弊社の年末年始休暇は12月30日から1月3日までである。12月30日は一日コミケに行っていたので置いておいて、のこり4日間も休暇があったのに、何かやった感もなければ(もちろん大掃除もおせち料理作りも当然スルーだ)、じっくり休んで疲れを癒した感もない(泣)。もしかして私の周りだけ時間の流れが違うんじゃないのか!?(←毎回言っている)と思うくらい何もなかった年の初め、一年の計がこんなことでいいのか?? さて1月からの新ドラマ。昨日やっとテレビ情報誌を開いて今期ドラマをチェック、あら、見てみようかしらとか思ったドラマが昨日の深夜からだったために見逃してしまった也。

1月9日、月8TBS、「ステップファザー・ステップ」(原作・宮部みゆき、脚本・篠崎絵里子他、演出・新城毅彦、山下学美、P・渡辺良介、八木亜末、出演・上川隆也、小西真奈美、平山あや、渋谷龍生、渋谷樹生、須藤理彩、渡辺いっけい、伊東四朗他原作は、宮部みゆきファンに絶大な人気を誇る名作。両親に見捨てられた双子の兄弟と、彼らの父親代わりをする羽目になったプロの泥棒の身にふりかかる事件をユーモアたっぷりに描いたミステリーだ。1話完結型となる今作では、泥棒や詐欺師という裏稼業のノウハウを生かして爽快に事件を解決する姿と、ひょんなことからニセ家族となった3人が徐々に絆を深めて行く様子を描く」(楽天エンタメナビより)。TBS月曜8時のこの枠(元「水戸黄門」「江戸を斬る」枠、第1回は7時から2時間SP)には特に期待はしないのだが(←エラソー)、原作が宮部みゆきなのでとりあえず第1回はチェックしたい。

1月16日、月9フジ、「ラッキーセブン」(脚本・早船歌江子、野木亜紀子、演出:佐藤信介、P・重岡由美子、関口大輔、出演・松本潤、瑛太、仲里依紗、大泉洋、松嶋菜々子他)。「探偵社で働く7人のメンバーが、衝突や葛藤を繰り返しながらも、チームワークで案件を解決していく、1話完結型の群像劇」(楽天エンタメナビより)。月9には何一つ心動かないし、ファンの皆様には申し訳ないけどマツジュンのドラマは途中リタイアするケースが非常に多くまったくそそられないのだが、映画「まほろ駅前多田便利軒」で擬似探偵役(便利屋だけど)をやった瑛太と、映画「探偵はBARにいる」で探偵役をやった洋ちゃん(大泉洋)がちょっとよかったのでこれも第1回目は見るかも。

1月10日、火9フジ、「ストロベリーナイト」(原作・誉田哲也、脚本・龍居由佳里、林誠人、黒岩勉、旺季志ずか、演出・佐藤祐市、石川淳一、P・成河広明他、出演・竹内結子、西島秀俊、小出恵介、丸山隆平、遠藤憲一、生瀬勝久、武田鉄矢他)。「誉田哲也の人気ミステリーを原作に、2010年にスペシャルドラマとして放送された「ストロベリーナイト」。竹内結子が成り上がりの女性刑事・姫川玲子を存在感たっぷりに演じ、スリリングなストーリーと衝撃的な結末が話題を呼んだ。連続ドラマでは、同じ姫川玲子シリーズの原作をベースに展開。事件だけでなく、登場人物の心象や人間関係なども掘り下げて描き、奥深い人間ドラマとなっている。前回、個性的なキャラクターで魅了した主演の竹内結子をはじめ、ライバル刑事役の武田鉄矢、部下役の西島秀俊、脇を固める生瀬勝久、高嶋政宏、遠藤憲一、渡辺いっけい、津川雅彦らに、小出恵介、丸山隆平も新加入」(楽天エンタメナビより)。単発で放映されたスペシャルドラマは1月6日(金、明日だよ)再放送予定。先週行ってきたコミケで助っ人の同僚M様に「単発ドラマ版の「ストロベリーナイト」は面白かったです!」と強力にお勧めされたことだし、サブの皆さんもよさげだし、ちょっと期待(でも火9フジ枠は私的に途中リタイアする率が非常に高し)。

1月24日、火10NHK、「タイトロープの女」(脚本・金子ありさ、演出・梛川善郎、P・海辺潔、出演・池脇千鶴、高岡早紀、小澤征悦、本田博太郎、石田卓也、姜暢雄、笹野高史他)。「舞台は大阪のワイヤー工場。主人公・十倉由梨(池脇千鶴)は、愛人と再婚した父を嫌い、東京のホテルのピアノ演奏で生計をたてていた。そこへ突然父の訃報が……。遺されたのは継母となった愛人・十倉恭子(高岡早紀)と潰れかけた工場。交わらない二人が、ぶつかり合いながら工場の再生を賭けた勝負に出る」(NHKドラマトピックスより)。ストーリーから言って企業再生物、なわけないよなあ。女二人のドロドロ物かなあ。演出は「TAROの塔」(2011年、NHK)の梛川善郎。

1月10日、火10フジ、「ハングリー!」(脚本・大森美香、演出・本橋圭太、白木啓一郎、木内健人、P・河西秀幸、平部隆明、出演・向井理、瀧本美織、国仲涼子、塚本高史、三浦翔平、川畑要、鈴木砂羽、片桐はいり、宮地真緒、石黒英雄、田山涼成、林丹丹、山下リオ、佐藤勝利、橋本じゅん、片平なぎさ、大杉漣、稲垣吾郎他)。「2012年1月、かつてロックに夢を馳せた一人の男が、街中に一軒のフレンチレストランをオープンさせます。店の名前は「ル・プティシュ」。亡くなった母の遺志を継ぎ、30歳目前でミュージシャンから一転、フレンチシェフになることを決意した男は、文字どおり、大切な人の"Hungry=空腹"を満たし、自らもハングリー精神で料理の道をまい進します」(番組公式HPより)。公式サイトのトップページの向井理の写真の横に「料理isロック!!」って文字があって、何から何まであのnanakoさん(「ハゲタカのお友達」かつピグライフ仲間ね)のためのドラマみたい~と思った私である(笑)。脚本は「ロング・ラブレター〜漂流教室〜」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」の大森美香、でも演出さんたちはちょっと、、、。

1月10日、火11*NHK、「本日は大安なり」(原作・辻村深月、脚本・西荻弓絵、演出・渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一、P・加賀田透、近見哲平、出演・優香、浅野ゆう子、石黒賢、谷村美月、星野真里、福士誠治、渡部豪太、岡田義徳他、放送開始時刻は午後10:55から)。「幸せの絶頂にある新郎・新婦。心からの祝福を送る出席者たち。しかし、そこに式の成功を望まない人物がまぎれこんでいたとしたら?よる☆ドラ第2シリーズ「本日は大安なり」は、ある結婚式場の特別な1日を連続10回で描く、スピード感あふれる群像劇です。謎が謎を呼ぶ犯人探しのサスペンスと、抱腹絶倒のコメディ、そして胸キュンの切ないラブストーリーが交錯して疾走する、かつてない『ウェディング・エンターテインメント』です!」(ドラマ公式HPより)。脚本は「SPEC」の西荻弓絵、演出は「モリのアサガオ」「なぜ君は絶望と闘えたのか」の河原瑶他。お話自体は結構面白そうだけど。なお「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」(2011年、フジ)で世間の皆様の不憫萌えを刺激した(笑)あの福士誠治(宇佐美役)が花婿役で登場。

1月24日、火深夜TBS、「家族八景 Nanase, Telepathy Girl's Ballad」(原作・筒井康隆「家族八景」、脚本・佐藤二朗、池田鉄洋、前田司郎他、演出・堤幸彦、P・平部隆明他、出演・木南晴夏他)。「原作は、1970年代に筒井康隆が発表したSF小説で、人の心を読める主人公・火田七瀬が活躍する3部作“七瀬シリーズ”の1つ。そんな文学界の奇才が世に送り出した作品を、映像界の奇才・堤幸彦がドラマ化。また、脚本には、俳優としても独特の存在感で人気の佐藤二朗や池田鉄洋らを迎え、人の心の裏側というアンタッチャブルな扉をこじ開ける」(楽天エンタメナビより)。脚本に俳優さんの名前が並んでいるのはいったい何?と思ったら皆さん脚本は今まで書いてきた方々ばかりのようで。主役はあの「勇者ヨシヒコと魔王の城」(2011年、テレビ東京)の木南晴夏で演出は堤幸彦…って、ハズレなのかアタリなのかギャンブルのようなドラマ?(←非常に失礼です)。

1月10日、火深夜日テレ、「ティーンコート」(脚本・渡辺雄介、G2、演出・菅原伸太郎、西野真貴、P・大野哲哉、大森美孝、出演・剛力彩芽、瀬戸康史、村川絵梨、東幹久、前田美波里他)。「そこは10代の少年少女で構成された子どもが子どもを裁く裁判所。女子高生検事・若王子美里=剛力彩芽が同じ10代の青少年が犯した罪の真相を追求するニュースタイルの青春ドラマそして、事件を通してティーンの「今」を映し出します。さらに!! 高校生検事ならではの名珍・求刑もお楽しみに!」(番組公式HPより)。深夜だし若い人多いし、パス。

1月17日、火深夜テレ東、「逃亡者 おりん2」(脚本・沢橋凛、監督:六車雅宣、中野広之、出演・青山倫子、渡辺大他)。「2006年秋から半年に渡って放送され、2008年にはスペシャルドラマにもなった新感覚のアクション時代劇「逃亡者 おりん」の第2シリーズが満を持して登場。人とのふれあいを情感豊かに描いた人間ドラマと、青山倫子演じるストイックなニューヒロイン・おりんがセクシーな衣装で躍動するアクションが見どころ」(楽天エンタメナビより)。「逃亡者おりん最終章」1月12日午後9時放映、「逃亡者おりん2」1月17日深夜放映、ってどういう構成なんだかさっぱりわからん。とりあえず時代劇スキーな実家の父が「「水戸黄門」も暴れん坊将軍」も最近のものはつまらない」といいながらもこの「逃亡者おりん」は見てましたわ。

10月4日、火深夜テレ朝(継続)、「私のホストちゃん~しちにんのホスト~」(演出・構成・鈴木おさむ)。パス。

10月19日、水9テレ朝(継続)、「相棒 season10」(脚本・輿水泰弘、櫻井武晴、戸田山雅司、監督・和泉聖治、P・松本基弘他、出演・水谷豊、及川光博、益戸育江、川原和久、大谷亮介、山中崇史他)。「相棒」については確か前回(2011年9月11日「2011年10月からのTVドラマ」)ここで「好きにやって」と書いたらnanakoさんのお城のコメント欄でみなみさんに顰蹙を買ったような気が(違)。みなみさん、ごめん、やっぱりここは、「好きにやってー」(笑)。別に嫌いじゃないんだけど、しっかり安定感があるドラマなのでいつでも見られるからいいやとか思っちゃうんだよなあ。

1月11日、水10日テレ、「ダーティ・ママ!」(原作・秦建日子、脚本・白木朋子、演出・南雲聖一、茂山佳則、P・西憲彦、内山雅博、出演・永作博美、香里奈、上地雄輔、安田顕、八嶋智人、佐藤二朗、野間口徹他)。「女にとって、本当の幸せとは何でしょうか?素敵な恋愛?やりがいのある仕事?結婚出産?あるいは全部?女性の生き方が多様化した今、何が本当の幸せなのか、一口では語れません。でもアナタは、どこかで「こんなものだろう」と妥協したり、何かのせいにして「仕方がない」と諦めたりしていませんか?」(ドラマ公式HPより)。メインキャストにはまったく心惹かれない、、とか思ったんだけど予告編見たらちょっと面白そうな気も。

1月11日、水深夜日テレ、「数学女子学園」(脚本・山浦雅大、徳尾浩司、演出・河合勇人、P・植野浩之他、出演・田中れいな、道重さゆみ、桜田通、矢島舞美、鈴木愛理他)。深夜だし知らない若い人多いし、パス。

1月4日、水深夜テレ東、「孤独のグルメ」(原作・久住昌之、谷口ジロー、脚本・田口佳宏、演出・溝口憲司、P・川村庄子、出演・松重豊他)。「個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子を淡々と描く異色のグルメドキュメンタリードラマ。原作は単行本・文庫本合わせて累計20万部を突破しているロング&ベストセラー。登場する店は全て実在し、ドラマオリジナルの選定となる。ただ料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすらに主人公の食事シーンと心理描写をつづり、淡々とストーリーが流れていく」(テレビ東京番組紹介より)。昨日見ようと思ったのに、録画しておこうと思ったのに、寝落ちして見逃してしまったでござる、無念。しかしテレ東の深夜番組の主役って、「湯けむりスナイパー」のエンケン(遠藤憲一)とか、この「孤独のグルメ」の松重さんとか、他の局じゃないセレクトだよなあ(笑)。

10月20日、木8テレ朝(継続)、「科捜研の女」(脚本・櫻井武晴、戸田山雅司、監督・森本浩史、石川一郎、P・井土隆他、出演・沢口靖子、風間トオル、斉藤暁、泉政行、奥田恵梨華、内藤剛志、高橋光臣、田中健、若村麻由美他)。特にコメントなし。

1月12日、木9TBS、「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」(脚本・渡辺千穂、演出・石井康晴、川嶋龍太郎、山室大輔、P・伊與田英徳、出演・山下智久、榮倉奈々、前田敦子、知念侑李、反町隆史、塩見三省、蟹江敬三、山崎努他)。「今回のドラマの舞台となるのは警察御用達の 「 葬儀屋さん 」。数々の作品で常に新しい時代の男性像を切り開いてきた山下が、新たな歴史の1ページを刻むべく、「 人生の最後 」 に向き合う。山下が今回演じるのは、父親を亡くし、ずっと嫌っていた家業の 「 葬儀屋さん 」 を継ぐことになった井原屋5代目・井原真人。警察御用達のこの下町葬儀屋さんで扱うものは、いわゆる 「 訳あり 」 遺体ばかり。真人は、兄妹と、ひょんな事から知り合う女性新人刑事と共に、毎回遺体と一緒に運び込まれる世間のシビアな現実に立ち向かっていく」(番組公式HPより)。脚本はあのママ友地獄(笑)の「名前をなくした女神」(2011年、フジ)の渡辺千穂、演出は「流星の絆」(2008年、TBS)、「新参者」(2010年、TBS)の石井康晴、「新参者」、「専業主婦探偵 私はシャドウ」(2011年、テレビ朝日)、「JIN-仁-」(2009年、TBS)の山室大輔他。映画「おくりびと」「アントキのイノチ」「エンディングノート」と人生の最後に関わる描写の映画は評判いいですけど……。

1月19日、木9テレ朝、「聖なる怪物たち」(原作・河原れん、脚本・荒井修子、高山直也、演出・藤田明二、落合正幸、常廣丈太、P・内山聖子他、出演・岡田将生、中谷美紀、加藤あい、長谷川博己、小日向文世、平田満、渡辺いっけい他)。「嵐の夜、1人の妊婦の飛び込み出産があった。 男の子が生まれ、母親は命を落とした。 偶然の事故か?仕組まれた事件か? この子どもは、誰のものか?新人外科医 VS 美人姉妹 VS 大企業経営者、大財閥跡取りの命の誕生をめぐって “聖職者”たちの色と欲望が渦巻く この冬最も“スキャンダラス”な医療サスペンス!!」(番組公式HPより)。サブの皆さんがよさげですけど、たぶん見ない。

1月12日、木10フジ、「最後から二番目の恋」(脚本・岡田惠和、演出・宮本理江子、谷村政樹、並木道子、P・若松央樹、浅野澄美、出演・小泉今日子、中井貴一、坂口憲二、内田有紀、飯島直子、浅野和之 松尾論他)。「テレビ局のドラマプロデューサーを勤める千明(小泉今日子)は45歳独身。将来への不安を感じていたところ、友人と古民家を借りてゆったりとした老後を過ごそうと盛り上がり、軽い気持ちで鎌倉へ下見に出掛ける。町を散策し、素敵な古民家カフェで時間を過ごした千明だが、一緒に暮らそうと話していた友人が本気ではなかったことが判明。落ち込んだ気持ちで海岸を訪れた千明はゴミを拾い集めている和平(中井貴一)に出会う。和平は鎌倉市役所の観光推進課に勤務する50歳で、妻とは死別しており、2人は少しずつ惹かれ始める」(楽天エンタメナビより)。このキャストにも恋愛物にもまったく心惹かれないわ~とか思ったんですが、演出があの「それでも、生きてゆく」(2011年、フジ)の宮本さんと並木さんなんだよなあ。

1月5日、木深夜日テレ、「デカ黒川鈴木」(原作・滝田務雄「田舎の刑事の趣味とお仕事」「田舎の刑事の動物記」、脚本・大宮エリー、監督・本田隆一、P・堀口良則他、出演・板尾創路、田中圭、鶴田真由、田辺誠一他)。「男の名は、黒川鈴木。職業は田舎町にある小さな警察署の刑事。普段はヒマでも、事件が起これば無能な白石と真面目な赤木、二人の部下を連れて現場に急行。起こる事件は、高級ワサビ畑殺人事件、釣り池発砲事件…など、難事件ばかり。このドラマは、都会では起こらないハードな凶悪な事件に、田舎ボケした部下達に足を引っ張られながらも、名刑事・黒川が卓越した推理力を駆使し事件解決に挑む痛快ミステリードラマです」(番組公式HPより)。あらすじだけ読んでふと、「熱海の捜査官」(2010年、テレビ朝日)みたいなドラマ?とか思ったんですが。

1月20日、金10TBS、「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」(脚本・永田優子、演出・高成麻畝子、P・高成麻畝子他、出演・仲間由紀恵、佐々木蔵之介、市川実日子、永山絢斗、室井滋、田中裕二、りょう他)。「主演に仲間由紀恵を迎え、恋の仕方をすっかり忘れてしまった6人の男女が繰り広げる、世にも奇妙な恋のスクランブル模様をコメディタッチで描く」(番組公式HPより)。恒例(笑)、仲間由紀恵さんはパス。

1月13日、金11テレ朝、「13歳のハローワーク」(原作・村上龍「新13歳のハローワーク」、脚本・大石哲也、演出・高橋伸之、塚本連平、梶山貴弘、P・内山聖子他、出演・松岡昌宏、横山裕、桐谷美玲、光石研、古田新太、風吹ジュン他)。「累計発行部数148万部超えの村上龍の子供向け職業案内ガイド本「13歳のハローワーク」をドラマ化。松岡昌宏が扮する現状に不満を抱く警察官・小暮鉄平が1990年にタイムスリップ。あの手この手で13歳の自分を再教育し、充実した仕事と人生を手に入れようと奮闘する、ヒューマンファンタジー“進路ガイド”コメディー。人生を模索する鉄平の姿を通して、働くことや生きていくことの意味、眠ったままの自分の可能性を改めて問いかけていく」(楽天エンタメナビより)。「バブルへGO!!」13歳のハローワーク版?

1月13日、金深夜テレ東、「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」(脚本・入江信吾、和田清人他、演出・松木創、P・阿部真士、齋藤理恵子、出演・川村ゆきえ、杉原杏璃、小松彩夏、手島優、おかもとまり他)。「川村ゆきえ、杉原杏璃、小松彩夏、手島優ら、ベテラン勢からフレッシュな新人まで、グラビアアイドルが多数出演する、おしゃれでエロティックなナイト・ドラマ。テレビ局が開催するグラビアアイドルユニットのオーディションを舞台に、華やかな現場で巻き起こる騒動を描く」(楽天エンタメナビより)。深夜だし知らない若い人多いし男性向けっぽいし、パス。

1月27日、金深夜TBS、「白戸修の事件簿」(原作・大倉崇裕「白戸修の事件簿」「白戸修の狼狽」、脚本・渡辺啓、穴吹一朗、演出・鈴木浩介、P・杉山剛他、出演・千葉雄大、本郷奏多他)。「推理作家・大倉崇裕の青春ミステリーの秀作「白戸修の事件簿」を初ドラマ化。千葉雄大演じる主人公の白戸修は、ヘタレで不器用なフリーターだが、困っている人を見捨てられずに難題を請け負ってしまう気弱なお人好し。やがて、殺人や銀行強盗、ストーカー、盗聴などの難事件に巻き込まれ、解決するべく奔走する」(楽天エンタメナビより)。金曜日の深夜はヘトヘトになって寝ているのでパス。

1月13日、金深夜テレ東、「さばドル」(出演・渡辺麻友他)。「今や人気絶頂を誇るアイドルグループ、AKB48。その中でも「正統派アイドルの美少女」として誰からも愛される人気メンバー、「まゆゆ」こと渡辺麻友が主演する学園コメディー」(楽天エンタメナビより)。私が子供のころにもアイドルがとにかく主役!それだけでもう十分!ってドラマはあったよなあとしみじみ。

1月14日、土9日テレ、「理想の息子」(脚本・野島伸司、演出・佐久間紀佳、演出・森雅弘、クリエイター・櫨山裕子、P・三上絵里子他、出演・山田涼介、沢村一樹、藤ヶ谷太輔、中島裕翔、鈴木京香他)。「「三度のメシより母ちゃんが好き!!」という理想の息子に育った高校生と「私のために立派に育って家を買え!!」と息子を操縦してきた母親。何とも不思議な母子関係をコメディータッチで描く」(Yahooドラマ特集冬号より)。「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「Q10」「野ブタを、プロデュース。」「妖怪人間ベム」など今まで数々の名作を生み出してきた日テレ土9枠ですが……今回は多分パス。

1月8日、日8NHK、「平清盛」(脚本・藤本有紀、演出・柴田岳志、制作統括・磯智明、出演・松山ケンイチ、玉木宏、松田翔太、深田恭子、岡田将生、中井貴一、小日向文世、伊東四朗、三上博史、阿部サダヲ、藤木直人、國村隼、山本耕史他)。「「平家物語」ではアンチヒーローとして描かれていた清盛に新たな光を当て、歴史絵巻から解放された躍動感とエネルギーあふれる男として描いていく」(楽天エンタメナビより)。脚本は「ちりとてちん」(2007年、NHK)の藤本有紀、演出は「坂の上の雲」の柴田岳志(「龍馬伝」の渡辺一貴さんも入っているけど)、人物デザイン監修はあの「龍馬伝」の時の柘植さん(柘植伊佐夫)、松ケンにはなんの興味もないけど他のキャストも豪華~。とりあえず見ると思われ。

1月15日、日9TBS、「運命の人」(原作・山崎豊子、脚本・橋本裕志、演出・土井裕泰、吉田健、P・瀬戸口克陽、出演・本木雅弘、松たか子、真木よう子、大森南朋、北大路欣也、松重豊、北村有起哉、長谷川博己、吹越満、市川亀治郎他)。「原作は、2009年に発表された山崎豊子の最新作で、累計130万部を記録する大ヒット作。約40年前に実際に起きた“沖縄返還密約事件”と呼ばれる事件をもとにした物語で、沖縄返還の裏側に潜む国家の機密を暴いたことで権力の逆鱗に触れ、やがて追いつめられていく新聞記者の苦悩をスリリングに描く」(楽天エンタメナビより)。話は面白そうだし、キャストもよさげ……でも演出は私がことごとく途中リタイアした作品(「うぬぼれ刑事」「ラブシャッフル」他の土井裕泰、「うぬぼれ刑事」「冬のサクラ」他の吉田健)の演出さんなので先行き不透明……。

1月15日、日9フジ、「早海さんと呼ばれる日」(脚本・大島里美、演出・河野圭太、P・貸川聡子、出演・松下奈緒、井ノ原快彦、要潤、中丸雄一、森永悠希、古手川祐子、船越英一郎他)。「主人公は、4人兄弟の長男と結婚し、男だらけの家庭に入ることになったお嬢様。最初は価値観や育った環境が違いすぎるために夫の家族と馴染めないが、一緒に暮らして家族の一人ひとりを知るうちに、愛情が沸き、やがて一家に欠かせない嫁に成長していく姿を描く」(Yahooドラマ特集冬号より)。あの「JIN-仁-」(2011年、TBS)の裏でありながら大健闘だった「マルモのおきて」(2011年、フジ)再び!?

1月22日、日11テレ朝、「妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」(原作・奥泉光「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」、脚本・森ハヤシ、監督・小泉徳宏、P・横地郁英、関拓也、出演・佐藤隆太、桜庭ななみ、倉科カナ、倍賞美津子他)。「芥川賞作家・奥泉光氏の衝撃ミステリー小説『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』(文藝春秋刊)を佐藤隆太主演で初のドラマ化! 素人ならではの"妄想推理"で次々と難事件を解決していく三流大学文学部准教授・桑潟幸一とその相棒のホームレス女子大生・神野仁美の活躍を、笑いあり涙ありで描いていく」(番組公式HPより)。日曜の夜10以降はドラマを見ません(きっぱり)。翌日仕事だから余計な事を考えたくないんだろうなー。

10月3日、月~土8帯NHK、「カーネーション」(脚本・渡辺あや、演出・田中健二、末永創、制作統括・城谷厚司、内田ゆき、出演・尾野真千子、小林薫、麻生祐未、栗山千明、正司照枝、十朱幸代他)。「服飾デザイナー・小篠綾子をモデルに、娘であるヒロコ、ジュンコ、ミチコの三姉妹を女手ひとつで育て上げた女性の一代記」(楽天エンタメナビより)。私がこのドラマを見始めたのは、11月中旬くらいからだったのだが、これは本当に「正しいドラマ」だと思いました。いやー、朝ドラを毎週見るなんて30年ぶりくらいのような気がする。

1月5日、月~金1:30帯フジ、「鈴子の恋」(脚本・大石静、長沖渉、演出・木下高男、P・服部宣之、鈴木伸太郎
、出演・映美くらら、浅野ゆう子、三倉佳奈、かとうかず子、片岡鶴太郎他)。「上方芸能界のトップとして、富も名声も得たミヤコ蝶々の人生を描く」(楽天エンタメナビより)。朝ドラは30年ぶりに見たけど、さすがに昼メロは見ないわ~とか思ったものの、このドラマはミヤコ蝶々の一代記なのね。以前氷室冴子がミヤコ蝶々と対談した時のことをちょこっとだけどこかに書いていて、実はミヤコ蝶々はすごいフェミニストだったらしいのだがそのことは口止めされた、みたいな事を書いていたので(←記憶不鮮明)ずっと気になっていたんだよなあ。ま、見ないけど。

今回はこれ、という作品はあまりなくて1回目を様子見のドラマが多いかも。日8「平清盛」は結構期待しているけど、月8「ステップファザー・ステップ」、月9「ラッキーセブン」、火9「ストロベリーナイト」、火11「本日は大安なり」、水深夜「孤独のグルメ」、木9「最高の人生の終り方」、木10「最後から二番目の恋」、日9「運命の人」は1回目次第かも。あれ? なんだかんだいいつつ結構あるじゃねえか。
関連記事
テーマ:ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
こんばんは tsumireさん

いよいよ今年も新しいドラマがはじまりますね。

なんといっても「平清盛」は事前の色々な関連番組も頑張って
チェックしてオンエアを楽しみにしておりますです。
(去年のアレはもうスッカリHDDからも消去いたしました)

そして明日の深夜は「湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012」
(テレビ東京 7日 0:12ー1:23)がオンエアされ、
日曜の夜は向井くんの「花嫁の父」(TBS 8日 21:00ー23:03)
が放送です。「平清盛」の後にチャンネルを回してみて下さいね。

土曜日の市川森一さん追悼の「私が愛したウルトラセブン 夢見る力」
(BSプレミア 7日 17:00ー18:30)もお忘れなきよう。

7日、14日の土曜ドラマスペシャル「とんび」もなかなか面白そうです。

あー!!それに7日は「デカワンコスペシャル」
(日テレ 7日 21:00ー22:54)もあるんだった。
もうどれをリアルタイムで見てどれを録画するか悩みますわ。

それにCSでまたドラマ版「ハゲタカ」が毎週金曜日の夜に放送するので
懲りずにまたみちゃうんだろうなと思っています。

週刊現代の「フジから日テレが王座奪還!?視聴率大戦争」
という特集が面白いので読んでみて下さいませ。
(あ、大友さんの連載は載ってません。)
ミタの製作費は「南極大陸」の半分以下だったとか視聴率の仕組みとか
歴代番組視聴率一覧とか興味深い特集記事でした。

今日のスタジオパークで三葉銀行頭取の神山繁さんがご出演されましたが
略歴に「ハゲタカ」がなくって寂しゅうございました。
(「白洲二郎」のことはチックと触れてましたが白洲二郎・正子ご夫妻
との交流のほうが時間を割かれていました)

2012/01/05(Thu) 23:11 | URL | むぎこがし | 【編集
奥様、お忙しい中、今回もtsumire版テレビガイドをありがとうございます。
今期確実に見るのは、「平清盛」と「カーネーション」。予告を見る限りでは、楽しみですよ「平清盛」。
「カーネーション」は、年末年始がお休みで寂しかった。やっと放送が始まって嬉しい♪
「運命の人」とりあえず録画します。「坂の上の雲」が終った寂しさをモックンが埋めてくれないかなぁといううすーい期待と、大森南朋の絶対無いだろうけど、かすかな鷲津臭を期待して。(いや、無いってことは分かってるんだけどね。おばかだねぇ)
「逃亡者おりん」、うちの旦那も見てたよ。最初はわたしもながら見でちらちら見てたけど、面白いとは思えなかった。男性にウケるドラマかも。
今期は楽しみにしている「カーネーション」が3月で終ってしまうので、ぜひ「平清盛」に頑張って欲しいわ。それにしても、受信料を払うことが悔しくないくらいの頑張り具合だな最近のNHK。(ま、「坂の上の雲」と「カーネーション」、さらには「サラリーマンNEO」のおかげなんですけど)

年が明けたけど、tsumireさん、少しは仕事は楽になりそう?
せめてドラマが見られるくらいの時間に帰れるようになるといいね。
2012/01/06(Fri) 09:02 | URL | suika | 【編集
「平清盛」楽しみですね。再びメリケン粉(言い方が古)漂ってそうな色合いもいい感じ。
「本日は大安なり」役者的にはそそられないけど、群像劇でコメディって「行列48…」みたいなのかしらん?
娘が福士君とか高橋一生とか加瀬亮とかうす顔好きなんでたぶん見る。(ひつこいですが、私は長瀬智也好き)
そうそう不憫萌えといえば元日の「相棒」の斉藤工くんはよかったわ~♪
ひさびさの不憫ヒットでした(笑)

それから昨年の民放連の最優秀ドラマって「鈴木先生」だったんだね!もらったディレクターもびっくりしたらしいね(笑)考えたら、視聴率最低ながら高評価ドラマと、視聴率最高の「ミタ」の両方に出演とは長谷川博己
すごいな。
2012/01/07(Sat) 00:51 | URL | oha~ | 【編集
>なんといっても「平清盛」は事前の色々な関連番組も頑張って
>チェックしてオンエアを楽しみにしておりますです。

むぎこがしさんはいつも予習に余念がないですね。学生時代も真面目な学生だったんですね。私なんか当然スチャラカ学生で今もスチャラカ社員ですが(笑)。私が調べるのは四半期に1回書いているこのドラマ紹介記事くらいで、ドラマにハマってもウェブページもほとんどチェックしないので知らない事だらけですわ。ウェブページもチェックして資料もチェックして図書館に行って調べてロケ地探索してなんて「ハゲタカ」くらいなもんです。「龍馬伝」は感想記事を書くためにウェブページだけはチェックしたけど、結局資料本は手を出さなかったし、大友さんの話を聞きに行ったのだって制作秘話自体面白そうだったというのはあったにせよ、オコボレでハゲタカネタが聞けないかというもくろみがあっての事だし、「外事警察」も「TAROの塔」も「坂の上の雲」も「カーネーション」もウェブページはトップページしか見てなかったなー(←基本、怠け者だから)。るろ剣にいたっては予告編すらまだ全く見てないっすよ。

>(去年のアレはもうスッカリHDDからも消去いたしました)

でもメディアには残していたり?(笑)

>そして明日の深夜は「湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012」

録画したけどまだ見ていない~。昨日は「ストロベリーナイト」を見たので今日こそはこっちを見てみます。

>日曜の夜は向井くんの「花嫁の父」(TBS 8日 21:00ー23:03)
>が放送です。「平清盛」の後にチャンネルを回してみて下さいね。

ごめん、まったくなんの興味もわかないです。なので見ないと思われ。

>土曜日の市川森一さん追悼の「私が愛したウルトラセブン 夢見る力」

せっかくのむぎこがしさんのリマインダーだったのに、結局「ストロベリーナイト」を見てて見逃してしまいました。本放送の時に一度見ていますが、そのうち気が向いたら借りてみるかもしれません。

>7日、14日の土曜ドラマスペシャル「とんび」もなかなか面白そうです。

「デカワンコ」の方を優先しちゃったんですけど、「とんび」の演出はあの梶原さんだったんですね。録画してなかったので今日か明日にでもオンデマンドで見てみようと思います。

>それにCSでまたドラマ版「ハゲタカ」が毎週金曜日の夜に放送するので
>懲りずにまたみちゃうんだろうなと思っています。

私は本家NHKでやったら絶対みると思いますけど、他での放映には心動かないですねぇ。「六花亭本店」のさくさくパイ(3時間以内に食べろとの指定つきのパイで帯広の本店のみの限定発売)は六花亭本店で食べたい、みたいなもんか(←意味不明)。

>週刊現代の「フジから日テレが王座奪還!?視聴率大戦争」
>という特集が面白いので読んでみて下さいませ。

なるほど、ちっくと立ち読みしてみます(おぃっ!)。タレコミありがとうございます。
2012/01/08(Sun) 12:42 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>今期確実に見るのは、「平清盛」と「カーネーション」。予告を見る限りでは、楽しみですよ「平清盛」。

「平清盛」、いい感じだよね。今回はスタッフも手堅いし、何よりドラマの物語世界の造り込みがすっごくおもしろそうだし、サブの配役がこれまた魅力的で。でもさー、この2年間で期待しすぎちゃいかんということを徹底的に学習しちゃったので、つい構えちゃうんだよなあ(泣)。

>「カーネーション」は、年末年始がお休みで寂しかった。やっと放送が始まって嬉しい♪

毎回次週が楽しみだよね。「龍馬伝」や「江」と違って、主人公のダメなところもちゃんと描いているからこそ、他のキャラが生きてなおかつ主人公のキャラも立体的になるし。複雑に模様が編み込まれた織物の織り目も糸も基本からちゃんと出来上がっているから全体の出来上がりも見た目もいいものにちゃんと仕上がっているというか(エラソー?)。私は11月中旬から見始めたので前半の物語を全然知らなかったんだけど、年末の総集編を見たら、ここがあそこにつながっていたのか!とか、このエピソードがあったからこそあの行動だったのかと、お父ちゃんや他のキャラの「正しさ」に本当に納得したよ~。

>大森南朋の絶対無いだろうけど、かすかな鷲津臭を期待して。

鷲津臭なんかもちろん微塵もないけどね(笑)。

>「逃亡者おりん」、うちの旦那も見てたよ。最初はわたしもながら見でちらちら見てたけど、面白いとは思えなかった。男性にウケるドラマかも。

なるほど、私も帰省した時に父親が見ているのを横目でみていたけど、本当に惹かれる部分はナッシングでしたわ。

>それにしても、受信料を払うことが悔しくないくらいの頑張り具合だな最近のNHK。

そうなんだよね。でもうち、もしかして受信料をダブルで払っているかもしれないという疑惑が出ているので(私の銀行口座から受信料が天引きされているんだけど、家人の口座からも引き落とされているらしい)ちょっと真剣に調べてみなくちゃだわ。いくら受信料払うのが惜しくないといっても2倍はないからな(笑)。

>年が明けたけど、tsumireさん、少しは仕事は楽になりそう?

んーーー、どうだろう……(遠い目)。先週は仕事始めから残業三昧だったけど、とりあえず同じ部のメンバー2名が12月一杯で退職した分の補充で、来週から一人来てくれるんだけど、育児休職明けなんで時短勤務の上、隣の部と半々で仕事をするらしいので、結局マイナス2プラス0.5(もしかすると0.3くらいかも)なので気休め程度かもなーーー(泣)。

>せめてドラマが見られるくらいの時間に帰れるようになるといいね。

ありがとう~(泣)。今はまだドラマが見られるか見られないかとか言っているけど、この調子でさらに補充がされないと春には花見が出来ないかもしれん!私的に重大危機!(笑)
2012/01/08(Sun) 13:10 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>「平清盛」楽しみですね。再びメリケン粉(言い方が古)漂ってそうな色合いもいい感じ。

物語世界がちゃんと作り込んでいそうで、ちょっと期待しています(期待しすぎると裏切られるからちょっと腰が引けてるのね(笑))。

>「本日は大安なり」役者的にはそそられないけど、群像劇でコメディって「行列48…」みたいなのかしらん?

私ももしかして「行列48時間」のスタッフとかぶってないか?とチェックしてみたけどかぶってはいなかったんだよなあ。

>娘が福士君とか高橋一生とか加瀬亮とかうす顔好きなんでたぶん見る。

へーーーー、福士誠治はともかく他のメンツからいって地味目俳優が好きなのか!?

>ひつこいですが、私は長瀬智也好き

長瀬智也好きっていうと一般的ぽく聞こえるけど、oha~さんの場合、バカな不憫キャラ好きとか汚な目の不憫キャラが好きと言う、他にはない傾向だよね(笑)。

>そうそう不憫萌えといえば元日の「相棒」の斉藤工くんはよかったわ~♪
>ひさびさの不憫ヒットでした(笑)

普通の不憫だったのかしら(ぼそっ)。

>それから昨年の民放連の最優秀ドラマって「鈴木先生」だったんだね!

新聞に載ってたね。民放で視聴率がドラマ「ハゲタカ」の半分って、致命的なんだろうけど、やっぱりアレはよかったからちゃんと評価されてよかったです。

>考えたら、視聴率最低ながら高評価ドラマと、視聴率最高の「ミタ」の両方に出演とは長谷川博己すごいな。

2日に放映したNHKの「新春TV放談」ではミタのキャラの誰にも心情移入できなくて興味本位で見てしまうとか、各キャラがあまりにもバカすぎてすごいとか言ってたな。長谷川博己は「セカンドバージン」の最終回だけ見て、なんでここまでこの人地味なの!?と思ったもんですわ。
2012/01/08(Sun) 14:39 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
こんにちは。あけおめコメントを…といいつつ、とっくに松の内も過ぎとるーー!時間の流れが早(以下略)

いつものテレビナビ?ありがとうございます。今回は「運命の人」「ハングリー!」「本日は大安なり」が心ひかれちょるんですが、「ハングリー!」と「本日は大安なり」ってよくみりゃ、初日は重なってるんですね。う~む、またどっちかリアルタイム観か?
とりあえず「運命の人」は大森南朋が出てるしー。鷲津っぽさは全然なさそうだけど(がっくし)
ストーリーも難しそうだし、ついていけるかしら?
「ハングリー!」はやっぱ、nanakoさんやむぎこがしさんの影響か、向井理もの(←すでにジャンル化?)は押さえときたいってとこですかね。
「本日は大安なり」はNHKが大々的に番宣してるので、予告みたらおもしろそうかな?ってとこで。

でも、1クールに3本もみたら、話が頭の中でごっちゃごちゃになってしまいそうな私(汗)

ところで「運命の人」の扮装?の大森南朋の写真を見ましたが、ますますおでこが広…(以下略)
2012/01/09(Mon) 13:09 | URL | ぶるー | 【編集
>とっくに松の内も過ぎとるーー!時間の流れが早

大丈夫、関東じゃ1月7日までが松の内みたいだけど関西の一部では1月15日まで松の内ですってよ、まだ1月9日、全然OK(ほんとかよ)。

>「ハングリー!」と「本日は大安なり」ってよくみりゃ、初日は重なってるんですね。う~む、またどっちかリアルタイム観か?

ま、私は向井理には興味ないんで大安の方かなー。

>とりあえず「運命の人」は大森南朋が出てるしー。鷲津っぽさは全然なさそうだけど(がっくし)

あのさ、今日試写会で「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を見てきたんですよ。で、これに大森南朋が出てたんですけど、なんとこの映画の中の大森南朋には0.01%ほど鷲津臭がするんですよ、奥様! ま、主に髪型とおでことスーツのせいだと思うんだけど、ピュアバンカーが年取ったらこんな感じっつー片鱗があったっすよ。今までどの映画を見ても鷲津臭を感じた事がなかったのでびっくりしたです(←映画の見方を間違っている)。

>nanakoさんやむぎこがしさんの影響か、向井理もの(←すでにジャンル化?)は押さえときたいってとこですかね。

そうねー、強力に啓蒙活動を展開するあのお二人の影響は大きいよね。確かに私も向井理は「ジャンル」になっているわ(笑)。だからこそ興味がないジャンルとも言える。

>ところで「運命の人」の扮装?の大森南朋の写真を見ましたが、ますますおでこが広

もうっ、みんなやっぱりハ(略
2012/01/09(Mon) 22:07 | URL | tsumire→ぶるーさん | 【編集
分け目問題
今期もtsumireさんのテレビガイド、助かります~
有難うございます。

でも、どんどん物忘れがひどくなっているので、あまり観られないかも…。(泣)
昨年から引き続きで『カーネーション』と『相棒』を観て、新ドラマは深夜枠の『デカ黒川鈴木』と『孤独のグルメ』をしばらく試食してみようかと思っております。
『運命の人』はいちおう初回みとくかなー、と。
皆さんが大森氏のこの作品での髪型について書いておられたので、先ほど初めて公式のトップページだけ観て来ましたが、分け目が鷲津と同じ右側ですね。
以前、拙宅で書いたことがあるのですが、大森氏が過去に演じられた役では分け目を判然とさせないヘアスタイルが最も多いようで、分けても左分け。
鷲津のように右分けは最も少ない気がします。
大森氏の出演作を沢山みているわけではないので、かなり不正確ですが。
右分け+スーツでせめてヴィジュアルだでも鷲津臭が微量でもあるのかしらん…でもメガネないし…。
と思っていたら、tsumire師匠の「三丁目の夕日」の最新作の大森氏にごく微量ではあるが鷲津臭が感じられたとのお言葉を拝読し、これは観に行かねば!と興奮しております。
ううーむ、『麒麟の翼』も公開になるし、忙しい…。
あれ、着目点がズレてる?(笑)

あ、ワタクシ的に大本命ドラマになってほしい『平清盛』なんですけど、実はまだ録画して観ていない!
土曜日までに観なくては…。
と、いうことで、相変わらず愛と熱が少ない私は、tsumireさんや皆さまの感想を楽しみにしております。
2012/01/09(Mon) 23:16 | URL | 美冬 | 【編集
本日は大安は是非日曜深夜の再放送で♪
ぶるーさん、tsumireさん

さすが天下のNHKです。
「本日は大安なり」はそんな貴女がたのために日曜夜にしっかり
再放送がありますので是非そちらでご覧くださいませ。

ちなみに「ストロベリーナイト」とそのうちかぶる
「タイトロープの女」(24日スタート)は
月曜深夜に再放送がございます。

そうですか「Always」での大森南朋はtsumireさんの厳しい
鷲津センサーが作動したんですね。出演時間はどのくらいですか?

去年頑張って劇場で見て土曜にWOWOWで放送した「ジーンワルツ」
ではノー眼鏡、向かって右側に分け目で耳が隠れるちょい長めの髪型、
ごく普通の型ですが白ワイシャツでオプションに手錠付き
(オマケとして緑色の手術衣と白衣姿あり)で苦悩する姿は
ヘタレわんこ三葉・鷲津臭がちっくとしましたが112分のうち
出演時間は多めに見積もっても3分ざました。
あ、「毎日かあさん」の編集者役ははまだ録画しただけで
確認していないっす。

そうそう劉一華記念公園に初詣(笑)に行きましたら
ぼうぼうに生い茂っていた雑草は刈り取られ、
立ち入り禁止のバリケードの向こう側に測量のための杭が
打ち込んでありチョークの跡も確認しました!
ようやく修復への第一歩かと感激した今日でした。
2012/01/10(Tue) 00:01 | URL | むぎこがし | 【編集
好きにさせていただきますよ♪
まさか私の名前が出てこようとはwww ありがとうございます。お気にかけていただいて。
相棒はうちの地域では再放送もやっているので、録画してもう一度みています(再放送はカットされてCM長いですからね~)。安定している・・・まあ最後には右京さんが、ある意味水戸黄門的になりますもん(オイオイ)。
うちは次女の大学受験なので、ドラマは相棒と運命の人と平清盛にしときます。
とんびはご覧になりましたか?うちの夫がでちょります?ので、よろしく。(ってお願いされてもねぇ)
2012/01/10(Tue) 08:47 | URL | みなみ | 【編集
>でも、どんどん物忘れがひどくなっているので、あまり観られないかも…。(泣)

物忘れ勝負なら絶対的に私の勝ちですよ(笑)(←意味不明な勝負)。ドラマの見逃し録画漏れなんかザラですが、次の日にはもう完璧に忘れてますしね(←自慢にならねーよ)。

>昨年から引き続きで『カーネーション』と『相棒』を観て、新ドラマは深夜枠の『デカ黒川鈴木』と『孤独のグルメ』をしばらく試食してみようかと思っております。

ああ、録画した「孤独のグルメ」をまだ全然見てない(泣)。昨日は「カーネーション(1週間分)」と「ストロベリーナイト 第1回」と「本日は大安なり 第1回」と「最高の人生の終り方 第1回」と「平清盛 第1回(再放送)」をみただけで終っちゃったよ……。一日が短いっす。

>『運命の人』はいちおう初回みとくかなー、と。
>皆さんが大森氏のこの作品での髪型について書いておられたので、先ほど初めて公式のトップページだけ観て来ましたが、分け目が鷲津と同じ右側ですね。
以前、拙宅で書いたことがあるのですが、大森氏が過去に演じられた役では分け目を判然とさせないヘアスタイルが最も多いようで、分けても左分け。

さすが美冬さん、するどい。もしかして鷲津タイプの分け方がいちばんハゲが目立つからじゃないのか!?

>右分け+スーツでせめてヴィジュアルだでも鷲津臭が微量でもあるのかしらん…でもメガネないし…。

眼鏡あったとしても今回は髭つきだからやっぱり鷲津成分は薄そうですよね。まったく声だけは鷲津のくせして(←言いがかり)。

>と思っていたら、tsumire師匠の「三丁目の夕日」の最新作の大森氏にごく微量ではあるが鷲津臭が感じられた

ま、髪の分け方と髭なしとスーツのせいだと思いますけど、それでも基本的に真面目なキャラだとかなりピュアバンカー鷲津には近づきますよね。髪型、髭なし、スーツでも「スイートリトルライズ」みたいなキャラだと(この映画での髪型は前髪おろしだけど)鷲津には全然近づかない。

>あ、ワタクシ的に大本命ドラマになってほしい『平清盛』なんですけど、実はまだ録画して観ていない!

ほほほ、もうご覧になられたかしら。今日は第2回放送でございますよ。ま、私も第1回の感想じゃない記事を今さっき書いたばかりですが。第1回の感想はどうするかなあ。

>と、いうことで、相変わらず愛と熱が少ない私は、tsumireさんや皆さまの感想を楽しみにしております。

ふふ、私も美冬さんのごく普通のアーティスティックな記事の合間に挟まる濃い(そしてたまに暴走しそうになる(笑))記事を今年も楽しみにしております。
2012/01/15(Sun) 14:09 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>さすが天下のNHKです。
>「本日は大安なり」はそんな貴女がたのために日曜夜にしっかり
>再放送がありますので是非そちらでご覧くださいませ。

「そんな貴女」とは向井理ジャンルにハマってらっしゃる皆様のことですよね?(笑)anakoさんの「ハングリー!」感想記事を読んで、ダメっぷりに俄然興味がわいているので、今週はどのドラマも1時間以内に収まっているようですし(今週から始まる月9の「ラッキーセブン」と木9の「聖なる怪物たち」は1時間以上あるけど見ないからいいや)、「ハングリー!」は予約録画しちゃったよ。「本日は大安なり」はストーリーが気になるけど見れても見れなくてもいいや。

>そうですか「Always」での大森南朋はtsumireさんの厳しい
鷲津センサーが作動したんですね。出演時間はどのくらいですか?

もしかして疲れていたのかも(笑)。むぎこがしさんも既に試写をご覧になったんですよね。でもむぎこがしさんの鷲津センサーは働かなかったようですね(笑)。

>そうそう劉一華記念公園に初詣(笑)に行きましたら
>ぼうぼうに生い茂っていた雑草は刈り取られ、
>立ち入り禁止のバリケードの向こう側に測量のための杭が
>打ち込んでありチョークの跡も確認しました!

ああ、素晴らしい。私も先週行こうかと思ったんですが結局行かずじまいで。少なくとも千代田桜祭(4月)までにはなんとかする気なんですかね。3年前の今日は映画「ハゲタカ」のクランクイン日、劉一華が遭難した2月下旬までには見に行ってみようと思います。
2012/01/15(Sun) 14:29 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
>まさか私の名前が出てこようとはwww ありがとうございます。お気にかけていただいて。

いやー、すみません、唐突に、そして勝手に出してしまって。去年からずっとnanakoさんのオタクで「好きにやって」のコメントを書こうと思っていたのですが、機会をうかがっているうちに時間が過ぎるとヨソ様のオタクで書き込むのもどうか? という感じになっちゃって。といって拙宅で記事にできるようなネタもなし、、、とか思いつつの今回の記事でございました。ま、私の方は相変わらず本当に大した事は書いてませんが(笑)。

>相棒はうちの地域では再放送もやっているので、録画してもう一度みています

素晴らしい「相棒」愛。実は会社に去年の暮れから来ている派遣さんが「相棒」好きで、昼飯時にたまに「相棒」ネタになるんですが、彼女、今までseason1からずっと見てきたのに、この間の映画版だけ見てなかったそうで、「この間始まったseason10見たら、×××さん(←役名)が出てないからどうしたんだろうと思ったら、なんと映画で×××いたんですね、知らなかったですよ」と言ってました。私もごく薄く流れだけは知っているので(大河内さんが公式にアレだとか(笑))、「えっ、××(←俳優名)、××じゃったの!? なんで??」という会話を交わしておりました。知らない人には意味不明過ぎるコメントだな(笑)。

>うちは次女の大学受験なので、ドラマは相棒と運命の人と平清盛にしときます。

今、一番大変なときですね。どうかお体にはお気をつけて。サクラサクを心よりお祈りしています。

>とんびはご覧になりましたか?うちの夫がでちょります?ので、よろしく。

残念ながらまだ見てないんですよ、録画はしたんですが。でも「外事警察」と「龍馬伝」の梶原さんが演出と聞いているので、見るのが楽しみです。そしてちっくと、エキストラの皆様にも注意して見るです(笑)。
2012/01/15(Sun) 14:55 | URL | tsumire→みなみさん | 【編集
とんびのエキストラ。残念ながら私は全く映らなかったです。残念だよ、本当に…以下略。でも知人の姿が確認出来てテンションあがりました。生で見た堤さんはそれはもう格好よかったです。次は目指せ大森南朋さんとの共演!
2012/01/15(Sun) 18:42 | URL | EMU | 【編集
相変わらず「とんび」をまだ見てなかったんですが、そういや前編のオンデマンド視聴の期限日って今日までじゃなかったっけ?とあわてててチェックしたらやっぱり今日までだったのでとりあえず前編だけ見ました。いやー、さすが梶原さんの演出、必要最小限のものしか見せていないのにちゃんと色々伝わってきてすんばらしい。でも堤真一は時代といいキャラといい「3丁目の夕日」とかぶってね?(笑)

>次は目指せ大森南朋さんとの共演!

ほんとにそれ、目指しているのかあ?(笑)
2012/01/22(Sun) 22:36 | URL | tsumire→EMUさん | 【編集
「ストロベリーナイト」、面白いぞー!
毎週、放送が待ち遠しい。
島主任(小木茂光)にごくごく微量の鷲津臭を察知しちゃったのは何故だ。
背が高くてでこが広いからか?(でもアンガールズの田中は全然違うしなぁ………)
2012/01/25(Wed) 21:41 | URL | suika | 【編集
>「ストロベリーナイト」、面白いぞー!

そうなのよ、面白いのよ。昨日、1月期ドラマの感想記事を書こうと思ったのにまたばたんと寝ちゃった。スピーディで余計な事を考えずに楽しめるドラマだよね。キャラがすごくしっかりしているせいかどちらかと言うと苦手な方の竹内結子やかなりパスしたい方の武田鉄矢でも全然大丈夫だし。また刑事物にありがちとはいえあのチームもいいし、対立する連中との競り合いやかけひきも面白いし。事件自体は猟奇性がたかかったりグロテスクだったりするけどそれよりも展開が気になるし。もしかすると今期一番楽しめるドラマかも。

あと木曜日(今日だ)の「最後から2番目の恋」もリアルな台詞がいいし、強引な展開なのに結構納得させられちゃって面白いよ。

>島主任(小木茂光)にごくごく微量の鷲津臭を察知しちゃったのは何故だ。

sukaさんは悪人顔のいい人には敏感(笑)。あ、でもやっぱりおでこがハ(略
2012/01/26(Thu) 07:06 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック