細川俊之
どうも今年の大河にも今三つハマれそうにないし、今期のドラマもパッとしないし、いっそ2004年の大河「新撰組!」のDVD借りて来て1話から見てみようかなーとか思って(ちなみに何故今「新撰組!」かっつーと、放映時は第1話の慎吾ちゃんのテンションの高さについて行けず1話で挫折したものの、年末の総集編をちょっとだけ見て「これは全部見なくちゃな作品だ」と思って総集編を見るのを止めて、そのうちDVDを第1話から借りてちゃんと見ようと思ってそのままになっていたのだ)、先日買った「NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK)」をパラパラとめくってボケっとしていたところに。

 俳優の細川俊之さん死去 「ショーガール」出演(朝日新聞)

トシとると本当に名前をよく知っている俳優さんの訃報を聞く事が多くなるわね……。しかも去年の谷啓に続いての事故死(のような?)とは。

細川俊之と言えばあのルックスもさることながらあの独特の美声ですよね。そういえば映画版のアニメ「あしたのジョー」の力石徹の声はこの人だったそうですね(映画版は見てないけど)。私的には「日本沈没」(1974年、東宝)の助教授役や「悪魔のようなあいつ」(1975年、TBS)の後半に出て来る中国人役、「真田太平記」(1985年、NHK、何せ真田幸村ファンなので(笑))、「存在の深き眠り」(1996年、NHK、大竹しのぶが二重人格の主婦、細川俊之は精神科医、大竹しのぶの夫が中村梅雀で、すっげーガッツリドラマだった)あたりがよく覚えているけど、いまだに忘れられない作品は「火曜日の女シリーズ/ある朝突然に…」(1972年、日本テレビ)である。忘れられないといいつつ、殺人犯に仕立て上げられて逃亡する浜美枝とその親友役の佐藤友美は強烈に覚えているのに細川俊之が今ひとつうっすらとしか覚えてないけど(笑)。大河ドラマでも所々で登場していて、独特の存在感で光ってました。非常に残念です。ご冥福をお祈り致します。
関連記事
テーマ:ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
今度は。。。
ドラマとか邦画をほとんど見ていなかったので、
あのドラマ(映画)のあの役、という記憶はないんですが
細川さん、美声でしたよね。
甘々な容姿ともども記憶に残っています。

はぁ・・・と思っていたら、和田勉さんの訃報が。
和田勉さんも強烈な個性だったなぁ・・・

ご冥福をお祈り致します。
2011/01/18(Tue) 09:09 | URL | Macky | 【編集
>細川さん、美声でしたよね。

独特の声だよね。美声というなら森山周一郎とか若山弦蔵とか「ジェットストリーム」の城達也とかもいるけど、非常に色気のある声というか。

>はぁ・・・と思っていたら、和田勉さんの訃報が。

あううう。「ザ・商社」「阿修羅のごとく」のワダベンも……。
2011/01/19(Wed) 00:26 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック