六義園の紅葉 六義園の紅葉
先週の木曜日は午後から小学校での個人面談があったために会社を休んだのだが、朝、とっっっっても天気がよかったのでー、ついお出かけをしてしまった……。ああああ、この日は朝から同人誌の原稿を描くはずだったのに!

さて2、3日前にテレビで紅葉を見るなら六義園というミニ特集をやっていたので、混んでいるかな?と思いつつ平日の朝9時から行って来たのだが……お年寄りがすっげー多かったよ。ま、自分も年寄りなのだがそれは置いておいて(だって私よりは10~20歳以上は上の皆さんだしー)、カップルなお年寄り、何かの趣味のグループらしき集団、にぎやかなおばさん達、ごっつい本格的なカメラ持参で各所に陣取るジジ達、そして旅行会社の旗を持ったオジさんのあとにぞろぞろと続くツーリストな皆さん達。ここは平均年齢たけーなーと思ったのだが、そういや私も昔は花見はしても紅葉なんてこれっぽちも興味がなかったのに、年を取ったら紅葉の美しさにもしみじみするようになってきましたよ。はっ、もしかしてこれって自分が枯葉的ポジションに近くなったからなのか!?(笑)

六義園の紅葉 六義園でちょっと休憩
そんな訳でちょっと休憩。観光客が多いからかおでんだの甘酒だの焼きそばだのの店が出てたのでじゃいただきましょと注文したら「すみません、10時からになります」と言われてしまっただよ。しかたないので池のそばの茶屋で抹茶をいただく。ここんとこ毎日残業三昧で10時11時帰りだったため、こんなにボケっとした時間を過ごすのは久しぶりだ。一瞬明日の仕事の山が目に浮かぶがもちろん気のせい気のせい。

六義園のスタンプラリー
園を出ようとしたら、現在都立公園スタンプラリーを開催中とのお知らせが。11カ所の都立公園のうち5カ所のスタンプを集めたら、非売品の特製カレンダーをもらえるらしい。ちらっと中を見てみたら都立公園のイベントとか季節行事の日程も載っててちょっとよさげ、こうなりゃ今日一日都立公園を回っちゃおうか!? とか一瞬思ったけど、そういえば午後から小学校に行かなきゃならないんだった。ちぇっ(←本日会社を休んだのはこのためであるのをすったかり忘れとる)。

新宿御苑の紅葉 新宿御苑の紅葉
それでさっさと帰宅して同人誌の原稿をとか思ったのに、ちょっとだけと新宿御苑にも行ってみる。今年は年間パスポートを作ってたびたび花を見に行ったが、もう完全に元はとったな(年間パスポートは2,000円、1回の入場料は200円)。

新宿御苑の薔薇 新宿御苑の薔薇
もう薔薇は終っているだろうと思ったのに、12月になったというのにまだ随分と多くの薔薇が咲いていた。左は「グラニー」、右は「エーデルワイス」。

新宿御苑の薔薇 新宿御苑の薔薇
左は英国産なのに「シャリファ・アスマ」と言うやけにエキゾチックな名前なのでなんだ?と思って調べてみたら、製作者のデビッド・オースチンがオマーンのプリンセスにちなんで名前をつけたようだ。まるで芍薬のような豪華な花っぷり。そして前回(10月27日「新宿御苑の十月桜と薔薇」)、前々回(5月23日「神代植物公園の薔薇」)と見ていたときは全然気がつかなかったのだが、秋冬に咲く薔薇はひっそり目に咲くせいか棘が目に入る。薔薇といえば当然棘だがどれもこれも実に痛そう~。こんなんでむち打たれたらそら泣いちゃうわ。

新宿御苑の銀杏 新宿御苑のサザンカ
そういえば新宿御苑は六義園と違って家族連れの客の方が多かったような。六義園はどちらかといえば箱庭的だが新宿御苑は広々としたスペースがあって子どもが存分に遊べるからか? などとボケッとしながらも時間がないので小走りで紅葉を見ていたのだが、傍から見たらかなり怪しかったかも。

ああ、そして今日も原稿はまっちろ(泣)。そんな訳で、しばらくブログの方は更新が滞るはず……(←あくまでも予定)。ま、12月15日くらいに平然とブログ記事を書いていたらきっと今年の冬も新刊が出ないということだな(とほほ)。でもすでに17日に忘年会の予定を入れちゃっている時点でアウトか!?

去年の今頃は何やってたんだっけな? →コレを描いておりました(2009年12月22日「ハゲタカ廃人日記への道(12/22)」)。そして一昨年がコレで、その前がコレ。一貫性がねーなー(笑)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
まぁ奥様、紅葉狩りですの?優雅だわ~。
うちは田舎のくせに(だから)、紅葉の名所には車で出掛けなきゃならないので、渋滞が嫌で行った事がないなぁ。
薔薇がまだ咲いているという事にも驚き。(あ、でも薔薇っていつが季節なのか知らなかったわ。さすがに冬じゃないだろうけどさ)

>でもすでに17日に忘年会の予定を入れちゃっている時点でアウトか!?

いや、tsumireさんはやれば出来る子だから、そういう意味ではアウトじゃないと思うけど、問題は「やる気」だなぁ………去年は11月に鷲津を見た後でまだ体中に愛がほとばしっていたから、それをエネルギーにして描き切ったけど、今年はやっぱチャージ不足は否めないもんねぇ。

>一貫性がねーなー

そこは全く無問題だけど、個人的には「廃人日記2」+「龍馬伝」ネタ(半平太さんのあんなシーンや弥太郎のこんなシーンをtsumire画伯の漫画でもう一度おちょくりたい)を希望します。
でもま、わしらはもう無理がきかない年だから、その辺は不測の事態も覚悟しとくわ(笑)
2010/12/06(Mon) 08:09 | URL | suika | 【編集
いつも美しい写真をありがとうございます
案外、綺麗~に咲いている薔薇って少ないように思うのに、上手に写真撮らはるな~。
ワタクシも秋の薔薇は、先月初旬、神戸の「布引ハーブ園」っつーところで、ゴージャスでない可憐なのを見てきました。

紅葉は若い頃はあまり行かないですよね。けど、そんな私ももみじの似合うお年頃(笑)おまけに週末ごとかなりシブ目の神社仏閣を回ってたんだけど、先月末とってもメジャー「高台寺のライトアップ」に義母と行こうとして、タクシーに乗車拒否されちまったぜよ。「今やっと高台寺から抜けて来たところなんですよっ!」ってさー。
やっぱり、私はマイナーがお似合いだっつー事なのね。別にいいけどね、…ちっ


<おまけ>
昨年の今頃、イケイケドンドン!!とtsumireさんを煽ってしまったことが、今年の体調不良に繋がっているのではないかしら?とちょっと気になっていたんですけど、何やらやっぱりお元気そうで、美味しいお酒も召し上がっていらっさる様だし安心しましただ(笑)
ホント、昨年末のあのテンションが続いたら「愛」はあっても文字通り「廃人」だもんね。

2010/12/07(Tue) 01:28 | URL | BOOKO | 【編集
>まぁ奥様、紅葉狩りですの?優雅だわ~。

ほほほ、尻に火がついているとはとても思えないざましょ?

>うちは田舎のくせに(だから)、紅葉の名所には車で出掛けなきゃならないので、渋滞が嫌で行った事がないなぁ。

なるほど、その点都内はこれ見よがしな紅葉の名所が随所にあるなあ。

>薔薇がまだ咲いているという事にも驚き。

薔薇は(←また第一候補が「腹」だったよ、こいつーーーー!)春(5月)と秋(10月~11月)くらいに咲くのが一般的みたいだけど冬桜同様に冬薔薇っつーのもあるみたいだな。聞くだに侘しそうな感じだが。

>いや、tsumireさんはやれば出来る子だから、そういう意味ではアウトじゃないと思うけど

この状況だというのに、部長が勝手に「14日は忘年会だからよろしく」とか言って来たんだけど、ブッチしてもいいよね!?

>問題は「やる気」だなぁ………去年は11月に鷲津を見た後でまだ体中に愛がほとばしっていたから、それをエネルギーにして描き切ったけど、今年はやっぱチャージ不足は否めないもんねぇ。

ああ、去年は11月末に大きな鷲津を見たしー、1月は三軒茶屋でも大きな鷲津が見られたしー、アカデミーにノミネートされたしー、1月にはDVDが出るってえんでそれなりに楽しみだったしー、「龍馬伝」にも期待が膨らんでいたもんねぇ……(遠い目)。

今、イケてるネタは来年2月のNHK土曜ドラマであのくるべさんプロデュース、松尾スズキ主演、「風林火山」の大森寿美男脚本のドラマが始まるのが楽しみっちゃあ楽しみだけど、まだ詳細は何もわかってないしなー。

>個人的には「廃人日記2」+「龍馬伝」ネタ(半平太さんのあんなシーンや弥太郎のこんなシーンをtsumire画伯の漫画でもう一度おちょくりたい)を希望します。

ネタを書き出したら圧倒的に会社ネタばかりになっちまっただよ。「廃人日記2」ネタは「廃人日記1」の時よりも実在する登場人物が多すぎて、そちらの皆様に許可をいただくのがもう面倒くさい……(←ダメダメ)。そして半平太さんは今のところどうも丁稚みたいにしか見えない感じのものしか描けず、弥太郎は銭ゲバっぽくなってしまって挫折中(とほほ)。ああ、来週は開き直って「最後の忠臣蔵」と「武士の家計簿」あたりを見ているような予感……。
2010/12/07(Tue) 14:16 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>案外、綺麗~に咲いている薔薇って少ないように思うのに、上手に写真撮らはるな~。

でも私が行くような公園のバラってそれがウリなところもあるせいかどれもきれいに咲いているし、最近のカメラは非常に優秀なんですよ。

>ワタクシも秋の薔薇は、先月初旬、神戸の「布引ハーブ園」っつーところで、ゴージャスでない可憐なのを見てきました。

どんなところだろう?とウェブページ見てみたら綺麗そうな感じですねえ。しかもこの手の公園のHPって結構ダサいところが多いのに、垢抜けているし(←最近ドラマ「ハゲタカ」のウェブページを見て色々チェックしているのでどうでもいいところに目がいく)。

>紅葉は若い頃はあまり行かないですよね。けど、そんな私ももみじの似合うお年頃(笑)

なるほど、紅葉の似合うお年頃!(笑)

>「今やっと高台寺から抜けて来たところなんですよっ!」ってさー。

まー、BOOKOさんのお宅周辺は超絶観光地ですから、「普通の観光」をしたくてもなかなかままならないですよね。でもそちらで本格的な花見(本格的?)とか本格的紅葉狩りってしたことないから一度してみたいような気も(でも人出を考えたらそれだけでぐったりか)。

>私はマイナーがお似合いだっつー事なのね。

皆が目を付けないところの良さに惹かれるんじゃないっすか、「ハゲタカ」とか(笑)。

>昨年の今頃、イケイケドンドン!!とtsumireさんを煽ってしまったことが、今年の体調不良に繋がっているのではないかしら?とちょっと気になっていたんですけど、何やらやっぱりお元気そうで、美味しいお酒も召し上がっていらっさる様だし安心しましただ(笑)

ご心配頂きましてありがとうございます。今年の不調はただ単に仕事が例年よりも忙しいのと、寄る年波っつーやつでしょうか(泣)。桜と漫画と映画の「ハゲタカ」をみてればちったあもつんですけどね(ふっ……)。

>ホント、昨年末のあのテンションが続いたら「愛」はあっても文字通り「廃人」だもんね。

愛があればそれも本望……でもないか(笑)。
2010/12/07(Tue) 19:47 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
まあ相変わらずステキなお花ですね。写真で見るだけでもささくれた心が癒やされますわ。

どうやら年末の病院の会計が閉まる日に退院となりそうなんですが、まあ大変ですって今まで畳とコタツと布団の生活だったのが、ベッドに椅子の生活にしなくてはならず、しかも今まで二階に寝室があったのが、階段の上り下りはダメということで実家の片付けに追われています。

そんな私が今日拾った小ネタですってハゲタカにはま~ったく関係ありませんけど。

12月17日のSPECの最終話に当麻の父親役でなんと佐野元春さまがドラマ初出演!!職業は「惑星探査機ハヤブサの開発者のひとり」という設定で白衣でのシーンありとのことです。
WOWOWでお正月に放送するドラマの監督を堤さんがなさって音楽を佐野さんが担当されたご縁でのご出演だとか。

しかも先週の当麻の自宅のシーンで遺影として既にご出演済みなんですって!!

女の子に寄り添う父親(佐野さん)と母親(石田えりさんですって!!)がもう既出だそうです。(気になってさっき相棒が終わった後にチェックしちゃいましたが冒頭の方に城田優くんが当麻の家の仏壇に手を合わせるシーンにうつっていましたが全く気がつきませんでした)
2010/12/08(Wed) 22:14 | URL | むぎこがし | 【編集
お母様も無事退院が決まって本当によかったですね。年越しを自宅で過ごせるのは何よりでしょうね。まあ、和風から洋風(って、言い方がババくさい?)の生活スタイルに切り替えるのは色々準備が大変だと思いますが、めったにあることでもないので思い切り色々変えて楽しめるかもしれませんしね。

>12月17日のSPECの最終話に当麻の父親役でなんと佐野元春さまがドラマ初出演!!

へぇー、なんか懐かしいお名前が。まあ当麻というキャラは非常に面白いですからね、当然家族構成も気になる所です(もちろん瀬文もね)。そんな「SPEC」ももうすぐ最終回かあ。時の経つのが早過ぎる…(泣)。
2010/12/10(Fri) 00:02 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
わあ~いいなあ~見事ですね♪
目の保養を、ありがとうございます。
今週は残業の日が多かったので、こちらの紅葉と薔薇で和みました。

tsumireさんも、連日の激務と原稿の修羅場から、しばし解放されたひと時だったんですね。
よろしゅうごうございました。

私は、とっくの昔に紅葉が似合うお年頃”になっているので、毎年のように都内の庭園や寺社に出かけて紅葉を愛でているのですが、今年は行かずに終わってしまいそう……。
11月末に箱根の芦ノ湖周辺に行きましたが、残念ながら見ごろを過ぎてしまっていました。
今のところ、紅葉らしきものをじっくりと観たのは東京国立博物館の庭のイチョウくらいかな…。
もちろん、本館エントランスホールの大階段下にも参りまして、心の中で「この国は腐っている!」と叫んでプチ・ハゲタカ・ツアーとして、満足しました。
(東博に行くと必ず行く場所ではあるのですが…)

六義園には、私は新緑の時期に行くことが多いのですが、あそこはいつも凄くゴツいカメラを抱えたシニア世代が山盛りですね。
駒込駅から近いし、少し足を伸ばせば旧古河庭園もあるし、年中人気の庭園ですが、さすがに紅葉の時期は平日朝から賑わうんですね。
桜の時期は、べらぼうに混んでますので近寄りませんが…。
旧古河庭園の秋の薔薇フェスティバルにも行きそびれてしまったし、アクティヴなtsumire先生とは反対に、私は引きこもり気味な秋でした。(出不精とも言う。)
今まではあまり意識しませんでしたが、龍馬伝を観た後だと、旧古河庭園が陸奥宗光の別邸だったと思うと、ちっくと感慨深いかも。(笑)

来年は私も、tsumireさんを見習って、花と緑を愛でに出かけられるように、もっと元気に、そして計画的になりたいです。
いつも、出かけてから別のことを思いつくので、目的が果たせないことが多くて…。
行き当たりばったりが多いですが、プチ『ハゲタカ』ツアーも細々と1名から催行を続けます。(笑)
なかなか廃人の皆さんのレベルには追いつきませんが、地道に「趣味・鷲津政彦」を続けたいと思っちょります。
…って、早くも年末のまとめみたいだわ。
2010/12/11(Sat) 00:25 | URL | 美冬 | 【編集
これはこれは、12月から1月にかけて萌え過ぎ注意の美冬さんじゃあありませんか(笑)。ううう、うらやましいぞ。

>今週は残業の日が多かったので、こちらの紅葉と薔薇で和みました。

今週はまだあちこちで紅葉がいい感じでしたね。会社が高層階のビルに入っているので季節の彩りの移り変わりを見下ろしてましたが、……私も今週は連日10時11時帰りで、なんもみられませーん(泣)。ま、クリスマスイルミネーションは楽しめますけどね(ふっ)。

>tsumireさんも、連日の激務と原稿の修羅場から

原稿かあ……進んでねーなー。っつーかこの期に及んでまだ1ページもペン入れしてないのにじたばた足掻いておりますだ。

>私は、とっくの昔に紅葉が似合うお年頃”になっているので、

またそんなこと言ってオトナぶりっこな美冬さんったら(笑)。やっぱ、苦みとか渋みとか枯れの味わいが理解できるようになるまでには時間がかかるんですね(って、自分へのいい訳か(笑))。

>11月末に箱根の芦ノ湖周辺に行きましたが、残念ながら見ごろを過ぎてしまっていました。

でも赤いハゲタカをご鑑賞になられたり、ちゃんとライオンソース裁判ごっこもしたりと、正しいハゲタカ廃人的紅葉狩りをされているご様子で何より。

>本館エントランスホールの大階段下にも参りまして、心の中で「この国は腐っている!」と叫んでプチ・ハゲタカ・ツアーとして、満足しました。

私、まだそれをやってないんですよー。っというか、あのカット場面を見て以来東京国立博物館に行ってないので、行ったらぜひともやらかしてみたいとは思っているんですけどね。

>さすがに紅葉の時期は平日朝から賑わうんですね。

普通の会社員くずれの私なんか浮いているわ……とか思いましたが、年齢的にはそれほど浮いてもいない事実(とほほ)。

>今まではあまり意識しませんでしたが、龍馬伝を観た後だと、旧古河庭園が陸奥宗光の別邸だったと思うと、ちっくと感慨深いかも。(笑)

そうですよね、他の建物も色々「龍馬伝」的に曰くありなものも多くて。でも「龍馬伝」と「ハゲタカ」がリンクする建物と言えば西乃屋ですよね。なんたって坂本龍馬の最期を看取った田中光顕伯爵邸ですからねえ(もちろん「龍馬伝」には全く出てこなかったけど)。入り込んでみたいもんです。あとは弥太郎が関係していた日本郵船の日本郵船歴史博物館が三葉銀行だった(ロケ地だけど)とかあるけど。

>いつも、出かけてから別のことを思いつくので、目的が果たせないことが多くて…。

ほほほ、私はブログには書いてないですが、出かけてから何をするんだったか忘れて他の事をすることも非常に多く、多分目的が果たせない事なら美冬さんの上をゆくものと思います(てへっ)。でも来年は……「ハゲタカ」の新しいニュースもないしー、「龍馬伝」は終っちゃったしー、多分ひっそりと静かにすごしますわ、きっと……(ホントか!?)。

>行き当たりばったりが多いですが、プチ『ハゲタカ』ツアーも細々と1名から催行を続けます。(笑)

ふふ、1名だから(誰も見てないから)出来る事もあれば、大勢だから思い切ってできることもございます。そのうち、ご一緒に、どうですか(笑)。

>地道に「趣味・鷲津政彦」を続けたいと思っちょります。

趣味・鷲津政彦……。いいですね。知らない人に説明するのが面倒くさいけど(←ダメダメ)。私もこれからもひっそりと細々と続けていきたいと思います。そのために、まずはNHKに「ハゲタカホームページ閉鎖反対!」の抗議メールでも送ってみるか(←全然ひっそりじゃねえ)。
2010/12/11(Sat) 12:26 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック