もう、ここんとこ仕事がハンパなく忙しくて(泣)帰宅が10時11時12時になるもんで、平日リアルタイムでのドラマ視聴は完全に無理な状況に。したがって週末に片付けだの洗濯だの掃除だの溜まりにたまったあれこれの合間に録画をなんとか片付けなくちゃならないので(←義務じゃねーよ(笑))、見るドラマも随分と減ってきちゃったよ。

火9フジ、「謎解きはディナーのあとで」、まだ録画はしているんだけど週末に見ずに削除の繰り返し。もうほぼリタイア。

火深夜TBS、「深夜食堂2」、1回目を見逃し、2回目は録画したのにうっかり削除してしまい、3回目にしてやっと見る事ができましたが、これ、ドラマエピソードの数え方が前シリーズからの続きになっているのね。前シリーズが10話で終ったので、今シリーズは第11話から物語が始まっていたらしい。とりあえず今期第3回(第13話)しか見てないけど、いつもの定食屋でお気に入りのいつものヤツを食べているような、ドラマの内容そのままの味わい。

水10日テレ、「家政婦のミタ」、会社で木曜日のランチの話題はかならずミタ話が入って来る(笑)。どのオタクも子どもに大人気のようだ。うちも水曜日の午後9時50分になると子どもがわざわざ「家政婦のミタが始まるよ!」と号令をかけて準備万端(笑)。どうもミステリー的な部分とミタが次にどんなエキセントリックな行動をとるかを楽しみにしているようだが……。
「学校でも皆見ているって?」
「いや、あんまり」
「じゃ他の子は何見ているのよ」
「謎解き」
「へー」
「女子はさ、男目当てで見んのよ、内容よりもさっ!」
「……」
いやいや、中一女子ならアイドル目当てでドラマ見る方がふつーだろ。

木9テレ朝「DOCTORS 最強の名医」、第1回と第2回を頑張ってみてみたけど、つまんないです。こういう神業的名医物って、テンポが良ければそれなりに面白くなるもんじゃないかと思ってたけど、そうでもなかったな。

金11テレ朝、「11人もいる!」、うーむ、実は会社から帰ってテレビをつけるとちょうどこれが始まる辺りだったりするせいか、このところリアルタイムで見てしまっているのだが……ファンの皆様には申し訳ないけど、やっぱ私的にはダメな方のクドカンドラマだったみたい。広末と子ども店長はいいけど、他が全然楽しめない。

土9日テレ、「妖怪人間ベム」、相変わらず作り物感、扮装ドラマ感満載ではあるのだが、それをものともしない訴求力があるドラマ。ここんとこツイートした中からベム関連のものをピックアップしてみると。
「録画しておいた「妖怪人間ベム 第3話」視聴中。これは「ポーの一族」なのでわ……。」(11/7)
「「妖怪人間ベム 第3話」視聴終了。うーむ、始まる前は「なんで今更妖怪人間なんだよ」とか亀梨に早く人間になりたいとか言われてもねとか思っていたけど、人間になりたい=「生きたい」ということだった。そしてどうしたら人間になれるのか=「どうしたら生きていけるのか」だった。」(11/7)
「「妖怪人間ベム 第5話」視聴終了。生きていく事の難しさとか、人間を人間にしているものは一体何なのか、改めて考えさせられる。かつて「OZ」(樹なつみ、1988~1992)を読んだ時にも思ったのだが、ハードが例え妖怪やアンドロイドであっても、その魂は「人間」でありうるのだ。」(11/19)
という感じだが、ドラマスタッフブログを今読んでみたら、なんと第3話は「ポーの一族」って書いてあったよ……。そしてドラマの中のBGMについて「今はまだ「悲しみ」が流れる事が多いですが「希望」「異形の愛」など、苦・怒・哀を乗り越えた先に光る、美・優・強・温・愛・人間賛歌の音楽も作ってあります。もっともっと「大きな愛に包まれた未来」を歌い上げる「人間」バージョンです。ベム達の身の上にそれが流れるような日が来るのを、心から祈っています」とのこと。元のアニメ版では確か人間にはならなかったはずだが、このドラマ版ではどうなるのか。

日8NHK「江~姫たちの戦国~」この間超久しぶりにリアルタイムで見てしまいました(夕飯にカレーを作っていたので煮込みの間、ちょっと見てみた)。今まではあのたりらりらーんなテーマ曲で見る気が失せてリタイアしていたのだが、もうすぐ最終回なせいか今回はこんなたりらりらーん曲でも「もう1年かあ」としみじみしちゃったよ。ま、中身は相変わらずスッカスカでしたけど。大河ってやっぱり特別だよなあ。これだっていうぶっといテーマで濃いドラマを1年やるからのめり込んでみてたら最終回の達成感みたいなもんとか開放感みたいなもんがあると思うけど、今年の大河をずっと見てきた皆様はそこんとこどうなのかしら。去年の「龍馬伝」なんか毎回毎回思い切り文句言いまくりだったけどさ、やっぱり最終回のその後、日曜日になると「ああ、もう「龍馬伝」は終っちゃったんだ……」とか思ったもんですよ。

日9TBS、「南極大陸」、いやー、皆さんがすごく大変なのはよくわかります(笑)。あの時代の南極探検って、本当に命がけの挑戦だったんだろうし。でもなー、その大変さが全然伝わってこない。まず第1回を見たときの感想が「「華麗なる一族」みたい」「柴田恭兵がまんま芝野さん」「「宇宙戦艦ヤマト」かよ」「「官僚たちの夏」の趣も?」「で、最後に中島みゆきときちゃ、「プロジェクトX」か!?」(確か提供を読み上げているのは田口トモロヲじゃなかったっけ?)というもので、既視感満載でした。これだけのキャストを集めてるんだからそれも仕方がないのか?とか思ったんですが、でも2回3回と見るにつけ、物語が板についてない感じというのか借り物感というのか、絵空事にしか見えない。もちろんドラマだから事実を元にしているといってもやはり作り物なんだけど、明らかに非現実的なフィクションである「妖怪人間ベム」の方がずっと彼らの哀しみが伝わってきて「生きる」ってなんだろうと考えさせられるのに、こちらは南極どころか土星とか木星ぐらいに遠くで繰り広げられているドラマみたいですわ。あ、もしかしてイスカンダルか(笑)。

NHK朝ドラ「カーネーション」。10月から始まったNHKの朝ドラ、テーマが面白そうだし主人公がオノマチだしよさげとは思ていたものの、朝ドラなんてリアルタイムでは見られないし、といって15分単位の細切れドラマの録画をちまちま見るのもなんだしとか思ってましたが、、、結局、前にコメントでも書いたようなことに(笑)。ドラマの骨格が本当にしっかりしていてきちんと作ってあって、色んなエピソードがちゃんととつながってて生きているんですよね。そしてキャラクタが実に魅力的で。先々週分から土日にまとめて見ているので今週分はまだ見てませんが、先週見た時はこれってすごく「正しいドラマ」だよなあ、と思いました。今度の週末に続きを見るのが楽しみです。

そしてもうすぐ12月、会社の大お局様のK池さんが「来年の月9に松潤だって」と言った時に「それじゃそろそろ1月のドラマもチェックしなくちゃね」と条件反射的に言ってしまったことである(とほほ)。月日が経つのが本当に早過ぎだよ!(泣)
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
こんばんは tsumireさん

お仕事はとてつもなくお忙しいようですが
お天気にもめぐまれた祝日に花見?紅葉狩り?
もなさって映画もご覧になってリフレッシュ出来ましたでしょうか。

いよいよ原作の「ハゲタカ4」も来年から始動しますし、
大友さんもるろ剣がクランクアップしましたし
来るべき「Xデー」に備えて心身並びに美容にも気を配らなくてはいけませんよね。

「家政婦のミタ」はどうも見るたびに「女王の教室」くさいなーと
思っていましたが脚本家が遊川和彦でプロデューサーが大平太で同じでした。
この2人は「女王の教室」でものすごい批判が日テレに殺到した時も
当初の設定通りに最終回まで方針を変えなかったとか(wiki調べ)。

来週からはいよいよミタの過去が明らかになって実は未来から来た
猫型ならぬミタ型ロボットだとネタバレするか気になっ
てきっと「女王の教室」の時のように最終回まで見ちゃうと思います。

今期というより今一番楽しみなのは「カーネーション」ですね。
今日で45話ですけど最近の朝ドラのなかでも一番ですね。

尾野真千子さんは文句なしに上手いし可愛いし向上心にあふれて
お父ちゃんが繰り出す無理難題のクエストを確実にこなして
行く様はなんとも小気味いい。

あと4ヶ月も楽しむことが出来るのはとても嬉しい限り。
そして恐らく終わる頃には尾野真千子関連作品ってことで
「外事警察」や「赤い魚」の再放送もあるのではと期待しています。
(欲張りすぎ?期待し過ぎ?)

そうそう2012年の1月期はなんといっても
火曜夜10時フジテレビの「ハングリー!」で決まりでしょう!
向井くんがドSキャラのフレンチシェフ役で主演を張ります。
今回は実年齢と同じ設定で年上と年下の二人の女性の間を揺れ動くとか。
稲垣吾郎とのドSキャラ対決もあるようですのでご期待下さい。


「失礼しました。つい熱くなってしまって」
ということでお許し下さい。


2011/11/24(Thu) 01:21 | URL | むぎこがし | 【編集
うーむ、奥様、相変わらず忙しそうね。年末までこんな感じ?
今期のドラマはわたしも「カーネーション」以外はあまり見ていないんだけど、「DOCTORS 最強の名医」は、高嶋政伸のキモさがちょっと引っかかって、なんだかんだで見ています。(でもまぁ見なくてもどうってことないんだけど)
「深夜食堂2」はやつぱりこちらでは見られなくてDVD待ちなんだけど、小林薫は「深夜食堂1」と同じ感じなら、食堂のおやじと「カーネーション」の親父で全然違うキャラクターをどちらも魅力的に演じているのがすごいわ。(食堂のおやじは色っぽいけど、カーネーションの親父はかわいい)

「南極大陸」は第一回だけ見て脱落しちゃった。お金と労力がかかってるのは分かるけど、「なんだかなぁ」と思わせる箇所が随所にあって、どうにも見ているのが辛かったので。(キムタクがどう見ても戦後の男性に見えないとか、まんま芝野さんやんとか、犬ぞりの犬を集めるエピソード部分の安っぽい動物物語テイストとか)
「家政婦のミタ」は、長谷川博巳のだめ親父は今のところまぁいいんだけど、オチが親父は家族愛に目覚め、ミタは人間性を取り戻すなんてものだったら嫌だなぁと思ったら、最近ちょっとテンションが下がり気味。(しかしあの若さのサラリーマンで毎日家政婦が雇えるなら、tsumireさんも仕事が忙しい時だけでも雇えるかもよ。その時にはわたしだったら、「私の味は無視して、美味しいものを作ってください」と頼んじゃうぜ)

「蝶々さん」はドラマは見ていないけど、予告で例の襖を見て、あれは使い回しちゃいけないんじゃないの!と憤慨しましたよ。

奥様、こうなったら冬コミには銭湯の番台のばーさんのように、大人しく座っているだけでも上出来と思わなくちゃいけないみたいだね。お体、お大事に。
2011/11/24(Thu) 09:01 | URL | suika | 【編集
>お天気にもめぐまれた祝日に花見?紅葉狩り?
>もなさって映画もご覧になってリフレッシュ出来ましたでしょうか。

昨日は一日寝ていようかと思いましたが、貧乏性なせいか、映画を2本もみちゃったよ。「コンテイジョン」は面白かったけど、「アントキノイノチ」は演出が虫唾が走るくらい体に合わなかったわー。いちいちわざとらしくてあざとくて、泣かせよう泣かせようというのが見え見えで、この監督さんの演出は嫌いだ。音楽もこれまたそれっぽい曲ががんがんかぶさってうるさかったし。遺品整理業という仕事を通じて一度心が死んでしまった人々の再生を描く(らしい)というのは面白いかもとか思って(相変わらず事前知識ナッシングで)見てみたんだけど、失敗でした。サラネオ見るかアントキ見るか迷ったんだけどなー(←セレクトに節操がない)。

>いよいよ原作の「ハゲタカ4」も来年から始動しますし、

今、週刊ダイヤモンドを定期購読しようかどうか迷っているところですよ。他に読むところないから図書館でもいいんだけど、来年も図書館の空いている時間に帰宅できるかどうかわかんないしさ(泣)。

>来るべき「Xデー」に備えて心身並びに美容にも気を配らなくてはいけませんよね。

えーー、それはエキストラ参加するために? それとも初日舞台挨拶のオールスター勢ぞろいにそなえて!?(笑)。

>来週からはいよいよミタの過去が明らかになって実は未来から来た
>猫型ならぬミタ型ロボットだとネタバレするか気になっ
>てきっと「女王の教室」の時のように最終回まで見ちゃうと思います。

うちは子どもがハマって見ているので、多分やっぱり最終回まで見ると思うけど、昨日の一番のヒットは本編と予告編の間に流れたミタの松嶋奈々子とうららの相武紗季が入れ替わっていたバージョンですよね。子どもなんかそこだけ10回くらい再生してたよ。多分DVD特典か何かに入るんだろうけど。

しかしまあ、ロボットじゃないどころかどんどん人間味を増してくるのががっかり……。

>今日で45話ですけど最近の朝ドラのなかでも一番ですね。

えーーーー、むぎこがしさん的には一番はゲゲゲじゃなかったの?(笑)

>そうそう2012年の1月期はなんといっても
>火曜夜10時フジテレビの「ハングリー!」で決まりでしょう!

うーむ、楽しみがあってよろしゅうございます。

>「失礼しました。つい熱くなってしまって」

お嬢様、「つい」じゃなくて、「いつも」の間違いですよ(笑)。
2011/11/24(Thu) 16:35 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>うーむ、奥様、相変わらず忙しそうね。年末までこんな感じ?

多分……そうじゃないかな(泣)。もうさ、土日に休んでもあんま疲れが取れ た気がしねーよ。ああ、せめて大きい鷲津が見られたら、すっげー励みになる し疲れも取れるんだがーーー。なんか、布団の中とか閉め切った押し入れの下の段に引きこもって、ノートPC持ち込んで狭くて暗い中でひっそりと隠れ「ハゲタカ」とかやってみたら少しはヤク切れを補えるかなーとか妄想しちゃっているよ(笑)。

>「DOCTORS 最強の名医」は、高嶋政伸のキモさがちょっと引っかかって、なんだかんだで見ています。

高嶋弟は平成の岸田森を目指しているのかしらね。でも高嶋弟の怪優ぶりを堪能するなら映画「探偵はBARにいる」がオススメかも(主演は洋ちゃんだ)。

>小林薫は「深夜食堂1」と同じ感じなら、食堂のおやじと「カーネーション」の親父で全然違うキャラクターをどちらも魅力的に演じているのがすごいわ。

小林薫はそんなに名優って訳でもなさそうなのに(←非常に失礼?(笑))ちゃんと存在感があるよね。

>「南極大陸」は第一回だけ見て脱落しちゃった。

私もしょっぱなからなんだかなーと思ったけど何せ芝野さん(違)が出ていてまんま芝野さんやっているし、他の俳優さんも見てみたいので4回くらいまでは見たけど、あんだけ毎回次から次と事件や事故が起こるのに、次一体どうなるんだろとも思わないし(絶対助かるんだろうし)、まったく心惹かれないわ~。お金と労力はかかってるけど、安売りしているよね。

>「家政婦のミタ」は、オチが親父は家族愛に目覚め、ミタは人間性を取り戻すなんてものだったら嫌だなぁと思ったら、最近ちょっとテンションが下がり気味。

そうそう、それじゃあ全然フツーの物語じゃーん。あれはミタのロボットぶりが目を引いたのにー。

>しかしあの若さのサラリーマンで毎日家政婦が雇えるなら、tsumireさんも仕事が忙しい時だけでも雇えるかもよ。

あんだけ完璧にやってくれるなら是非ともお願いしたいね。ついでに原稿も描いて下さい、と言ってみたい所だ(笑)。

>「蝶々さん」はドラマは見ていないけど、予告で例の襖を見て、あれは使い回しちゃいけないんじゃないの!と憤慨しましたよ。

あの襖、結構使い回ししているらしいですぜ。しかもプロ(笑)のチェックによれば、「ハゲタカ」時より摩耗しているそうで。

>奥様、こうなったら冬コミには銭湯の番台のばーさんのように、大人しく座っているだけでも上出来と思わなくちゃいけないみたいだね。お体、お大事に。

ありがとうーーー。なんとか今回もコピー誌だけでも出したいんだけどなあ……(遠い目)。

あ、そうそう、昨日ピグの庭で例によってnanakoさんとチャットしてて(またかよ!)、弊ブログの次の記事は「ハゲタカ2」ネタでタイトルは「ふりかけろ!」にしました(予定)。お楽しみに~(笑)。
2011/11/25(Fri) 07:20 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
毎日、残業お疲れ様です。いよいよ、恐怖(笑)の12月ですね。早いっ!早過ぎるよっっ!

ところで、最近遅ればせながら「ミタ」を見ています。途中からでも人物関係がだいたいわかるって、よくできたドラマかも?なんて思ってます。
でもsuikaさんが言ってるみたいに、最後が普通だったらちょっとがっくりだなー。

あと、血迷って(笑)見始めた月9も一応みています。でもねー、なんか話の展開が安直な気がする。
いや、この前のコメントで「話がわかりやすすぎる」って書いたんですが、わかりやすくてもそれなりにいいかもしれないんだけど、その間の話の展開にもっとドキドキ感があってもいいよなって思うんです。
その昔の恋愛ドラマ(いわゆるトレンディドラマ)もいくつかみました。結構わかりやすい展開だったけど、もっと結末までわくわくしながら見たと思うんですよね。わかってても見ちゃうっていうのが、今の月9には感じられないんすよ(超エラそー)
私が単に年取っただけなのかなぁ(苦笑)
でも、月9視聴者ウォッチャーとして(笑)一応録画だけしておきます。でもリタイヤするかもな。

「小説新潮」だったか?に真山さんの新連載が載ってたので、ちらっと立ち読みしてみました。農業と農薬関係についての話みたいですね。
「ハゲタカ4」と同時進行なのでしょうか?
2011/11/25(Fri) 15:50 | URL | ぶるー | 【編集
>いよいよ、恐怖(笑)の12月ですね。早いっ!早過ぎるよっっ!

多分私達の周りだけ、時間の流れの早さが違っているんだよ。そうでなきゃこんな早い訳がない!(泣)

>でもsuikaさんが言ってるみたいに、最後が普通だったらちょっとがっくりだなー。

結局、みんな天の邪鬼?(笑)最後にsuikaさんが書いてたみたいに親父が家族愛に目覚めてミタは人間性を取り戻すっつー意外性のかけらもないありきたりなパターンは裏切って欲しいもんだよ。まー、別にありきたりの結末でもいいけど、だったらミタのあのキャラとあのエキセントリックな行動という飛び道具に頼らずしっかり人間を描けよ、とか思うしな。

>結構わかりやすい展開だったけど、もっと結末までわくわくしながら見たと思うんですよね。わかってても見ちゃうっていうのが、今の月9には感じられないんすよ

この違いはなんなのかね。他の物語でも、結末がわかってても展開や描写が楽しみだったり、目が離せなくて先が楽しみってドラマはあるじゃないっすか。作品世界の魅力の違い? ま、私は月9はほとんど見た事ないしかつてのトレンディドラマも全然見てなかったけどさー(笑)。

>私が単に年取っただけなのかなぁ(苦笑)

今の若いもんの感想も聞いてみない事にはなんとも(笑)。

>でも、月9視聴者ウォッチャーとして(笑)一応録画だけしておきます。でもリタイヤするかもな。

月9視聴者ウォッチャーか。結構イバラの道かも。

>ハゲタカ4」と同時進行なのでしょうか?

「沈黙の代償」ですね。まだ全然チェックしてないから立ち読みしてこようかしら。今出ているやつで第1回となっているから、来年早々に連載が始まる「ハゲタカ4」とはやっぱり同時進行だよね。in☆pocket連載中の「ハーディ」は今月号で第36回だし、もうそろそろ終ってもいいんじゃなかろうか(って、ほとんど読んでないから展開がどうなっているかわからんけど)。
2011/11/26(Sat) 16:11 | URL | tsumire→ぶるーさん | 【編集
「南極大陸」の後は・・・
「運命の人」(原作・山崎豊子さん)だそうで。
主演は、本木雅弘、松たか子、真木よう子ですが、
なんか追加キャストがオヤジ臭漂ってます。
大森南朋、長谷川博己、原田泰造、市川亀治郎、
柳葉敏郎、吹越満、石橋凌、橋爪功、柄本明、北大路欣也。。。
長谷川博巳、売れてますねぇ。
南朋さんは、鷲津臭Nothing。。。
ま、見ますけど。
2011/12/02(Fri) 12:59 | URL | Macky | 【編集
>「運命の人」(原作・山崎豊子さん)だそうで。

なんか重々しい作品が続いてますねぇ。原作はまったく読んでないですがテーマは面白そう。ただTBSのこの枠の類似ドラマでは「官僚たちの夏」はリタイアしちゃったんだけど、脚本は「官僚たちの夏」の人なのか。演出の人は……どの作品も全部途中でリタイアしている……。でもキャストのオヤジ臭も私的には非常にいい塩梅(笑)。

>南朋さんは、鷲津臭Nothing。。。

役柄からいって「クライマーズ・ハイ」的? まー、どこさがしても鷲津、いないよね……(遠い目)。
2011/12/03(Sat) 13:03 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
今更・・・
録画してあった「南極大陸」を見たんですがあまりの名演技に号泣!
凄い役者です、言葉ではなく表情だけで感情を表現していて、
もう涙無しでは見られませんでした。
凄いぞ!次回作を期待してるぞ!リキ!!

で、このドラマって、ラブロマンスだよね。
お互い、意識していながらも素直になれない倉持と氷室。。。
あぁまどろっこしぃぃ!
氷室のツンデレ振りにもほどがある!

なにはともあれ楽しめたドラマでした♪
2012/01/24(Tue) 12:51 | URL | Macky | 【編集
「南極大陸」、視聴率は右肩下がりだったけど、主演がキムタクだったからというよりも、色々と頑張っている感があまりにも強過ぎたのが敗因だったかしらね。まー、今放送中の「運命の人」もあらすじ読むだけでも胸やけしそうなくらい暑苦しくて重々しいドラマだけど。

>お互い、意識していながらも素直になれない倉持と氷室。。。

やはりそこなのね……(笑)。
2012/01/25(Wed) 23:31 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック