うーむ、まいったなあ、今回「面白いんじゃね?」とか思ったんですけど、でもそれはドラマ自体を楽しめたから「面白い」じゃないんですよね……。おバカドラマセンサーのメーターがふっきれたとか、他の皆様のつっこみがそれそれは楽しかったとか、我ながら非常にいかがなものかと思います。

[あらすじ]
「天正10年5月。江(上野樹里)は、信長(豊川悦司)と二度と会わないと決めたことを悔やんでいた。そんな時、家康(北大路欣也)に招待され、江は京で信長と会うことになる。一方、明智光秀(市村正親)は、信長に領地を取り上げられ、「秀吉(岸谷五朗)の配下で毛利攻めに加われ」と命じられる。そして迎えた6月2日。ついに光秀は信長への謀反ののろしを上げる。1万3000の軍勢が本能寺を包囲。信長が最期を迎える」(NHK番組表より)。

「江~姫たちの戦国~ 第5回」(2月6日放映)。最近同僚の派遣のTさんは昼飯時が勉強タイムなので一緒に食べることはないのだが、今日はひさしぶりにご一緒したら、ずっと大河ドラマの話をしちゃったYO! ちなみにTさんはEXILEのAKIRAが好きでファンクラブには入っているものの、「EXILEって、一体今何人なの?」と聞いても「さぁ、わかりません~」というくらい一点集中型だ。そして私はEXILEのメンバーの顔の区別がつかなくていつも「AKIRAってどんな子?」と聞いてしまうのだった。ま、一度聞いた所ですぐに忘れてしまうのだが。

私「今度の大河に出るじゃん、TさんのAKIRAが」
Tさん「そうなんですよぉお~。8月に舞台があるからそれまでポッカリ空いていたんですけど、楽しみです~。でも5月からなんですよ」
私「へぇー」
ちなみにAKIRAはGOW(江)の二番目の夫、羽柴秀勝役である。
Tさん「やっぱり、映画での演技力が認められての起用ですかね」
私「いや、それはなんとも……」
TさんはAKIRAが出演した映画を見てファンになった人なので結構本気で言っている(笑)。
Tさん「でも、ネットを見たら色々叩かれているんですよね」
私「ま、俳優が本業じゃないしー」

Tさん「それにしても今回のアレ、なんですか?」
私「ははは、ファンタジー大河なんじゃないのー?」
Tさん「途中までは普通でしたよね?」
私「そうそう。あ、オーソドックスな本能寺じゃん、今回これはいけるんじゃね?とか思ったらアレだよね」
Tさん「そうっ! トヨエツがわしの死体は残さぬようにって、炎の中心に行こうとするじゃないですか、ああ、トヨエツかっこいい~って思って襖を開けたら!」
私「人間50年、とか敦盛やって定番通り切腹かと思ったら、いきなり生き霊なんだか幻だかのGOW(江)が出て来ちゃってね」
Tさん「あれにはびっくりですよ!」
私「もうっ、全部台無し!(笑)」
Nさん「え? NHKの大河ドラマの話をしてたんじゃないの?」
Nさんは大河を見てないので私たちの話をへぇーと聞いていただけだったが。

私「なーんかさ、炎に包まれた本能寺で信長が死の直前に見たのは、そこにいるはずのない主人公のGOW(江)の幻だったって描写なのよ」
Tさん「はぁあ?? でしたよね。なんでそこにいるんですか、っていうか。せっかくのトヨエツの名場面が台無しです!」
私「そしてフェードアウト落ちと来てさ」
Tさん「今回の本能寺、今までにないタイプのものをやりたいっていってて、その一つがあの池だったそうですよ」
私「あー? あの池のところで森三兄弟ががんばっていたやつ?」
Tさん「ほら、GOW(江)は湖で、水のイメージじゃないですか、そこで本能寺にも池を作ったんですって」
私「えーー!」
Tさん「なんか、今までにない新しい大河を作ろうとしているんですかね」
私「ま、今までの大河を破壊ししているのは確かだけどさ。でも今回は主人公の出番が少なかったせいか、きゃぴきゃぴが少なくて見やすかったね。光秀の市村正親もよかったし、北大路欣也とか石坂浩二とかやっぱりちゃんとした役者さんがやっているとほっとするわ~。でも全く期待してなかったけど森三兄弟、特に森蘭丸(瀬戸康史)よかったね」
Tさん「あの子、よかったですね。カッコ良かったです。今回はいつもの変な音楽が少なかったのも良かったです」
Nさん「変な音楽?」
Tさん「このドラマ、曲がすごく変なんですよ。1話から4話までなんか違和感があったんですけど、今回はそういうのが少なくて」
私「信長が出て来ると安っぽいゲーム音楽みたいな曲がかかったりしてさ、他の場面も曲がすっごく適当な感じなんだよ」
Tさん「トヨエツの光秀に対する態度って、どう見てもイジメですよね、殴ったり、そのツラが気に食わないとか言ったり」
私「このキンカン頭が、とかね。あんだけどう見てもいじめにしか見えない事やってて、本人に届かない所でわしの跡を継ぐのは光秀しかいないとかフォローしたって言い訳にしか聞こえないっつーの」
Nさん「……二人してよくそんだけ次から次と出て来るね(笑)」
私「そりゃもう、ネタは満載だもん」

Tさん「今回本能寺はよかったですけど、でも主人公達が出て来ると、なんか、ですよね~」
私「上野樹里と水川あさみの姉妹ケンカ、ひどいよな。いくら子どもっていう設定にしたってあれじゃ姫様じゃないわ。二人とものだめに出ているけど、まんまのだめだよね」
Tさん「水川あさみって、いつも上野樹里とセットで出ていていつも割を食う役になっちゃうんですって」
私「へぇー。しかし、色々無理だがあるんだよ、やっぱりまだこの時点では子役を使うべきだったよ」
Tさん「芦田愛菜ちゃんとかそのまま使えばよかったのに~」
私「本当だよ。子役がやっていれば、信長や家康が、おっ?この子は他の子と違うって目をかけるのもまだ納得できるのにさ、いい大人が子どもになりきって演じるからあんなことになっちゃっててさ。たった9歳だか10歳だかの子どもに、一目置き過ぎっつーか、その一目置く根拠がないっつーの」
Tさん「あれじゃないですか、トヨエツに、己を信じる事と、己が神になることは違うと思います、って説教するじゃないですか。そこらへんなんじゃないですか」
私「来週は光秀に説教するみたいじゃん。この調子で関ヶ原も大坂の陣も大事件の時は必ずデバって各陣営で説教するんじゃないのー?」
Tさん「それはありそうですね」

私「そんでもってラストのあの二人乗りだよね」
Tさん「そう! せめて馬に乗る上野樹里の後ろからトヨエツの声だけ聞こえて来て、前に進め、そちは生きよっていうならまだしも、しっかり姿が見えて二人乗りしてしっかり後ろから抱きしめてましたからね」
私「少女漫画か、ハーレクインかっつーの」
Tさん「しかもまだ馬の操作がおぼつかないのに後ろ振り向いてじっとトヨエツ見つめていましたからね、大丈夫か?って思いました」
Nさん「なんか面白そうじゃない」
私「今回の本能寺は見物だから、今度の土曜日の再放送見てみたらいいよ。話も本能寺は定番だからわかりきっているし」
Tさん「そうですよ、これは見ておいた方がいいです!」

と言う訳で昼飯時にTさんと熱く「GOW(江)」についてしゃべくりまくってしまったが、別に作品に対する愛は全くないんだよなー。

なお、今回見かけたネタで面白かったヤツをTさんに教えてあげたら、腹を抱えてわらってました。あと面白かったツイートはコレ。

・「@them_isto_cres 明智光秀「ブラック大名に仕えてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 」
・「@bookp9ca 戦国時代にTwitterがあったら… 明智光秀「敵は本能寺なう」」→「@drredwrc そんなことしたらRTの嵐でしょうなw」→「@himikosan 信長フォローしてないから討たれるw」
・「@drredwrc これはあれやで、秋口あたり「大阪城に単身乗り込むお江」あるでーw みんな覚えておいてくださいや僕の予言w」
関連記事
テーマ:大河ドラマ 江
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
いや~確実にトンデモドラマ入りだね。
今回は笑っちゃったよ~
せっかくトヨエツ、カッケー!とか思ったのに最期の最期に江が出てくるか?
俳優殺しの演出だよね。お馬さんの場面も笑わそうとしているとしか思えん。
なんか再現ビデオみたいだった~
で、江って、本能寺の時9歳だかなんでしょ?
わたしゃ、びっくりしたよ。
普通に子役にすりゃ見られる場面が、上野樹里にやらせることによってコントみたくなってるじゃん・・
どういうつもりなんだろうねぇ・・
まぁ、娘が見てるから今後もツッコミドラマとしてみるけどさ~
2011/02/09(Wed) 07:39 | URL | きこり | 【編集
いやー、今週は笑ったね。こんな本能寺もあるんだねぇ。tsumireさん流に言うと新機軸?

>いきなり生き霊なんだか幻だかのGOW(江)が出て来ちゃってね」

わたしゃ、昔好きだった『宇宙船レッド・ドワーフ号』を思い出しましたよ。
江がホログラムで現れたのかと思って。どんだけロリコンなんだよ信長。本能寺の信長の手勢もスッカスカでしたな。明智楽勝。

江が家康と逃げる際に野武士が出てきたとき、家康の家来が懐に手を入れたのを見て、絶対煙玉か鉄ピシが出ると思ったわ。普通に考えれば、家康の重臣が忍者じゃあるまいし、そんな物持ってるわけ無いんだけど、でもこの江ならありだと無意識に思っていたと思われ。

>馬に乗る上野樹里の後ろからトヨエツの声だけ聞こえて来て、前に進め、そちは生きよ

この、野武士に囲まれて江がのんびり怯えている時に聞こえてくる信長の声のシーンの時に、一緒に見ていた旦那がポソッと「ルークやな」って言うもんだから、「フォースかーいっ!」って突っ込んでまた爆笑。
そして「アハハ、オホホ、ほ~らつかまえてごらんなさい」の砂浜のシーン。(あれ?違ったか。まぁ方向性は一緒)
なんだあの二人乗り。今年はベタな上にもベタで行く方針か。こういう表現って本当に誰かに受けてるの?(いや、笑いをとってるって意味じゃなくて)
乗馬が不得手な江(陽子)に信長が(冗祐)が乗り移ったなんて、ちょこっと「十二国記」の妄想も入っちゃったしなぁ。
印章が割れたり茶碗が割れたりなんていう演出は、完全に視聴者をバカ扱いしてると感じたわ。(当然、不吉な夢はセットでついてきます)
そして今週こんなに笑ったにも関わらず、来週も見るかどうかは不明。(恐い物見たさならともかく、ひどいもの見たさっていうのもねー)

余談だけど、お市の方のアイメイク、気合が入ってるよねぇ。なんか鈴木保奈美が、久々の芸能界復帰と若い娘には負けられないって気持ちからあんなにばっちり化粧してるのかと勘ぐりたくなるような凄さ。今までの大河ドラマではそんなこと気にもしなかったのに、これも「龍馬伝」の置き土産のひとつか。
2011/02/09(Wed) 08:48 | URL | suika | 【編集
なんか今回、笑うつぼ満載のようで、録画しておいてよかったぁ「本能寺の変」。
まだ見てないけど。

でも視聴率はいいんですよねぇ
会社のおじ様は、「江は面白い」と言ってノベライズを3巻まとめてご購入♪
「龍馬伝」はお気にめさなかったようです^^;

樹里ちゃん、のだめのイメージ、強いもんなぁ~
斉藤工クンはもう出てますか?
2011/02/09(Wed) 11:03 | URL | Macky | 【編集
初めまして、お邪魔します。
管理人さまのハゲタカ病に爆笑しました(失礼)
あの頃の調子に乗ったNHK土曜ドラマは最高ですね!
ヌルいドラマの後に、口直しに今でも見ます。

生霊→GOW&信長の怨霊→その流れからのGOW号泣。
見事なコンボでした。覚悟をして見たのにその上をいく
出来に瀕死でしたw 大河の笑いはハンパないッ!
金が掛かってないのが不憫ですが、
主役だけでも愛らしい姫が良かったな。
早くGOWが大人になって、彼女の演技を見たいです。
アレ?すっかり呑み込まれてる??

鷲津と住本(外事警察)が大好きだー!では失礼します。
2011/02/09(Wed) 12:35 | URL | 高野 | 【編集
AKIRAが江の夫その2、というニュースを目にしたとき、「へえー、ARATAが出るのか…。その間だけは観たいかも。」と完全に勘違いしました。
目がダメになっているにもほどがある。(汗)
私、EXILEの人数も、一人ずつの顔と名前もほとんど分りません。
なので、『SPEC』にEXILEのNAOTO(←と書いていても分っていない)が登場しても本物かどうか分らず、エンドロールで判明したという状態で…とほほ。

GOWリタイヤ組ですが、やじ馬根性で、tsumireさんのレビューと皆様のコメントを毎回拝読しております。
なんだか、皆様、我慢大会の様相を呈してきたところで、本能寺の変で笑いと驚愕(?)がスパーク…。
今回は、ネット上各所で、笑とか爆の字だらけでしたねえ。
短気で器の小さい私は離脱して正解だった…と思っているものの、こんなに大反響だと、今回のGOWちゃまと信長オジサマ、とっても気になります。(笑)

「トヨエツが出ている間は『江』を見る!」と頑張っていた私の同僚は、「なんか『ゴースト』のろくろを回す恥ずかしいシーンを思い出しちゃった…。ネタとして、ぜひ再放送をみることを薦めるわ。」と遠い目をして言っておりました。
本能寺の変で『ゴースト』の恥ずかしいシーンて?
気になる!
ちなみに彼女は、「今年の大河は、少女漫画というより週刊少年ジャンプの世界に突入した。」という感想だそうです。
ジャンプねえ…。
友情・努力・勝利ってこと? (違)

こうなってくると、本能寺の変の回だけは、やっぱり観とかなアカン、という気分になってきましたよ。
これも制作サイドの作戦?
屋敷CPったら、薄そうに見えて、実は凄い策略家なのか。(たぶん違う)


suikaさん:

横から失礼いたします。
懐かしい(だって外伝しか新作が出ないから~…)十二国記という文字列に反応していまいました……

>>乗馬が不得手な江(陽子)に信長が(冗祐)が乗り移ったなんて、ちょこっと「十二国記」の妄想も入っちゃったしなぁ。

冗裕が憑いている時の景王みたいに、GOWちゃまが男らしくバッサバッサと敵を斬り倒したらオモロイかも。
今後、肝心なときには必ず、江にオジサマが憑依してるのがお約束になるとか、なんてのもオモロイですな。
例えば、江ちゃまの婚礼の(以下自粛)

て、話がズレて、すみません。
こういう楽しみ方ができる『江』は、ある意味、凄いのかしら。
2011/02/09(Wed) 20:48 | URL | 美冬 | 【編集
5話放送の前にドラキュラ・トヨエツを見てしまったおかげで今4ツくらい納得出来ない感じでしたが昨日書店でトヨエツが表紙のステラを立ち読みしましたら思わず「ふざけるな!!」と雑誌を投げつけそうになりました。

以下抜粋です

゛伊勢田雅也Dが語る本能寺の変
「正攻法で描いてます」
「本能寺の変」の撮影の後、何度も大河ドラマに参加して来たスタッフが「まっとうな本能寺」という感想をくれて、嬉しかったですね。…中略…奇をてらわず丁寧に撮ったことが現場の緊張感につながって、とても濃密な空間を作ることが出来たと思います。
…中略…ぜひ、直球ど真ん中の「本能寺の変」をお楽しみください。゛



……是非ともそのスタッフさんにCG合成編集後の本放送を見ての感想を聞いて見たいですね。


あと私的に違和感ありありだったのはいくら白地とはいえしっかり袴をはいていたところですね。やっぱり白無垢の着流しで素足もあらわに獅子奮迅という姿でやって欲しかったですね。第2話は落ち武者ヘアに黒羽二重の着流しでノー袴でし武者ヘアに黒羽二重の着流しでノー袴でしたが。お寝間着の設定がバラバラ過ぎます。


そういえば向井くんを早めに登場させるべく小田原攻めのくだりで秀忠とGOWとのシーンを脚本家さんが書いたそうです(笑)。
2011/02/09(Wed) 21:03 | URL | むぎこがし | 【編集
美冬さま

おお、あなたも「十二国記」続編熱望組ですか!
今頃どこで何してるんですかねぇ、泰麒………(遠い目)
まぁ今週の「江」は同僚の方がおっしゃるように、「ネタ」として見るのもありかもしれませんが、いかんせん、制作サイドがそういう意思を持って作ったわけではないのに、受け取る側には「ネタ」としてしか見れなかったという事実が、今年の大河の痛さを物語っているように思えます。(そういえば、アニメの「十二国記」もNHKでしたね。こっちも好きだったなぁ)
「十二国記」も冒頭は、主人公の前に突然いい男が現れて、「あなただ」とひざまづかれて異世界に連れて行かれる、なんてありがちなファンタジー感満載の始まり方なのに、その後の陽子を襲う数々の試練や見事なオチのつけ方(特に初勅のラストは鳥肌ものでした)、そして何よりしっかりした設定がここまでファンを惹きつけて離さない理由だと思います。
それにひきかえ、「江」は………
ファンタジーって何?ありえない摩訶不思議なことが起きれば、それでもうファンタジー?
まぁとりあえず来週も見に行きますよ、焼け野原を。………ファンタジーのね。
2011/02/10(Thu) 09:15 | URL | suika | 【編集
>いや~確実にトンデモドラマ入りだね。

奥様が大河ドラマを見ているというのは実に意外だけど、もしかしてトンデモドラマセンサーが働いたのか?とか思っちゃったよ。Eちゃんは一体誰目当てに見ているんだ? トヨエツじゃないよね? 瀬戸康史とか?? あるいは向井理待ち? しかしまあ少なくとも現時点ではCafe Tsumire、トリ猫家族共同主催・2011年上期トンデモドラマ大賞最有力候補ってところかしらね(笑)。

>せっかくトヨエツ、カッケー!とか思ったのに最期の最期に江が出てくるか?

トヨエツもさぞかし無念であったことだろう。大河で信長をやれるなんて一生に一度あるかないかのチャンスなのにさ。なんか公式サイトかどこかに、脚本と演出の意図を読み取るのが大変だったらしいということを言っていたらしいね。

>俳優殺しの演出だよね。お馬さんの場面も笑わそうとしているとしか思えん。

まず、主人公ありき、の演出がいくらなんでもひどすぎだよね。去年の「龍馬伝」も何もかも龍馬の手柄かよとか、歴史的場面に龍馬が必ずいるのかよというのはあったとはいえ、まだ物語的には許容範囲といえなくもなかったけど(人物描写に対しては色々言いたい事だらけだが)、今回のこれは脚本がもう色々と逸脱しすぎの上に、演出が脚本に対してヒジョーーーに「素直」とうか「倍率ドン! さらに倍してドン!!」状態、そして美術やセットや衣装が「指示書どおりに作ってます」感ありありで、大河ドラマスキーとしても非常に残念なかぎりでございます。

>普通に子役にすりゃ見られる場面が、上野樹里にやらせることによってコントみたくなってるじゃん・・

これは、もう、心の底から思うよ。主人公=上野樹里はどうしても譲れないセンなんだろうね。でも物語がしっかりと機能するためには配役は本当に重要じゃん。たとえ上野樹里が見事に子どもの演技をできたとしても本物の子どもが演じてかもし出す物の大きさにはかなわないような気がするんだよなあ、特にこの「江」では。それを製作側がわかってないか、あるいはわかっていても全然OKと強行して平気なところがこのドラマの痛々しいところだよなー。
2011/02/10(Thu) 11:45 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
もう、脱藩(違)する予定だったんですが、「本能寺の変」だけは再放送チェックするかぁ(すっごく棒読み)

>きこりさんへ
江っていったい何歳なんじゃ??って思ってましたが、謎が解けました。ありがとうございます。
9歳か…どうりでな。
江(GOU)たちのけんかするシーンって、うちの子の兄弟げんかとほとんど一緒なんだもん(笑)
あ、ちなみにうちも浅井家と同じで、三姉妹でございます。
子供のけんかなら、まぁ許せるけど、いい大人がやってると、演技とわかってても、ものすご~い違和感が…
単に「イタイ人」にしかみえません(笑)
でもtsumireさんはじめ、皆さん脱藩(だから違う)せずに、ちゃんと見てらっさるので、尊敬しますです。
ドラマみるために使う脳みそ?は、去年で使い果たして、もう枯れちゃったのかもしれんですゎ。
2011/02/10(Thu) 22:45 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
『江』は大河50作目ということなので、始まる前は、保守的な路線で豪華なプリンセス・ストーリーになるのかな、と思っていたのですが、そういうわけでもないようですね。
あまりにも自分の好みと離れていて、辛抱たまらず途中までしか見ていない立場としては批判する資格もないのですが、なんというか…やっぱりイタイ女の子の話に見えちゃったし、贅沢な作品だという感じも、全く伝わらなかった…。
私の好みが偏っているせいもあるとは思うんですけど…。

大河ドラマって、もっと、ちゃんと歴史とその中の人間たちを描いていて、重厚で、緻密で、楽しくて、意外と冒険的な作品も沢山ありましたよ!
と、『龍馬伝』で初めて大河や時代劇に興味を持たれて、引き続き『江』を観て目がテンになっている方々に言いたいなあ…。

イマドキ、あれだけのお金とマンパワーを注いで、あれだけの俳優を集めて1年間近く続くドラマを創れるなんて、きっと地方局や民放のドラマ制作チームの方々は、羨望の眼差しで見てると思うんですよね。
視聴者は当然として、同業者も「オッ」と言わせて毎週観させるような大河ドラマを目指して欲しいです。


suikaさん

>>今頃どこで何してるんですかねぇ、泰麒………(遠い目)

本当にねえ…。
小野さんは、このところ『ゴースト・ハント』のほうでお忙しいようなので、十二国の続編はまだまだ先ですかねえ。
当初はライトノベルのくくりだった十二国記シリーズですが、骨太で緻密で甘くなくて、老若男女が楽しめる本格フアンタジー小説ですよね。
自分が陽子と同じくらいの年頃に、このシリーズがあったら良かったのに…と思います。
(アニメは、色々とナニなところもありましたが、私も好きです。)
2008、2009年は、外伝だけど新作が出ましたし、完結するのを諦めずに待ち続けております…。
『ハゲタカ』も、待ち続けたら良い知らせがあるといいなぁ。
2011/02/11(Fri) 00:33 | URL | 美冬 | 【編集
>いやー、今週は笑ったね。こんな本能寺もあるんだねぇ。

ま、ここんとこの大河とか正月スペシャル時代劇の本能寺はとんでもないことになっちゃってるらしいけど、それはあくまでも「本能寺の変」自体がトンデモだったわけだけど、今回は主人公絶対主義のための本能寺だったもんねー。

>どんだけロリコンなんだよ信長。

ロリコンは信長だけでなく家康もだもんね。……だったらもしかして本物のロリコン層にもアピールして視聴率アップするためにもここは本物の子役を使うべきだったんじゃねーの?(←色々間違っちゅう?)。

>本能寺の信長の手勢もスッカスカでしたな。明智楽勝。

もうさっ、どうしてああいう映し方するかな。そりゃ確かに手勢は100名くらいだっけ? 明智に比べたら極端に少ないけど、「少なさ」を見せても「スカスカ」に感じさせないようにすべきなんじゃないの? 「少ない」だけなら緊迫感を出せるけど「スカスカ」だと本能寺の変自体の緊迫感が薄れると思うんだよね。

>江が家康と逃げる際に野武士が出てきたとき、家康の家来が懐に手を入れたのを見て、絶対煙玉か鉄ピシが出ると思ったわ。

あの場面も安かったねぇ~。なんか街中のゴロツキかチンピラっつーか、吉本新喜劇みたいに見えましたわ。ほんとに、忍者もどきのことをやらかしてても納得。

>信長の声のシーンの時に、一緒に見ていた旦那がポソッと「ルークやな」って言うもんだから、「フォースかーいっ!」って突っ込んでまた爆笑。

ああ、なるほど。今年の大河は家族団らんにふさわしいドラマになっていると(爆)。

>こういう表現って本当に誰かに受けてるの?(いや、笑いをとってるって意味じゃなくて)

わかんねーなー。製作サイドが狙っている視聴者層の今時の若い女性には受けているのかなあ?? 少なくとも今時の若い女性である同僚のTさんには受けてなかったけど(彼女はちと特殊か?(笑))。でも口コミサイトをのぞいてみると「5話の樹里ちゃんをみて今後の期待が高まった!最後の涙はもらい泣きしました」とかあったけどね。

>乗馬が不得手な江(陽子)に信長が(冗祐)が乗り移ったなんて、ちょこっと「十二国記」の妄想も入っちゃったしなぁ。

やーめーてーー。

>印章が割れたり茶碗が割れたりなんていう演出は、完全に視聴者をバカ扱いしてると感じたわ。

親切なつもりなのかもよ。もしかして「大河ドラマ入門」として見ればいいのかも。今時の若い俳優さん、脇は渋いところで押さえて、話の展開は徹底的にわかりやすく、もちろんこれから起こる大事件の前兆も、視聴者がちゃんと「不吉な感じ」を募らせるように超「わかりやすく」描写しているのかもよー。わしらの子ども時代って、「赤影」とか「真田十勇士」(人形劇だけど)みたいな子供向けの時代劇がちゃんとあって、時代劇の作法みたいなものが自然と身についていたじゃん。でも今って子ども向けの時代劇がないからいきなり「龍馬伝」みたいなのを見ちゃうとそれだけでもういいやってなっちゃう人もいるかもしれない(子ども時代に「龍馬伝」や「風林火山」を見られたらそれはそれで幸せだと思うけど)。また、時代劇だっていうだけでハードルが高くなっているのかもしれないから、そういうハードルを低くするためのああいう描写ももしかするとありなのかもー(遠い目)。

>そして今週こんなに笑ったにも関わらず、来週も見るかどうかは不明。

私は市村さんの光秀の最後を見てみますよ。ま、GOWに説教されるようなのがヤだけど。

>余談だけど、お市の方のアイメイク、気合が入ってるよねぇ。

そうだね、私もつくづく「龍馬伝」とメイクが違う~と思いましたわ。あの時代にあのアイメイクって、もしかして虫よけとかあるいは呪詛的意味合い?とか深読みしちゃったりしてさ。ほんに「龍馬伝」は罪な作品であったことよ。
2011/02/11(Fri) 09:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>なんか今回、笑うつぼ満載のようで、録画しておいてよかったぁ「本能寺の変」。

まあ、お休みの日のお楽しみになったかしら~(笑)。

>でも視聴率はいいんですよねぇ

いい、というか安定してるよね、今の所。

>会社のおじ様は、「江は面白い」と言ってノベライズを3巻まとめてご購入♪

その「面白さ」のポイントって何だろ!? 戦国時代だからより時代劇感があるとか? 三姉妹(もしくはホナミン)ブラボー? わかりやすいから考えずに楽しめてナイス? 「俺が信長だ」(笑)? 

>斉藤工クンはもう出てますか?

まだ出てないっす。本能寺の変が1582年で、GOWの最初の結婚が1984年頃、GOWの次の結婚が1986年頃でそのころには初(水川あさみ)も京極高次(斉藤工)と結婚していたらしいってWikiに載っているけど、1983年の賤ヶ岳の戦いの後に三姉妹が親戚の京極マリア(京極高次のかーちゃん)に預けられたっつー説もあるから、恋愛モードはバリバリに描写するであろうこの大河では、幼なじみでもあった初と高次のラブラブも早めに登場するかもよ。
2011/02/11(Fri) 11:25 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
こんにちわ、はじめまして、コメントありがとうございます。

>管理人さまのハゲタカ病に爆笑しました(失礼)

ほほほ、思う存分笑ってやってください。でもねー、他の特級ハゲタカ廃人の方のお話なんか聞くと、私なんかまだまだなのでございます。残念(笑)。

>あの頃の調子に乗ったNHK土曜ドラマは最高ですね!

いいですよね、土曜ドラマ、今度の「TAROの塔」の後はしばらくはないみたいなのが非常に残念です。

>覚悟をして見たのにその上をいく出来に瀕死でしたw 大河の笑いはハンパないッ!

さすが、NHKの看板番組だけありますよNE! 私は覚悟してなかったというか、まさかここまでやるとは思わなかったので、リアルタイム視聴時は笑うよりも開いた口が塞がらないマヌケ顔でございました。

>金が掛かってないのが不憫ですが、

予算はまだまだあるんじゃないですか。それに大河50作目という記念番組ということでかなり力も入っているみたいだし。はっ、もしかして予算はこのあとの向井理(徳川秀忠)が登場するあたりで使うためにセーブしてる? だからあんなに色々スッカスカ?(笑)

>アレ?すっかり呑み込まれてる??

私たち、NHKの作戦にまんまとひっかかっているのかもしれません(笑)。

>鷲津と住本(外事警察)が大好きだー!では失礼します。

住本班長、今期は浮気もん……。
2011/02/11(Fri) 11:35 | URL | tsumire→高野さん | 【編集
>目がダメになっているにもほどがある。(汗)

私も実にヒドイもんなんですが、物理的に見えないだけでなく認識能力も落ちているってことなんでしょうか。でもこれがARATAだともっともっとすごく楽しみだったのに~。ちょっと戦国武将にしては薄過ぎだけど、戦死して主人公の心に残るキャラとしてはなかなかいいと思うんだけど。

>私、EXILEの人数も、一人ずつの顔と名前もほとんど分りません。

よくクイズ番組で「NEWSのメンバーとKARAのメンバーとEXILEのメンバーを足したら全部で何人?」みたいなのがあるじゃないですか。おいどんにはさっぱりわかりもはん。だいたい毎回同僚のTさんからAKIRAがどれか聞いているのにいまだにさっぱり覚えられないし~。

>なんだか、皆様、我慢大会の様相を呈してきたところで、本能寺の変で笑いと驚愕(?)がスパーク…。

そうね、今までの我慢は今回の本能寺のためにあったっつーか?

>こんなに大反響だと、今回のGOWちゃまと信長オジサマ、とっても気になります。(笑)

そんな美冬さんのために、NHKはちゃーーーんと土曜日に再放送やってくれちゃいますから(うふ)。

>本能寺の変で『ゴースト』の恥ずかしいシーンて? 気になる!

私の一昨年の標語は「拾えるチャンスは拾っておけ」です。私からもオススメしますよ。ただしちゃんとしたドラマとしてのクオリティを期待しちゃダメ!(笑)

>ちなみに彼女は、「今年の大河は、少女漫画というより週刊少年ジャンプの世界に突入した。」という感想だそうです。

はぁ、なるほど。インフレが待っているのか(違)。

>これも制作サイドの作戦?
>屋敷CPったら、薄そうに見えて、実は凄い策略家なのか。(たぶん違う)

そうねー、わたしらNHKの作戦にまんまと乗っているのかもしれん。屋敷さんって、本当に薄そう……(そりゃ去年の鈴木CPはトンデモオヤジだったけど)。演出さんもCPも脚本家さんに引っ張られっぱなしみたいに見えるけど。

>冗裕が憑いている時の景王みたいに、GOWちゃまが男らしくバッサバッサと敵を斬り倒したらオモロイかも。

なるほど、それはそれで面白いかも~。いっそ徹底的にやってくれればいいのに、結局中途半端だから、きっと今後信長憑依があっても信長が利用された感だけがのこりそうな感じ。

あー、また最初から読み返したくなっちゃったじゃないすか、「十二国記」~。これからTSUTAYAに行って「ウォール街」(←「ハゲタカ」勉強の一環)と大河ドラマの第1話だけ何本か借りて来てみてみようと思っていたのに~~(笑)。

>例えば、江ちゃまの婚礼の(以下自粛)

ほほほ、美冬さんたらば「腐」濃度高し(笑)。

>こういう楽しみ方ができる『江』は、ある意味、凄いのかしら。

うーむ、「凄い」? 作品としての評価はともかく、もしかして今後皆様に色んな意味で「愛される」作品にはなるの鴨。
2011/02/11(Fri) 12:46 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>昨日書店でトヨエツが表紙のステラを立ち読みしましたら思わず「ふざけるな!!」と雑誌を投げつけそうになりました。

お疲れサマンサ、むぎこがしさん。

>伊勢田雅也Dが語る本能寺の変
>「正攻法で描いてます」

あそこでGOWが出てこなければ、少なくとも本能寺大爆破とかよりは格段にまっとうな本能寺でしたよね……。森蘭丸描写だってすごくストレートで変な色合いが付いてなくて好感持てたし。しかし「正攻法」か。もしかして編集後の実際に放映されたヤツを見てないんじゃないのか?

>奇をてらわず丁寧に撮ったことが現場の緊張感につながって、とても濃密な空間を作ることが出来たと思います。

「奇をてらわず」……。つまり本気で「奇をてらった」ら、もっとすごいことになるっつーことですか?(笑)。すっげー楽しみ~(棒読み)。

>…是非ともそのスタッフさんにCG合成編集後の本放送を見ての感想を聞いて見たいですね。

いや、ほんと。結構皆さん、口あんぐりだったりして?

>あと私的に違和感ありありだったのはいくら白地とはいえしっかり袴をはいていたところですね。

あ、そうか、なんか変だと思ったらそこか。同僚の派遣のTさんが「今回のトヨエツの本能寺は白い着物を着たのは今までにない挑戦だったそうですよ」って言ってて、本能寺の信長が白い着物着ているなんて別に新機軸でもなんでもないじゃん、高橋幸治の信長も渡哲也の信長も白い着物だったじゃーん、と思ったけど、ポイントは袴か。

>お寝間着の設定がバラバラ過ぎます。

この大河、衣装設定が変なのは今に始まった事じゃないみたいだしねー。なんかその場その場で一番映える衣装で、とかって設定なのかしら。

>そういえば向井くんを早めに登場させるべく小田原攻めのくだりで秀忠とGOWとのシーンを脚本家さんが書いたそうです(笑)。

……はぁ~、そうですか。Wiki見ると秀忠は小田原攻め(1590年)の時に最初の結婚をしているみたいっすけど、それになんかからめるんですかね。それとも、一般的に秀忠の初陣は関ヶ原(1600年)っつーことになっているけど小田原攻めに参戦していたと言う方向とか? あるいは元服した年だからそれにからめるのか。でもこの時はGOWはまだ結婚しているんだから(しかも信長の面影を2番目のダンナに見ている訳ざましょ?)GOWがその姿をかいま見て「素敵!」とか思う展開じゃないよなー。ま、そのころはもう見てないからいいけど~。
2011/02/11(Fri) 13:28 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>制作サイドがそういう意思を持って作ったわけではないのに、受け取る側には「ネタ」としてしか見れなかったという事実が、今年の大河の痛さを物語っているように思えます。

でも、もしかすると作品としての評価よりも、「話題になる」あるいは「視聴率アップ」という結果が得られればそれはそれでいいのかもよ、今年の製作サイド。

>「十二国記」も~~何よりしっかりした設定がここまでファンを惹きつけて離さない理由だと思います。

本当だね、「十二国記」はお話やキャラクタだけでなく設定がまた実に魅力的だよね。私もSF好きとはいってもファンタジーはすごく苦手でほとんど読まないけど、でも「十二国記」は何度読み返してみてもいいよね。この間まだ読んでない「ゴーストハント」の新刊(大幅書き直しバージョン?)が出た時は、「ゴーストハント」も読んでみたいと思いつつもこれじゃあ「十二国記」の新刊はまだまだ先かよっとガッカリしたもんだよ……。

>まぁとりあえず来週も見に行きますよ、焼け野原を。………ファンタジーのね。

じゃ、私もsuikaさんの感想を読むためにも来週は見て何か書きますよ(ほんっとに、色々まちがっちゅう)。
2011/02/11(Fri) 15:21 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
Mackyさま

>会社のおじ様は、「江は面白い」と言ってノベライズを3巻まとめてご購入♪

第1話放送後に「??」となって向井くんの行く末が気になってしまい原作本3巻を買い余りの文章のスカスカ加減にほとんど一晩で読了してしまった私からエールを送らせていただきます。「さっさとブック○フに叩き売りましょう」と…。そのおじ様が時代小説愛好家でないことをひたすらお祈りいたします。鬼平とか浅田次郎の新撰組モノなんかを好んでいる方だと相当物足りないと思われます。感想はあえて聞かないであげて下さいね。武士の情けじゃ。(←誰?)


tsumireさま
コメント欄お借りいたしました。
そうそうステラのインタビューで確かにトヨエツが「田淵さんの脚本は“底なし沼”のようなものでト書きやセリフだけを読んでいると『あれあれ?』となってしまう」「信長はシーンによって印象が違うので意図をしっかりと読み解きその変化に理由をつける必要があった」と語っていました。

それに衣装合わせの時に長年大河ドラマに携わっているスペシャリストさんたちがどんどん特別な衣装や刀をうれしそうに持ち出してきたとか(笑)。「前の時はコレだったけど、今度はコッチがおすすめ」とか。

さっきまでついつい「圧姫」じゃなかった「篤姫」の再放送を見ていたのですが、ここでものだめの玉木・瑛太コンビが頑張っていましたね。でも北大地欣也の勝海舟役で少しだけ中和して下さいました。結構本放送時はそれなりに(笑)見れていたんですが「ハゲタカ」後の今は「きっついわ~」(by SBヤマト・騎兵隊隊長・斉藤)です。

昨日行った我が家の近くのTSUTAYAでは「ウォール街」は4巻全部レンタル中でした。(涙)

2011/02/11(Fri) 16:25 | URL | むぎこがし | 【編集
再度コメント失礼っす。
「見にいきましたよ、焼け野原を…ファンタジーのね」(by suikaさん)

>ああ、トヨエツかっこいい~って思って襖を開けたら!」
わぁお!(古くさい表現だ)いや、あそこでのだめ江さん登場ですか?最後の襖をあけた途端…(以下略)
そんでもって、ラストの乗馬シーンもなにがなんやらって感じでしたね。トヨエツせっかくの名演技でかっこよかったのにぃ~。家康もなんだかなぁ。いい大人達が小娘(失礼!)に振り回されてるだけって感じにみえてしまいます。まぁ、「龍馬伝」もご都合主義シーンは多々あったけど、それを上回るすごさだったですね(苦笑)

>むぎこがしさんへ
私もトヨエツが表紙の「ステラ」立ち読みしちゃいました。
ほんと「ふざけるなぁー!」って感じでしたね。「あなたは私なんだ」(←お約束)
個人的には(新しい演出だとかいう)池の水で、本能寺を消火したら?なんて考えちゃいましたよ(笑)
2011/02/12(Sat) 22:24 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>もう、脱藩(違)する予定だったんですが、「本能寺の変」だけは再放送チェックするかぁ(すっごく棒読み)

ほほほ、昨日はご覧になられたかしら~。昨日のアレを見てから今日のアレを見ると、もう物足りなくなってるっつーか(←明らかに間違った見かた)。

>江(GOU)たちのけんかするシーンって、うちの子の兄弟げんかとほとんど一緒なんだもん(笑)

でもぶるーうぉーる家のご兄弟は一応年齢通りのお子様たちなわけで(「江」見てないと意味不明な言い回し(笑))。

>いい大人がやってると、演技とわかってても、ものすご~い違和感が…
単に「イタイ人」にしかみえません(笑)

しつこく書いているけど、ここは本当に子役でやってほしかった。それができないならせめて「子ども」の演技をするのではなくもう少しだけ上の年齢の「少女」でやってくれてたらいいのに。どうせ史実なんかこの際色々無視しているんだからさー。

>でもtsumireさんはじめ、皆さん脱藩(だから違う)せずに、ちゃんと見てらっさるので、尊敬しますです。

ちゃんとは見てないっす。もはた突っ込むだめだけに見てましたが、突っ込んでも楽しくないので、流石に今週でリタイアですわ。

>まぁ、「龍馬伝」もご都合主義シーンは多々あったけど、それを上回るすごさだったですね(苦笑)

「龍馬伝」なんぞメじゃないっす!(笑)
2011/02/13(Sun) 22:26 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>始まる前は、保守的な路線で豪華なプリンセス・ストーリーになるのかな、と思っていたのですが、そういうわけでもないようですね。

少女漫画みたいなベタで甘々な展開とヒジョーに説明的な渡鬼的展開は、色々革新的だった(ところもあった)「龍馬伝」と比べたら、ある意味「保守的」なのかもしれんですよね。

>やっぱりイタイ女の子の話に見えちゃったし、贅沢な作品だという感じも、全く伝わらなかった…。

せめて年相応の子役がやってくれていれば、あんな痛々しいことにならなかったのにね。贅沢なところって今の所どこが贅沢なのかよくわからないけど(今日も合戦シーンなんかほんの一瞬だったし)、これから満を持して登場するであろう向井理の場面で贅沢なことになっちゃうのかしら~。それとも「贅沢言うな」?(笑)

>大河ドラマって、もっと、ちゃんと歴史とその中の人間たちを描いていて、重厚で、緻密で、楽しくて、意外と冒険的な作品も沢山ありましたよ!

そうなんですよね。1年間みっちりやることができるから、細かい所まで描写できるし、後々のために色んな伏線を張って物語を立体的にできるし、1年間やるから途中でちらほらお遊び的な描写があっても全然OKだし。しかしホント、「龍馬伝」から大河に入った人には今年の「江」の感想を聞いてみたいけど、でももしかしてこれはこれでいいってことになるのかな?? 

>2008、2009年は、外伝だけど新作が出ましたし、完結するのを諦めずに待ち続けております…。

「ガラスの仮面」とどっちが早く完結するんでしょうか?(笑)
2011/02/13(Sun) 23:00 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>そうそうステラのインタビューで確かにトヨエツがと語っていました。

ステラで語っていたのか~。しかしトヨエツに「底なし沼」とか言われるのもすごいけど、なんかインタビュー記事がそのままだとすると、演出は何やっているんだ??と言う気もしますねえ。

>それに衣装合わせの時に長年大河ドラマに携わっているスペシャリストさんたちがどんどん特別な衣装や刀をうれしそうに持ち出してきたとか(笑)。

えーーー、プロデューサーは何やっているんだ!? 少なくとも「龍馬伝」みたいに人物デザインを統括する担当者がいればそんなことにはならないだろうに。はっ、もしかして去年押さえられていたから今年は自由にやれるってえんでやりたい放題とか!?

>結構本放送時はそれなりに(笑)見れていたんですが「ハゲタカ」後の今は「きっついわ~」

私もどうも「龍馬伝」がとどめをさしたようで、ほんと、きっついわ~(笑)

>我が家の近くのTSUTAYAでは「ウォール街」は4巻全部レンタル中でした。(涙)

うち近所のTSUTAYAでは「ウォール街」が15本もあるのに(ウチブルーレイ2本)、先週今週も昨日も一昨日もずっと全部レンタル中っすよ。鷲津の「greed is good」のオリジナルを聞いて予習をしてから「ウォール・ストリート」を見に行こうと思っているのにーー。
2011/02/13(Sun) 23:13 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
こんばんは tsumireさま

PCが異音を発してご臨終してしまい入院するハメになり、あんな鷲津やこんな芝野センパイが消えてしまうと言われてかなり落ち込んで浮上出来ずにおります。

いやはやなんと申しますか長年日曜夜は大河ドラマを見てきた私でもさすがに厳しくなってまいりました。もう
つっこむ気力さえ奪われつつあります。

というのも昨日の夕方に脚本家さんのインタビューを放送していてつい見ちゃったんですが…。
はっきり言って怖かったです。なんかもうとりつかれているというか憑依されているというかもういっちゃっている感丸出しで本当にこの人が書いているドラマを一年見るのかと思ったとたんに著しい違和感がわいてきてしまいました。ああ、見なければよかったです。

がんばって見た今週は斎藤利三役をSPの石田こと神尾佑さんがやっていたことだけですね。でも光秀とともに今週でご退場…。ヤッパリ水にこだわって水辺での切腹シーンとはね。でも蘭丸Good Job!でもちっくと手紙遅かったぜよ。バイク便を使ってね。

ここのところ「TAROの塔」のミニスポットがよくやっていますが寺島しのぶがその他の男優陣が総がかりでも太刀打ち出来なさそうなくらいでした。

>ぶるーうおーるさん

「俺はあんただ」(お約束)
いや本当にあのステラでのアレコレはあり得ないと立ち読み(爆)しながら思いましたよ。私は去年の夏以降に「ハゲタカ」にハマった新参者ですので「龍馬伝」をチーム・ハゲタカのみなさんがかかわっていると知ってステラを見るようになったのはもう10月くらいでしたか。それから毎週水曜日には立ち読みする習慣(笑)がついてしまい、「龍馬伝」終了後もついついステラを手にとってしまうんですよね。でもそれももう中断します。春以降、向井くんが出てくるころにはまた見たいとおもいますけど(笑)。
2011/02/13(Sun) 23:33 | URL | むぎこがし | 【編集
皆様のお薦め?もあり、第5回の再放送を観ました。
で、「これはコントですか?」⇒光秀の最期を観ねばと思い第6回も観ちまって「わかりませんだと?観てるほうはもっとわからんちやー!」と口をあんぐり。
GOW第2回で早くもリタイヤしてから、久々にあのピンクの字を見て、ちょっと「うげっ」となりましたが。
で、石坂さんや市村さんは、やっぱり良いんですよね。
人物の重量感があって空気が締まるし、説得力ある。
本能寺の変は、途中までオーソドックスで悪くなかったんですけどね。
トヨエツも色っぽかったし、森兄弟も健気で美しくて良かった。
で、いよいよ襖を開けたらGOWちゃんですわ。
な、なんですか…。
知っていたも、思わず「なんで…」と呟いてしまいました。
で、ラストの狙っているような二人乗り。
吹き替えバレバレな撮り方もいただけない…。
これを「どや!感涙するやろ!」と大真面目に提示されていると思うと、なんかもうむかついた後、脱力。
これは、やっぱり戦国時代劇とちゃう。

怒る気力もないんだけど、なんだか俳優さんが可哀そうな気もします。
報われないなあって。
特に岸谷さんの秀吉、あれでいいのか。
ご本人が考えて演出がOK出してるんだろうから、素人がやいやい言うことじゃないし、余計なお世話ですけど。なんか心配にすらなります。

第6回は映像インパクトは5回を下回りましたが、台詞とかまあ、いろいろと話にならんかったですよ。
あまりこちらで毒吐きをするのも迷惑行為ですので、気力があれば続きは自分ちで。(笑)

マダム・タブチの世界、『篤姫』では原作があったり、主人公とならぷ存在として小松帯刀がいたりしたから、スウィートではあったけれど、今作ほど爆裂していなかったような。
(堺雅人が出ている間しか観ませんでしたけど。)

次回予告も「好きでもないのに」という台詞も鼻白みましたが、もう観ないさ。
2011/02/14(Mon) 00:48 | URL | 美冬 | 【編集
>PCが異音を発してご臨終してしまい入院するハメになり、あんな鷲津やこんな芝野センパイが消えてしまうと言われてかなり落ち込んで浮上出来ずにおります。

そ、それは痛い……「世の中は金だ」ということで業者さんに修復を依頼する事もできるようですが、結構なお値段ですしね。私も一昨年データの上書きをしてしまい、ハゲタカフォルダを空にしてしまったことがあります。あの時の茫然自失感はなかなか忘れられません。もちろん「なんでもっとちゃんとバックアップしておかなかったんだーー」と悔やんでも後の祭り。とりあえず、映画「ハゲタカ」の公式ページと、TSUTAYAの「ハゲタカ」ページはまだ見られますので、ここから拾う事も可能かと。Yahooの映画「ハゲタカ」フォトギャラリーがもう見られないのが残念ですが。

映画「ハゲタカ」公式
http://www.hagetaka-movie.jp/index.html
映画「ハゲタカ」特集 - TSUTAYA online
http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/hagetaka/int.html
映画「ハゲタカ」製作委員会
http://hagetaka.channel.yahoo.co.jp/index.php

>なんかもうとりつかれているというか憑依されているというかもういっちゃっている感丸出しで本当にこの人が書いているドラマを一年見るのかと思ったとたんに著しい違和感がわいてきてしまいました。

へえー、見ないで済んだ方が幸せだったかしら(笑)。しかし、前回は笑い飛ばせた今年の大河も、今回はさすがにもうギブアップ……。もう、だめっす。

>水にこだわって水辺での切腹シーンとはね。

あー、それであんなところで切腹だったんかい。ぜーんぜん気がつかなかったわ~っつーか、夕飯作りながら見ていたんで飛び飛びにしか見てないのに、色々脱力させられて破壊力が大きかったっす。いくら他の皆様のツッコミが楽しくても、本編のドラマ自体を楽しめなくちゃどうにもこうにもですわ~。そんな訳で、近日中に第6回の脱力感想をアップしたら、脱藩いたします。はぁ~、いくらなんでも大河でアレはないやろっっ!

>ここのところ「TAROの塔」のミニスポットがよくやっていますが寺島しのぶがその他の男優陣が総がかりでも太刀打ち出来なさそうなくらいでした。

ミニスポット、全く見てませんが、寺島しのぶって岡本かの子役だったっけ? じゃあ太刀打ちできなくてもしょーがないよね。現実の岡本かの子だってそうだったんだもん(あれ?)。何はともあれ「TAROの塔」は楽しみです。
2011/02/15(Tue) 00:24 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>皆様のお薦め?もあり、第5回の再放送を観ました。

なんですかねー、このネタ満載感と脱力感は「笑う警官」を見た時に似てる?(笑)

>第6回も観ちまって「わかりませんだと?観てるほうはもっとわからんちやー!」と口をあんぐり。

私ね、今第6回の感想書いているんですけど、「江」=「タイムスクープハンター」説を唱えております(笑)。現代人のGOWが戦国時代にタイムワープして歴史上の人物に次から次とインタビューするドラマ仕立てのバラエティなんですよ、コレ。だからドラマだと思って見ちゃそりゃ「ふざけんなーーーーー」ってことになっちゃうんですよね。

>これは、やっぱり戦国時代劇とちゃう。

現代人視点から歴史上の人物を断罪するっつーのは去年の「龍馬伝」でもやらかしていましたが、今年の「GOW」は去年の比じゃないですもんね。そのくせ肝心なことは「わかりません」って何だよ、それ。

>なんだか俳優さんが可哀そうな気もします。

そうですよね、せめて演出さんがどうにかできていれば役者さんも救われるのに、脚本をそのままなぞっているだけみたいだし。

>第6回は映像インパクトは5回を下回りましたが、台詞とかまあ、いろいろと話にならんかったですよ。

そうそう、インパクトは弱かったんですけど、物語的に、台詞的に、人物設定的に、もう、とほほ、心の底から、とほほでしたよ……。

>あまりこちらで毒吐きをするのも迷惑行為ですので、気力があれば続きは自分ちで。(笑)

ま、ご遠慮なく。

>マダム・タブチの世界、『篤姫』では~今作ほど爆裂していなかったような。

「成功」が人を変えてしまったんでしょうかね(言いたい放題?)。

>次回予告も「好きでもないのに」という台詞も鼻白みましたが、もう観ないさ。

私もさすがに今回でリタイアですわ。見るだけでHP、MPダダ減りなもんで。次はAKIRA萌えの同僚のTさんのネタ話が聞けそうな5月か、nanakoさんの向井理ネタを聞けそうな時分にまた見るかもしれませんわ~。
2011/02/15(Tue) 00:44 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック