さて遠足の当日の朝になってバタバタと色々やっていたのだが(参照:6月14日「映画公開2周年記念、ハゲタカ廃人的大人の遠足 準備編」)、朝6時に起きたものだからまだまだ時間に余裕あるわ~とほかの事をしていたらなんと10時半、遠足のメンバーには神保町の学士会館に11時20分に集合と指定したのにダメ幹事、慌てて家を飛び出して皆様に「遅刻します!」との連絡ですよ(とほほ)。途中、遠足メンバーの皆様から次々と「電車が遅れているため遅刻します」との連絡が入ってちょっとホッとしたのは秘密だ(笑)。

学士会館
本日の遠足のスタート地点、学士会館は地下鉄神保町駅のA9出口から出るとすぐ目の前である。神保町駅になんとか11時28分に到着、まだ許容範囲??と思いつつA9出口に向かう……が、A9出口まで遠いよ! 歩いても歩いても辿りつかないっ、結局走って5分かかっちまって大遅刻(泣)。この日は11時20分集合、11時30分受付、ドラマ「ハゲタカ」第6話、あけぼの光学設立会見場場面として使われた学士会館の203号室を見せていただき、12時に学士会館内の「紅楼夢」という中華レストランで昼食という算段だったが、遅刻がわかった時点で学士会館の担当者の方にメールで「遅れますので先に来ているメンバーが希望するようだったら先に203号室に案内して下さるようお願いします」と連絡していたが、結局11時35分にやっと到着、時間通り先に来て談話室でご歓談をしていた真面目な廃人の皆様と合流し(みんな、本当にすまんかったーーー)、何事もなかったかのように(笑)早速203号室を見せていただく。

学士会館201号室のシャンデリア 学士会館203号室入口
学士会館203号室 学士会館203号室
学士会館は1928年に建てられた築83年の年代物の建物で、外から見てもひじょーーに歴史を感じさせる建物である。数日前に近くに寄ったときにチラ見した時はそのあまりにも昭和感溢れるたたずまいに、ちっくと覚悟していたのだが……建物の中は明るく、家具・調度・照明も古いというよりは歴史を感じさせる非常に趣のある雰囲気満点のスペースだった。

ドラマ内であけぼの光学設立記者会見場となった203号室は、入口のステンドグラスのドアも年期を感じさせるものだったが、中は思ったよりも広さを感じない。「ドラマ場面の方がずっと広そうに見えるねえ」「ドラマのカメラのせい?」「ドラマと椅子が同じだ」「大賀社長と芝野が握手してたステージ~」「ここで鷲津(大森南朋)が立ってたんだよね」「芝野(柴田恭兵)がラブコールしてたのに聞かずに出てちゃって」とか言っていたら、部屋担当の方が「201号室の方はNHK大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)や映画「SP」(2011年)で使われました」とおっしゃるので廃人某嬢などは飛び上がっていましたよ(笑)。そしてそちらも見せていただけるということで「今日はのっけから濃い遠足になったね」とわしらほくほくですよ。

学士会館201号室
「龍馬伝」第1話で岩崎弥太郎(香川照之)がパーティを開いていた会場がここかあ。ここもテレビの方がずっと広く見える。遠足準備編でも書いたが、ずっとメールのやりとりをしていた学士会館の広報担当のAさんによると、ドラマ「ハゲタカ」撮影はドラマ場面で実際に映された203号室だけでなく、201号室でも撮影したという記録が残っていたそうで、土曜日の午前中ならどちらも見学出来ますよと言って下さっていたのだが、私がドラマに映ってないからいいやと、203号室だけ見せていただく事にしていたのである。でもあの「龍馬伝」のロケ地を見ることができてやっぱりよかったかも。なお、他の部屋もドラマ「メイちゃんの執事」(2009年、フジテレビ)などの撮影で使われたそうだが、その「メイちゃんの執事」の出演者・向井理萌えのnanakoさんの反応は実にあっさりとしたものだった(笑)。

ぶるーさんが持って来てくれた中国紙幣(本物) むぎこがしさんが持って来てくれた紙銭資料
さて目的の部屋も十分に堪能したので、学士会館内の中華レストラン「紅楼夢」で昼食に。オープンスペースでもなく個室でもない、半個室というスペースをお願いしていたのだが、ここでも例によってわしらハゲタカトーク炸裂。たまにハッと我に返って(笑)オープンスペースの方を見てみたが13時以降はあまり他のお客様もいらっしゃらなかったから、、、いいよね?(いいのか!?)。

ここでは真面目な研究肌の廃人・ぶるーさんが本物の中国紙幣を持って来てみせてくれたのである(写真左)。先日映画「ハゲタカ」の中で使われていた紙銭についてちょこっと記事を書いたが(6月3日「「紙銭」の世界?」)、やっぱり映画の中で使われた紙銭は実物と本当によく似ている。そしてむぎこがしさんは前日に駒沢大学で開催された禅文化歴史博物館セミナー「紙銭の世界」を聴講してきたそうで、なんとその時の資料をいただいたのである。ありがとうございます。二人とも、「クソがつくくらい、真面目だ」by 鷲津政彦(笑)。

鳩山会館への道 芝野が立っていた庭への入口(鳩山会館)
14時、お会計を済ませて次のロケ地・鳩山会館へ。ここはドラマ第2話の大河内瑞恵(富士真奈美)邸として使われた場所である。あらかじめ地図を見てGoogleストリートビューでチェックしたら、音羽通りに面した入口の門からすぐに坂道になっていたので覚悟していたのであるが……(かつては)個人の邸宅だったのに、舗装してあるとはいえ東京のど真ん中でこんな山道をずんずん登っていかなきゃいけないのかYO! むぎこがしさんが言っていたが本当に「車で来ることしか想定してない道」である。そしてやっと建物にたどり着くと芝野が立ち尽くしていた庭への入口のすぐ横には狸の置物が。庭園内には鳩山一郎像とか鳩山和夫・春子像とかあるのにまず、一番最初ににお出迎えしてくれるのがこの狸。一体、誰の趣味なんだ(笑)

「鷲津ぅ!」と芝野が呼び止めた車寄せ(鳩山会館) 鷲津が昇って来た階段(鳩山会館)
写真左・芝野が「鷲津ぅ!」と呼び止めた車寄せ、写真右・鷲津がずんずん登ってきていた入口階段。階段をのぼると左手に受付があり、入館料500円也。スタッフの方に「2階からご覧になって下さい」と言われて一応形ばかりに2階に上るが、わしらの目的は鷲津が乗り込んで来た1階の応接間だけじゃい(笑)。

大河内一族が座っていた応接間(鳩山会館) 大河内一族が座っていた応接間(鳩山会館)
大河内一族が座っていた応接間(鳩山会館) 大河内一族が座っていた応接間(鳩山会館)
そして目的地1階の応接間で、写真をみながら、「鷲津がこうこっちのドアから入って来て」「こっちが大河内社長が立っていたサンルームだよね」「ここが伸彰の席」「やだ、馬鹿がうつる」などと現場検証(笑)。

鳩山会館全景 鳩山会館の庭
炎天下、サンデートイズの社員が草むしりをしていた芝生はそれほど広くはない(庭園自体は結構広いんだろうけど)。「ここもやっぱりドラマだと広く見えますね」「あんなに草むしり要員、いる?」「草むしり要員があんだけいたって事は、撮影スタッフはその倍以上いたってことだよね。この場所、無茶苦茶混んでたんじゃないのか?」「ドラマではこの銅像、全然映り込んでないですよね」「そういえばそうだ」「もしかしてCG加工したとか?」などとここでも現場検証(笑)。

鳩山会館の薔薇 鳩山会館の紫陽花
薔薇が一押しの鳩山会館だが6月中旬じゃあもう薔薇はないだろとか思ってたのだが、まだまだ咲いている薔薇がありましたよ。ちなみに他の皆様によれば「ピース」という品種の薔薇がやたらと沢山あったそうで「やっぱり「友愛」だから?」との言葉に、「なるほど」と今更気がつく私だ。

この庭では「この木の位置からすると芝野さんが立っていたのって、こっちの方じゃありません?」「いや、だって(開け閉め出来る)門の形になっているのはここだけだから、やっぱりこの扉のところに立ってたんじゃない? 他の場所だと前の草木が塞いでいて庭の草むしり要員の姿も見えにくいし」「じゃ、やっぱり狸のすぐ横か」などと芝野の立ち位置もチェックし、さらに車寄せの前は鷲津の車が一台停められるぐらいの広さしかないから「芝野さんは車じゃなくて歩きですよね。この坂を上って来たんですね」「サラリーマンだから」「エリートコースなのに?」などと勝手な事を言いつつ、鳩山会館大河内邸を後にする。

アカマ自動車本社ビル
次の目的地はアカマ自動車本社ビル(富士ソフト アキバプラザ)。しかしここはまだ中に入る算段は出来ていないために外からガン見するのみ。場所はJR秋葉原駅の山手線ホームの上野寄りの一番端っこである。ここに7人もの妙齢の女性(笑)が集まって何やら覗き込んでいる様に「もしかして、私たち、鉄っちゃんに見えたりしますかね?」「鉄ちゃんにしては肝心の電車を見てないけどね」「乗り鉄とか撮り鉄じゃなくてホーム萌えとか思われてたり?」「あのビルのどこらへんですかね」「映画の鷲津と芝野が座っている場面から、あのクロスフィールドって文字のビルが見えているから、やっぱりあそこらへんだよね」「由香ちゃんが立っていたのはどこらへんですかね」「由香ちゃんの後ろを京浜東北線が走っていたから、このビルの位置からいってもこの線路の向こう側の道路?」「なんとか入れないんですか?」「レンタルスペースですから平日なら大丈夫だと思うけど」と、次の計画も練ってみるわしら(笑)。

そしてお次は映画公開2周年記念っつーことで、映画「ハゲタカ」のDVD鑑賞会である。場所はカラオケスペース・パセラ秋葉原電気街店。なぜ秋葉原にしたかといえば、「おまえは誰なんだ」駐車場(丸の内鍛冶駐車場)や鷲津の常宿フォーシーズンズホテルがある東京駅に近いからというのと、他の店では5、6人程度だと個室のモニタが小さめになってしまうのだが、さすが秋葉原店はオタクの聖地だけあってモニタサイズが割と大きめなのである。しかも入ってみると部屋が広い! ぶるーさんが帰宅されたので6人で部屋を借りたのだが、軽く10人以上は入れる広さである。今までパセラは渋谷店と上野店を利用したがどちらも部屋の広さは利用人数ギリギリの広さしかなかったので、ちとびっくりだ。しかもブルーレイディスク再生機もあって、「ちくしょーー、ブルーレイの鷲津を持ってくればよかったーーー!」と悔やむ私に、「だってここは秋葉原ですよ」と口々に言う皆様。パセラを始めとしてカラオケバーには何軒か問合せをしたが、ブルーレイディスク再生機はまだ完備されていない事が多いために、今回もDVDしか持ってこなかったのだ。不覚。ここはすごく空いている時間帯に一人で来てでかいモニタのブルーレイで青い鷲津政彦を徹底的に見てみようと心に誓う(2010年4月28日「青い鷲津政彦は美しかったか?解読編その1」、2010年9月20日「青い鷲津政彦は美しかったか?解読編その2(解読してねーけど)」)。

広めの部屋、ブルーレイディスク再生機(再生したのはDVDだけど)、大きめのモニタ(52インチ)と、ここはなかなかいいですよ。ソフトを再生機にセットしていよいよ映画「ハゲタカ」鑑賞。もちろんわしらがおとなしくみるはずもなく、愛はあってもずっとつっこみぱなしである。高良健吾はいいといいながらも守山(高良健吾)のシーンになると「ここ、飛ばして」「映画館でもこのシーンは寝ちゃってたな」「ここカットすればライオンソース場面を入れることができたのにーーー」「ライオンソース場面なんて1分じゃん、絶対削っちゃだめだったよね」と大ブーイングである。しかしここで一番記憶に残っている会話は鷲津のハゲ問題である(笑)。

「鷲津、やっぱりキてますよね。どうしてみんな言わないのかなあ」
「私は前々から鷲津はハゲでデブでジジィって言ってるよ」
「もっとディテールを言わないと」
「鷲津のこの場面のここがキテる、って? nanakoさん、いつもかなり鷲津のハゲ状況を厳しくチェックするよね。本当はハゲ専なんじゃないの~?(笑)」
「違いますよ! もう、早く次の「ハゲタカ」作ってくれないとハゲの鷲津になっちゃうじゃないですか」
「私は鷲津はハゲでも全然OKだが」
「えーーー、皆さん、鷲津がハゲたらどうですかあ?」
「えーー、ハゲたら鷲津さんじゃないーー!」
「ヅラかぶるから大丈夫じゃないですか?」
「ハゲ鷲津はいいけどヅラ鷲津はなんかやだな」
「鷲津さんはヅラじゃないですよ、あの髪型のままなんですから」
「あ、そっか、鷲津がヅラなんじゃなくて、大森南朋がヅラなのか」

……えー、全国一億人の大森南朋ファンの皆さん、すみません。次の「ハゲタカ」の時にヅラかぶってても文句言いませんから許して(笑)。

途中、隣の部屋の利用者の音量が無茶苦茶でかくて映画を見るどころではなかったために部屋をチェンジしてもらい(チェンジした部屋も10人以上は入れる広めの部屋だった)予定より30分遅れて20時にDVD鑑賞会終了。時間があればマンダリン通り抜けをする予定だったがないので、まずとりあえず秋葉原で夕飯を食って最終目的地・「おまえは誰なんだ」駐車場(丸の内鍛冶駐車場)へ。

丸の内鍛冶駐車場 丸の内鍛冶駐車場
ところが駐車場は節電モードなのか不景気なのか、今までいつ来ても観光バス等が停まっていて背後のビルの電気もそこそこついていたのに、この日は真っ暗だったのである。ビックリ。震災の影響がこんなところにも出ていたとは。ここでしみじみとして、次の「ハゲタカ」を実現させなくてわ!と皆で誓い、本日の大人の遠足終了。

いやー、面白かった。やっぱり廃人な皆様といると時間が経つのが早いな。皆様本当におつきあいいただきありがとうございました。次の遠足は私の同人誌の原稿が終り次第、、、、って、それがいつになるか全く見えない今日この頃、たすけてドラえもーーーん(泣)。

*映画「ハゲタカ」のロケ地情報はmixi映画「ハゲタカ」コミュのロケ地情報を、ドラマ「ハゲタカ」のロケ地情報は全国ロケ地ガイドの情報他を参照させていただいています。ありがとうございました。
追記(2011/6/18):
携帯で見ると本文の一部が表示されてませんでした(203号室見学のくだり)。なんだろう?と思って試しに記事ソースのコメントアウトタグ(記事本文には表示させないけど、注記事項を入れたり、自分の記録用に文章や写真を残しておくために使う)で囲んでおいた写真を削除したら、私の携帯(auの普通の携帯(笑))では見られるようになりました。今まではコメントアウトしても普通に携帯で見られたんだがなー。一体なんだろう。FCブログサポートサイドのスマホ対応の一環で何か変わったのかなー。

そんなわけでもしかすると携帯で見ると、あちこちの記事でコメントアウトしてある部分の前後の記事本文が見えなくなっているかもしれん。orz いちいちコメントアウトタグを取り除けばいいんだろうけど、今、そんな時間ないんじゃー(泣)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
tsumireさん、レポートありがとう。

学士会館、画像で見る限りでは古いという感じはしなくて、クラシックな雰囲気だね。それにしても、「龍馬伝」でも使われていたとは全く気づきませんでしたよ。(「ハゲタカ」ではラブコールだったけど、「龍馬伝」では大っ嫌いっ!宣言だったわね)

>ハッと我に返って(笑)

我に返ったところで、皆様その「我」が100%廃人だからねぇ………

鳩山会館の狸、ありえないわぁ。一体いつから置かれているんだろうか。
草むしりさせられたサンデーの社員がその腹いせに、「この狸親父め!」(親父じゃないけど)と置いていったとか?
柴田恭兵、すげーな。こんな大きな狸ににみつめられながらあの芝居が出来たんだもんね。やっぱくそがつくくらい真面目な人は違うな。

>7人もの妙齢の女性(笑)が集まって何やら覗き込んでいる様

鉄っちゃんに失礼つーか、もっと怪しいと思うな、その面々でその行動は。ビョーニンオーラがたんまり出てたと思うぞ。でも見てみたいねー、あそこの椅子に座っているじじむさい鷲津………(はぁぁ~)

>一人で来てでかいモニタのブルーレイで青い鷲津政彦を徹底的に見てみようと心に誓う

ふふふ、今更ながらは・い・じ・ん。
さぞかしその時には顔が思いっきりにやけていることでしょう(笑)

鷲津の「ヅラ」「ハゲ」問題については以前から言ってる通り、ヅラ→OK ハゲ→×なわたしだけど、問題は大森南朋が「ハゲタカ 2」の役作りに際して、例の「貫禄」をまたまたつけようと思った場合、どこにポイントを持ってくるかなんだよね。髪型のことはスルーしてくれますように。(あとヒゲもいやーー!)

>本日の大人の遠足終了。

この言い方、合ってるか?どこをどう見ても子供以下なんですけどぉ。特にミーハー度が。(あ、でも、金の使いっぷりが大人か)

しっかし、このコメントの端々に参加できなかったわたしのひがみが滲み出てるわぁ。皆様、ごめんなさい。地方在住人を憐れと思って、大目に見てつかぁさい。

tsumireさん、忙しい中、今回もレポートありがとう。いつかわたしも皆様と一緒に「中くらいの鷲津」を鑑賞をしたいです。(もちろん「でかい鷲津」なら言うことないんだけど(泣))

そんじゃ引越しと原稿、頑張ってね。「廃人日記 2」、心よりお待ち申し上げております。


2011/06/16(Thu) 10:14 | URL | suika | 【編集
先日はありがとうございました。いっつもtsumireさんにおんぶにだっこになってしまい、お忙しいのにいろいろセッティングしてくださり、ありがとうございました。

>慌てて家を飛び出して皆様に「遅刻します!」との連絡ですよ

すまんっす(^^ゞ
私も思いっきり遅刻しました。集合時間にまだ電車に乗ってました。

>201号室の方はNHK大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)や映画「SP」(2011年)で使われました」

よく考えたら、201号室みてなかったヨ(あちゃぁ~~)
談話室ってのがわからなくてウロウロしてたら、皆さんがやってきたんで。
まぁ、203号室が堪能できたからいいか。
担当の方は「SP」のロケ話一生懸命話されてましたね(笑)
いくらそこで働いてても、ロケもいっぱいやってたら、いちいち覚えてないよね(汗)

とりあえず鷲津立ち位置に立って、内心ニヤニヤしてました。

>真面目な研究肌の廃人・ぶるーさん

し、知らなかった(笑)
私はてっきり廃人初心者だと…
むぎこがしさんの紙銭の話とかきいて思ったんですが、そんなややこしい紙銭をわざわざ中国現地(どこの現地かわからんが)に行って購入したんですかね?
なんだかえらいハイリスクなような…
(一歩間違えると捕まるとか…物騒だ)
でもさ、本物と見比べてもよく似てるんだよね。あぁ、あの紙銭がほしい(←しつこい)

>わしらの目的は鷲津が乗り込んで来た1階の応接間だけじゃい

朝、大雨だったから鳩山会館の坂道がどうなるやらと思ってたんだが、学士会館出るころには雨がやんでてラッキーでした。
さすがというか、やっぱり「ハゲタカの神」(なぜか変換が髪に…笑)はいたんですね。
でもえらく蒸し暑かったけど。
庭も部屋の中も、すんごく狭く感じるのは、カメラのせいかなぁ。劉一華記念公園も最初見たときは「せまっ!」と思ったもんな。
そういえばコメンタリーで「ここ(公園)はすごいチープな場所だよね」みたいなこと言ってるのは大友さん?

>次の目的地はアカマ自動車本社ビル

あんな人通りが激しいとこで、よってたかってなにガン見してるんだろうって思われてたよね(笑)

ところでnanakoさんと検証してたんですが、鷲津&芝野のシーンは、ビルのカーブしてるとこじゃなくて、線路と平行になってる部分ですかね。
高架を走ってる電車が映ってることを考えると4~5階ぐらい?
と思ってHPをみたら、やっぱり4階でした。
あの螺旋階段は室内にあるのかな?

>映画「ハゲタカ」のDVD鑑賞会

私は早退したんですが、なんだかいかにも「アキバ」なお店でしたね。コスプレ衣装までおいてるし(笑)
あれ着て熱唱するんすかね?

>鷲津のハゲ問題である

2周年記念なんだけど、最終的にはやっぱ、そこにたどり着くんスね(笑)
大森南朋はやはり「ハゲタカ」でおでこ出し過ぎたから、他の作品では前髪…(以下略)

>この日は真っ暗だったのである。ビックリ

移動している間の地下鉄の駅もあちこち暗かったですねぇ。
暗いとまた雰囲気が違っちゃいますね。

>次の遠足は

Mackyさんが「次は8月だから」と決めてましたョ(笑)
2011/06/16(Thu) 15:51 | URL | ぶるー | 【編集
>映画「SP」(2011年)で使われました」とおっしゃるので廃人某嬢などは飛び上がっていましたよ

飛び上がってクルリとその場で1周してしまいましたよ。

映画「SP」公式ツイッターでも確認出来ます。

http://twitter.com/SP_movie/status/80210730363781120

撮影の裏側を聞くに付け
細切れ撮影されてる演者さん達
本当に大変だなぁ。と

次はドコに行きましょうか?

裁判所(特に上野)とか
教会とか
西之屋とか

なにはともあれ
私を含め個性的な
(一筋縄ではいかない)
廃人面々を引率してくださって
ありがとうございました。

またの機会をお待ちしております。
2011/06/16(Thu) 19:51 | URL | 飛び跳ねてた廃人某嬢 | 【編集
廃人遠足レポートを見る度に私も参加したくなります…
でも私はまだまだ廃人度が足りないと思われるので勉強し直してから参加ですね(笑)

そんな私ですが、気持ちだけは廃人見習いなので授業でプレゼンテーションをするのですが、「買収防衛策」にする予定です。
地元の紹介や部活の紹介が目立つ中、まさかの理系クラスで企業買収(笑)
テーマ投稿時から目立っております☆
そんな突っ込んだ話はしませんけどね(「できない」が正しいw)

8月に愛知に行くと少し前に書きましたが、なんと現地解散であることがわかりました♪
東京に寄って是非廃人遠足ごっこをやりたいのですが…まだ予定が立たずになんとも^^;
廃人の皆さんは帰省中でしょうか?
(変換すると寄生虫と表示され、ある意味ハゲタカっ!!ってなりましたw)

とにかく私の方のレポートが終わらずうなだれていますorz
2011/06/17(Fri) 00:21 | URL | Akane | 【編集
おはようございます tsumireさん

今朝は隣の建物が見えなくなる程の
濃い霧でビックリしました。
雨はともかく湿気がスゴいので
関節のことがそろそろ気になるお年頃なので
こまりますわー。

先週末は引率有難うございました。

やはり自習・独学よりも格段に
面白うございました。皆様とおバカな
もとい含蓄のある会話を楽しみながら
そぞろ歩くのも格別でございます。

>>紙銭の…

「悪かったな」(by芝野センパイ)

うふふ、久しぶりに学生気分が味わえて
良かったです。でもセミナーは平均年令は
確実に50才台でしょう。

>>「ピース」という薔薇が多い

それは鳩山一郎先生が一番お好みだった
薔薇だからでございます。
後はクイーン・エリザベスとかも
先月は多かったです。
今度は秋バラのシーズンに再訪問したいです。


ぶるーさん

本物の人民元紙幣有難うございました。
やっぱり実際に手にとってみると
色々と感じますね。手触りとか結構
ざらついていたような…。
紙銭を燃やすシーンは台湾で撮影した
とはずなので多分中国本土とはまた
少し事情が違うのかもしれませんね。

あの紙銭欲しいですよね~。

映画の試写会とかでまかれたという
噂の「鷲津万札」よりもある意味貴重?


>>美冬さん

そんなことおっしゃらずに次回は

「ご一緒にいかがですか?」

とお誘いしてみたりして♪
もちろん執事どのとご一緒でも
また面白いのでは?
あ、そうするとカミングアウトしなくっちゃ
いけないんでしたっけ。
むー、ぜひとも何度も着たとおっしゃるフォーシーズンの
バスローブの着心地をお伺いしたいです。
ね、tsumireさん。(勝手に勧誘してすみません)



2011/06/17(Fri) 10:28 | URL | むぎこがし | 【編集
う…うらやましい。なんてド迫力実録「大人の遠足」私も東京に住んでいたら皆様の後姿を鋭角2等辺三角形の歩きでひっそり付いていけたかもしれないのに~~無念。
あ!下線の意味説明しときます。ドラマで鷲津の正三角形になる歩き方に惚れ込んでマネして歩く練習したんですけど、どうしても正三角形にはならないの(当たり前ですよね。バカです)でも、現在も修行中なのだ。
いつか、皆様と一緒に大きい鷲津を観ながら、あんなことやらこんなことやら話してみたいです。
2011/06/17(Fri) 16:20 | URL | み~や | 【編集
>学士会館、画像で見る限りでは古いという感じはしなくて、クラシックな雰囲気だね。

外側だけみると結構昭和の生き残り感がビシビシ漂う建物なんだけどね、中は実に趣のある雰囲気でございました。ドラマや映画で使われるのも納得の場所でしたわ。

>それにしても、「龍馬伝」でも使われていたとは全く気づきませんでしたよ。

ま、「ハゲタカ」撮影の203号室はすっきりした部屋だったけど、「龍馬伝」撮影の201号室は真ん中にバルコニーまであって、結構弥太郎にはぴったりな部屋だったかも。でもドラマではこの部屋もすごく広く見えたんだけど実際は(広いっちゃあ広いけど)それほどでもなかったなー。

>我に返ったところで、皆様その「我」が100%廃人だからねぇ………

ほほほ、廃人の沼は深くて広く、ちょっと息継ぎに地上に浮上したと思ってもそれほど浮上はしてなかったのねー。

>鳩山会館の狸、ありえないわぁ。一体いつから置かれているんだろうか。

またね、表情がいいんだよ、この狸。こんなのに見つめられたら脱力だよ。柴田恭兵もホント、役者さんよね。

>鉄っちゃんに失礼つーか、もっと怪しいと思うな、その面々でその行動は。

平均的鉄ちゃん像からもかなり外れているしね。何見てるんだかさっぱりわからなかったと思うし、わかった所で意味不明だったろうし。

>でも見てみたいねー、あそこの椅子に座っているじじむさい鷲津………(はぁぁ~)

ほんとうだねぇ……(はぁぁ~)。

>問題は大森南朋が「ハゲタカ 2」の役作りに際して、例の「貫禄」をまたまたつけようと思った場合、どこにポイントを持ってくるかなんだよね。

まさかいくらなんでも「貫禄」つけるためにハゲになることはないんじゃないのか。少なくともあの前髪の下ろし方からして本人はかなり気にしているはずだし。そして前回の「貫禄」付けが失敗だったのは本人も自覚しているはずだから増量はないんじゃないのかなあ。

>この言い方、合ってるか?どこをどう見ても子供以下なんですけどぉ。

ほほほ、自覚的バカをやれるところがオトナのいいところざます(笑)。

>いつかわたしも皆様と一緒に「中くらいの鷲津」を鑑賞をしたいです。

じゃ、夏コミが終ったら「鷲津政彦神経衰弱全国大会」を開催するから心の準備をしておくように!(本当家よ)。

>そんじゃ引越しと原稿、頑張ってね。「廃人日記 2」、心よりお待ち申し上げております。

あーりーがーとーーーーー(泣)。何もかも全然全然進んどらん(とほほ)。
2011/06/19(Sun) 22:43 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
こちらこそ、当日になるまで全部のスケジュールが決められずご心配おかけしましたが、おつきあいいただき本当にありがとうございました。

>私も思いっきり遅刻しました。集合時間にまだ電車に乗ってました。

まあぶるーさんは遠くからいらしているので仕方がないですよ。その点は私は都内でしかも幹事……。

>担当の方は「SP」のロケ話一生懸命話されてましたね(笑)
>いくらそこで働いてても、ロケもいっぱいやってたら、いちいち覚えてないよね(汗)

結構色々ロケやっているって言ってましたもんね。私は「映画やドラマの場面に映ることはないんですか?」って聞いちゃったよ。そしたら当たり前だけど、場面のための準備はしても本物のスタッフがドラマや映画の中のスタッフとして映り込むことはないとのこと。

>>真面目な研究肌の廃人・ぶるーさん
>私はてっきり廃人初心者だと…

えーーー、いつも初心者とは探求ぶりなんですけど(笑)。

>むぎこがしさんの紙銭の話とかきいて思ったんですが、そんなややこしい紙銭をわざわざ中国現地(どこの現地かわからんが)に行って購入したんですかね?

ま、ロケ地の台湾で購入したんでしょうけど、あれ、物語の内容からいっても本物っぽくないといけないと思うしね。

>でもさ、本物と見比べてもよく似てるんだよね。あぁ、あの紙銭がほしい(←しつこい)

手に入ったら来年の春の遠足の時にでも燃やしたいけど、もったいなくてそんなことできないわね。

>さすがというか、やっぱり「ハゲタカの神」(なぜか変換が髪に…笑)はいたんですね。

ふふふ、わしらには「ハゲタカの神」がついているのよ~。

>そういえばコメンタリーで「ここ(公園)はすごいチープな場所だよね」みたいなこと言ってるのは大友さん?

もう、また聞き返しちゃったよ、クソ忙しいのに(笑)。言っていたのは玉鉄だったよ。「結構、ここ、チープな場所じゃないですか」って言ってる。やっぱコメンタリ、面白いよね。

>鷲津&芝野のシーンは、ビルのカーブしてるとこじゃなくて、線路と平行になってる部分ですかね。

ここだと思われ。
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/20110622ap_map_l.gif

向かい側の秋葉原クロスフィールドのロゴがばっちり見えているので平行部分だと思う。

>あの螺旋階段は室内にあるのかな?

うーん、映画本編とメイキングを見る限りでは室内っぽいねえ。富士ソフトのウェブページの写真では受付・ラウンジ以外の場所ならパノラマビューがあるから検証出来るんだけど、あのラウンジのパノラマビューがないんだよなあ。残念。

>コスプレ衣装までおいてるし(笑)
>あれ着て熱唱するんすかね?

罰ゲーム説もあり(笑)。

>鷲津のハゲ問題である

2周年記念なんだけど、最終的にはやっぱ、そこにたどり着くんスね(笑)
大森南朋はやはり「ハゲタカ」でおでこ出し過ぎたから、他の作品では前髪…(以下略)

>>次の遠足は
>Mackyさんが「次は8月だから」と決めてましたョ(笑)

ふふふ。ふふ……そのころ、私、ちゃんと原稿描けてるのかなあ……(遠い目)。
2011/06/19(Sun) 23:42 | URL | tsumire→ぶるーさん | 【編集
>飛び上がってクルリとその場で1周してしまいましたよ。

とてもとても喜んでらっしゃったご様子で、今、旬の萌えなのねぇと実感致しました(笑)。

>撮影の裏側を聞くに付け
>細切れ撮影されてる演者さん達
>本当に大変だなぁ。と

ふーん。でも「SP」なら「アマルフィ」や「アンダルシア」よりは大変でも演じがいがありそうな(略

>次はドコに行きましょうか?

教会っすかねぇ。西乃屋が一番みたいところだが。

>廃人面々を引率してくださって
>ありがとうございました。

こちらこそ、いつも某嬢には背中を押していただいているので、色々お馬鹿な事もできるのでございます(あれ? これって、ホメてる?(笑))。これからもよろしくお願い致します(ペコリ)。
2011/06/19(Sun) 23:49 | URL | tsumire→廃人某嬢 | 【編集
>でも私はまだまだ廃人度が足りないと思われるので勉強し直してから参加ですね(笑)

でも他のお嬢さんに比べたら格段に廃人度数が高いですからね(笑)。

>そんな私ですが、気持ちだけは廃人見習いなので授業でプレゼンテーションをするのですが、「買収防衛策」にする予定です。

おお、面白そうじゃないですか。ここは一つ、ライオンソース裁判の元ネタのブルドックソース裁判もちっくと取り上げていただきたい所です。

>まさかの理系クラスで企業買収(笑)
>テーマ投稿時から目立っております☆

Akaneさんのそのプレゼン、是非とも聞いてみたい所です。

そんな突っ込んだ話はしませんけどね(「できない」が正しいw)

>東京に寄って是非廃人遠足ごっこをやりたいのですが…まだ予定が立たずになんとも^^;
>廃人の皆さんは帰省中でしょうか?

私は今年の夏は仕事のスケジュールの都合で休める日が飛び飛びになるので、多分帰省しないと思うなあ。なので東京に立寄の際はご連絡くださいよ(弊ブログ右柱のメールフォームよりご連絡下され)。ご希望の場所にご案内できますぜ(って、私もまだ行ってないところが結構あるが)。Akaneさん上京記念遠足ですよ。

>とにかく私の方のレポートが終わらずうなだれていますorz

ご健闘をお祈りしています~。私も引っ越し準備で頑張ってますが……全然すすんでません(泣)。
2011/06/19(Sun) 23:58 | URL | tsumire→Akaneさん | 【編集
>濃い霧でビックリしました。

なんか東京じゃなくてロンドンあたりのような白っぽさでしたね。

>雨はともかく湿気がスゴいので
>関節のことがそろそろ気になるお年頃なので

どうかお大事に~。そして至らぬ幹事で申し訳ござらん(←何人?)。

>うふふ、久しぶりに学生気分が味わえて
>良かったです。

紙銭セミナーの方は実りある内容だったようですね。私も時間があれば聞きに行きたかったですが。でもむぎこがしさんから資料までいただいて、本当にありがとうございました。

>>「ピース」という薔薇が多い
>それは鳩山一郎先生が一番お好みだった
>薔薇だからでございます。

へー。やはり「友愛」だから? 

>あの紙銭欲しいですよね~。

なんとか入手したいもんですね。

>>美冬さん
>「ご一緒にいかがですか?」
>とお誘いしてみたりして♪
>ね、tsumireさん。(勝手に勧誘してすみません)

美冬さんはねー、毎回お誘いしているんですがね、つれないんですよ(笑)。まあちょっと仲間入りするにはあまりにもおバカなのが確かなので(てへっ)、二の足踏むのも仕方がないんですが。でもねー、皆でやるバカは楽しいのよ~~(笑)。だから美冬さん、そのうちつきあってね♡
2011/06/20(Mon) 00:10 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>う…うらやましい。なんてド迫力実録「大人の遠足」私も東京に住んでいたら皆様の後姿を鋭角2等辺三角形の歩きでひっそり付いていけたかもしれないのに~~無念。

しかし、バカになりきれないといけないんですよ(笑)。なまじ理性があるとこの廃人道にちょっと踏み出せない。

>あ!下線の意味説明しときます。ドラマで鷲津の正三角形になる歩き方に惚れ込んでマネして歩く練習したんですけど、どうしても正三角形にはならないの(当たり前ですよね。バカです)でも、現在も修行中なのだ。

わかります。あのスタスタ歩きはいいですよね。一昨年「笑う警官」の出演者挨拶付き上映会の時に生大森南朋を見ましたが、目の前で鷲津と同じスタスタ歩きをやってたんですよ。私は大森南朋には全く萌えないんですが、あれはかっこよかった。でも鷲津は(っつーか、大森南朋は)足が長いから正三角形よりは二等辺三角形のような気も。

>いつか、皆様と一緒に大きい鷲津を観ながら、あんなことやらこんなことやら話してみたいです。

ふふふ、その時は一緒にバカやりましょう~。
2011/06/20(Mon) 00:21 | URL | tsumire→み~やさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
1 :れいおφ ★:2012/05/23(水) 18:43:25.03 ID:???0 「捨て石になっても澤瀉屋(おもだかや)(市川猿之助一門の屋号)の血を息子につなげたい」――。先日、マスコミの取材会でこう語ったの
2012/05/24(Thu) 02:03:21 |  【豆β】芸スポ速報+