海猿 第8回目(8月23日放映)。

…2週間に及ぶ巡視船「ながれ」の洋上警備活動が始まった。池澤真樹(仲村トオル)の妻・尚子(芳本美代子)の出産予定日をはさんでいる。尚子の陣痛が予定通り始まったころ、「ながれ」は、頭に怪我を負い海上に漂流するロシア人を発見した。海賊に貨物船を奪われ、何人かは射殺されたのだという。「ながれ」は奪われた貨物船を発見するが、海賊は人質となった船長が海に逃げると発砲を始め、船長の救助に向かった仙崎大輔(伊藤英明)と池澤にも銃弾が襲い掛かる。同じ時、伊沢環菜(加藤あい)に付き添われ、尚子は女の子を産むが…(フジテレビ公式サイト予告より)。

先週の第7回目(8月16日放映)も見たのだが、疲れていたせいか、はたまた恋愛モード全開だったせいかすっかり眠ってしまって、99%夢の中だった。物語的には必要なシーンなのだろうが、どうも心情吐露シーン炸裂・恋愛モード全開だと頭が拒否してしまうのかもしれない。

さて、前回の予告で池澤が死にかけているらしいシーンが流れたので、こりゃやばいんだろうなと思ったものの、ぼーっとしていたせいか新聞の番組欄も見ていなかったしオープニングのサブタイトル(なんと「池澤、死す」って、ちょっと、あんた……)も見ていなかったので、最後の最後までもしかして助かるんじゃないのかと思って見てしまっていた。それでやっぱりダメだったようなので、それはそれで結構びっくりである。まあ、原作では死んでいるらしいからいつかは描かれるシーンだったのだろうが。しかし、せっかく前半部分で後半との対比を狙って池澤の明るい部分、陽気な部分、幸せな部分を描いていたのに、サブタイトルでネタバラシしちゃってちゃダメだろ。

あとドラマとは関係ないのだが、海上保安庁って、男性の産休を取れないのか? 2週間以内に配偶者の出産予定日があってなおかつ出産予定日までに帰宅できないような業務が入った場合、普通長めの産休を取れたり地上勤務にシフトできたりするもんじゃないのかなぁ。まあ、池澤のキャラからいくと、仕事のために産休なんかとったりしないのだろうけど。

来週は「事件」よりも主人公仙崎の心の動きや、彼を支える環菜、そして悲しみに耐えて新しい命を育む尚子の姿などがきっと描かれるのだろうが、起きていられるかどうか不明。最近どうも根性がない私。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック