もちろん、まだ杓文字もワインオープナーも見つかってない毎日です(とほほ)。同じ所にしまってあったキッチン鋏と泡立て器もまだ発掘されていない。変だなあ、こうなったら絶対あるはずのない場所に埋まっているんだろうけど。ちなみに現在の引越荷物開梱率は30%ってところかなあ。台所部分90%、洗面所・トイレ100%、居間50%、家族の部屋50%、魔窟3%ってところだ(笑)。

さて7月ドラマもどんどん始まってますね。見られたら見てますが、うーむ……。

7月4日、月8TBS、「水戸黄門 第43部」(色々省略、出演・里見浩太朗、的場浩司、東幹久、松浦亜弥、雛形あきこ他)。もちろん見てないですが、先日「水戸黄門終了のお知らせ」がありましたね。黄門様の42年の旅に幕だそうで。42年もやってたのかーー。そりゃ私が子どもの頃からやっていたはずだわ。で、視聴率が低いから仕方がないそうですけど、このドラマってそんなに視聴率が関係するドラマと思ってなかったよ。いつも同じ内容でお決まりの展開でおなじみのカタルシスでそれでいいじゃん、ってドラマだと思っていたんだけど。中身も確かに前よりもつまらないように思うけど、でもそれはただ単に私がこのドラマについてけないだけかと思ってたんだが。それでも私がチラとでも「水戸黄門」を見なくなったのは、フィルム画面(映画っぽい質感の画面)からビデオ映像画面?(ホームドラマっぽい質感の画面)に切り替わった時点で「違う!」と思ってみなくなったんだったなあ。

7月11日、月9フジ、「全開ガール」、(脚本・吉田智子、P・若松央樹、演出・武内英樹、出演・新垣結衣、錦戸亮、平山浩行、高木星来、谷花音、蓮佛美沙子、鈴木亮平、 佐藤二朗、青山倫子、皆藤愛子、荒川良々、竹内力、薬師丸ひろ子他)。この間残業して帰宅しテレビを入れたら丁度第1回の終りかけのところだったんですが、そこに子どもが来てチャンネルを変えたので結局見ずじまい。翌日同僚に聞いてみた所、「ガッキーの子どもの頃の貧乏さ加減があり得ない」「あの貧乏描写は昭和だが、ガッキーが子どもの頃ってほんの数年前じゃないのか」とのことだ。どういう貧乏描写だったのかだけ気になる(笑)。

7月12日、火9フジ、「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」(脚本・酒井雅秋、P・森安彩、貸川聡子、演出・村上正典、出演・上戸彩、宮迫博之、山口紗弥加、丸山智己、木村了、中原丈雄、杉本哲太、北大路欣也他)。この間「チームバチスタ」を見ようと思ってフジを入れたら、延長戦だったのでまだやっていて目に入ったんだけど……前作を見てないのでわかってないんだけど、このドラマって「外事警察」を目指しているのか??

7月12日、火10フジ、「チームバチスタ3~アリアドネの弾丸~」(原作・海堂尊、脚本・後藤法子、P・豊福陽子他、演出・今井和久、小松隆志、星野和成、出演・伊藤淳史、仲村トオル、小西真奈美、福士誠治、市川知宏、中村靖日、名取裕子、林隆三、利重剛、安田顕、尾美としのり、高橋克典他)。普通に面白かったです。少なくとも第1回はテンポがよくて説明的な場面もそうとは思わせずにちゃんと読者にわからせてくれていたし、何よりもキャラが立っているのでそこがまた楽しめます。でもなー、対立するグループの対立ぶりが絵に描いたようっつーか、ステレオタイプっつーかさ、みんな大人なんだからさーとか(笑)思いました。前作も第1回は面白かったけど、第2回以降のテンポが悪くて見なくなっちゃったことを思えばまだわかんないなあ(←エラソー)。

7月6日、水10日テレ、「ブルドクター」(脚本・橋部敦子、P・戸田一也、上野尚偉、演出・久保田充、長沼誠、本間美由紀、出演・江角マキコ、石原さとみ、稲垣吾郎、志田未来、ブラザートム、池田成志、阿南健治、マギー、市川亀治郎、市毛良枝、小日向文世他)。これもありきたりな描写と展開なんだけど安心して見られるドラマかも。でも江角マキコの家庭描写って必要かなあ? 多分主人公の意外性の強調と、後半部分で何かあるという伏線になっているんだろうけど、今一つオマケ感が残りますわ。

7月7日、木10フジ、「それでも、生きてゆく」(脚本・坂元裕二、P・石井浩二、演出・永山耕三、宮本理江子、並木道子、出演・瑛太、満島ひかり、風間俊介、田中圭、佐藤江梨子、福田麻由子、村川絵梨、倉科カナ、柄本明、段田安則、小野武彦、風吹ジュン、時任三郎、大竹しのぶ他)。これはそんなに期待してなかったんですが、しっかりドラマを感じさせてくれる作品でした。脚本も演出も役者さんもすごい。瑛太と満島ひかりの会話のぎこちなさのリアルさとか、かなりトンデモ設定なのにそれぞれの場面をきちんと見せてくれて納得させられる脚本と演出とか、すごい。きちんとしたドラマを見せてもらっているという感じがする。しかし、あちこちの皆さんの感想を読むと「すごいけど重い」って感想が圧倒的なんだけど、でもこのドラマは設定は確かに重いけどそこに引きずられちゃダメだと思うんだよなあ(←やっぱりエラソー?)。このドラマのテーマはこの「それでも、生きてゆく」というこのタイトルに表されているように、あんなことがあってもそれでも生き続けていく人々の先に向かう物語だと思うので。

7月15日、金10TBS、「美男(イケメン)ですね」
7月22日、金深夜TBS、「桜蘭学園ホスト部」
7月10日、日9フジ、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス2011~」
まず「イケメンパラダイス」ですが、子ども(中一女子)が結構楽しみにして待ち構えて見ていたのに、「話は前と全く同じだけど、前のほうが断然面白かった」「だめだ、クオリティ低過ぎ」とあっという間に戦線離脱ですよ(笑)。確かにありとあらゆる場面で前作の2番煎じで、しかもキャストが私が若手俳優がわからないという点を差し引いてもしょぼすぎ(わからなくても、それなりに見せてくれる俳優さんだったらよかったのに)。せっかく同じことをやるなら前作が敷いた道に便乗しつつそれをはみ出す面白さや、前作の本歌取っぷりを見せて欲しかったよ。

で、昨日「王様のブランチ」だかなんだかを見てたら「桜蘭学園ホスト部」の番宣みたいなのをやっていたんだけど、ストーリーはよくわかんないけどあの主人公は女の子だよね? 一昨日見た新聞記事の「美男ですね」紹介記事も主人公の女の子が兄に成り代わって、、、という話らしく、「イケメンパラダイス」と並んで若手イケメン揃いが売りのドラマが全部、主人公の女の子が男の子のフリをしてイケメンの群れに飛び込むドラマっつーことか!? 同僚の大お局様のK池さんなんか、ホスト部の番宣とイケパラ第1回と美男の番宣をそれぞれ見たのに、「私が見たのはどれだったのかわからない!」と言っていたぞ(笑)。ちなみに我が道をゆくテレ東(「IS(アイエス)~男でも女でもない性~」)は主人公の性別が不詳。

7月8日、金深夜テレ東、「勇者ヨシヒコと魔王の城」(脚本・福田雄一、P・浅野太、演出・福田雄一、出演・山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、岡本あずさ、佐藤二朗、宅麻伸他)。さすが超低予算が売りのドラマだけあって、ぬるい。B級どころかC級D級と言ってもいいかもしれん。オープニングから中延さんが、じゃない、村の司祭?(志賀廣太郎)が謎のダンスをしてて、おいたわしやだが(笑)、ヨシヒコ(山田孝之)の冒険のぬるいことぬるいこと、バカバカしいにも程がある。さすがテレ東クオリティ。いやーー、これは次も見ちゃうかも。

7月9日、土9日テレ、「ドン★キホーテ」(脚本・大石哲也、根本ノンジ、P・田中芳樹、演出・中島悟、大谷太郎、出演・松田翔太、成海璃子、内田有紀、小林聡美、小木茂光、鈴々舎馬風、市川実和子、紺野まひる、松重豊、高橋克実他)。空気が読めない児童福祉司の松田翔太と時流に乗り切れてない昔ながらのヤクザの高橋克実の魂が入れ替わってしまうという設定だが、魂が入れ替わった後の方がそれぞれの持っていた物がくっきりと表現されているように思えるのは、そういう脚本だから? それとも役者さんがそれを強調して見せてくれているのか? どれぞれのギャップによる面白さも、それほど意外性はないしマンガ的に見えてしまう事もあるけど、でもそれはそれで結構面白い。

と言う訳で、これから始まるドラマで見てみるかもしれないのは月10テレ東「IS(アイエス)~男でも女でもない性~」(7月18日)と木9テレ朝「陽はまた昇る」(7月21日)あたりか。さ、かたづけかたづけ。
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
おめでとう! なでしこジャパン!!

「阿修羅のごとく」の第2話の後にリアルタイムで見ちゃってましたよ。
男子と違って選手の皆さんがとっても自然体で気負ってなくって
本当にサッカーが好きで好きでたまらないというのが
画面を通して伝わって来るようでした。
しかし「大和撫子」なんて今の若いモンは知っているんですかね?

さて、ここのところの取り合えず数を一杯揃えれば良いだろう的な
ノリは全く共感出来ないのでいわゆる夏ドラマ的な物は
暑苦しいので見ないと思います。

でも「陽はまた昇る」は土曜日にたまたま再放送していた
前作にあたる「最後の晩餐」の佐藤浩市は仕事にかまけて
斉藤由貴演じる奥さんをARATAに連れ去られてしまう
情けない男を好演していて見応えがありました。
何故か刑事から警察学校の教官になって
三浦春馬くんを筆頭にした今時の若者を
シゴキまくるというちょっと「愛と青春の旅立ち」かよと
いうようなノリを醸し出したいのかと思いました。

まあ舞台が警察学校だけあって出てくる若者が
短髪、黒髪、ピアス無し、指輪無し、ヒゲ無しで
しかもガタイよしで何故か共同浴室で腰にタオル一枚
という状態で語り合うなんて思いっきり狙った演出に
乗ってあげてもいいかなと思っています。

後はヨシヒコが予想以上に面白かったので山田孝之つながりで
「荒川アンダーザブリッジ」も見る予定でいます。
テレビ東京はのドラマはこちらの斜め上をついてくるので「IS」も
楽しみです。福田沙紀はなかなかに演技が上手いと思っているので。
昨日からはじまった「テンペスト」がガッツリ面白かったですよ。
またGACKTがコスプレバリバリで妖しいフェロモンを
撒き散らしてました。谷原章介も珍しく正当派二枚目の役でした。
向田邦子原作の「胡桃の部屋」もチェックは
しておこうと思ってます。

でも今一番ハマっているのはCSで再放送中の「武蔵坊弁慶」と
「風林火山」とジェレミー・プレットの「シャーロック・ホームズの冒険」です。
2011/07/18(Mon) 12:00 | URL | むぎこがし | 【編集
いやもう、連日の真夏日で夏バテしちゃって、ドラマを見る体力も無いという情けない状況です。
そんな訳でがっつり性根を入れて見ていないので、いい加減な感想前提でちょびっと見たものと言えば、「ブルドクター」と、「ドン★キホーテ」かな。
わたしは以前から、江角マキコのしゃべり方がすごく気になるんだよね。空気の漏れ方がおかしいというか。女優さんとしては好きなほうなのに、しゃべるとどうにも………(「ゴチ」ではそんなに気にならなかったのになぁ)
石原さとみの髪型も市松人形みたいで暑苦しいよー(泣)
そんな中、ブラザートムがなかなか良いお味を出しておる。(tsumireさんのこの記事を見るまで、「誰だっけ?」と気になっていたのに思い出せなかった。ありがとー)
小日向さんは鉄板でございます。

「ドン★キホーテ」は、魂が入れ替わった後のいい意味での違和感が感じられない。外見と中味のギャップを楽しむドラマかと思ってたんだけどなぁ。それともそんな表面上のことではなく、もっと深いところを描きたいのかしら。そうなるとわたしには体力的に無理だわ。

「バチスタ」、録画してあったかなぁ?残ってたら見てみるよ。

ま、今は、下手なドラマより、tsumire家の杓文字とワインオープナーが一体どこから出てくるのか、そっちの方が楽しみだな(笑)ちゃんと結末編をここで放送してね。
ちなみに魔窟3%ってのは、原稿作成キットだよね?



P.S.

>"HUGO BOSS"のロゴ見ただけでドキドキしたりして

奥様、血中鷲津濃度が相当低下しているのでは?急いで何かカンフル剤を打っておかないと。最近ちゃんと(廃人)病院に行ってる?
かくいうわたしも、美冬さんちでかわいらしい(?)うさぎと人の良さそうな亀のイラストを見ただけなのに、それが鷲津と中延さんに見えたという危ないステージにランクアップです(泣)
2011/07/18(Mon) 15:45 | URL | suika | 【編集
>おめでとう! なでしこジャパン!!

スポーツには全く興味がないけど、なでしこジャパンはよかったね。ま、引っ越し荷物が全く片付かなくて現在家族で居間で寝ているもんだから早朝から起こされちゃったが。

>「阿修羅のごとく」の第2話の後にリアルタイムで見ちゃってましたよ。

じゃ徹夜ですかい。

>男子と違って選手の皆さんがとっても自然体で気負ってなくって

精神力の強さが尋常じゃなかったもんね。もうあのPKでアウトかと思ったけど。澤選手の笑顔が本当によかったなあ。

>しかし「大和撫子」なんて今の若いモンは知っているんですかね?

「尊王攘夷」程度には知ってるかもよ(笑)。

>斉藤由貴演じる奥さんをARATAに連れ去られてしまう
>情けない男を好演していて見応えがありました。

へー、佐藤浩市とARATAはそういう役回りなのかー。

>何故か共同浴室で腰にタオル一枚
>という状態で語り合うなんて思いっきり狙った演出に
>乗ってあげてもいいかなと思っています。

む、むぎこがしさん……。

>昨日からはじまった「テンペスト」がガッツリ面白かったですよ。

見ようと思っていたのに、見逃しちゃいましたよ。ま、オンデマンドで見られるけどさー(でもオンデマンドだと見る暇なし)。

>でも今一番ハマっているのはCSで再放送中の「武蔵坊弁慶」と
>「風林火山」とジェレミー・プレットの「シャーロック・ホームズの冒険」です。

どれも見たいラインナップだけど、多分見られない可能性高し(がく…)。
2011/07/18(Mon) 20:57 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
私も、なでしこジャパンの決勝戦は後半から見ちゃいました。
狭い家なので試合開始時から夫が観ていたため、目が覚めてしまったのですが、いやー、興奮しました。
凄い精神力ですね。キーパーの守護神ぶりもカッチョよかった。
監督・選手の試合中の笑顔も素晴らしかったし、各自やチームが大きなものを背負って更に強くなっていったのも素晴らしい。
自分も頑張らねば!と思いつつ、すっかり暑さに負けて午後は死んだように寝ていた私でございます。

それにしても奥様、このままでは疲労がたまりすぎます!
なんとか寝室でゆっくり就寝できる段階までたどり着きますように祈っております。
こうなったら、杓文字とワインオープナーは新居祝に誰かからいただくようにしてはどうでしょぅか。(無責任発言)

『水戸黄門』終了のニュースを知り、昨夜の第2回を久しぶりにぼーっと見てしまいました。
元々、小さいころから本放送よりは夕方の再放送で観る機会のほうが多かったし、思い入れが無いせいもありますが、うーーん、時代劇スキーとしては少し寂しいけれど、こうなったら完全に良さが失われる前に終わるのも仕方ないかなー、と。

>>それでも私がチラとでも「水戸黄門」を見なくなったのは、フィルム画面(映画っぽい質感の画面)からビデオ映像画面?(ホームドラマっぽい質感の画面)に切り替わった時点で「違う!」と思ってみなくなったんだったなあ

おお、「あなたは、私なんだ!」でごわす。
たまに平日半休した時に夕方の再放送で東野さんや西村さん佐野さんの水戸黄門を見ることがあったんですが、やっぱり昔の水戸黄門はフィルムでの映像もそうだし、内容も偉大なるマンネリとしてちゃんとしてて面白かった。
まあ、歳だから昔のものが懐かしいというのもあるんでしょうが。

今期のドラマで1回目をいちおう観たのは、亀さんと小日向さん目当ての『ブルドクター』だけ。
内容や方向性は予想通りではあったものの、まあ普通に面白かったです。
でも、続けて観るほどの魅力は足りなかったかなー。
亀さんの役が意外だったけど、なんか勿体ない気もするし。
刑事やヒロインのライバル医師とかだとありがち過ぎかもしれないけど…
ヒロインの家庭事情パートは、後の伏線かとも思いますが、うーーむ。
尺が長いし、こういうの、ちょっと飽きたかなあ。
2011/07/19(Tue) 00:15 | URL | 美冬 | 【編集
残念です
今日、原田芳雄さんがお亡くなりになりましたね。

「大鹿村騒動記」の試写会に
多分ご本人の執念だけで車椅子で登壇された
お姿を見て色々と覚悟はしていましたが
初日が開くのを無事に見届けてという
事だったのでしょうか。

我らが大友作品でも「白洲次郎」での
吉田茂役は相当インパクトがありました。

これからあちこちで追悼番組があると
思いますがNHKでは「白洲次郎」を放送
してほしいです。

こちらはCSの日本映画専門チャンネルですが
主演映画公開にあわせての特集です。
(今月はじめから色々と放送されていました)

来月に放送される「竜馬暗殺」は名作と
名高いのですがまだ見ていなかったので楽しみに
していたのでとても残念です。

http://www.nihon-eiga.com/harada/

原田芳雄さんのご冥福を心からお祈りいたします。
2011/07/19(Tue) 18:02 | URL | むぎこがし | 【編集
>いやもう、連日の真夏日で夏バテしちゃって、ドラマを見る体力も無いという情けない状況です。

さすがの奥様もやはりダウンですか。私も全然ダメダメですわ~。ああ、原稿締め切りまであと半月ないのにー引越の片付け以前に夏バテが激しくて全く何もやってない~~(号泣)。

>わたしは以前から、江角マキコのしゃべり方がすごく気になるんだよね。

部分的に変な勢いがついているしゃべり方だよね。演説口調に近いというか。

>石原さとみの髪型も市松人形みたいで暑苦しいよー(泣)

石原さとみは顔も結構暑(略

>小日向さんは鉄板でございます。

何かありそうだし、楽しみですね。

>「ドン★キホーテ」は、魂が入れ替わった後のいい意味での違和感が感じられない。

「想定の範囲内ってやつです」か?(笑)

>それともそんな表面上のことではなく、もっと深いところを描きたいのかしら。

うーむ、内面のギャップも今の所想定の範囲内のような気もするが(そして今後そんなに意外な展開もなさそうな気が)。

>「バチスタ」、録画してあったかなぁ?残ってたら見てみるよ。

でも期待しないのが吉。2回目もまあおもしろく見れたけど、段々とテンポの悪さは音楽で誤摩化してんじゃね?と思ったり。

>ま、今は、下手なドラマより、tsumire家の杓文字とワインオープナーが一体どこから出てくるのか、そっちの方が楽しみだな(笑)ちゃんと結末編をここで放送してね。

あ、キッチン鋏と泡立て器だけでなく、計量スプーンも発掘されてませんっ。この落ちは一体どこでつくのか、全く見えない~。ものすごい盲点として、旧居に置き忘れの可能性も全く否定しきれなかったり(とほほ)。台所は最後の最後で私がダウンしてしまったために子どもと家人に任せたのでとんでもないことになっちゃったんだよなあ(遠い目)。やるならどんなにへたばっても最後まで自分でやらなきゃだめだったよ……。

>ちなみに魔窟3%ってのは、原稿作成キットだよね?

ほほほ、ご明察。
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/20110719_1237.jpg

とりあえず同人誌在庫2箱と原稿作成キットと資料の箱は発掘して机の下に入れて置きました(←開梱してないじゃーん)。しかし「ハゲタカ」箱は「上置き厳禁」って書いておいたのに(DVD入っているからさ)ダンボール箱の山の一番下にあったぜ。許さんっ。他の「上置き厳禁」指定の箱は全部ちゃんと一番上に積んであったのにどういうこっちゃーーっ!

>>"HUGO BOSS"のロゴ見ただけでドキドキしたりして
>奥様、血中鷲津濃度が相当低下しているのでは?

だって、ここんとこ忙しくて全然見てなかったんだもん~(泣)。今日なんか仕事中に(←おいっ!)チャンネル銀河の「ハゲタカ」再放送の情報の写真を見ただけでテンションが上がっちゃったしさー。
http://www.ch-ginga.jp/news/#entry-1786

>かくいうわたしも、美冬さんちでかわいらしい(?)うさぎと人の良さそうな亀のイラストを見ただけなのに、それが鷲津と中延さんに見えたという危ないステージにランクアップです(泣)

なんか私なんかよりも格段に病が重そうに見えるわ~(笑)。
2011/07/19(Tue) 23:57 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>私も、なでしこジャパンの決勝戦は後半から見ちゃいました。

ま、奥様ったら勤勉(?)な。うちも荷物が片付いてなくて(そして現在エアコンが居間にしかないために)居間で皆寝ているので、必然的に居間でサッカーを見ていた家人に起こされてしまいましたが、最後のPKの瞬間すら音しか聞いてませんでしたよ(眠気の方が勝っていたのかも)。

>凄い精神力ですね。キーパーの守護神ぶりもカッチョよかった。

あんなギリギリの状態ですごかったですね。もうPKの時は絶対ダメだろうとか思いましたけど(結局起きているんかい)。

>自分も頑張らねば!と思いつつ、すっかり暑さに負けて午後は死んだように寝ていた私でございます。

大丈夫、日本中の人がほとんど同じ状態だったはず(笑)。

>なんとか寝室でゆっくり就寝できる段階までたどり着きますように祈っております。

それは多分、、、、秋頃かなあ……(遠い目)。

>こうなったら、杓文字とワインオープナーは新居祝に誰かからいただくようにしてはどうでしょぅか。

杓文字とワインオープナーは結局買っちゃったので、じゃ泡立て器とキッチン鋏と計量スプーンをいただこうかしら(違)。

>うーーん、時代劇スキーとしては少し寂しいけれど、こうなったら完全に良さが失われる前に終わるのも仕方ないかなー、と。

そうですね、現状だと現代ドラマ好きは見ないし、時代劇スキーにも魅力があんましないように思えますもんね。時代劇しか見ない実家の父も今の水戸黄門とか今の暴れん坊将軍(って、今もやっているのか?)には文句ばかり言ってますよ。

>やっぱり昔の水戸黄門はフィルムでの映像もそうだし、内容も偉大なるマンネリとしてちゃんとしてて面白かった。

そうですよね。マンネリの良さとか「お約束」のカタルシスがあるんですよね、昔の作品は。

>亀さんの役が意外だったけど、なんか勿体ない気もするし。

そりゃ「風林火山」の大殿様や「チャンス」の薄気味悪いファンドマネージャ(笑)、「龍馬伝」の龍馬暗殺犯という役柄に比べたら(比べるなよ)、江角マキコに押されているごく普通のいいお父さんですもんね。現時点では物足りないっつーか、ここに亀治郎を持って来るっつーことはのちのち何かあるんだよな???とか思わないでもないっつーか。実は狂気のシリアルキラーとかだったりしたら楽しみかもしれん(←ヒドイ)。
2011/07/20(Wed) 01:11 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>今日、原田芳雄さんがお亡くなりになりましたね。

この間の舞台挨拶かなんかのお姿のやつれっぷりは本当にひどかったですからねぇ。でもなんとか持ち直してくれる事を祈っていたのですが本当に残念です。

>初日が開くのを無事に見届けてという
>事だったのでしょうか。

そうかもしれませんね。

>我らが大友作品でも「白洲次郎」での
>吉田茂役は相当インパクトがありました。

あの吉田茂役はよかったですね。似ている事は重要じゃないけどやっぱりちゃんと似ていたし。

>NHKでは「白洲次郎」を放送してほしいです。

さ、twitterのNHK再放送アカウント、#nhk_rerunへGO!(笑)

>こちらはCSの日本映画専門チャンネルですが
>主演映画公開にあわせての特集です。
>http://www.nihon-eiga.com/harada/

いつも情報をありがとうございます。ま、基本的に映画はテレビではみないし、どうもCSも見る習慣がないので多分みないような気もします。……っつーか、見る時間がないかも(泣)。

>原田芳雄さんのご冥福を心からお祈りいたします。

やっぱり、ちょっと原田さんの記事も書こうかなあ。
2011/07/20(Wed) 07:00 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
原田芳雄さん追悼番組情報
急ですが明日「火の魚」の放送が決まったようです。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-07-21&ch=10&eid=10815

やっぱり次期朝ドラヒロインの尾野真千子さんの
凄味のある演技が素晴らしかったですし、
何と言っても「イタリア賞」ももらってますしね。

映画の方は「父と暮らせば」ですね。こちらは8月7日です。

http://news.walkerplus.com/2011/0720/27/

民放はこれからですかね。
フジで「不毛地帯」をやってくれないかしらん。

しかし今晩は涼しくてクーラーも扇風機も
つけないでいられるなんてどれくらいぶりでしょうか?どちらも消したらテレビの音量の大きさに
ビックリしました。

2011/07/20(Wed) 23:24 | URL | むぎこがし | 【編集
情報ありがとうございます、さっそく見てみます。でも今日は10時過ぎの時点で「陽はまた登る」「それでも、生きてゆく」「火の魚」と3本あるのにW録画できない悲劇。(:_;)さっき電気屋に行ってブルーレイのデッキを見てきちゃったよ。
2011/07/21(Thu) 21:39 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
多分ご存知だと思いますが今晩19時30分から
総合テレビで「テンペスト」の第1話が放送されます。
前作の「新撰組血風録」はBSのみの再放送でしたから
NHKの期待の大きさもわかりますね。

もう主人公よりもGACKTさまのコスプレ憑依っぷりと
高岡早紀の悪女ぶりから目が離せません。

それとやっぱり「陽はまた昇る」の第1話は
28日の午後3時から再放送がありますね。
佐藤浩市の不器用さと三浦春馬くんの初々しさ
と真矢みきさんの突っ張りまくりな女性教官を
全部まとめて見守る橋爪功にまるで別人仕様の
六角さんと次の<それでも、生きていく」と
合わせて木曜の夜はテレビの前にくぎ付けです。
(28日深夜には「タイムスクープハンター」の
再放送が始まりますよ。毎週木曜深夜です。
第1回はのろし、第2回はちょんまげです。)

おっと今晩は「鈴木先生」も小川さんの水着姿で
妄想爆発の鈴木先生が見られます。

……こんなにチェックするものが多いと
新たな魔窟の設営もはかどりませんねえ。
とはいえ新刊の締切も間際では……。
まあお体が一番ですからお大事に。

そうそう「海洋天堂」はシネスイッチ銀座では
「上映期間はまだ未定ですが、どの映画も最低1ヶ月は
上映するので8月の第1週迄は確実に上映します」
ともぎりのお姉さんが言ってました)
2011/07/23(Sat) 18:25 | URL | むぎこがし | 【編集
せっかくタレこんでくれたのに、買い物に出ていて結局再放送を見ることが出来ず、オンデマンドで「テンペスト」第1回を見ましたよ。ううううむ。なんつーか大昔の少女漫画か韓流ドラマみたいなドラマだな。男装して宮廷に潜り込む才能ある女性が、実は前王朝の正当な継承者、しかし正体を知られ兄を拷問されて……ってさー。きっと原作は血湧き肉踊る冒険活劇歴史劇なのかもしれんけど、今の所ドラマ自体はそんなに魅力的じゃないんだよなあ。仲間由紀恵がアレなせいもあるだろうけど。せっかくの大森脚本なのに。演出がすっごくプレーンというか、冒険活劇の原作を多分きちんと噛み砕いて見やすくした脚本を、なんか機械的に演出しているような感じがするというか。話はすごく気になるので次回も見ると思うけど、でもこういう主人公が徹底的にただいじめられる話は苦手かも(笑)。

>そうそう「海洋天堂」はシネスイッチ銀座では
「上映期間はまだ未定ですが、どの映画も最低1ヶ月は
上映するので8月の第1週迄は確実に上映します」

おお、それはすばらしい。ありがとうございます。原稿が無事上がったら(泣)見に行こうと思います。その前に「大鹿村」だけど。
2011/07/27(Wed) 01:01 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
今日、録り溜めしていた「陽はまた昇る」を見ていたら、第三回で佐藤浩市が「強くなれ!強くなれ!」って言ってるんですけどーーっっ!
そのセリフのタイミングがこの回のクライマックスのシーンで、役者が佐藤浩市ということで、すごく魅せてくれるいいシーンなんだけど、渋くてとっても良かったんだけど、その台詞は鷲津のものーー!(そして佐藤浩市が強くなれという度に、「強くならなきゃ人を殺してしまう」と律儀に台詞を脳内補完するわたし)
そんなわたしの乙女心を踏みつけるかのように、この番組のスポンサーの一つであるけいりんのCMで、大森南朋がオダジョーと長澤まさみと一緒にへらへらなんかしゃべってました………orz(もちろんそういう演出なんだろうけど)
いいのか!?取って置きの台詞(まあ、一番ってわけじゃないけど)をかるーくCMしてる間に遠野教官(佐藤浩市の役名)に取られちゃっていいのか!?
激しく「カムバック鷲津ーーー!」と泣きぬれたけだるい休日の午後でした(ヨヨヨ)
2011/09/04(Sun) 17:15 | URL | suika | 【編集
>「陽はまた昇る」を見ていたら、第三回で佐藤浩市が「強くなれ!強くなれ!」って言ってるんですけどーーっっ!

「陽はまた昇る」かあ。結局3回目くらいででリタイアしたな。3回目でそんなこと言ってた記憶もナッシング。今期ドラマではこっちの方がイケメンパラダイスという話もあるようだけど、若い男にゃ興味ないしなー。

>その台詞は鷲津のものーー!

同じように聞いたはずなのに「その台詞は鷲津のもの」とすら思わなかったのはなぜかしら。とことん佐藤浩市には興味がないから? ま、この台詞は鷲津のものなんだから、ちょっと佐藤浩市に貸してあげてんじゃねーのか?(笑)

>大森南朋がオダジョーと長澤まさみと一緒にへらへらなんかしゃべってました

サントリーのCMではしょぼくれサラリーマンやっているしね。サントリーもけいりんもローソン亭もリクシルも、わしらが見たいダークな大森南朋やクールな大森南朋をなんでみせてくんないのか。

>激しく「カムバック鷲津ーーー!」と泣きぬれたけだるい休日の午後でした(ヨヨヨ)

激同(号泣)。

2011/09/06(Tue) 06:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック