江~姫たちの戦国~ 第1回 江~姫たちの戦国~  第1回
やっぱり去年の大河「龍馬伝」に入れ込みすぎたのか、元々好みの方向じゃない姫大河だからなのか、今三つ積極的に見ようという気にもならず、家族にチャンネル権奪われてリアルタイム放送で見なくても全然OKで、さっきやっと第1回を見ました。時代劇も大河ドラマも好きなのでもしかすると面白かもしれないし。しかし今「」の公式サイトを見てみてビックリ。なんじゃこりゃーーっ! 女性週刊誌かよっ。……まあ、わざとやっているんでしょーけどねー。

[あらすじ]
「織田信長(豊川悦司)の妹・市(鈴木保奈美)の娘は三姉妹。三女・江(ごう・上野樹里)は父の記憶がない。永禄11年、京へ上洛(らく)をもくろむ信長の命で、市は北近江の浅井家に嫁ぐ。望まぬ婚姻だが、浅井長政(時任三郎)と出会い、市は恋に落ちる。やがて茶々(芦田愛菜)、初(奥田いろは)が生まれるが、両家は全面戦争へ。戦の果て、信長軍に包囲された小谷城に湖国の姫・江が誕生するが、それは父との別れの時だった」(NHK番組表より)。

「江~姫たちの戦国~ 第1回」(1月9日20時放映)。オープニングの合戦シーンがちょっと期待させられます。タイトルロールは去年とは打って変わって縦書き表示、でも文字がピンク色……(いやいや先入観を持って見ちゃいかん)。そして画面が去年と違って、明るい、きれい、華やか! 主人公・江(上野樹里)、キターッ(棒読み)。なんか「のだめ」みたいなんですけど……でも馬上の疾走するのだめ、じゃない、江の場面からそのまま江の母・お市の方(鈴木保奈美)へと切り替わるのもいい感じ。非常にオーソドックスな演出。そういや昨日の朝日新聞のドラマ評に「「オーソドックスな演出を心がけた」と伊勢田雅也チーフディレクターの話す通り、大河ドラマ第50作の記念作は、人生の流転を堂々と描く「大河」の名にふさわしい力作だ」と載っていたんだった。わざわざDが「オーソドックスな演出を」って宣言するって、去年の大河に対する挑戦か?と昨日はちょっと思ったんでしたよ(←違います)。ちなみに伊勢田さんは「ちりとてちん」「新撰組!」「芋たこなんきん」を演出された方なので、去年と違って安心して見られるかも。

しかし去年の「龍馬伝」は空気から今までと違っていたから、大河ドラマスキーの私でもあまり今までの大河と比べてどうこうという気にはならなかったけど(ま、大友さん他スタッフやキャストに思い入れもあったけどね)、今回の大河はオーソドックスなだけに、信長はやっぱり高橋幸治(1965年「太閤記」、1978年「黄金の日日」)が一番だけどトヨエツ(豊川悦司)も悪くないかもとか、お市の方は「おんな太閤記」(1981年)の夏目雅子とか「秀吉」(1996年)の頼義美津子が印象に残っているけど、今年は鈴木保奈美かあ……おきれいだし織田信長のクールな妹姫というキャラには合っているのかもしれないけどでも……いやまあ、ええっと、ついつい今までの大河と比べてしまうもんなんだな。

それに大河ってやっぱり実際はどうだったかっていう自分の知識も再確認して見ちゃったりすんのな。足利義昭を奉じて上洛したのっていつだったっけ?とか、桶狭間の戦いっていつだっけ?とか。お市の方と言えば小豆のエピソードだよなとか。つい子どもの社会科の教科書見てチェックしちゃったよ。もちろんドラマなので面白くて納得できれば別に創作が入ってても全然OKだと思うんですけど、今回の大河のように三姉妹だけの話にした方が物語的にわかりやすくすっきりするのかもしれませんが、お市の長男の万福丸のエピソードを入れておいた方が、より悲劇性や歴史の荒波の中で生きる江の生涯の彫りも深くなるような気がしましたけどね。

また秀吉(岸谷五朗)がマンガみたいなキャラになっているんですけど。お市の方が浅井長政(時任三郎)と結婚するってえ時に、ボス(織田信長)の目の前で市に「相手がやなヤツだったらどうするの?」なんて聞いてたりして、いくら超あこがれの姫の前でテンパっているんだとしてもこいつバカなんじゃないの?と思いましたし、他の場面もやっぱりマンガみたいで、多分、主人公・江の義父になる徳川家康(北大路欣也)やのちに市と再婚する事になる柴田勝家(大地康雄)との対比であんなキャラやお芝居になっちゃってるのかもしんないですけど、でもなんだかなあ。どうせマンガにするならもっとトンデモ方向に行ってくれれば楽しめるのにー。

まあひどいといえば足利義昭(和泉元彌)ですが、でも足利義昭の場合はどのドラマでも奇矯なキャラとして描かれるので(大抵超白塗りのおじゃる丸)、今回も狂言のお芝居みたいな台詞回しでも全然OK。なんか見とれちゃった。うーむ、和泉元彌、「北条時宗」の時もこんな狂言チックなお芝居だったのかしら。この間「萌えの死角 第2巻」(今市子、日本文芸社)を読み直して「北条時宗」を見てみたくなっているんだけど。

そしてお話はまるでダイジェスト版のようにびゅんびゅんすっ飛び、あれよあれよと言う間に姉川の合戦場面になり、戦いのさなかに江、誕生(名前が一文字だと文章書きづらいな)。敵(織田・徳川軍)と味方(浅井・朝倉軍)が相対する戦場に響く赤子の泣き声……。いや、まあ、別に本当に江の泣き声が小谷城一体に響いた訳じゃなくて、象徴的表現だっつーのはわかります、、、、が。そんでもって時空を超えて聞こえて来た赤ん坊の声に、敵も味方もクリスマス休戦のように戦いの手を止める、、、というのもわかります、、、、が。先々ちっくと不安。また、「この子は希望の子」発言に、去年の「龍馬伝」の超龍馬ageを思い出したりして。

うーん、どうだろう。1回目は思った程の拒否感はなかったし(ヤマト同様にハードルが低かったかも)、ふつー大河ってこんな感じだよなあとも思いましたし、今回は何分にも準備編みたいな感じだし、主人公・江がご活躍なのは次回以降のようだし、とりあえずトヨエツの信長はもうちっくと見てみたいので(別にトヨエツは好きでもなんでもないけど、この間の「あなたが主役 50ボイス」のトヨエツがお茶目だったので)多分来週も見ると思うけど、感想を書くかどうかはわかんないや。はぁ……。そういえばまだ全然見てない「龍馬伝 総集編」見てみようかなー。それとも「NHK大河ドラマ テーマ音楽全集」(←Vol.1だけ持っているのだ。歴代の大河ドラマのタイトルロール映像集なので懐かし大河ドラマスキーにはオススメ。曲と画面が懐かしいだけでなくそれぞれの大河の役者さんやスタッフの名前を見るだけでも楽しい。ただしオリジナルがNHKにほとんど残ってないから仕方が無いのだが画質がサイテー。でもこれもデジタルリマスター版が出たら買っちゃいそう)のDVDを見直して見ようかなー。
関連記事
テーマ:大河ドラマ 江
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
>やっぱり去年の大河「龍馬伝」に入れ込みすぎたのか

それはわたしもあると思った。最初の音楽も個人的には「龍馬伝」の方が好みだったし、華やかなタイトル画面も、女性が主人公だということを意識したものなんだろうけど、ぬるく感じられ、最初から暗雲たちこめるスタート。
わたしは三人姉妹とお市以外は配役を知らないか覚えていなかったので、そういう意味では新鮮さもあって、顔見世部分は「ほうほう」という感じでございました。
トヨエツは最初「え~?」と思ったけど、冷酷そうな感じやカリスマ性も感じられて「あり」だなと。
岸谷五朗は確かに漫画みたいだったけど、わたしは結構楽しめたよ。(他にあまり楽しみが無かったせいかも)

でもなぁ、わたしも赤ん坊の声で敵も味方も癒されるみたいな描写は、ちょっと受け入れられなかった。あまりにも非現実的。これからもこういうテイストが盛り込まれるのなら、視聴を続けるのは無理だなぁ。
「近江」から一字取って「江」。じゃ「近」でも良かったんじゃね?などと突っ込み癖はまだ直っておらず、前途多難。

>「この子は希望の子」発言に、去年の「龍馬伝」の超龍馬ageを思い出したりして。

全く同じでございます。特別視されていない子が波乱の人生を歩む方が面白いと思うんだけど、やっぱ主役は生まれたときから因縁がらみじゃないとダメなのかしら。

とりあえず今週は顔見世興行なので、来週に期待します。(でも「龍馬伝」は、初回からわくわくだったけど)

2011/01/10(Mon) 22:15 | URL | suika | 【編集
いや、もう、本当にテンションも低けりゃモチベーションも超低空飛行。せめて好きなスタッフか好きな俳優が一人でもいたらもう少し違ってたんだろうけどそれも全くない所に来て、姫大河だもんなーーー。なんか色んな場面で、ああそう言う訳ね……と勝手にまたさらにテンション落ち続けですよ(ふっ)。あああ、本当に温い……(泣)。もっとガッツリしたドラマを見てええええ。

>あまりにも非現実的。これからもこういうテイストが盛り込まれるのなら、視聴を続けるのは無理だなぁ。

私は多少の非現実的描写も面白いとか納得できるとか斬新とかだったら全然OKなんだけどさー、そういうんじゃないもんね。私は見てないけど一昨年の大河の「天地人」もそういう非現実的描写でネタの宝庫だったらしく(大河ドラマスキーの間では非常に評判が悪い大河にも関わらず視聴率も人気もあったらしいが)、それを思い出しますわ。

>特別視されていない子が波乱の人生を歩む方が面白いと思うんだけど、やっぱ主役は生まれたときから因縁がらみじゃないとダメなのかしら。

「特別な子」が「特別な生き方」をしたってそんなの当たり前じゃんね。予告でも信長が江になんかそういう類いの一言をしゃべっているのが萎えるわ~。ただ単に、普通の人(姫君に生まれちゃあ普通とは言わんだろうけど)がとんでもない運命の荒波の飲まれて乗り越えて行く様を描けないだけなんじゃねーの?とか思っちまうなあ。

>でも「龍馬伝」は、初回からわくわくだったけど

「ハゲタカ」も「龍馬伝」も無い現在、わたくし、非常に殺伐としております(泣)。suikaさんのようにコバケン、nanakoさんのように向井理、Mackyさんと某嬢のように大森南朋、美冬さんのように堺雅人(と阿部ちゃん)、、、、と、現実に萌えられるものがあったらまだ楽しいのにーー。
2011/01/10(Mon) 23:57 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>現実に萌えられるものがあったらまだ楽しいのにーー。

確かにtsumireさんには生萌えはないけど、漫画という武器があるじゃないの。私たちは受けることしかできないけど、tsumireさんは攻める事もできるのよ~(言葉の選択を間違ったような気がする)
鷲津にあーんなことやこーんなことをさせることが出来るじゃないの~
ぜひ妄想本を描いて頂いて、お相伴に預かりたい♪(でも○ゲの妄想は要らないから。あ、妄想じゃないか………)
2011/01/11(Tue) 20:59 | URL | suika | 【編集
コバケン
横からすみません!

>suikaさんのようにコバケン、nanakoさんのように向井理・・・

うっかり、習性で向井君まで一気に読み飛ばしていましたが、suikaさんのコバケンってまさか、指揮者の小林研一郎氏ではないですよね???私にとってコバケンといえばこの方だけなんですけんど。(笑)
すっごく気になるので、気が向かれたらコバケン萌え所を是非!(笑)

あ、tsumireさん。向井君のことは鷲津と同じかそれより前から好きだったのですが、鷲津があまりに冷たいので(言い切り)「現実を見ろ!」と言われたこともあり自然とシフトしたんですよね・・・。
2011/01/11(Tue) 23:59 | URL | nanako | 【編集
>私たちは受けることしかできないけど、tsumireさんは攻める事もできるのよ~

人生は「受け」でなく「攻め」だと!?(ますます言葉の選択を間違ってる?)

>鷲津にあーんなことやこーんなことをさせることが出来るじゃないの~

あー、まー、そうね。なんだか喉元過ぎたらもう原稿の事なんかすっかり忘れてたわ。私ったらそういえば今年は5月にも同人誌即売会に参加するって宣言しちゃってたんだったっけ。

じゃ、そろそろ本気でとりかかるか。あ、でもそのまえに「鷲津政彦、乱れ髪」もやらなきゃな。
2011/01/12(Wed) 01:24 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>suikaさんのコバケンってまさか、指揮者の小林研一郎氏ではないですよね??

まあ、nanakoさんらしい「コバケン」……。suikaさんの「コバケン」たらこれですよ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B004GGSTD4
でもこの「コバケン」の萌えどころを聞いてもあまりnanakoさんにはフィットしないような気も(笑)。

>鷲津があまりに冷たいので(言い切り)「現実を見ろ!」と言われたこともあり自然とシフトしたんですよね・・・。

また不憫萌えのnanakoさんたら、「現実から目を背けるな」って言ったのは鷲津じゃなくて劉じゃないのよおぉぉ。劉から言われちゃったからなのね(笑)。
2011/01/12(Wed) 01:31 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
実家通いでわかったのですけど両親やそのご近所のかたがたには「江」はとても好評だそうです。

画面がキレイで着物が素敵という女性陣の反応だけでなく合戦シーンがこれでもかとあって欲しいという意見もあるのですが、「龍馬伝」の画面はアナログテレビだと暗すぎてよく見えないとか、老眼にはボケて見えるとか土佐弁が聞き取りにくいし字幕表示にしても読むのがめんどくさいとか長年大河を見てきた人たちからは予想通りの反応でした。


私的には見続けるとは思いますが、脚本家が「篤姫」ではサクッと実成院(14代家茂生母)を切った人ですからね(今回も万福丸を削除?)。ある意味去年の人よりも男らしいかも?


「北条時宗」は外事警察の住本こと渡部篤郎が時宗の弟の時輔役で「ケイゾク」の翌年でしたから結構人気があったように思います。

結構とんでもストーリーで時輔は毒殺されずに大陸に渡り蒙古軍に入ったとか後半はあまり真剣に見ていなかったように思います。
「神風」の描写で当時最先端のCGを使ったとか大河ドラマでは珍しい海外ロケを敢行したとか色々あったように思いますがそれらは全て節子ママのピンポン玉のような真珠のネックレスとともにどこかにいってしまいました。

2011/01/12(Wed) 03:54 | URL | むぎこがし | 【編集
nanakoさん

ほほほ、わたくしのコバケン(なんか美冬さんの「うちの堺」にニュアンスが似てるな)は、これでございます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3154722

床に直座りしてる方ね♪

萌え所はですね~♡、あ?聞きたくない?………しくしく

しかし指揮者の小林研一郎氏が出てくるとは思ってもみませんでしたよ。
わたしが恐れているのは、「コバケン」という言葉で一体何人の人が「ケンコバ」を頭に浮かべたかってことです。全然違うからっ!!

tsumireさん、どうせリンクを貼るなら、かっこいい画像にしてよぉ。楽しみが無いじゃん(泣)
2011/01/12(Wed) 07:48 | URL | suika | 【編集
え?コバケン、と言ったら・・・
ミュージシャンなら ↓ だし
http://www.kobaken-kobaken.com/top.html

俳優ならコレ
http://www.highlegjesus.jp/tower/talent/kobaken.html

政治家ならコレでしょ?
http://www.kobakentaro.jp/

ま、そんなことはともかく
最近、nanakoさんちの理くん、すごい露出ね。
「日経エンタテイメント」ではピンナップまで付いてるんですもの。
美貌あってのことですわ。
たくの南朋では、想像もできないわピンナップなんて。。。

美貌といったら、「SPEC」も演出したTBSの加藤新クンですよ。
え?気になる?そんな人は本屋へGO!
で「SPEC」のムック本(2種類のうちのどっちか。どちらか忘れちゃった^^;)を見てみてぇ~。

あっこのスレは「江」でしたね。
見ました。画面の明るさ、色彩にビックリ!
大河デビューが「龍馬伝(1、2部限定)」の私にとっては眩しすぎます!
それにしても、愛菜ちゃん、可愛すぎぃぃv-238
2011/01/12(Wed) 13:11 | URL | Macky | 【編集
初回くらいは見ようと思いつつ、結局、義母が見てたので、部屋に用事で入った時にチラ見した程度でした(汗)
ちなみに「龍馬伝」は汚くて(苦笑)見る気になれなかったが、今回のは綺麗だからみるそうです(=年配者には「龍馬伝」は受けが悪かったか…)

>主人公・江(上野樹里)、キターッ(棒読み)。なんか「のだめ」みたいなんですけど

まぁ、確かに…
というか、あんみつ姫(古っ!)に見えてしまうのは私だけか(笑)あんみつ姫は衣装がもう少し豪華だっけ。

ところで、江の母役=鈴木保奈美で、朝ドラ「てっぱん」のヒロイン母役=安田成美って、とんねるずつながり?でしょうか。

とりあえず、再放送をチェックして見ることにするかぁ(かなり棒読み…笑)
2011/01/12(Wed) 13:17 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
コバケンで広げすぎ(笑)
「江」と無関係なところで広げちゃってすみません~。そして向井君の所有権(←言い過ぎ)まで認めていただいて、シアワセ気分です。(←なんとなく昭和な表現・・・)

tsumireさん
>また不憫萌えのnanakoさんたら、「現実から目を背けるな」って言ったのは鷲津じゃなくて劉じゃないのよおぉぉ。劉から言われちゃったからなのね(笑)。

きゃあ~、フォローありがとうございます。その通りでございます。
反省その1:セリフは正確に!
反省その2:しつこくても誰に言われたから、そしてなぜその人の言うことをきくのか?をきちんと伝わるように書くこと!
ブログ書き始めて1年ちょっとなのに進歩無いですわ。。。

suikaさん
>ほほほ、わたくしのコバケン(なんか美冬さんの「うちの堺」にニュアンスが似てるな)は、これでございます。

しっかり拝見しました。その昔、鷲津の面影を求めて南朋さん作品をあさっていたころ、「百色眼鏡」でしっかり拝見しておりましたが、私の琴線には全く・・・。残念ですっ!

Mackyさん
>最近、nanakoさんちの理くん、すごい露出ね。
「日経エンタテイメント」ではピンナップまで付いてるんですもの。
美貌あってのことですわ。
たくの南朋では、想像もできないわピンナップなんて。。。

でへへ。。。
「nanakoさんちの理くん」って、孫でも息子でもない向井君なので、微妙ではありますがなんだかウレシイv-238
でも、Mackyさんたら向井君には厳しかったのに・・・「声がいいよね。でもあのお腹が許せない」とかおっしゃっていたのに、「美貌」を認めてくださるのですか!ありがたいです。(笑)
「日経エンタテイメント」は他の記事も読みごたえありましたよね~。「NHKアクター」とかね。(笑)

あ、コバケンは政治家のが一番インパクトがありました。(笑)勉強になります、このcafe♪
2011/01/12(Wed) 20:35 | URL | nanako | 【編集
>実家通いでわかったのですけど両親やそのご近所のかたがたには「江」はとても好評だそうです。

へぇ~、なるほど。私の回りで大河を見ているのは父親と、会社では派遣のTさんだけなので、明日ちょっと聞いてみよう。

>脚本家が「篤姫」ではサクッと実成院(14代家茂生母)を切った人ですからね(今回も万福丸を削除?)。ある意味去年の人よりも男らしいかも?

うーむ……。今回万福丸を削ったのは、1.時間がない(さっさと主役を登場させるためにはプロローグは短めにしなくてはならない)、2.浅井家三姉妹に焦点を合わせるために余計な枝葉は最初から排除、3.第1回目から残虐なエピソードはいらない、4.ヘタに万福丸のエピソードを入れると来週以降では江が信長にあこがれ目線なのに、話がぐっとずっしり重くなってしまう、、、とかあるんでしょけどね。なーんだろ、きれいに舗装した道路の方が歩きやすくて人通りも多くなるんでしょうけど、その道がどんな道なのかという想像力を働かせる余地はなくなるよなー。

>「北条時宗」は外事警察の住本こと渡部篤郎が時宗の弟の時輔役で「ケイゾク」の翌年でしたから結構人気があったように思います。

この間の「大河ドラマ50」でちょっとだけ見ましたけど、元彌とは対照的なキャラのようでキャストはなかなかよさげでしたね。

>結構とんでもストーリーで時輔は毒殺されずに大陸に渡り蒙古軍に入ったとか

うわー、じゃ元寇の時に再会とかって流れ? でも脚本が井上由美子だからわりとしっかりしてたんじゃないのかなあ。全50本前後を見る根性はみじんもないけど、すっごーーーく暇な時にでも総集編は見てみたいかも(笑)。
2011/01/13(Thu) 00:20 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>tsumireさん、どうせリンクを貼るなら、かっこいい画像にしてよぉ。楽しみが無いじゃん(泣)

えーーー、だって私、コバケン萌えじゃないからどれがかっこいい画像化わかんないしー(笑)。だから適度な紹介文が載っているところが一番かもって思ったんだけど(てへっ)。

ちなみに私はsuikaさんのコバケン以外のコバケンっつーたら小林カツ代の息子のケンタロウ(料理研究家)が思い浮かぶけど。
2011/01/13(Thu) 00:25 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>たくの南朋では、想像もできないわピンナップなんて。。。

まあまあ、Mackyさんの大森南朋だって韓流スターのブロマイドみたいなアングルで写っている写真とかあったじゃないっすかあ。

>美貌といったら、「SPEC」も演出したTBSの加藤新クンですよ。

↓この写真ではその美しさはわからないけど。
http://www.tbs.co.jp/kinpachi/series6/images/sotugyo4_8.jpg

>見ました。画面の明るさ、色彩にビックリ!
>大河デビューが「龍馬伝(1、2部限定)」の私にとっては眩しすぎます!

もしかしてMackyさんちのテレビが新しくてピカピカだからなんじゃないの?(笑)
2011/01/13(Thu) 00:33 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>ちなみに「龍馬伝」は汚くて(苦笑)見る気になれなかったが、今回のは綺麗だからみるそうです

おお、ここでもむぎこがし家同様のご反応が(笑)。もしかしてお年寄りにはあの汚さはリアルすぎて(昔実体験したレベルの汚さや貧しさの再現ぶりに)見たくないというのもあったりするのかなー。

>というか、あんみつ姫(古っ!)に見えてしまうのは私だけか(笑)

まあ、明るく饅頭ほおばっていたしね(笑)。いくら田舎の姫君といってお行儀が悪過ぎるんじゃね?とか思ったけど。

>ところで、江の母役=鈴木保奈美で、朝ドラ「てっぱん」のヒロイン母役=安田成美って、とんねるずつながり?でしょうか。

あらそういえば。しかもほぼ同じ時期ですもんね。
2011/01/13(Thu) 01:11 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>「江」と無関係なところで広げちゃってすみません~。

誰か気にしている人がいるのか?(笑)。

>反省その2:しつこくても誰に言われたから、そしてなぜその人の言うことをきくのか?をきちんと伝わるように書くこと!

なんて素直でいい子のnanakoちゃんなんでしょ。宿題はいつもさっさと片付けるし! 私も今年はnanakoさんを見習って、1.宿題はちゃんと片付ける、2.宿題はちゃんと片付ける、3.宿題はちゃんと片付ける、を目標に頑張ります(笑)。
2011/01/13(Thu) 01:29 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
みなさ~ん、
今年最初の賭け事ですよぉぉ

お題は「tsumireさんが宿題を片付けられるか否か」
・「tsumireさんはやってくれる!」に賭ける人。。。
え?いないの?
じゃぁ念のために
・「仕事とお花見とあるこほるの前に屈するに決まってんジャン!」の人。。。
はいはい、suikaさん、oha~さん、そんなに勢いよく挙手しなくてもちゃんと見えてますから。
はぁ・・・やはり皆さん、こっちですか。
これじゃぁ賭けになりませんねぇ。
ま、ここ1年間のtsumireさんの行動を見ていればこの結果も仕方ないですね。

じゃぁ2つ目のお題。
「Mackyはダイエットに成功するか否か」
あっ、これも結果は・・・(略)(T_T)
2011/01/13(Thu) 17:47 | URL | Macky | 【編集
いやいや Mackyさん、わたしは「tsumireさんはやってくれる!」に賭けるですよ。
かなり希望的観測が含まれているけど、まぁ今年の桜の咲き方次第では、なんとかなるのでは?
それより問題は探検隊の活動の方かと。皆様で今年も劉の梅を見ようとか(そしてその後酒をかっくらって、DVD上映会)、鷲津と一緒に桜を見よう【別名 妄想ツァー】(そしてその後………以下略)とかやらかさなければ、新刊一冊くらいなんとかなるんじゃないか?(三冊は無いわ)

それよりも
>「Mackyはダイエットに成功するか否か」

まず今現在の体重を申告して、それからあと何キロやせたいのか発表してください。(画像貼り付けも可。  だよね?tsumireさん)

あれ?ここ、そもそも何の記事のコメント欄だったっけ?
ま、いっか(おいっ)
2011/01/13(Thu) 20:03 | URL | suika | 【編集
>・「仕事とお花見とあるこほるの前に屈するに決まってんジャン!」の人。。。

はい! ……いやいや、自分で手を挙げちゃいかん。ええっと、今年の最初の宿題の〆切は4月中旬だったっけ。なんだ、まだまだ先だな、大丈夫じゃん(←「反省」という言葉は年を越したらクリアされてしまった模様)。

>「Mackyはダイエットに成功するか否か」

そういえば私のダイエットの目標だけはできましたよ。「今年3月下旬の子どもの小学校の卒業式、もしくは4月始めの中学の入学式までに、昔のスーツが着られるようになる!」ってのが。……あー、この宿題もダメになりそう……(遠い目)。
2011/01/14(Fri) 06:54 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>まず今現在の体重を申告して、それからあと何キロやせたいのか発表してください。(画像貼り付けも可。  
>だよね?tsumireさん)

全然OK。私もMackyさんのダイエットの結果次第によってはかなり真剣に頑張りますよ。だって、Mackyさんに痩せられたら、怪しいハゲタカ探検隊イチのデブ、じゃない、もっちり美女は私だけになっちゃうからーー!(泣)。

>あれ?ここ、そもそも何の記事のコメント欄だったっけ?

お姫様たちの話のコメント欄でしょ。じゃ、全然OKじゃん(あれ?)。
2011/01/14(Fri) 07:06 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
再度のコメント、失礼っす!

>「ハゲタカ」も「龍馬伝」も無い現在、わたくし、非常に殺伐としております(泣)。

わかります、わかります(さめざめ)
えっっ?瀬文んにちょっと浮気した(笑)ものが偉そうに言うなって?!
ごめんちゃ(←あ、このセリフ禁句でしたっけ?)

そんなtsumireさんに、この記事をささげます(超エラソー)知ってたらすまんっす。

http://money.biglobe.ne.jp/kabu/news/column/MZ191020_det.html

「赤いハゲタカ」ですよ、廃人の皆様(笑)
あ~あ、nanakoさんが言ってた「新しい鷲津政彦」にはいつ会えるんでしょうか(T_T)
2011/01/14(Fri) 14:48 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
横から失礼します。

>> もっちり美女

きゃっ、なんだか美味しそうですぅ~ (んん?)
これは早速に、ワタクシも使いたい表現ですわ。

過日、雨の日に小さい折りたたみ傘をさしてバス停に立っていたら、うちの(残念ながらサカイではなく)執事が、私を見て「わーー、トトロそっくり!」
以来、「トトロちゃん」と呼ばれていますよ…しくしく……。
「トトロは妖精だから私も妖精ってことよね?!」とトウのたった女が言うと怖い台詞で言い返しておりますが、体型のトトロ化は事実なので何を言っても虚しい。(笑)
「もっちり美女」のほうが、「トトロ」よりもセクスィーっぽい(笑)ので、呼び方を変えてもらおうっと。(←根本的解決になっていない。)
私は奥ゆかしいので(←どこがだ)、美女じゃなくて、もっちり熟女くらいにしときます。
いや、熟のレベルを通り越しているので、ぷっくり発酵老女とか。
なんかパンみたい。
……そんなこと考えているより、真剣にダイエットに励めという声が聞こえてきそうですな。

あっっ、もはや姫たちと無関係になっちょる……
ずびばぜんっっ(床に倒れ伏して号泣) by 鷲津政彦

2011/01/14(Fri) 20:26 | URL | 美冬 | 【編集
>わかります、わかります(さめざめ)

もしかして、実は去年の「龍馬伝」で燃え尽きちゃったりしてたのかしら(遠い目)。「ハゲタカ」の「ハ」の字も聞きやしない今日この頃、NHKのハゲタカサイトに引き続いて多分映画ハゲタカサイトももうそろそろ息を引き取るんじゃないかと思うと、本当に寂しい限りですよ(しくしく)。

>「赤いハゲタカ」ですよ、廃人の皆様(笑)

上記の記事は初めて読みましたが(ありがとうございます)、ここんとこ赤いハゲタカの話はよく聞きますよね。しかし……ふふっ、ぶるーうぉーるさんってやっぱり、まずは徹底的に資料や背景を読み込む方向に走ってますよね(笑)。
2011/01/15(Sat) 12:08 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>以来、「トトロちゃん」と呼ばれていますよ…しくしく……。

悪鷲津萠えのトトロちゃん……かわゆすぎる……(笑)。ああ、見てみたい~(見せ物か!?)。

なお私の場合、子どもがwiiで私のmii(キャラ)を作っていたんですが、体型がデフォルトだったので、現状に近づけてもっちり系にしました(泣)。ゲームだからなにもそんなに丸くする必要はないのだが……。

>真剣にダイエットに励めという声が聞こえてきそうですな。

この間の「ためしてガッテン」はダイエット特集でしたよ。えっと、ま……、見ましたけど、例によって何もしてない……。でも今日は久しぶりに体重計に乗って数字見たら、やっぱりなんとかせねばと思ったです。

>あっっ、もはや姫たちと無関係になっちょる……

私たちが「姫」だからもう、いいの!(←開き直り)。
2011/01/15(Sat) 12:52 | URL | tsumire→トトロちゃん(美冬さん) | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック