トリビアの泉(8月24日放映)。昨日の「トリビアの泉」のトリビアの種「街で女性がからまれた時、電車男のように助けてくれる秋葉原の男性は100人中69人」は、見たときには素直に「へぇ~」だった。せいぜい5人か、多くても10人くらいかと思っていたので、かなり意外な数字だった。

でも見終わってからボーっと風呂に入りながら「からまれている女性が『エルメス』を思わせるようなかわいい子でなおかつ『電車男』効果があったとしても、いくらなんでも多すぎる数字なんじゃないのか?」という疑念が。それに他の渋谷系(最近の若いもん?)とか新橋系(オヤジ? サラリーマン?)とかの男性だったらどうなのかも気になる。

だいたい、なんで電話で応援呼ぶヤツとかいきなり殴りかかるような(ちょっと軽率な)ヤツとかいないのか? 取りあえずあの現場では逃げたけど後で警察に通報したヤツとかいなかったのか? それともそういうのはカットされているだけなのかな?? それに秋葉系ならもしかして最初のほうの被験者がどこかの掲示板とかに『今なら電車男の気分を味わうチャンス! 秋葉原の××のメイド喫茶看板奥に急げ!』みたいな書き込みをしたりして、それに応じて駆けつけた連中がいないとも限らないしなぁ、とか。ちょっと疑心暗鬼。いや、秋葉系男性の誠意を疑うわけではないのだが、トリビアのあのネタはかなり作為的なような気もするのだが。また、からみ演技のあの二人の芝居が下手で、やっぱり痴話げんかのようにしか見えないから、かなり助けづらそうな状況だったようにも思うし。

ちなみに同僚の練馬のS嬢(ご実家のすぐ向かい側のアパートで一人暮らし)が他に誰もいない部屋の中で、つい声に出して「へぇ~~」と言ってしまったネタは、明星チャルメラ塩味のチャルメラおじさんはスニーカーを履いている(他は全部草履)、だったそうだ。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック