「ハゲタカ」注意(笑)。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。まあ、月が経つのは早いもんで(意味不明?)、4月末にあのドラマ「ハゲタカ」第3話のロケ地だった居酒屋「とん太」閉店の日にちっくと集って飲んでいたメンバーと「次は映画公開2周年記念で遠足だね。場所は鳩山会館とか早稲田教会、蕉雨園あたり」とか言っていたのだが、気がついたらもう6月。しかし私は毎度仕事が4月~6月まで無茶苦茶忙しい上に、今年は子ども(12歳)の中学校のPTAの広報委員を引き受けちゃったら皆ノリノリですっげー忙しいことになっちゃってよりによって広報紙用のマンガを描く事になったり、今年の夏コミも当選しちゃったけど同人誌の新刊を2009年12月以来出してないので今度の夏こそ出すためにはもうそろそろ原稿に着手してなくちゃならないし、しかし今月はなんといっても22年ぶりに自宅の引越しをするのでてんてこ舞いなんじゃーーー(泣)。

でも現時点では「ハゲタカ」の方を優先しますよ! っつーことでいつもの廃人な皆さんに声を掛けて日程だけは6月11日(土)に決定した物の、忙しいだけでなく私の怠け癖に拍車がかかってその先がなかなか進みやしねぇ。今まで結構あちこちの「ハゲタカ」ロケ地に行ったが、まだ西乃屋(蕉雨園)、「戻って来い教会」(ドラマ第6話・早稲田教会)、大河内邸(ドラマ第2話・鳩山会館)には行ってないのでチェックはしてみたものの、映画公開2周年なのにドラマのロケ地ばかりってどうなのよ?と、ちと無駄に引っかかったり。今までDVD鑑賞会を3回やったものの(2010年1月・映画「ハゲタカ」コメンタリー鑑賞会、2010年6月・大森南朋出演映画DVDつまみぐい鑑賞会、2011年2月・NHK大河ドラマ「龍馬伝 第1回」DVD鑑賞会)、ちゃんと映画「ハゲタカ」本編のDVDを通しで最初から最後まで見たことがなかったからここはメインテーマとしてDVD鑑賞会を入れた方がいいんじゃないか?とか。

そうこうしているうちにtwitterで学士会館の方のtweetを見て、そういやドラマとはいえ学士会館も「ハゲタカ」ロケ地だったな、と思って問い合わせをしてみたのである。すると広報担当の方が調べてくれて、ドラマ「ハゲタカ」では学士会館の203号室が使われていたけど、撮影には201号室も使用した記録が残っているので、どちらも見学できますと言ってくださったり、ランチの時の中華レストランへ数々のわがままなリクエストを取り次いでくださったりとそれはそれは非常に親切に対応してくださったので、もう遠足の出だしは学士会館で決まり! で、学士会館の後はもう鳩山会館でいいや(笑)。

しかしその後が決まらない。映画「ハゲタカ」DVD鑑賞会にするか、他のロケ地めぐり復習編にするか。夜は映画ゆかりの地のどこかで夕飯にするか。いっそ居酒屋で思い切り大友D脱藩追及宴会にするか(参照:5月15日「NHKディレクター大友啓史氏、脱藩す。」)。こんな時に「とん太」があればどうにかこうにかなったのにーー。もう色々疲れがたまっているのか決断力がNothing。人間、弱っていると本当にグダグダになってダメだな(とほほ)。そんなこんなでダラダラしてたらあっという間に6月11日、幹事失格! やっと当日の朝6時30分にDVD鑑賞会をすることに決めて、会場探しの電話をするはめに。どうなのよ、これって。

ちなみに会場は、遠足の終点を東京駅に決めて、その周辺の個室に大きなスクリーンもしくはモニタがあるカラオケかバーという条件で検索。しかし大きなスクリーンがあるスポーツバーは何軒もあるのだが、どこもオープンスペースかある程度の人数(20名とか30名とか)以上でないと利用出来ない。厚顔無恥な私でもさすがに100名入る会場の真ん中にあるスクリーンで「ハゲタカ」を映して下さいとは言えない……。というかそれ以前に、著作権法上の問題があり、不特定多数の前で上映権付きではないDVDをかけるわけにはいかない。ちなみに、個室内の特定少数による鑑賞は著作権法上許されている私的利用の範囲内と判断致しております。ああ、大きなスクリーンで「ハゲタカ」を見たいよう。

まー、そんなこんなで当日の朝7時30分にやっとスケジュールを確定。

ドラマ第6話・記者会見場(学士会館/神保町)→ドラマ第2話・大河内邸(鳩山会館/護国寺)→映画・アカマ自動車本社ビル(富士ソフトウェア/秋葉原)をJR秋葉原駅ホームからガン見(笑)→秋葉原のカラオケで映画「ハゲタカ」鑑賞→時間があれば映画「ハゲタカ」の東京駅周辺のロケ地徘徊+夕飯(候補としては映画で鷲津の常宿になっていたフォーシーズンズホテルが入っているパシフィックセンチュリープレイス丸の内の地下商業エリア「グランアージュ」の中にある店のどこか)というコースで。

当日の朝にこれって、ダメダメじゃーん、、、、とか思いつつあれこれやっていたら、なんと集合時間に幹事が遅刻! さらにダメダメな映画公開2周年記念・ハゲタカ廃人的大人の遠足本編は別記事で(笑)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
こんな時間の更新お疲れサマンサ。
(ってそれを読んでこんな時間にコメント
しちゃダメじゃん)

本当に土壇場のギリギリだったんですねー。

そっか、もっとあそこに行きたいとか
ここじゃイヤだとかわがままを言ったモノ勝ちなのか?

ともあれ今回の遠足有難うございました。
噂のtsumire先生謹製の遠足のしおりは
またのお楽しみってことで(笑)

やっぱり自宅のテレビよりも大きい鷲津を
ガン見したせいか久しく稼働していなかった
ハゲタカセンサーが働きハゲタカ関連かも
というネタを拾いました。

何時もは立読みなんてしない週刊現代を
何故か手に取りパラパラと見ると
「ハゲタカ」「真山仁」の文字が!!
思わず食いつくと真山先生の福島原発事故
へのインタビューでした。
今は原発と政治をテーマにした
「コラプティオ」を福島原発事故を踏まえて
大幅に改稿中だそうです。

レッド・ゾーンに続く原作・鷲津に会える
のはまだまだ先になりそうですね。

そしてもうひとつひっかかったのが
劉一華こと玉鉄のダヴィンチのインタビュー。
映画「ハゲタカ」、BOSSパート1とで
脚本家の林宏司さんに認められて
今放送中のBOSSパート2では玉山演じる
片桐に笑いの要素を盛り込まれているとか。

そっか、林さんに見込まれての今期の
片桐はあんなキャラになっているんだね、
良かったね劉くん。(←ちと違う)

ならあえて大森南朋を起用したのも
狙いだったってことかしら?
最終話には大森南朋演じる森岡も
テレビ誌には再登場とあったので
楽しみですね。
(てことは最終話まで確実に出ないってことかも(涙))
玉鉄と一緒のフレーム
でのサービスショットとかないかしらん。
2011/06/14(Tue) 03:44 | URL | むぎこがし | 【編集
>でも現時点では「ハゲタカ」の方を優先しますよ!

あれ?「ハゲタカ」が後回しになったことなんてあったっけ?
あ、そう言えば何回目かの映画鑑賞の時に、会議が長引いてジタバタした挙句、行けなくて泣いた事があったっけか。(しかしあれは「選択」したのではなく「災難(一般人に言わせると「常識」)」と言えるものだったし)

まさか今回「あけぼの光学」の記者会見場が選ばれるとは思ってもいませんでしたが、そういう経緯でしたか。
鷲津は映画ではあまり移動しないから、ロケ地巡りはどうしてもドラマが多くなっちゃうよね。
いずれその内、映画の料亭(渋面で「お引き受けしましょう」の)で廃人の皆様による小芝居の様子をレポして頂けるものと信じております。(誰が飯島さんの役ですっぱい梅干を食べてくれるのかな~)

>まー、そんなこんなで当日の朝7時30分にやっとスケジュールを確定。

何年も新刊制作で修羅場をくぐってきた人間は、やるときゃやるんだねー。(やる時がこないとやれないとも言えるけど)

>映画・アカマ自動車本社ビル(富士ソフトウェア/秋葉原)をJR秋葉原駅ホームからガン見(笑)

こちらはやはり、入館は難しいのでしょうか?

それでは本編をお待ち申し上げております。



2011/06/14(Tue) 08:35 | URL | suika | 【編集
>本当に土壇場のギリギリだったんですねー。

ギリギリまでグダグダで申し訳なかったっす。そしてまたもや資料を色々とありがとうございました。

>そっか、もっとあそこに行きたいとか
>ここじゃイヤだとかわがままを言ったモノ勝ちなのか?

ふふふ、人は他人の答えの中に自分が見たい答えだけを見出す生き物なのでございます(笑)。

>ともあれ今回の遠足有難うございました。

こちらこそ色々事前にデューデリしていただいたおかげでスムーズに移動することが出来ました。ありがとうございます。

>噂のtsumire先生謹製の遠足のしおりは
>またのお楽しみってことで(笑)

時間があればぜひやりたいんですがね。鷲津政彦きせかえBOOKとかロケ地資料集とか、ハゲタカ双六とかハゲタカスタンプ帳とか(笑)。ハゲタカスタンプ帳(専用台紙に行ったロケ地のシールを貼っていく)はいつもやってみようと思ってヨドバシのプリンタ用シール売り場でチェックはしているんだが。

>やっぱり自宅のテレビよりも大きい鷲津を
>ガン見したせいか

映画DVD鑑賞の時はお疲れだったのか夢見心地のように見受けられましたので(笑)、やはりむぎこがしさんは映画よりもドラマ萌えなのね、と思いましたわ。

>何時もは立読みなんてしない週刊現代を
>何故か手に取りパラパラと見ると
>「ハゲタカ」「真山仁」の文字が!!

なるほど、ありがとうございます。私も立ち読み(笑)してみます。

>劉一華こと玉鉄のダヴィンチのインタビュー。

脚本の林さんに田渕女王ほどの力があるとは思えないが(笑)、本来キャスティングはPの力が大きいと思うけど、大森南朋というキャストは林さんの力が大きかったっつーこと? それとも大森南朋がキャスティングされたことで林さんが色々盛り込んできたっつーこと? うーむ、よくわかんないからこれも立ち読みしてみます。「BOSS」は脚本はともかく(脚本もあれ?と思う部分もあったけど)演出がひどくて私にはどうにも合わなくて見る気にはなれないままですが、ピーピーが出てきたらチェックする予定です。
2011/06/14(Tue) 11:40 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>あれ?「ハゲタカ」が後回しになったことなんてあったっけ?

えー、オトナで常識人だからそういう時はわざわざ書かないだけだもーん(←ホントか!?)。

>あ、そう言えば何回目かの映画鑑賞の時に、会議が長引いてジタバタした挙句、行けなくて泣いた事があったっけか。

懐かしい……。あれは2009年8月の水曜日だったわね。渋谷のTSUTAYAシアターに行く算段をしていたのに会議が長引いて結局行けなくて。あの時のあの会議を長引かせやがった担当者の顔はまだ覚えているぜ(←私としては画期的な記憶力)。

>まさか今回「あけぼの光学」の記者会見場が選ばれるとは思ってもいませんでしたが、そういう経緯でしたか。

やー、学士会館の広報担当の方は本当に親切だったわ。もっとも中身はともかくあの建物の古さ加減からいくと、広報の方が頑張らないと色々と危ういのかもしれんが。oha~さんなんかお化け屋敷とか言ってたし(笑)。

>鷲津は映画ではあまり移動しないから、ロケ地巡りはどうしてもドラマが多くなっちゃうよね。

また、映画は移動距離が大きいからついてけないしな(台湾の高雄とか、横浜の裁判所とか茨城県湖南省とか埼玉ドバイとか)。

>いずれその内、映画の料亭(渋面で「お引き受けしましょう」の)で廃人の皆様による小芝居の様子をレポして頂けるものと信じております。

えーーー、あの埼玉の料亭(懐石料理・喜祥)はマンダリンのディナー並のプライスなんですぜ。懐石のコースが2万円からで、確か4人だか6人だか以上でないと、あの部屋は借りられないんじゃなかったかなあ。

>何年も新刊制作で修羅場をくぐってきた人間は、やるときゃやるんだねー。

最近ギリギリ癖がついちゃっていかんよ。反省(でもすぐに忘れる)。

>>映画・アカマ自動車本社ビル(富士ソフトウェア/秋葉原)をJR秋葉原駅ホームからガン見(笑)
>こちらはやはり、入館は難しいのでしょうか?

あの場所は貸し出ししているので、客として入り込めば見られるだろうけど、わしらは客としては怪しすぎだろうし(笑)。

>それでは本編をお待ち申し上げております。

しばし待ってくれ。
2011/06/14(Tue) 17:24 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
tsumireさん こんばんは。
当日は遠足欠席で、お声をかけてくださったのに申し訳ありませんでした。
ううう、行きたかったよう。風邪でドタキャンは、小学6年生の時の合唱コンクール以来の気がします。
2011/06/14(Tue) 23:20 | URL | エイト | 【編集
今回は本当に残念でした。わしらみんなであんなところやこんなところにも行ったんだよう~(と、無駄にうらやましがらせてみる(笑))。ま、また次も(きっと)あるので、その時はつきあって下され。どうかお体お大事に。やっぱり健康第一っすよ(しみじみ)。
2011/06/14(Tue) 23:43 | URL | tsumire→エイトさん | 【編集
いつも遠足レポを楽しみに&参考にさせていただいております。
鳩山会館は、廃人見習中の私も昨年行きましたが、学士会館の会議/宴会場はさすがに1人~2人で入るにはハードルが高く、行くことは考えてもみませんでした。
会館内の中華レストランならば行けると思いますが、そうなるとハゲタカ廃人訪問地を廃人見習いが訪ねて、「わあー、ここに先輩方かいらしたのね~」と感激…みたいなイタイ×3なことになりそうですな。(汗)
こういうロケ場所も、やはりグループでなら可能性があるんですね。
それにしても、いつもながらtsumire師匠の素晴らしい実行力に感服でございます。

ところで、奥様がハゲタカイベントを開催なさるのは、いつも公私ともご多忙MAXな時期で、更に「新刊の原稿書かなければ…」と仰っている時期に重なっているような気がするのですか…きっと、私の気のせいでしょう…。
それとも、障壁が高いほど、やる気元気が出る逆境に燃えるタイプとか?
あるいは意外と(?)、ドM(以下略)……

怒涛の本編、楽しみにお待ちしております♪
2011/06/14(Tue) 23:54 | URL | 美冬 | 【編集
>学士会館の会議/宴会場はさすがに1人~2人で入るにはハードルが高く、行くことは考えてもみませんでした。

学士会館はなじみがないと建物の中に入ること自体ハードルが高そうですよね。私も今回の遠足がなかったら入ってみようとは思わなかったです。で、撮影に使われた203号室は空いてさえいれば(次の宴会の準備中でも)お願いすれば見せてもらえそうな感じでした。なので美冬さんもご興味があればLet's try!(笑)

>「わあー、ここに先輩方かいらしたのね~」

自分の前にもっとおバカな廃人がいたことを思えば、心強くないですか?(笑)。

>こういうロケ場所も、やはりグループでなら可能性があるんですね。

そうなんですよ、大体1人ならまず行こうと思いませんね、私も。ネタとしては楽しみますけど、ロケ地はあくまでもロケ地ですしね。でも数が多いとやはりそれなりの訴求力があるのでお願いすればなんとかなることもあるんですよね。そして廃人という名の同好の志が集まるとこれまた楽しいんですよ(ふふ)。なので美冬さんも機会がありましたらそのうち付き合ってくださいね♪

>ところで、奥様がハゲタカイベントを開催なさるのは、いつも公私ともご多忙MAXな時期で、更に「新刊の原稿書かなければ…」と仰っている時期に重なっているような気がするのですか…きっと、私の気のせいでしょう…。

なんか受験勉強の時ほど掃除に燃える、みたいな?(笑)。ヒマな時は結局何もしないまま時間が過ぎるのに、スケジュールがみっちりつまっている時のほうが効率的に動いていろんなことをやらかしているのは確かですね。

>あるいは意外と(?)、ドM(以下略)……

ほほほ、「M」は政彦のMざます(意味不明)。
2011/06/15(Wed) 10:14 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック