龍馬伝 最終回
憎みながらも愛していた……というのがちゃんと描かれていたのかどうかはともかく、弥太郎(香川照之)のあのラストはちょっと……。せっかくの静かな余韻のあるラストが……えーと、一気に弥太郎に力づくで持っていかれた感が。しかもなあ。私、録画したTVドラマは主題歌(曲)部分だけ編集して保存しているんですけど、今回はいつものオープニング曲が入っていなかった上に、ラストのスタッフロールのところで弥太郎が講釈たれていたのはまだしも、一番最後がアレって……。なんか保存するのが非常に躊躇われる(笑)。

でも視聴率は第25回(6月20日「寺田屋の母」)以来の20%越え!(21.3%) よかったね、大友さん!

[あらすじ]
「大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は、近江屋に移り「新政府綱領八策」を書き、各藩に送る。それを見た人々は「○○○を盟主とし」という文に、ほんろうされる。龍馬を訪ねた弥太郎(香川照之)は、龍馬に「日本一の会社をつくり日本人を幸せにしろ」と言われ、不安に襲われる。“幕府”という唯一の、よりどころをなくされた見廻組は、その元凶である龍馬を捜し始める。中岡(上川隆也)が訪ねてきた晩、近江屋が襲撃され…」(NHK番組表より)

昨日はテレビをつけっぱなしにしてたんですが、ボケっとしながら掃除をしてたら4時15分にいきなりあのオープニングシーンが入ったんですよ。昨日は予約録画をBShiの方にセットして、最終回自体は8時からの総合放送の方をリアルタイムで見ようと思っていたんですが、まあ、入っちゃったので見てしまったんですね、途中まで。で、ぼーーっとしていたもんだから本放送とは思わずに「予告編かな?」とか思ってみていたら本放送だったもんでびっくらしただよ。あのシーンをオープニングにですかぁあ? 茨城県の海岸に勤王党のメンバーが集結して最終回場面の撮影をしたという話は聞いていたんですが、てっきり一番最後か、あるいは龍馬(福山雅治)のラストごめんちゃ場面で使われると思ってたんだがなー。なーんか、もったいない感じがしましたわ。

ところで、私はBShiの方の本放送は、5時前に帰宅した家人にテレビのチャンネル権を奪われてしまい、ちょうど暗殺場面直前のところまでしか見られなかったので、8時からの総合でみるからいいわいと思っていたら家人には9時近くまでテレビを占拠されたのでリアルタイムでも見る事ができなかったのである。なもんで録画しておいたBShiの方の録画で続きを見たのだが、なんと総合放送の方ではよりによって龍馬暗殺場面でニュース速報のテロップが入って苦情が殺到したそうですね。知らなかったよ。

 NHK大ブーイング!龍馬暗殺シーンになぜ…“絶頂感”台なし(産經新聞)

災害時や緊急時のテロップは何よりも最重要な優先事項だから仕方がないことだし必要だと思いますが、選挙の当確情報って、そんなに緊急性の高い情報か?とか思うわなー。そんな訳で、実は8時からの総合放送の方も録画してあったので今見てみたら、ちょうど暗殺者達が乗り込んでくる場面から龍馬達に斬り掛かるという絶妙なタイミングでテロップがかかってるのね。「龍馬伝」暗殺犯はこいつです(笑)。こりゃ愛媛県の新知事の知名度は別の意味で広まっちゃったのではなかろうか。

さてと、最終回ですよ。この際文句は言わずにこの1年間色々な意味で楽しませてもらった感謝の言葉だけ書いて終わりにしようかと思っていたんですが……もう、最後だもんね、書いちゃうよ、いつも通り(笑)。感謝の言葉は別記事で書きます。だから最後の文句を許してつかあさい。
まずねー、長すぎだと思う。30分も延長しなくてもよかったんじゃないかと思いました。しかも第4部始まった当初から、第4部は龍馬暗殺に向けて突っ走るとかなんとか公式HPで宣言してましたから、ここはもっとミステリータッチで進むのかと思ったんですけど、そんな感じじゃ全くなかったっすね。散々、龍馬暗殺犯候補として薩摩あたりを黒く描写していたし、先週はありとあらゆる連中に龍馬暗殺の動機があるようにも描写していたのに、この最終回でははっきり江戸幕府の旗本・御家人達(京都見廻組)の不満による暗殺ってえのが描写されちゃってたし。各場面が長すぎなので今一つ龍馬暗殺の緊迫感が削がれた感じがしました。

しかしまあ一番長すぎ感があったのは龍馬が斬られた後のシーンです。暗殺シーンそのものはなんか東映のやくざ映画みたいな緊迫感と凄みがありました(東映のやくざ映画、見た事ないけど(笑))。すごくリアルで凄惨な暗殺描写に、日曜夜8時の家族団欒の場面としては違和感を持つ人もいるだろうなあと思ったぐらいでした。ただその後ですよね。ここで例によって「ごめんちゃ」が入るのか? ここで入ったらそれまでの描写とはかなりトーンが違った感じになって違和感バリバリだなとか思ったら、ごめんちゃはなかったものの、なんか何かが蠢いている感じだけはダラダラ続いていたように思えたんですよ。ごめんちゃ場面みたいに軽傷でなおかつ星空の下で何やら言うならまだしも(それでも文句言っちゃったけど)、また、「わしは命を使い切ったかのう?」「まだまだじゃ」という台詞はともかく、斬られた後のあの凄惨な場面をあんなにも長々と映さなくてもよかったのでは、と思いました。

さてと。今回の見所はやはり亀様(今井信郎役、市川亀次郎)ご一行でしょうか。あの「チャンス」の時のキモさ不気味さとは全く別の、きちんとした存在感のある人物で、龍馬暗殺も納得できるような気がしました(←エラソー)。いや、今回一番の見所は、やっぱり弥太郎の最後の愛の絶叫か!?(笑)。

そしてその後の土佐の海を前にしたお龍(真木よう子)の静かな表情がすごくよかったです。

そういや、この「龍馬伝」に出てくる女性たちは大事な人の死を黙って受け止めじっと耐えている人が多いですね(そういう時代だったっつーことかしら)。長次郎(大泉洋)の妻・徳(酒井若菜)とか、半平太さん(大森南朋)の妻・富(奥貫薫)とか。なんか泣き叫んでいたのは池内蔵太(桐谷健太)の妻でも愛人でもないお元(蒼井優)くらいだったような気も(笑)。

でもって、砂浜を歩き続けるお龍の後ろ姿で終るかと思って、あれ? 弥太郎はどうしたんだ? 第4部のオープニングでは血を吐いていたからそろそろ死に時だったような気もしたけど? とか思ったらばっちり、最後の最後にちゃーんと出て来て、あの死にっぷりですよ(でも少し動いていたからまだ死んでないのかしら)。一応形では弥太郎が語る龍馬伝なんだからこの形で正しいんでしょうけど、龍馬の死に様よりも弥太郎の死にっぷりの方が目に焼き付いちゃったぜよ。

はぁ~、1年弱、思いのほか真剣に(真剣か??)見続けて来た「龍馬伝」もとうとう終ってしもうたがじゃ。大河ドラマスキーとか時代劇スキーとか言ってても、これほど毎回必ず見て、しかも毎回感想を書き続けたのは初めてだったなあ。この10年で一番の傑作大河だと思う「風林火山」(2007年)の時ですら、毎回の感想どころか視聴すら飛び飛びだった事もあったのに。何度も書いているけど(笑)、本当に色々な意味で楽しませてもらいました。もうこんなことはないだろうなあ、きっと。ありがとう、「龍馬伝」、ありがとう、NHK。今後もちゃんと受信料は払います(笑)。
龍馬伝 最終回
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
最終回とは言え、言いたいことは多少(?)あるけど、やっぱり半平太さんの笑顔はいいなぁ♪と思った画像のシーンでした。(でもさぁ、痛い切腹までして死んだんだから、長次郎も武士の姿で夢に出してやれや。まーた饅頭屋に逆戻りだよ)
わたしも新しく撮ったシーンは、絶対龍馬の瀕死の場面か死後で使われると思っていたので、冒頭でいきなり現れてびっくり。(もしかして最後にもう一回走馬灯シーンで出てくるのかと思ったくらい)

>今回はいつものオープニング曲が入っていなかった上に

あれ?と思ったけど、いかにも特別な回という感じがして、タイトル画面も含めてわたしは好印象だったよ。(曲は好きなので聞けなかったのは残念だったけど)

>こりゃ愛知県の新知事の知名度は別の意味で広まっちゃったのではなかろうか。

いや奥様、愛媛県だから。
わたしもBShiを録画しておいて、タイミングが合えば総合をリアルタイムで見るっていうのがいつもの段取りなので、この日は静岡まで生コバ鑑賞のため出掛けてた為(うふ♡)リアル放送は間に合わず、テロップ騒動(オーバー)は翌日まで全然知らなかったよ。でも奥様がリンクした記事に、

>あと数十秒テロップがズレていれば、暗殺場面には重ならなかったはず。
>まさか、12月4日の再放送やDVD発売への誘導ではないだろうが…。

って書いてあるけど、あながち外れてもいないような(笑)

>もう、最後だもんね、書いちゃうよ、いつも通り(笑)。

あ、いいのか(笑)んじゃ、わたしも遠慮なく。

>斬られた後のあの凄惨な場面をあんなにも長々と映さなくてもよかったのでは、と思いました。

いったん場面が変わってもう一度龍馬達が倒れているシーンに戻ったとき、絶対もう死んでると思ったから、龍馬がまた動いてしゃべった時には、ちょっと拍子抜けした。(死に顔が映ると思い込んでたからさ)
でもわたしは「ごめんちや」バージョンよりこちらの方がずっと好きだな。くどくどあれこれ思い浮かべてだらだら引っ張られるよりずっとリアルに感じられて、素直に見れました。(特に衣装等の血痕にすごく目を奪われた)

>今回の見所はやはり亀様(今井信郎役、市川亀次郎)ご一行でしょうか

不気味オーラ全開だったね。あり過ぎて(例えば)柳生の手の者に見えたくらい(笑)最初から暗殺集団に見えたぜよ。

>龍馬の死に様よりも弥太郎の死にっぷりの方が目に焼き付いちゃったぜよ。

そうなのよ、弥太郎、呪い殺されたのかと思ったよ(まだ死んでなかったぽいけど)。あれのせいで最後の最後に「龍馬伝」の色が変わっちゃったような気がする。それまで死んでも透明な龍馬(これはもう今となっては本心からのほめ言葉)のおかげで、爽やかに終結に向ってたのに、最後の最後におどろおどろしい色に。ほんとにこれで良かったのか?
でも今までの龍馬ageシステムからいくと、主要脇人物が龍馬の訃報を聞いて、泣いたり惜しんだりしてもおかしくない所なんだけど、そこは弥太郎の慟哭だけで終わらせてたのが良かったなぁ。

>ありがとう、「龍馬伝」、ありがとう、NHK。今後もちゃんと受信料は払います(笑)。

同じく。「喜んで」とまではいかないけど(笑)

tsumireさんへの感謝は、tsumireさんの次回の記事、「龍馬伝」感謝篇で述べさせていただきます。
2010/11/30(Tue) 09:55 | URL | suika | 【編集
「もしかして今日は最終回だったのでは・・・」
と気付いたのが帰省先から帰ってくる東名バスの中。
時間は午後6時。御殿場から町田まで渋滞60km(!)という表示が出ていたので、
8時からの放映に間に合うわけもなく。。。
日曜日は午後9時(「パーフェクトリポート」「獣医ドリトル」)までには帰る!
という意識が強く、「龍馬伝」はすっかり失念してました(T_T)
土曜は忘れないようにしないと。

弥太郎のラストがどんなことになっているのか、早く見たいですぅぅ
もちろん、武市さんもね。
2010/11/30(Tue) 10:47 | URL | Macky | 【編集
ほんと暗殺シーンのテロップには驚いたわ。地震等ならともかく、んなもんちょっとはずらしてよ!

それから龍馬の命日が舅(例の高知県出身の)の命日と同じ日と知った私たち、ジーちゃんが生きてたら、この大河は熱心に見ただろうねぇ~と話題に。
でも龍馬にはとくに思い入れがなくて、弥太郎には同郷(安芸市)として思い入れのあった舅を偲び、あの『!?』なラストを見て、改めてこれは「龍馬伝」の皮をかぶった「弥太郎伝」だったのね、と納得(←違う)

まあ何はともあれ、こんなに盛り上がった(妙な意味で)大河は久しぶり。
1年間楽しませてもらいました(笑)
2010/11/30(Tue) 11:44 | URL | oha~ | 【編集
私はチャンネル権を持ってないので暗殺シーンしか見れずとっても悔しい思いをしました(T-T)
しかも今週は土曜日も模試なので再放送見れないんです…
武市先生がぁ(;_;)/~~~


そういえば福山雅治のラジオで
「最初は大友さんが『群青~ultra marine~』をドラマにかぶせていて歌入りの大河は斬新だと言っていた」
みたいなこと言ってましたよ
大した情報ではありませんがハゲタカ廃人の皆さんは半ば大友さんファンのようなので(!?)一応ご報告(笑)
ただ電波がイマイチ拾えていなくてちゃんと聞き取れなかったんですよね┐('~`;)┌

今週は定期テスト期間中&続いて模試なので頑張ります(^_^ゞ
2010/11/30(Tue) 20:42 | URL | Akane | 【編集
終わった、終わったよ、龍馬伝
それにしてもあの字幕テロ、録画保存用に地上波を録画してたのに始まってすぐに字幕テロがそうこうするうち最大級の字幕テロ 大河ドラマ龍馬伝の最終回しかもオオラスであと十数分で終わるのに次のニュースでやれなかった?
NHKの受信料は絶対に払わん
それにしても暗殺直前のところ
中岡「予言がするがじゃ」
龍馬「ハハハ、ほたえな」
中岡「いかん」
愛媛県知事選のテロ 中岡の予言はこれだったとは

弥太郎と信玄の従兄弟同士の共演そっくりで見ながら笑ってしまった。
大友さんの演出であそこまで派手に血糊を使うとはまさに血の海素晴らしい
史実だと岩崎弥太郎と龍馬の関係は長崎で海援隊をしてたころ会計士として財政の面を見ていたというそこで酒を酌み交わし語り合うことに
ドラマだと幼なじみのような描かれかたですけど。 そして弥太郎の日記には龍馬が暗殺されたあと暗殺の日の前後は非公開らしいそこには何が書かれているのか非常に興味がある
2010/11/30(Tue) 21:01 | URL | 刹那 | 【編集
>やっぱり半平太さんの笑顔はいいなぁ♪と思った画像のシーンでした。

そうだよねぇ。今、次の記事の準備してんだけど、今までの感想に使った写真をズラッと並べてみてたら、やっぱり半平太さんが出ていたときの「龍馬伝」は違うよなあとしみじみしちゃったよ。

>でもさぁ、痛い切腹までして死んだんだから、長次郎も武士の姿で夢に出してやれや。まーた饅頭屋に逆戻りだよ

あの場面は青春時代の回想+みんなみんな逝ってしまったがじゃな場面だから仕方ないのかも。でもあそこはベタでもラストで使って欲しかったわ。冒頭の龍馬の夢の中での登場だと(もしかしてこれからおまえはこいつら同様に死ぬんだぞというメッセージなのかもしれんが)物語的にあの場面が生かされてないようにも思うんだけどなあ。

>あれ?と思ったけど、いかにも特別な回という感じがして、タイトル画面も含めてわたしは好印象だったよ。(曲は好きなので聞けなかったのは残念だったけど)

あの構成自体は私もいいなと思ったんだけど、あの弥太郎の死にっぷりというか(やっぱ死んでない?)2時間サスペンスドラマのオープニングの殺人事件場面みたいな形相だよ。

>いや奥様、愛媛県だから。

ありゃ。そこんとこだけさっさと訂正させていただきました。ありがとう~。

>この日は静岡まで生コバ鑑賞のため出掛けてた為(うふ?)

ま、なんてアクティブな休日を。私も頑張って12月の京都の大友さんを見に行こうかしら~(←明らかに逃避)。

>>もう、最後だもんね、書いちゃうよ、いつも通り(笑)。
>あ、いいのか(笑)んじゃ、わたしも遠慮なく。

どうしようか迷ったんだけど、最終回だけよかったよかったで終わると後で読み返した時に自分でなんだよこれってつっこんでしまいそうなんで(笑)。

>でもわたしは「ごめんちや」バージョンよりこちらの方がずっと好きだな。

もちろん、ごめんちゃよりはずっとましだったけど(ごめんちゃは本当にイラッときたからね)、ちょっとあらら?と思うくらい長く感じられましたわ。あそこだけトーンが違ったリアリティが突出しているようにも思えたし。

>最後の最後におどろおどろしい色に。ほんとにこれで良かったのか?

弥太郎が語る龍馬の話、という観点から弥太郎の死で締めくくるのはいいんだけど、何もあんな死に方じゃなくても……(←しつこい)。なんかあそこだけ「犬神家の一族」とか「獄門島」的な感じすら漂っていたような。

>でも今までの龍馬ageシステムからいくと、主要脇人物が龍馬の訃報を聞いて、泣いたり惜しんだりしてもおかしくない所なんだけど、そこは弥太郎の慟哭だけで終わらせてたのが良かったなぁ。

そうだよね、死ぬ前にあんだけ龍馬マンセーだったから、死んだ後もまた散々惜しまれる龍馬を描くかと思ったけどさすがにそこまではベタじゃなかったようで意外とあっさりで、でもその方が余韻が残ってよかったんだけど……ま、あのラストが(略)。

あーあ、なんか燃え尽きちゃったかも(笑)。
2010/11/30(Tue) 23:27 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>「もしかして今日は最終回だったのでは・・・」

Mackyさんたら、一応一瞬でも半平太さんが映るって知っててもそのそっけなさ(笑)。

>8時からの放映に間に合うわけもなく。。。

そのためのワンセグじゃなかったのか~。

>弥太郎のラストがどんなことになっているのか、早く見たいですぅぅ

「犬神家の一族」とか「悪魔の手鞠唄」のオープニング感たっぷりなラストに乞うご期待。
2010/11/30(Tue) 23:37 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>地震等ならともかく、んなもんちょっとはずらしてよ!

私は8時台の放送の方は見てなかったからリアルタイムではその衝撃を味わえなかったのはある意味残念かもしれん(笑)。でもあのテロップ、せめてあと5分前後にずらせばよかったのにとは思うよね。

>あの『!?』なラストを見て、改めてこれは「龍馬伝」の皮をかぶった「弥太郎伝」だったのね、と納得

実質「弥太郎伝」にはなりきっていなかったのにも関わらず、あの力業のラストで無理矢理「弥太郎伝」化してたわね。

>まあ何はともあれ、こんなに盛り上がった(妙な意味で)大河は久しぶり。

いやほんと。でもそれもこれもsuikaさんやoha~さんはじめ、激しい(笑)コメントを下さった皆さんのおかげでもありますわ。ほんと、皆様ありがとうございやした。
2010/11/30(Tue) 23:51 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
>私はチャンネル権を持ってないので暗殺シーンしか見れずとっても悔しい思いをしました

暗殺シーンしか見れず?? それはチャンネル権を持っているご家族が暗殺場面だけを見たっつーこと!? そんなポッキーのチョコだけを舐めるような(←なんだ、この例えは)見方を!? ……でもまあ、確かに瞬間視聴率は暗殺場面だけ25%以上いったそうだから、そういう見方をしている人は結構いるってことですよね。

>「最初は大友さんが『群青~ultra marine~』をドラマにかぶせていて歌入りの大河は斬新だと言っていた」

一体、そりゃ何? と思ったらラフの編集にかぶせていたってことなんですね。福山の曲自体知らないからどんな感じになっているか想像つかないけど。
http://www.tfm.co.jp/talkingfm/index.php?itemid=35961&catid=166

>今週は定期テスト期間中&続いて模試なので頑張ります

大流行しているノロにはくれぐれもお気をつけて頑張ってつかあさい(今、会社でも流行っていて、みんな順番にやられとる)。
2010/12/01(Wed) 00:11 | URL | tsumire→Akaneさん | 【編集
>大河ドラマ龍馬伝の最終回しかもオオラスであと十数分で終わるのに次のニュースでやれなかった?

暗殺場面のテロップは8時55分、「龍馬伝」終了後のニュースは9時15分、地震とか大災害ならまだしも選挙だもんね、あと20分くらいいいじゃないかと思いますけどねえ。まあ他局が丁度ミニニュース番組をやっている時間帯だから置いてかれたくなかったんでしょうけど。

>愛媛県知事選のテロ 中岡の予言はこれだったとは

中岡慎太郎、すげーなー、150年後のこんなテロの予告をしていたとわ(笑)。

>弥太郎と信玄の従兄弟同士の共演そっくりで見ながら笑ってしまった。

あの似た感じは狙っていたんですかね、それともたまたまなのかな、「愛」と「生」の弥太郎、「憎」と「死」の亀って構図。

>そして弥太郎の日記には龍馬が暗殺されたあと暗殺の日の前後は非公開らしいそこには何が書かれているのか非常に興味がある

大友さんが前にセミナーでも、日記に書かれていない事で色々膨らませられるとか言ってましたけど、膨らまし方としてどうなの?って感じもね(遠い目)。
2010/12/01(Wed) 01:04 | URL | tsumire→刹那さん | 【編集
>あの場面は青春時代の回想+みんなみんな逝ってしまったがじゃな場面
だから仕方ないのかも。
でもあそこはベタでもラストで使って欲しかったわ。

っちゅうことはtsumireさん的には、2009年の最高傑作『笑う警官』の
Lastシーンは大正解だと。
(なんのこと?と思ったそこのお嬢さん、『笑う警官』のDVDを見てね!)

毎日新聞で短期連載されている大友さんの記事、
今日は学生時代の話で面白かったですよん。
2010/12/01(Wed) 09:25 | URL | Macky | 【編集
>>っちゅうことはtsumireさん的には、2009年の最高傑作『笑う警官』の
>Lastシーンは大正解だと。

あの場面は、主人公の青春時代の回想じゃないもーん。しかもみんなみんな逝ってしまってないもーん。ハルキだけはいろんなものがあっちこっちに逝っちゃってたと思うけど。あ、あのラストはもしかしてハルキの葬送曲!?(違)

>毎日新聞で短期連載されている大友さんの記事、
>今日は学生時代の話で面白かったですよん。

高校時代のポルノビデオ作品「揺れる乳房」編ね(笑)。毎日新聞をとってないので、ここんとこずっと毎朝駅のキオスクで毎日新聞を買ってますよ。
2010/12/01(Wed) 13:15 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>チャンネル権を持っているご家族が暗殺場面だけを見た

いえいえ
家族はいつも22時過ぎに寝てしまうので22時からのBSの放送を狙っていたのですが
その日は家族が寝たのが23時だったので暗殺シーンしか見れなかったんです( ̄▽ ̄;)
視聴率には貢献できておりません(笑)

まぁ本来テスト前日だから我慢せぇって話ですけど(笑)


明日いよいよ雪が降る予報です…
逆に12月に雪がない方が違和感ですけどね(^_-)
2010/12/01(Wed) 17:15 | URL | Akane | 【編集
>その日は家族が寝たのが23時だったので暗殺シーンしか見れなかったんです

えっとー、22時からのBSだと暗殺シーンは22時55分、そこら辺からご覧になったんですね。チャンネル権がないってつらいわね(受験生だから仕方ないか)。

>明日いよいよ雪が降る予報です…

北海道の天気ってどうなってたっけ?と今tenki.jpを見てみたら、軒並みマイナスで、当たり前だけど北海道は本物の冬でしたわね。道北の気持ちの内訳(2010年12月1日)って見てみたら、こんなになっているし。

* 1.大雪
* 2.雪かき
* 3.冷え込み
* 4.毎日雪
* 5.真冬日

心底、冬(笑)。どうか風邪にはお気をつけて(あちこちでノロがすごいことになってるYO!)。
2010/12/03(Fri) 02:16 | URL | tsumire→Akaneさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック