皇居東御苑 皇居東御苑の関山(カンザン)
4月17日のお花見日記って……もう半月も前の事なんかなんにも覚えてない(泣)。ネタは熱いうちに打てとエーベルバッハ少佐も言っていたのに(違)、すっかり怠けきっていた私です(遠い目)。そんなわけで写真だけずらずらと。

写真を見ると4月17日は天気がよかったようなので(←自分の記憶を写真で辿っとる)、多分お昼くらいに皇居東御苑に行ったようだ(←推測(笑))。ここの桜の背後には天守台跡の石垣が見えるので、ついつい頭の中で暴れん坊将軍のテーマが鳴り響いていたのだった。

皇居東御苑の鬱金(ウコン) 皇居東御苑の八重桜、御衣黄(ギョイコウ)
左は私が好きな薄緑色の桜、「鬱金」、そして右が「御衣黄(ギョイコウ)」。好きな桜を見られる幸せ、しみじみ。

皇居東御苑の桜、千里香(センリコウ) 皇居東御苑の八重桜、一葉(イチヨウ)
左は「千里香(センリコウ)」、右は一「葉(イチヨウ)」。千里香というからには香りが強い桜なのかもしれないが、風が強かったせいか、それとも私の鼻が馬鹿だったせいかよくわからなかった。

皇居東御苑の桜、東錦(アズマニシキ) 皇居東御苑の桜一覧
左は「東錦(アズマニシキ)」、皇居にふさわしいお名前。

皇居東御苑のオトコヨウゾメ 東御苑のオトコヨウゾメ
そういや前回の大人のプチ遠足の時に(2010年10月12日「秋晴れの日のプチ遠足」)、ボケッと見ていたら通りがかりのオッサンに「オンナヨウゾメもあるんだよ」と法螺を吹かれた木、オトコヨウゾメの花が咲いていた(写真右が去年の秋のもの)。

劉一華記念公園(常盤橋公園)のバリケード 劉一華記念公園(常盤橋公園)の八重桜
さて例によって、皇居東御苑に来たらもちろんその後は劉一華記念公園(常盤橋公園)ですよ。相変わらず園内にはバリケードがあり、常盤橋は全く渡ることが出来ない。いったいいつになったら封鎖解除となるのか。

劉一華記念公園(常盤橋公園)の枝垂れ桜 劉一華記念公園(常盤橋公園)の姫林檎
ソメイヨシノはもうすっかり散っていたし枝垂れ桜も散り始め。そしてここで私が何をやったかというとこの公園内の桜マップ作成である。地図を作ったら後でアップします(←全く誰かに必要とされることがない作業(笑))。右の写真は姫林檎、背後に微かに見える建物がマンダリン。

マンダリンの千疋屋で昼飯
腹が減ったので、マンダリンのシグネチャーでランチ……ではなく、1階の千疋屋でカレーをいただきました。無駄とは思ったけど「グラスビールかグラスワインはありますか?」と聞いいたらあっさりないと言われたのでカフェオレで。

浜離宮の自粛看板
そして昼飯を食った後は浜離宮恩賜庭園へ。ありましたよ、入口に自粛看板が。

浜離宮の桜、薄毛山桜 浜離宮の桜の看板
この桜の名前はね、「薄毛山桜」と言うんですよ……。

浜離宮の桜 浜離宮の桜
さすが古い庭園なので木の枝振りが本当に素晴らしい。色んな木の古び加減にしみじみしてたら、そういえば同僚のY岡さんが「年を取るに連れて、段々と花から木へ、木から岩へと関心が移っていくって話ですよ」って言っていたのを思い出す。やべえ、もう第2段階に入ってる、私!?(笑)

浜離宮の桜 浜離宮の桜
浜離宮はあまり花の名前とかが表示がないのが難である(「薄毛山桜」はそんなに大振りの花でもないのに表示してあったのに!)。それぞれ「江戸」とか「八重紅虎の尾」とか、もしかすると「東錦」か?とか思いつつボケッと園内散策。

浜離宮で一服 浜離宮の茶屋からの眺め
大きな池の真ん中にある茶屋で休憩。ベランダ席にいたのだが隣の席にいたカップルが「ここの建物ってガラスと障子だけで区切ってあるけど、江戸時代って窓ガラスあったの? なかったんだったら花見をするなら窓をあけなくちゃならないからすっごい寒いよね?」と話していて、そういやそうだなあと思いつつ、まったり。

浜離宮の藤の木 浜離宮の松
藤の木の枝振りにもまたしみじみとしてまた藤の花の頃に来ようと思いつつそろそろ閉園時間なので出口へ。また松の木が絵に描いたような松で感心しつつ本日の花見終了。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
>左は私が好きな薄緑色の桜、「鬱金」、そして右が「御衣黄(ギョイコウ)」。好きな桜を見られる幸せ、しみじみ。

そんじゃあ、「鬱金」の下に鷲津を立たせたら、「しみじみ」×2?

素朴な質問なんだけど、カレーにビールorワインって有りなの?
それとも合う合わないと関係なく、単純にアルコールを補充したいってだけの話?
わたくしは舌が非常にお子様なので、外食のカレーは辛くて食べられないざます(恥)
従って、食もダメ、美容も興味なし、ショッピングも資金無しということで、韓国旅行に友人が誘ってくれても、自分的になんらおいしい部分が無いのでお断りするという、ひじょーにつまらん人間でございます。(土産にもらったパックは、有難く使わせて頂くけど)


>この桜の名前はね、「薄毛山桜」と言うんですよ……。

出た、ハゲセンサー。
普通の人はそこで引っかかりません。(あ、いや、結構引っかかるかも。でもわざわざ写真は撮らないね)

>「薄毛山桜」はそんなに大振りの花でもないのに表示してあったのに!

大振りだったら「薄毛」じゃないじゃん。

>藤の花の頃に来ようと思いつつそろそろ閉園時間なので出口へ。また松の木が絵に描いたような松で感心しつつ本日の花見終了。

藤もいいよね、豪華絢爛で。その頃にでも京都あたりで「ハゲタカ」上映してくんないかな。そしたら一石二鳥ですぐに新幹線に飛び乗るんだけど。
ちなみにわたくし、松にはさっぱり心を動かされません。ほほほ、まだ第一段階つーことかしら。(がっつり老眼だけど)
2011/05/01(Sun) 18:01 | URL | suika | 【編集
「薄毛山桜」

PCで見ているとさほどインパクトないけれど、携帯でスクロールしていくと爆笑ものだと思う。
突如現れる「薄毛」の文字に、またまたtsumireさんったら~って。(笑われる桜っていうのも……ね ^^;)
2011/05/02(Mon) 22:14 | URL | BOOKO | 【編集
>そんじゃあ、「鬱金」の下に鷲津を立たせたら、「しみじみ」×2?

ちょっとやっつけで新宿御苑に立たせてみました。

http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/20110502_8474.jpg

うすらぼんやりだけど(笑)。だいたい鷲津のやつ、インドアが多過ぎて桜の下に立たせずらいんだよー。

http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/20110502_8350.jpg
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/20110502_8293.jpg

外濠公園を歩かせてみた。……花見鷲津への道は遠いな……。

>素朴な質問なんだけど、カレーにビールorワインって有りなの?
>それとも合う合わないと関係なく、単純にアルコールを補充したいってだけの話?

合う合わないは全く関係ない……っつーか、食事の時にお茶を飲むのと同じで、お茶の代わりににアルコールがあるだけだからそんなに変でもないと思うのだが~(え?)。

>食もダメ、美容も興味なし、ショッピングも資金無しということで、韓国旅行に友人が誘ってくれても、自分的になんらおいしい部分が無いのでお断りするという、ひじょーにつまらん人間でございます。

うーむ、私も食に興味なし、美容に興味なし、ショッピングに興味なしだけど、ネタになればOKかな……(←非常にどうかと思われる態度)。

>普通の人はそこで引っかかりません。

いやいや、この名前には普通にひっかかるでしょー? 写真はただ単に証拠写真、現場検証ですから(笑)。

>藤もいいよね、豪華絢爛で。その頃にでも京都あたりで「ハゲタカ」上映してくんないかな。そしたら一石二鳥ですぐに新幹線に飛び乗るんだけど。

もう1年以上も「ハゲタカ」上映がなくって私も非常に飢えております。この際名古屋や京都なら行っちゃうかもな。
2011/05/03(Tue) 00:30 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>突如現れる「薄毛」の文字に、またまたtsumireさんったら~って。

でもBOOKOさんはじめ他の皆様も「薄毛山桜」への食いつきがよ過ぎるぞ(笑)。
2011/05/03(Tue) 10:33 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
奥様~、鷲津がお花見してる~(泣)

ま、別に泣くことないんだけどさ、なんだか人並みの幸せを享受している姿が涙を誘うのよ。(でも渋面なんだろうけど)
それにしても、一枚目のうすらぼんやりしたシルエットを見た瞬間に、「鷲津っ!」って息を呑んだとしても、それは日本人として普通の反応だよね?
そして二枚目の画像で背中を見せている女性は、この後まもなく鷲津とすれ違うんだわ~と悔しがったとしても、それも日本人(以下略)
ちなみに男性の方は、傍らに置いてある荷物や背中やポーズからかもし出される雰囲気が、なんだかやさぐれてるなぁ………

桜をバックにドアップの鷲津。
そうかそうか、お花見鷲津とすれ違えたとしたら、こんな顔してるわけね。はぁぁ………(もう頭がわいてるかも)

しかしあれだね、鷲津が街中を歩いたら、「ハーメルンの笛吹き男」みたいに後ろからぞろぞろ廃人が着いて歩くんだろうね。そんでわたしなんかは体力が無いからすぐに脱落しちゃうけど、1日二万歩を踏破するtsumireさんは最後まで着いていくんだろうなぁ。まぁどうせゴールは焼け野原なんだろうけど。



余談だけど、「テルマエ・ロマエ」の撮影は順調みたいでっせ。

http://moretsu.exblog.jp/12481409/
2011/05/03(Tue) 14:44 | URL | suika | 【編集
suikaさん

>>余談だけど、「テルマエ・ロマエ」の撮影は順調みたいでっせ。

ありがとうございます。
原作者のヤマザキさんに、あんなに喜んでいただいて、阿部ちゃんも役者冥利につきるでしょう。
日本人離れした容姿が仕事に災いしていた時期もあったことを思えば、本人も感無量でしょう。
まあ、私は阿部寛応援女子としては新参者(十余年前から)なので、不遇時代は知らないんですけどね。

映画の完成・公開が楽しみですが、フジ制作ということで、阿部ちゃんが宣伝にガンガン担ぎ出されるのが心配。いまいち向いてないんですよ、そういうの…。
作品ヒットのためには、宣伝は上戸さんにお任せるのが吉かも。(ひどい)
2011/05/03(Tue) 22:05 | URL | 美冬 | 【編集
>それにしても、一枚目のうすらぼんやりしたシルエットを見た瞬間に、「鷲津っ!」って息を呑んだとしても、それは日本人として普通の反応だよね?

日本人として普通……えっとー廃人である日本人なら普通だよね!(←苦しい?)。

>ちなみに男性の方は、傍らに置いてある荷物や背中やポーズからかもし出される雰囲気が、なんだかやさぐれてるなぁ………

でもこれ、平日の朝の8時50分くらいなので、多分二日酔で苦しんでいるのではなく、会社に持っていかなきゃならない書類がどこにいったっけ?と探してたりすしているんじゃないかなー。

>そうかそうか、お花見鷲津とすれ違えたとしたら、こんな顔してるわけね。

ちょっとこの顔がすれちがったらなにか(いや、私はどの顔でももちろんいいんだけどね。←大馬鹿野郎)。じゃ、これはどう?

http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/02090224-3.jpg

>しかしあれだね、鷲津が街中を歩いたら、「ハーメルンの笛吹き男」みたいに後ろからぞろぞろ廃人が着いて歩くんだろうね。

チッチッチ。違うね。廃人は見守りタイプも多いから後にぞろぞろついてく廃人だけでなく、街角街角に陰から隙を窺っているひっそり系廃人の数も結構いるものと思われる(笑)。

>まぁどうせゴールは焼け野原なんだろうけど。

私、日に焼けやすいから焼け野原までついて行くととんでもないことになるなー(違)。
2011/05/04(Wed) 11:48 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
うふっ奥様、お花見鷲津眼鏡無しバージョンもありがとう。もちろんわたしもどの顔でもいいんだけどね。(大馬鹿野郎№2)
でもあれよね、桜と鷲津の組み合わせは見てみたいと思うんだけど、薔薇とか藤での組み合わせにはそう惹かれないなぁ………似合わないからか?花にも切なさテイストが必要?(チューリップやひまわりも不可だよね。てか、似合う花のほうがそもそも少ないかも。おっさんだし)


>美冬さん

もしかしてまだ未読でしたか?とっくにご存知かと思って、チクリに伺わなかったんですけど(笑)

>阿部ちゃんが宣伝にガンガン担ぎ出されるのが心配。いまいち向いてないんですよ、そういうの…。

おお、愛のあるお言葉。堺雅人や阿部寛に本当に生萌えなんですねぇ………
それに引き換えわたしときたら、生萌えだと思っていたコバに対しても、キャラ萌えだったんだと気づいちゃったんです。演じているコバは大好きなんだけど、素でインタビューを受けているところや、対談や、書いたものに対しては全然萌えない自分に気づいちゃったんです。このことはtsumireさんに名古屋で会った時に告白したんですけどね。(でも全く覚えていないだろうという確信がある)

まぁ鷲津に較べれば、意欲的に次々と色んな作品を発表してくれるので、まだ救われるんですけどね。

「テルマエ・ロマエ」、劇場公開が待ち遠しいですね♪
2011/05/04(Wed) 21:21 | URL | suika | 【編集
お疲れサマンサ tsumireさん

いや今日の小石川後楽園は残念でした。
菖蒲田が手前にあって藤棚には全く近寄れなかったんです。
あれおかしいな藤に結構近付けるとか
書いてあったハズなのにと今見直してみたら
「小石川植物園」のほうでしたガックリ。

http://www.enjoytokyo.jp/id/toukyou_itabasiku/233038.html

リベンジしなくては!!

神代植物園には色んな藤がありましたか?
やっぱり黄色とか白とか薄いピンク色とかの
変わり種に心ひかれてしまいます。

今日行った旧岩崎庭園は流石は弥太郎、サスガ三菱
といった感じで大河内邸こと鳩山会館の規模の5倍位はあったと思います。
ものすごい立派なヒマラヤスギが堂々とそびえていて感激しました。

そこではじめて「オドリコソウ」を見る事も出来て嬉しかったです。
本当にバレリーナのチュチュのようなレースのような花びらが可憐でした。
2011/05/04(Wed) 22:27 | URL | むぎこがし | 【編集
相変わらずのご心配ぶり、生萌えの方ならではのものですね……(遠い目)。そのご心配ぶりが羨ましくもあり、羨ましくなくもあり(笑)。

でも「テルマエ・ロマエ」は何せ原作が面白いし、あのキャラはリアルなだけに実写化しても違和感なく受け入れられそうですし、阿部ちゃんなら特にピッタリそうで楽しみですよね。
2011/05/05(Thu) 07:08 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>桜と鷲津の組み合わせは見てみたいと思うんだけど、薔薇とか藤での組み合わせにはそう惹かれないなぁ

うーむ、やはりがっしりしてて主張が激し過ぎる花はだめだよなあ。当然、ハイビスカス、牡丹、芍薬、ラフレシアなども不可。消えそうな一瞬のはかない美しさがいいのか……って、鷲津って一体何者!?(笑)

おっさんに似合う花って、難しい……。

>でも全く覚えていないだろうという確信がある

あ、今の今まで忘れてたけど、あの時言ったと言われると聞いたような気も……(←ダメダメ)。そういや「ハゲタカ廃人名古屋珍道中記」ももはや記憶がうっすらとしてて書けそうにないのが残念無念。
2011/05/05(Thu) 21:02 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>いや今日の小石川後楽園は残念でした。
>菖蒲田が手前にあって藤棚には全く近寄れなかったんです。

むぎこがしさん、ハゲタカといい、花といい、なんかのめりこみかたが凄いですよ(人の事、言えないか(笑))。

>リベンジしなくては!!

そろそろ終わりなのが残念ですね。

>神代植物園には色んな藤がありましたか?

色々名前がついてましたが、桜程の興味がないせいか、ぶどうみたいな花をつける藤の花の名前だけチェックしました(「八重黒竜」)。白い藤もよさげでした。しかしあんだけ藤の花ばっかりあると結構香りがすごかったです。

>ものすごい立派なヒマラヤスギが堂々とそびえていて感激しました。

むぎこがしさん、色々道を極めてつかあさい(笑)。
2011/05/05(Thu) 21:23 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック