮影だと言われた方が信じられましたよ。
呆気にとられている私に病院の警備員さんから声をかけられて思わず私の口をついて出たのは…

『通して下さい!身内です!(←by三島由香)』

バカですね。当然事件の関係者の身内と勘違いされ刑事さんに職質され母親のもとにたどり着いたのは二十分はたっぷりたっていました。

由香ちゃんも鷲津さんの病室にたどり着くまでには色々あったろうななどと現実逃避しつつ(だって刑事さん怖いんだもん「身内なんて言うな」って怒られちゃった)
ま、それからも色々あり誤診やら何やら三件目の今の病院でようやく症状と診断が一致し入院して手術も無事に済みようやく落ち着いて付き添いにもなれたので心に溜まった叫びを長文で書き込み失礼しました。この二週間読書もテレビもハゲタカもネットも出来ず禁断症状が出てしまいました。
2010/11/07(Sun) 01:03 | URL | むぎこがし | 【編集
>あの鷲津がサインするとは思えんが

鷲津がサインする場面を想像してみました。
ホテルのチェックイン時、クレジットカードでお買い物をした時(やっぱりブラックカードだよね)、街頭の署名運動………はサインしないだろうから(第一いけいけ鷲津時代ならともかく、今は街中をふらふら歩くなんてなさそうだし。ま、劉みたいになっても困るからね)、後は重要書類のサインくらいか。ウーム、あらゆる面でガードが固いな。ま、そこがまたいいんだけど(ぽっ)←バカ

>むぎこがしさん

大変でしたね。一日も早くお母様がよくなられますように。
そんな時にこんなことを言うのはひんしゅく物だとよーく分かってる上で、「えらいっ!ハゲタカファンの鏡だよ、あんた!」。
こっそり拍手を送らせてください。
むぎこがしさんも看病疲れなどでませんよう、お体ご自愛下さい。(病気してる場合じゃないんで。とうとうtsumireさんが来年映画「ハゲタカ」上映実行委員会を立ち上げるみたいなんで、われわれカフェの常連もひやかしにいかないと。←えっっ?)

2010/11/07(Sun) 11:07 | URL | suika | 【編集
そう背中を離さないで、そうゆっくり、ゆっくり。
こんにちは tsumire実行委員長さま

いよいよ旗揚げの時を迎えられたのですね。

いや~絶対いつか実現される事だろうと思っちょりましたが、こげんせわしか時期に腹ば括られるっとは!肝の太かよかおなごたいね。どこまでもついていきますけん!シェイクハンドじゃ♪

若干(←嘘、かなり)壊れかけて土佐弁も薩摩弁も何もかもごった煮のむぎこがしです。

この場をお借りしてsuikaさまにお礼を申し上げます。

ハゲましありがとうございました。

せっかくの入院生活、転んでもただでは起きないハゲタカ廃人見習いとしては、リハビリの先生のこんなちょっとした注意も聞き逃しません!

車椅子を操作するリハビリの時に本当にこんな風に言っちゃった紅顔の美青年といった感じの(惜しいことに背がちょっと低いんですよね)リハビリの先生の顔をガン見してしまいました。

その他にも病院がらみネタでも、ついついアチコチ引っかかりつつ、付添いと妄想にはげんでおります。

いや~やっぱりデューデリの神はいたんですよ、tsumireさん。あの時になんか気が急いていて、自分でも少し無理してるかなと思いつつ頑張ったのですが、今にして思い返せば、今年中にはもうそんなに出歩けないと思うので結果としては良かったような。

あ、でも実行委員会の方は全力で協力させて下さいね!

まだ、大きい鷲津政彦を見ていないんですもの!
2010/11/07(Sun) 16:16 | URL | むぎこがし | 【編集
勝ち負けではなくて・・・
>大友Dファンクラブ会長(笑)←いつの間に!?

それぞれの想いの方向性の違いかと・・・

その文京区のトークショーで区長と香川さんのトークの後、
MCが次は「龍馬伝のスタッフ鈴木P、チーフ演出の大友さん、
カメラマンの佐々木さんをお迎えして…」と言った瞬間
「わぁ」っと小さく拍手して歓声あげたら
そこで反応したのが私だけで、
香川さんに(ん?どうしたの?)って感じに見られてしまい、
思わず満面の笑みでOKサインを出して
『嬉しいです』との思いをジェスチャーで伝えたところ、
頷きながらニコっと笑って下さいました。

4人のトークは流石香川さんが上手くネタ振りしながら
笑い有、関心する事有、と濃密な1時間30分でした。
2010/11/07(Sun) 18:23 | URL | 某嬢 | 【編集
>『通して下さい!身内です!(←by三島由香)』

うわ~、なんておいしい……失礼致しました、お母様ご無事でよかったですね。怒濤の2週間だったと思いますが、決め台詞もバッチリ言えて……失礼致しました、無事病室にたどり着けて何よりです。本当にお疲れさまでした。

私も子どもの頃から何度か入院してて最後に入院したのは3年前ですが、そのころはまだ「ハゲタカ」にはハマっていなかったのでハゲタカ的視点で見ていなかったのが悔やまれます(間違っちゅう?)。とはいえ、どんな事も同人誌のネタになると思ってあちこち忍び込んで写真を撮りまくったり、わからない事は看護婦さんに聞きまくったりはしましたが、むぎこがしさんを見習って(え?)この次万が一入院することがあれば是非とも「ハゲタカ」的視点から色々チェックしてみたいです。

>由香ちゃんも鷲津さんの病室にたどり着くまでには色々あったろうななどと現実逃避しつつ

鷲津の場合は西野治(←「おさむ」って入れたら最初に「理」って漢字が出ちゃったよ)「殺人未遂」も疑われた訳だから本当に大変だったとは思いますが、むぎこがしさんも本当にお疲れさまでした。でもこれでまた新サイトのネタが出来たんじゃないですか?(笑)
2010/11/07(Sun) 22:43 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>鷲津がサインする場面を想像してみました。

婚姻届(ぼそっ)。……いや、ないないない(←決めつけ)。

>今は街中をふらふら歩くなんてなさそうだし。

ドラマの時はそれなりにふらふら歩いていたときもあったけど(三島製作所そばでねじ踏んだり)、ほとんど何かの目的があって移動しているか、そうでなきゃインドアでうじうじしているよなあ。鷲津が募金したり赤い羽をつけてたりしたら、もしかして何かのデューデリ?とか疑っちゃうよな。

>とうとうtsumireさんが来年映画「ハゲタカ」上映実行委員会を立ち上げるみたい

てへっ、立ち上げられたらいいなあ……(遠い目)。ま、少なくとも今んとこ仕事でへろへろでなおかつ原稿を1枚も仕上げてません!
2010/11/07(Sun) 23:09 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>いよいよ旗揚げの時を迎えられたのですね。

すみません、まだ旗揚げしちょりません(泣)。だってー、仕事が忙しいんだもーーーん(号泣)。それに今回は同人誌の新刊をスルーするわけにいかんぜよ(と言いつつまだ何もやってないが)。

>せっかくの入院生活、転んでもただでは起きないハゲタカ廃人見習いとしては、リハビリの先生のこんなちょっとした注意も聞き逃しません!

ごりっぱな廃人根性でございます。「死にかけた獲物の死臭を嗅ぎつけて、その肉を根こそぎ喰いつくす」んですね(笑)。

>その他にも病院がらみネタでも、ついついアチコチ引っかかりつつ、付添いと妄想にはげんでおります。

世に妄想の種は尽きまじ。

>いや~やっぱりデューデリの神はいたんですよ、tsumireさん。

そうですね~、今回の事件の前に、あんな所やこんな所にも行っちゃったなんて(例の場所は私もまだ行ってませんからねー。って、多分行けないと思うけど)。そして今回は病院のデューデリもバッチリと。素晴らしいです。あ、そうそう入院中の鷲津の枕元には紙おむつがありましたが(←手術直後は仕方がないんですよ……)、そこらへんもデューデリされました?(笑)

>あ、でも実行委員会の方は全力で協力させて下さいね!

そんじゃま、是非ともよろしく。

>まだ、大きい鷲津政彦を見ていないんですもの!

世の中のそういう方々のためにも頑張らなくちゃね……(超遠い目)。
2010/11/08(Mon) 23:17 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>>大友Dファンクラブ会長(笑)←いつの間に!?

ほほほ、方向性がなんだろうと結果的にそうなっちょる。

>「わぁ」っと小さく拍手して歓声あげたら
>そこで反応したのが私だけで

っつーことは、他の皆さんは香川照之だけ(あるいは岩崎弥太郎&正岡子規方面?)目当てだったんすかねえ。今、文京区の区長の情報をチェックしてみたら、香川照之と小・中・高校と同級生で、自治体の長としては初めて在職中に育児休職をとったとか書いてあって、ちっくとこの区長さんも見てみたくなったぜよ。

>4人のトークは流石香川さんが上手くネタ振りしながら
>笑い有、関心する事有、と濃密な1時間30分でした。

実に面白そうですよね。どこかでに動画とかアップされないもんかしら。
2010/11/08(Mon) 23:49 | URL | tsumire→某嬢 | 【編集
こんばんは tsumireさま

今日は病室は温室を通り越してジャンルのような気候でした。

男性の部屋の前を通ると何とも言えない熱気と人いきれと男子剣道部と柔道部とひと昔前の公衆○○○(←自粛)と薬のにおい(匂い?臭い?)が絶妙にミックスされていて思わず倒れそうでしたが、夕方にまさに掃き溜めにワシならぬツルが舞い降りました。

何とも不憫なことに両脚の骨を骨折してしまったらしく、上は普通のTシャツなのですが下は普通の車椅子とは少し違った形をしていて両脚を投げ出した格好で座ってスイスイ車椅子を操っているんですが、またこれが、結構カワイイ系の男の子なんです。

う~ん病院という日常から隔絶された場所で目が曇りつつあるのかとも思いましたが、たまたま側にいた看護士さん(♀)に後で聞いてみると「今年一番ですね~担当者が誰になるかくじ引きかも」とまたこっちがぶっ飛びそうになる内部情報までもらしてくれました。

芸能人で例えるのは今は思い浮かびませんが病院に通うモチベーションが高まったことはtsumireさまにはお見通しだと思いますが。

さて、暇を持て余した母親に何か獲物をと促されて本屋に行きましたらこんな新刊を見つけました。
『龍馬デザイン』
柘植伊佐夫著


381ページ今時珍しい上下二段組!活字中毒者には何よりのご馳走です。冒頭にカラー写真が4ページほどあるだけであとはもう本当にビッシリ活字が!

龍馬伝の撮影日誌という感じでパラパラと見て買うかどうか迷いましたが、何しろtsumireさまのブログでしか柘植さんのことを知らないので…

でも冒頭の一文にガッンとやられてお布施をお支払いしました。

「この火に咬まれぬうちは、先へ行くことはならぬ。
聖き魂たちよ、この中へ入れ。
彼方から響きわたる歌声に耳を傾けよ」神曲:煉獄篇第二十七歌十一~十三行


もちろん、あとがきに大友『監督』がとても熱い言葉を『戦友』の柘植さんに寄せておられます。

このあとがきを読むにつけ、残りますほんのわずかな放送を今までの半分冷やかし混じりの態度ではなく、襟を正して彼らの『戦場』を共有したいと思いました。

本屋で見かけられたら大友さんのあとがきは是非とも立ち読みでも(エッ!?)目を通して下さい!

ああ、こういった本を大友さんが書いてくれないかな~と思いました!
2010/11/09(Tue) 19:56 | URL | むぎこがし | 【編集
むぎこがしさん、病院のお見舞い生活を満喫しているじゃあありませんか(笑)。しかも外傷系の病棟だと患者さんが結構色々な種類の方々がいて観察のしがいもあっていいですね。私なんか子どもの頃から何度も入院していて最近も3年前に入院したばかりですが、婦人科とか産科とか内科なので、基本的に女子ばかりでしたよ(内科はフロアで男性と女性が別れてたけど)。前に言ってらしたように、こういうおいしいネタをブログに載せるチャンスですぜ。

>う~ん病院という日常から隔絶された場所で目が曇りつつあるのかとも思いましたが

あ、よくスキー場や海で出会った人は素敵に見える、みたいな? でも看護婦さん達の折り紙付きのイケメンなんですね。

>『龍馬デザイン』
>柘植伊佐夫著

出たばかりの本ですね。私もこの本は見てみたいと思っていたんですよ。「龍馬伝」はスタッフさんのお仕事が素晴らしいドラマですけど、人物デザインは本当によかったですし。この本の巻末の解説「人物デザイン監修、柘植伊佐夫の流儀」を大友さんが書いてらっしゃるとのことですし。

あ、そうそう今日出た「ステラ」に香川照之と大友さんのカラーグラビア対談が6ページも載ってますぜ。雑誌買ったけどまだ読んでないので内容はわからんけど。
2010/11/11(Thu) 01:02 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
「DVJ BUZZ TV #14:「龍馬伝」フィクション × ノンフィクション」というイベントで、大友Dが龍馬伝の岡田以蔵について少し言及していたそうです。 >Cafe Tsumireさんのレポがとても詳しいので抜粋させていただくと 「生大友Dを見に2(DVJ BUZZ TV #14:「龍馬伝」...
2010/11/05(Fri) 20:38:49 |  PRIME NUMBER
書くなら今しかないし。 http://kiritani.blog4.fc2.com/blog-entry-2124.html こちらのブログより引用。 岡田以蔵について。「岡田以蔵といえば五社英雄の「人斬り」(大映、勝新太郎主演、1969年)が好きだった。佐藤健くんはチーフプロデューサーがどうしてもと推してて
2010/11/28(Sun) 01:56:33 |  5秒後の世界@はてな