2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」がエランドール賞のTV部門作品賞を受賞したようです。キャストの皆様、スタッフの皆様、本当におめでとうございます。

2011年エランドール賞(日本映画テレビプロデューサー協会)
「2011年エランドール賞」新人賞6名が決定! 松下&向井の“ゲゲゲ夫妻”らが受賞(ORICON STYLE)

 新人賞 吉瀬美智子、桐谷健太、佐藤健、松下奈緒、満島ひかり、向井理
 作品賞 [映画部門](TV Taro賞) 「告白」
 作品賞 [TV部門](TV ガイド賞) 「龍馬伝」
 プロデューサー賞 石田雄治、鈴木ゆたか、鈴木圭
 プロデューサー賞奨励賞 川村元気、橋本芙美
 特別賞 寺島しのぶ、「ゲゲゲの女房」

「龍馬伝」がちゃんと評価されたのが本当に嬉しい。ま、脚本はアレだったけどさ。ちなみに佐藤健は「龍馬伝」「Q10」他の作品で受賞だが、桐谷健太の受賞作品に「龍馬伝」は入っちょりません。そして「龍馬伝」で乙女ねえやんを演じた寺島しのぶは日本人として35年ぶりに第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞銀熊賞を受賞したという功績によるもののよう(「寺島しのぶ :「キャパの広さを感じる」と恐縮 「キャタピラー」の功績でエランドール特別賞」毎日新聞)。プロデューサー賞には「龍馬伝」CPの鈴木さんが受賞されていますが、本当におめでとうございます。去年散々色々書いたので皮肉に聞こえるかもしれんですけど、本当に素直に(笑)、お祝い申し上げます。ちなみに2008年はドラマ「ハゲタカ」が作品賞を、「ハゲタカ」の訓覇Pがプロデューサー賞を受賞しています。

うーん、「龍馬伝」へのご褒美っつーことでスピンオフドラマとかやったりしないかしら。
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
おお、これは嬉しいニュースですね。色々文句は言ってたけれども(そしてそのことを訂正する気はないけど)、今改めて色んな方面でレベルの高いドラマだったなと思います。(特に「江」を見た後はしみじみと)
文句の言いがいがあるドラマってあるんだなと気づかせてくれた作品だったな。一年間突っ込み続けさせるってすごいよ。いやー、出演者並びにスタッフの皆様、おめでとうございました。NHKさん、またあんな全力投球のドラマを見せてください。

>うーん、「龍馬伝」へのご褒美っつーことでスピンオフドラマとかやったりしないかしら。

これさ、もちろん我々は「半平太伝」を見たいわけだけど、でも「龍馬伝」の中で誰が一番気の毒だったかっつーと、やっぱり徳川慶喜(田中哲司)だと思うんだよね。半平太さんもずいぶん残念な描かれ方だったけど、少しは言い目も見たのに対し、慶喜さん、後藤象二郎みたいに力技でなんとかするほどの出番も与えられず、本当に気の毒な描かれ方でした。まぁ「徳川慶喜」自体はすでに大河ドラマでやっているので、「半平太伝~本編で気の毒だった人々」に再登場させてあげてはいかがでしょうか。
2011/02/04(Fri) 13:55 | URL | suika | 【編集
本当におめでたいニュースですね。
「新撰組!」で土方歳三のスピンオフをやったように来年の正月ドラマでなに何かしてくれるとうれしいですが(ため息)。

そういえば軒並み大河ドラマはエランドール賞をもらっているのに「風林火山」だけは違うんですね。

ああ、やっぱり本能寺の前に4話を再放送で見なくっちゃだめかしら?明日は原作がとってもおもしろかった「大聖堂」をBSーhiでやるからHDDの整理をしないといけないのですが。
2011/02/05(Sat) 00:18 | URL | むぎこがし | 【編集
今まで作品賞を受賞した作品の並びを見てみると、んんんん??と思わないでもないですが、何かの賞を受賞するってことは後々まで評価が形として残る事でもあるので、とにかく嬉しいです。まあ、2007年は「功名が辻」、2009年が「篤姫」で2010年が「天地人」、じゃあ2008年は当然「風林火山」?とか思ったらこれが「ハゲタカ」という並びでね、「ハゲタカ」は評価されて当然だけど、「風林火山」は「功名が辻」や「天地人」よりは100万倍評価されてもいいだろ、とかさー。

>文句の言いがいがあるドラマってあるんだなと気づかせてくれた作品だったな。

いやあ、ホント。文句を言うのも楽しかったもんね(楽しいだけじゃない時も多々あったけどさ)。こういうさ、見応えがあってツッコミがいのあるドラマをまた見たいよ……。

>「半平太伝~本編で気の毒だった人々」に再登場させてあげてはいかがでしょうか。

マユナシ、本当にあんな風になっちゃっててお気の毒だったもんね。外伝なら多少本編とはキャラ設定が違ってもOKのはずだし、、、って「半平太伝」では半平太のキャラを本編と違って、ちゃんとしてもらわなくてわ!(笑)。

しかし、もしかして時期的にまゆなしが活躍(?)する時期って半平太さんが死んだ後なんじゃ?とか思って今ざっと公式HPをチェックしたら、第17話「怪物、容堂」で将軍後見職のまゆなしと半平太さんがニアミス寸前だったのかな(←もうストーリーなんかあらかた忘れている)。じゃ、全然OKっつー事で(笑)。

脚本は「TAROの塔」が終れば大森寿美男さんの手も空くから取りかかっていただいて(林宏司さんは「BOSS」の続編が決定したのでそっちの方にかかりきりになるだろうし)、キャストもスタッフももちろん「龍馬伝」の皆様で。あ~、夢が広がるわ~(←他にやることないのか!)。

ところでちょっと奥様、今さっきあの訓覇Pの新ドラマ「TAROの塔」の公式HPのスタッフの名前を見ていたら音楽担当者が島邦明でした。そう、われらの(え?)あの「クーロンズゲート」のヒトですぜっ!
2011/02/05(Sat) 16:15 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>「新撰組!」で土方歳三のスピンオフをやったように来年の正月ドラマでなに何かしてくれるとうれしいですが(ため息)。

「新撰組!」も視聴率はそれほどよくはなかったけど、でもドラマのコアなファンが熱烈な続編希望を出し続けた結果でもあるからねえ。

>そういえば軒並み大河ドラマはエランドール賞をもらっているのに「風林火山」だけは違うんですね。

そうそう、私もさっき見て気がつきました。そりゃ2007年(2008年エランドール賞対象)のドラマといえば「ハゲタカ」だけどさー、「風林火山」だってよかったのにさー。

>ああ、やっぱり本能寺の前に4話を再放送で見なくっちゃだめかしら?

別に見なくても全然OKなような気も(あれ?)。
2011/02/05(Sat) 20:04 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>そう、われらの(え?)あの「クーロンズゲート」のヒトですぜっ!

えっっ、そうなの!?
と言っても、わたしゃ名前までは知らなかったよ。tsumireさん、やっぱすげーな。
以前コメント欄でtsumireさんが「クーロンズ・ゲート」の音楽をiPodで聞いていると書いてあったのをみて、初めてCDが出てることを知って、あわててわたしもiPodに入れましたよ。今でも「ハゲタカ」の合間にたまに聞いてます。いいよねぇ、雑多な物音や妖しげでもの哀しい音楽、インチキくさいCMのバックに流れている音楽やしゃべりの組み合わせも面白いよね。(天堂劇場(ティントンシアター)のおもちゃの楽器で演奏するしかけとメロディは秀逸だったよ。………面倒くさかったけど)
でもさぁ、「ハゲタカ」は音楽の王道だと思うけど、「クーロンズ・ゲート」の音楽だけを聴いてる人って、やっぱり少し変ってるかもってたまーに思っちゃうな。
「TAROの塔」、あんまり興味を持てなかったんだけど、音楽目当てでとりあえず一回見てみるわ。
2011/02/06(Sun) 00:29 | URL | suika | 【編集
>いいよねぇ、雑多な物音や妖しげでもの哀しい音楽、インチキくさいCMのバックに流れている音楽やしゃべりの組み合わせも面白いよね。

そうなのよ、ゲーム音楽って結構単純明解なものが多いけど、これはあの「クーロンズゲート」の世界をちゃんと表現しているんだよね。音楽を聴いているだけでもいいのよ。

>「クーロンズ・ゲート」の音楽だけを聴いてる人って、やっぱり少し変ってるかもってたまーに思っちゃうな。

そうかなー(笑)。他のゲーム音楽ってゲーム画面と必ずセットになっているけど、「クーロン」の曲ってこの曲だけでも結構イケるような気がするんだよね。私はゲーム音楽は他にも「ゼルダの伝説 時のオカリナ」も「スーパーマリオ64」も「クラッシュバンディクー」も気に入ったゲームは必ず曲も聴いちゃうけど、ゲームを別にしても楽しめるのって「クーロン」と「塊魂」と「パラッパラッパー」くらいじゃないかって思うんだけど。

>「TAROの塔」、あんまり興味を持てなかったんだけど、音楽目当てでとりあえず一回見てみるわ。

ほんとうにヒゲが嫌いなんだね(笑)。コバケンがひげをはやしたら、どう?
2011/02/07(Mon) 20:54 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック