NHK博物館には今年の2月に行って、そこで懲りずに「ハゲタカ」を見ていた私ですが(2月28日「NHK放送博物館で例のアレを見る」)、ここでは定期的にドラマ関連のワークショップが開催されているので、11月5日には「地域発ドラマから見えるテレビ表現の原点」というワークショップに行ってきました。タイトルからして北海道のドラマやNHK広島の「火の魚」みたいな作品の話があるのかな?程度の知識しかなく、パネリストが誰かなんてまったくチェックしてなかったので、登壇者にあの「水曜どうでしょう」の藤村氏もいてびっくりだ。しかしこのワークショップの話は別記事で(最初はいっしょくたに書いていたのだが、長くなっちゃったので)。

その前に例によってピグライフの庭でnanakoさんとドラマ話をしていてこのワークショップの話をしたら、面白そうということなのでご一緒していただく事に。私は愛宕山の放送博物館に行く順路に神谷町駅を予定していたのだが、nanakoさんの「ここはやはり『出世の階段』を登らないと!」との一言で虎ノ門駅で待ち合わせる(神谷町駅から行くと一番近いのはエレベータを使う入口になるが、虎ノ門駅からだとスロープもしくは『出世の階段』を登る事になる)。私は前回、行きはエレベータで登って、帰りは『出世の階段』を降りたのだ(笑)。今度こそちゃんと登らなくてわ。

愛宕山 出世の階段 愛宕山 出世の階段
一段、一段数えながら、85段登りきる(右は階段の一番上からの眺め)。これで来年の私には出世の道が待っている!(ホントかよ)。

愛宕山 T.のビール
重労働(笑)の後は「T.」というイタリアンレストランで食事の前にまずビール。ぷは~、うまい! ここのランチの記事は多分nanakoさんが書くはず(←お互い色々なすりつけあっている(笑))。ちなみにこの「T.」は2月に行った時は和食の店だったのだが。

さて、開場15分くらい前に会場にフラフラ入って行きnanakoさんと雑談をしているとすぐ目の前にむぎこがしさんが。なんと何日か前にいただいたメールにこのワークショップに参加すると書いてあったそうだが、ここんとこ忙しくて私用メールをざっくりとしか読んでいなかったためにまったく気がついてなかった私です。いやー、すまんすまん。

ワークショップについては別記事で書きますが、すっかりシステムが出来上がっていて、金も時間もスタッフも潤沢でノウハウが整っているキー局(東京、名古屋、大阪)と違って、それらを全くもたない地方局は、では何故ドラマをわざわざ作るのか、なぜここ(地域)でつくるのかと常に問い続けながら作り続けているというのがよくわかって非常に充実したワークショップでした。

そして。ドラマにこだわりのある私(北海道出身)やnanakoさん(広島出身)が、地域ドラマを意識的に発信している地方の出身であるというのは何か関係しているのかしら?とか思ったですね。ま、ドラマにこだわりがあるとかいうとnanakoさんはきっと「違う!」と言うと思うけど(笑)、配布された資料(「NHK地域発ドラマ一覧」)掲載のドラマ情報もまず演出家や脚本家の項目から見ている時点で違わないから!(笑)

というわけで大したことは書けないですが(だって時間も3時間もあったしさー、身がびっしりつまっているのよ)、ワークショップの話は別記事に続く。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
もしかしてこの階段って、「JIN」のオープニングに使われてた?あのドラマがきっかけで、明治時代の東京の写真がたくさん載っている本を何冊か図書館から借りてきて見たんだけど、色んな所が今とはかけ離れた風景だったそんな中、やっぱり神社やお寺はあまり景色が変わっていないのが面白かった。(写真で見る「ブラタモリ」って感じ)

>これで来年の私には出世の道が待っている!

お!じゃいよいよ来年、「ハゲタカビル」竣工だね!

それにしても奥様、明日あたり筋肉痛、来るんじゃね?
2011/11/07(Mon) 01:12 | URL | suika | 【編集
おお、tsumireさんの出世決定!
これで『ハゲタカ』映画祭開催も夢じゃないですね!
いつも思いますが、ハゲタカ廃人の方々は情報収集力も分析力も高い方ばかりですが、皆さま行動力もおありですね。
出世の階段を上ってドラマのワークショップにお出かけなんて、勉強熱心ですね。
うん、お若いです。
ぼうーっと引きこもってばかりの私は、どんどん老化して枯れきっています。
でも。煩悩まみれで悟ってはいないのが哀しい。

私の勤務先は、長年虎ノ門にあって、毎年の花見に愛宕神社に行っていましたが、出世の階段を登ったのは二十代前半の2回くらいでした。
もちろん、出世とは無縁の人生でございます。
今はもう登る元気ないなー…。
途中で心臓がどうにかなりそうで怖い。(泣)

>>ドラマにこだわりのある私(北海道出身)やnanakoさん(広島出身)が、地域ドラマを意識的に発信している地方の出身であるというのは

そうなのか!
私はドラマをぼけーっと観ていて、皆さんのように細部に気付くことも高く解釈することもできないので、ただ「面白い。」か「つまらん。」くらいしか感じられない鈍感さが恥ずかしいですよ…。
自分が雑にドラマを見ているのは、東京出身のせいにしたいところですが(おい)、もちろん私個人の感受性の鈍さ、知識の無さのせいであって…。
tsumireさんや皆さんの鋭い分析や感想を拝読するたびに、読むだけで満足してしまうのと、自分の観方があまりに幼稚で恥ずかしくて、自分の感想を書く気力がなくなっていまっいるのでずか、要するに、自分は発信したいものが少ない人間なのかしらん…と思われます。
心身とも随分と萎れてきて、いよいよお迎えが近いのか…。
うーむ、なんた湿っぽい…すみません。
きっと秋たがらね。(は?←芝野センパイ風に)
おかしいなあ、日曜日に『塚原卜伝』と『南極大陸』で萌えチャージしたはずですが…。(笑)
2011/11/07(Mon) 01:55 | URL | 美冬 | 【編集
きっとまた…
なんかハゲしく突っ込まれそうですが…

>suikaさん

>あの階段って「JIN」のオープニングで

惜しい!「JIN」で使われていたのは確かですが、
愛宕山の出世の階段はエンディングに出てきていました。
(ちなみにオープニングで出てきていたのは愛宕山の近くにある芝の増上寺の山門です。
現代のショットでは愛宕山のすぐ近くにある
愛宕山フォレストタワー、愛宕MORIタワーが写ってますね)

http://loca.ash.jp/info/2011/d201104_jin.htm

ちょっと録画したもので調べましたが春にオンエアされていた
「JIN2」でエンディングが古写真と現代の写真とが写るタイプの
いわばちゃんとしたバージョンが流れたのは初回と最終話の2話だけでした。
残りの8話はもう完全にドラマの尺が足りなかったのかお話し中に下のほうに
慌ただく気持ち少し駆け足でダーッとテロップが流れていってました。
(すみませんがファーストシーズンは調べてません)

「JIN」のエンディングでの出世の階段は明治初期の東京の写真を
撮影していた「フェリクス・ベアト」のものです。
彼の写真は他にも江戸時代は花見の名所でひときわ見晴らしの良かった
愛宕山からのパノラマ写真が有名ですね。

色々とサイトはありますが撮影者、撮影場所等もきちんと系統だっていて
見やすいのは「JIN」の写真協力にもクレジットにあった
「長崎大学附属図書館オンラインデータベース」でしょうか。

http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=1009


まあ、時間もあまりないのとデューデリするまでの情熱はないのですが
龍馬と南方先生が転げ落ちたと思われる現代のお茶ノ水の順天堂大学病院の
前の土手を神田川から遊覧船で眺めた時は「これは転げ落ちたら大変そう」
とかおもっちょりました。

他の方のブログですが「JIN」のオープニング、エンディングともに
古写真と実際に現代の撮影場所でアングルまで気を使われたお写真が
ステキなのでちょっとご紹介させて下さい。

http://juou.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/jin----e1dd.html

幕末から明治、大正にかけての「古写真」って良いですよね。横山松三郎とか。
「赤玉ポートワイン」の日本ではじめての(セミ)ヌードポスターとか。
夏に行った「孫文と梅屋庄吉100年前の日本と中国」でも他の方が
直筆の手紙なんかを見ているのを横目にその当時の写真をガン見していました。


>美冬さん

私もあの階段は出来るだけ敬遠していました。
でもトンネル横の階段もなかなかハードですよね。
女坂はそうとう遠回りな感じですし。
私があの界隈をうろうろとしていた頃とは
かなり様変わりしていて……

うふふ、もしかしたら愛宕山周辺ですれ違っていたかもしれませんね。

そう言えば西郷さんと勝海舟の顔だしパネルは
ありましたが曲垣平九郎のパネルは見当たりませんでしたね。



2011/11/07(Mon) 19:53 | URL | むぎこがし | 【編集
>お!じゃいよいよ来年、「ハゲタカビル」竣工だね!

来年から出世なんだから(←もう決定事項?)、まだ来年は無理よね。でもハゲタカビルを建築する予定地くらいは決めておいてもいいかも。やっぱ聖地・虎ノ門かしらね。

>それにしても奥様、明日あたり筋肉痛、来るんじゃね?

ほほほ、筋肉痛なら私のこのトシなら来るのは来年ね!とか思ってたら、昨日今日とあちこち痛いんですけど……。はっ、こんなにすぐに筋肉痛が来るって私ってばまだまだ若い?とか一瞬思いましたが、なんとなーく先月倉庫で荷物運びした時の筋肉痛が今やっと来たような気も……。
2011/11/08(Tue) 23:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>これで『ハゲタカ』映画祭開催も夢じゃないですね!

もうばっちり任せて下さいよおおおおっ!(←大言壮語にも程がある)。「ハゲタカ」映画祭はまず3日間連続で開催で1日目がドラマ一気6回分まとめて上映、前半のゲストは中尾彬と宇崎竜童、後半のゲストは菅原文太と田中泯で。2日は普通に映画を上映した後、もう一回映画を上映しながら大友さんと訓覇さんのリアルオーディオ・コメンタリー(ここに大森南朋と玉鉄と遠藤憲一が入ってもいいけどさ)、3日目は大友さんと訓覇さんのトークショーで次回作「ハゲタカ2」について語る!ですよ(笑)

>出世の階段を上ってドラマのワークショップにお出かけなんて、勉強熱心ですね。

勉強熱心……? 私の普段の行動からはもっとも遠い単語だが(笑)。

>煩悩まみれで悟ってはいないのが哀しい。

そうかな。別に悟らなくてもいいじゃん、煩悩だらけでも。とか思うのは煩悩まみれな自分に対する言い訳か(笑)。

>途中で心臓がどうにかなりそうで怖い。(泣)

ま、私はアラフィフなので(そろそろそれもずうずうじいと言われ始めるお年頃かも……)美冬さんよりもはるかにババァですが、普段全く運動してない私でもなんとかなるもんですよ。ま、ビールで一息ついたのは事実だが。

>自分が雑にドラマを見ているのは、東京出身のせいにしたいところですが(おい)

わからん(←大滝秀治調で)。美冬さんの感想が雑だなんてとても思えないのに、いつもへりくだりすぎだー(笑)。それに発信したい物がない訳じゃないじゃないっすか。あんだけブログで発信してて。

私のすごく身近にいる私と同じ年齢の友人が、どうやら更年期障害による前鬱状態じゃないのかと思われる節があって、何をいっても覇気がないというか、以前と違って格段に会話が前に進まないし、なによりも自分から何かしたいと言う意欲がほぼ消えている感じなんですよね。発信したい物がないってこういうのを言うんじゃないかと思うですね。だから美冬さんなんかはもうバリバリの現役廃人(笑)ですよ。

>おかしいなあ、日曜日に『塚原卜伝』と『南極大陸』で萌えチャージしたはずですが…。(笑)

チャージしまくりじゃないっすか。それともせっかく堺雅人を萌えチャージしてもキムタクで(略
2011/11/09(Wed) 01:43 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
おおっ!あの「出世の階段」制覇されたんですね。私は2月に行った時は、行きは神谷町駅側の階段を使い(これも結構こたえたけど)降りるときは思いっきりエレベーターでした(苦笑)結局「出世の階段」は見ただけでした、はっはっは。
これじゃ、出世しないな。

>ちなみにこの「T.」は2月に行った時は和食の店だったのだが。

そういえばtsumireさんとnanakoさんといっしょに行きました。
私は丼ものを食べたよな、確か。
いつの間にかイタリアンになってたんですね。

あ、ワークショップの記事も楽しみにしてますね、あと「ハゲタカ」映画祭もね(あれ?)
2011/11/09(Wed) 14:43 | URL | ぶるー | 【編集
「ハゲタカ映画祭の期間中、会場ホールでハゲタカグッズを販売します。

★東宝さんからは、人気が高かった
・株券メモ
・鷲津ファンド携帯ストラップ
★東宝さまから
・エキストラに配ったマグボトル
★海○堂さまから
・1/5政彦ちゃんフィギュア
(スーツVer、ジャージVer。
 ともに上半身は脱ぎ着できますが、
 下半身は大人の自主規制のため脱ぎ着できません。
 頭髪も着脱(?)できません。
 但し、前髪は下ろすことができます。)
★tsumire工房から
・政彦ちゃんトランプ
・2012年「ハゲタカ」手帳
・2012年「ハゲタカ」カレンダー(壁掛け用、卓上用)
・2012年「政彦ちゃん」カレンダー(壁掛け用、卓上用)
・鷲津ファンドブックカバー
・鷲津ファンドクリアファイル
★バン○イさまから
・「ハゲタカ」人生ゲーム
★バ○ラさまからは
・「ハゲタカ」ワイングラス
・「ハゲタカ」ショットグラス
・「ハゲタカ」ビールジョッキ

また、この映画祭にあわせて下記書籍も発行されます。
あわせてお買い求めください。
・「実録・ハゲタカの日々」(著:大友さん)
・「熱きハゲタカ・鷲津政彦」(著:訓覇さん)
・「ハゲタカの休日」(著:真山さん)

尚、映画祭3日目に会場でお買い上げの方には、各々先着30名さまに
その場で、著者がサインをします。

また、映画祭の入場券の半券提示で
下記レストランでワイングラス1杯をサービスいたします。
・オーキッド○楽部
・水響○
・つきじ○作
・東○倶楽部
・アミューズメン○バー

皆様のお越しをお待ちしております。」
2011/11/09(Wed) 16:57 | URL | Macky | 【編集
あわわわわ、まだ豚が全然太っていないのに、「ハゲタカ」映画祭が開催されちゃうよーーっっ(汗)
来年?来年には出世しちゃうの?tsumireさん?!
鷲津にお金を借りたいところだけど、あの口から「あなたに○万円の価値は無い」なんて言われたくないし~(泣)
やっぱここは映画祭の主催者&ビルのオーナーに借金するしかないなぁ………
確か「ハゲタカ」ビルには、鷲津の等身大フィギュアがあるはず♡
グッズも全部お買い上げだな。

Mackyさん、政彦ちゃんフィギュアは、下半身は大人の自主規制のため脱ぎ着できないそうですけど、病室のドールハウスつきのおむつ鷲津なら、下半身も脱ぎ着出来ないと、ストーリーを忠実に再現出来ないのではないでしょうか。(決してわたしが脱がせる気満々ということではなく、あくまでストーリーに忠実にということで。←ここ重要だから!ほんとだから!)

まだ来年の手帳もカレンダーも買ってなくて本当に良かったよ。来年は政彦ちゃんで全部揃えるんだ~♪tsumire工房の社長さん、発売はいつですか?

あれ?Mackyさん、「鷲津政彦写真集」はないの?付録でポスターとシールもつけてね。

ワインのサービスはマンダリンもお願いします。あと社食で260円のコーヒーも用意してください。(代金をテーブルに直接小銭で並べるのはお約束だよね)

萌えネタ不足からくる乾燥注意報が出ていたせいか、あっという間に延焼(泣)
2011/11/09(Wed) 20:28 | URL | suika | 【編集
>>萌えネタ不足からくる乾燥注意報が出ていたせいか、あっという間に延焼(泣)


うむ、皆の者、ハゲタカ映画祭の企画、大義である。←誰?

地味にこっそり火種を置いて逃げて良かった。
……良かったのか?
2011/11/10(Thu) 00:10 | URL | 美冬 | 【編集
>おおっ!あの「出世の階段」制覇されたんですね。

ふふふ、「出世の階段」ダンジョンはクリアしましたが(笑)、しかしまだ次のダンジョンに次のボスとの戦いが待っているので(はい?)出世への道のりは遠いっすよ。

>私は2月に行った時は、行きは神谷町駅側の階段を使い(これも結構こたえたけど)降りるときは思いっきりエレベーターでした(苦笑)

あら、出世の階段を降りるわしらを見て笑ってたのでてっきり登り済みかと思っていたのに(笑)。

>ちなみにこの「T.」は2月に行った時は和食の店だったのだが。

>私は丼ものを食べたよな、確か。
>いつの間にかイタリアンになってたんですね。

私もなんか食べたはずだけど……全然覚えてないや。冷蔵庫に地酒がずらっと並んでいたのはチェックしたんだけど(笑)。

>あ、ワークショップの記事も楽しみにしてますね、あと「ハゲタカ」映画祭もね(あれ?)

ほほほ、どんとまかしておけ!(はい?)
2011/11/13(Sun) 17:08 | URL | tsumire→ぶるーさん | 【編集
>「ハゲタカ映画祭の期間中、会場ホールでハゲタカグッズを販売します。

その前にまず、復習しておきますよ。

まず私が出世して、あるいは成り上がったら(って、どうして私が、なのであろうか!? 別にsuikaさんやMackyさんや他の皆さんが出世するのでもよくね?(笑))60階建てのお城を建設するわけですよね(参照:http://kiritani.blog4.fc2.com/blog-entry-1815.html)。

1階は劇場で常時「ハゲタカ」を上映し、その横の本屋では「ハゲタカ」関連書籍を充実させ、2階はカフェバー(鷲津が飲んでいた酒の銘柄、村田さんのミルク、およびハゲタカ登場の各種ミネラルウォーター常備)、3Fはブティックフロア(HUGO BOSS、ozie、GOGGIの他に眼鏡もスタルクアイズとレスザンヒューマン有り)、4Fオフィスフロア(鷲津ファンドのオフィスを再現)、横にあるステーショナリーショップでは各種ハゲタカグッズ取り揃え、5F~9Fは鷲津定宿フォーシーズンズの例の部屋を再現し宿泊可能とする。地下1Fは映画ライブラリー(Mackyさんのあえてのリクエストで大森南朋作品が充実)+DVDで観賞出来るスペース有り。

……という妄想を昨年の2月に繰り広げていた訳ですよ。で、ハゲタカ映画祭はこの60階建てのビルの1階に入っている映画館で開催ね。

>★東宝さんからは、人気が高かった
>・株券メモ
>・鷲津ファンド携帯ストラップ

実際に用意されていた鷲津ファンドオフィスレポート用紙とか自分の名前を入れて作成出来る鷲津ファンドオフィス名刺と社員証もね(ブルーウォールとアカマ自動車版もあり。アカマ自動車は社員バッジとアカマGTプラモもあり)。

>★海○堂さまから
>・1/5政彦ちゃんフィギュア
> 頭髪も着脱(?)できません。

何も私のためにこんな項目を入れなくても(笑)。頭髪はやっぱり色々かぶせてみたいんだけどー(←悪趣味)。

>★tsumire工房から
>・政彦ちゃんトランプ
>・2012年「ハゲタカ」手帳
>・2012年「ハゲタカ」カレンダー(壁掛け用、卓上用)

トイレに掛けておくようにハゲタカ名言も入った日めくりとかあってもいいかも。

>・2012年「政彦ちゃん」カレンダー(壁掛け用、卓上用)

政彦ちゃんカレンダーは大きい壁掛けタイプよりもひっそりと卓上に置くタイプの方がいいなあ。しかもカモフラージュ出来るように1枚ずつダミーの普通のカレンダーも入っていて、お客様が着ている時はダミーの方を出しておく、とか(←こんだけのことやっておいていまさらダミーもないもんだが)。

>★バン○イさまから
>・「ハゲタカ」人生ゲーム

今年の始めくらいにマジで「ハゲタカ」すごろくを考えていたんだけど、全く実現しないままだったなあ。

>★バ○ラさまからは
>・「ハゲタカ」ワイングラス
>・「ハゲタカ」ショットグラス
>・「ハゲタカ」ビールジョッキ

「ハゲタカ」ビールジョッキって、とん太にあったやつか!?(笑)

>また、この映画祭にあわせて下記書籍も発行されます。
>あわせてお買い求めください。
>・「実録・ハゲタカの日々」(著:大友さん)
>・「熱きハゲタカ・鷲津政彦」(著:訓覇さん)

んー、これは是非とも読みたい。

>・「ハゲタカの休日」(著:真山さん)

こっちはちょっとハズレの予感……。鷲津どうせ休日っつーたってそんなにプライベートなんかないしな。

>皆様のお越しをお待ちしております。」

Macky支配人、色々よろしくね♡
2011/11/13(Sun) 23:20 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>来年?来年には出世しちゃうの?tsumireさん?!

来年出世したとしても来年ハゲタカ映画祭を開催するのは結構むずかしいわねぇ(←やる気か!?)でも大友さんも夏までは編集と宣伝に忙しいだろうけど、秋口だったら少しは時間があるかしら。

>確か「ハゲタカ」ビルには、鷲津の等身大フィギュアがあるはず♡グッズも全部お買い上げだな。

でも等身大フィギュアも下半身は脱がせられませんからね。

>病室のドールハウスつきのおむつ鷲津なら、下半身も脱ぎ着出来ないと、ストーリーを忠実に再現出来ないのではないでしょうか。

なるほど。ドールハウスかあ。じゃああのプール付きの別荘のドールハウスとか、西乃屋の事務室のドールハウスやホライズン会議室のドールハウスも有りだね。で、suikaさんは病棟のドールハウスでおむつ鷲津と(略

>tsumire工房の社長さん、発売はいつですか?

肝心な条件を忘れているよ、私が出世したら、だ! ……(超遠い目)。

>ワインのサービスはマンダリンもお願いします。あと社食で260円のコーヒーも用意してください。

じゃビルの社食を最上階に用意しますんで、260円はきっちり用意しておいてね。あ、同じフロアに叩くための窓ガラス(強化ガラス)も用意しておきますんで、思う存分鷲津みたいにガラスに八つ当たりして下さい。

>萌えネタ不足からくる乾燥注意報が出ていたせいか、あっという間に延焼(泣)

わしらの乾燥ぶりっつーか、日照り状態はもうただごとじゃねーよなー(泣)。
2011/11/13(Sun) 23:32 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>地味にこっそり火種を置いて逃げて良かった。

延焼がとんでもないことになってますよ、奥様(笑)。
2011/11/13(Sun) 23:34 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック