名作の舞台裏「黄金の日日」 名作の舞台裏「ハゲタカ」
一昨年の10月に横浜の放送ライブラリーで「龍馬伝」の制作秘話を聞きに行って(2010年10月19日「生大友Dを見に(「制作者に聞く!~番組制作の現場から~「龍馬伝」)。」)そこで展示してあった過去の「名作の舞台裏」シリーズの今までの記録、特に2008年6月22日開催の第20回「ハゲタカ」の写真に涎を流しつつ、ちくしょーー、私も見てみたかったぜーーー! と思ったもんでした。そして2011年2月に名古屋まで大友さんを追っかけて「ハゲタカ」話を聞きに行ったら「ハゲタカ」のハの字もなく超ガッカリだったものの、伝説の「ハゲタカ」セミナーに実際に参加されたBOOKOさんから色々お話をうかがってさらに涎ドバドバだった訳です(2011年5月28日「ハゲタカ廃人名古屋珍道中記(2011年2月19日)」)。

でもこの名作の舞台裏シリーズ、「ハゲタカ」に限らずヒット作や話題作、名作ドラマを色々取り上げているのでドラマによっては見てみたいと思っていた所に、Mackyさんから今度「黄金の日日」のセミナーがあるよとのタレコミが。もちろん申し込みましたよ。前にも書いたが私は小学生の頃からテレビ番組のスクラップ帳を作っていて、今現在も1年で1冊、その年に放映されたドラマ関連のノートが増えて行っているのだが「黄金の日日」と「ハゲタカ」だけはそれぞれ1冊ずつ別のノートにしている(2011年12月12日「脚本家の市川森一さん死去」)。そんな私の目の前にぶら下げられた「黄金の日日」セミナーの案内、ゲストに松本幸四郎と竹下景子が来るとの事だが、私が聞きたいのはドラマ作りの方なのであんまり俳優さんには興味ががない。しかしこの豪華ゲストに申込が殺到したらしくあえなく落選の通知が来てガックリですよ。

しかし。そこに弊ブログにコメントや情報のタレコミ(そして向井理普及運動も(笑))をくださるむぎこがしさんより当選したのでご一緒にどうですか?とのお誘いが。もちろんお言葉に甘えて昨日の午後、横浜までいそいそとご一緒させていただきました。ありがとうございました、むぎこがしさん。

会場に12時30分につくとまだ受付前の行列は10名ちょっとなので安心してボケっとしていたら、あっというまに行列がどんどん長くなって行くので慌てて並び始める。客層は……平均年齢高っっ! 私だってもう相当年なのは自覚しているが、あの中ではまだまだ絶対若い方だったと思う。うーん、見た感じ「劔岳」とか「沈まぬ太陽」の客層なんじゃね? 大河ドラマのコアな視聴者層でなおかつ「黄金の日日」をリアルで見ていた皆様なんだろうけど。

セミナーは午後1時半から始まり、NHK大河ドラマ第16作「黄金の日日」の第1話と第31話の上映の後、休憩を挟んで15時20分よりゲストの松本幸四郎(出演)、竹下景子(出演)、近藤晋(制作)、高橋康夫(演出)に司会の渡辺紘史(放送人の会、「黄金の日日」放映時はチーフ助監督)の5名を迎えてのトークイベントでした。

なお、今回のイベントはこの「黄金の日日」の脚本を書いた市川森一(脚本家)氏の先日の訃報を受けての追悼イベントかと思ったら違ってて、東アジアの放送作家とプロデューサーの会議の時に渡辺氏と市川氏が「名作の舞台裏」シリーズで「黄金の日日」をやりたいということで決まったイベントで、当初市川氏も参加の予定だったが亡くなってしまったために一時は開催中止にもなりかけたのだという。しかしこういう時期なので追悼の意味も込めて開催してもいいのではないかという後押しを受けての開催だったとのこと。

そんな訳で非常に聞きごたえのある充実したトークショーで、わたくし、必死になってメモを取っておりましたが↓……今、自分で書いた文字の解読ができないっ!(泣)。えー、なので折りたたみ先に簡単にざっくりと残しておきますが、もしかすると細かい所等実際とは違っていたり聞き取れていない部分が多々あるかもしれないことをあらかじめお断りしておきます(泣)。はぁ~、毎度の事だけど速記とか習った方がいいのかあ??
名作の舞台裏「黄金の日日」
「黄金の日日」の曲とともにゲスト4名と司会の方が登場し、司会の渡辺さんが開催のいきさつや作品の概要について説明、直前まで上映していた「黄金の日日」を35年ぶりに見てどうだったか感想を聞く。

松本「やっぱり人間はその瞬間瞬間を生きているんだな、あの瞬間の積み重ねが人間だなと、人生だなと。テレビは舞台と違って役に扮して台詞を言って役を演じるのではなく、その人物が生きて行動しているのを映しているのがテレビなんだなと、思いました」
竹下「忘れている部分が多いですが(当時は)何にも考えてなかったな、と。それがよかったなと思いました。大河ドラマは雲の上のような、敷居が高いイメージがあったけど、でも怖い物知らずでできた。そう言う時期にいい機会を与えてもらえました」
近藤(P)「今あわててトイレに行こうとして転んで腕を強打しました。皆が心配して骨は折れなかったかと言ってきましたが、いや、骨は35年前に折ってたよと(笑)」
高橋(D)「当時は先輩が2人いて3番目の演出で、3人で担当しながら回してました。近藤さんに呼ばれて全くわからず飛び込んだが、私が一番楽しんで仕事をしたんじゃないか。いい時代だったな、黄金の日日だったと」
渡辺(司会)「当時、チーフ助監督として参加しましたが、企画のいきさつも知らなかった」

企画のいきさつについて。
近藤「「黄金の日日」は大河ドラマ16作目になるが、それまでの15作は全て武将の出世話で庶民の目から見た物が1本もなかった。何をやるかと考えた時に、今まで全然やってない事をやろうと。庶民の目から見たものをやっていない、それから経済が無視されていた。信長は鉄砲を輸入して鉄砲で天下を制したと言われているけど、火薬を輸入して武将達に売りつけていたのが堺の会合衆(えごうしゅう)だった。それでまず(作家の)城山三郎にブラウン管に小説を書いて下さいと言った。原作があって脚本を書いて俳優が演じて放送される、というのではなく、一番最初にチームを組みましょう、城山さんを中心に経済の視点から戦国を斬るというテーマで、それに市川さんが加わって2人で進めてもらおう、と。城山さんも非常に面白いと、当時の堺に興味を持っていて北欧のギルドと同じような感覚で捉えられると。それから市川さんの所に行った。初めて会ったが市川さんは(後で)「あんた、ゲタを履いてきた」と言った。いや初対面の人に会うのにゲタはないと言ったが「いや、ゲタだった」と」

ここで市川森一の手記のこの当時の部分を朗読する。

近藤「大河の脚本を書く方は映画や芝居の脚本を書いている方が多かったが、市川さんだけはTV以外書いた事がなかった。城山さんの心情をテレビ的に書けるのは市川さんしかない。この二人はすんなりと決まった。配役は最初から市川染五郎(現・松本幸四郎)さんにお願いしたいと思った。1961年の日本テレビのドラマ「檸檬」の印象が非常に深く残っていたというのと、ブロードウェイに招かれて「ラ・マンチャの男」を見事に演じられた、その勇気と努力、仕事に賭ける魂に非常に大きく打たれた。この二つから主役は市川さん以外いないと決めていた。他の人に出演交渉はしていない」
近藤「何か新しい物を大河の中に入れて行きたいという野心があった。最初は壬申の乱をやりたかった。それまでの大河になかった時代だったから。部長の広瀬さんに話したら途中からあれは無理やでと言われたのと、自分達でも段々とこれは無理だなと思っていたので、じゃあ変えましょう、その代わり条件として、海外ロケを初めてやりたい、それから全く新しい配役でやりたい、それから小説家と脚本家が一体となってテレビドラマを作るという新方式でやりたい。テレビ上は原作と出るけど本当の意味での原作はありません、と。広瀬さんはOKということで色々頑張ってくれて企画が通った」

最初にこの話が来た時はどう感じたか?
松本「さっき「檸檬」の話が出てドキッとした。初めてテレビに出たのは「池田大助捕物帖」(1958年、日本テレビ)で生放送だった。カメラがでかくて非常に太いケーブルがスタジオ中に埋まっていて、ケーブルをどける人担ぐ人がいる中の生放送で、顔のアップが映っている間に着替えると言う事をやっていた。そういうのを経て、この話があった時に、自分は歌舞伎で演じてラマンチャを扮して演じてたけど、テレビは演じて扮するもんじゃない、その人間を生きるのがテレビなんだなと思ってこの作品に臨んだ」
松本「テレビの場合時代劇とは思っていない。現代劇だと思っている。生きるということでカツラが問題。羽二重のつなぎ目がどうしても気になっていた。自分の役柄が総髪で生え際から髪を生やしても大丈夫な役だったのでそのまま地毛に半カツラをつけて最終回まで地毛だった。衣装もテレビの場合、衣装を着るのではない、自分の着物を着るんだと思う。(ドラマで)全部自前の衣装を着ていた」
松本「役者の心構えとして何をすべきか? と考えるけど、近藤さん達はじめ皆さん丁寧に心を込めて作っていた。あの瞬間を思い残す事なく生ききったと、その瞬間を生きる事が役者としていかに重要か。人に感動や勇気や希望を与える、なかなか出来ないことができるのが役者。この「黄金の日日」を世に出してくれた市川さんですが、いつ会ってもいやな気分にさせない方、出会いから別れまで夢のようだった。市川さんとこんな素晴らしい仕事ができて幸せと思っている(涙声)」

高橋DによるNHK大河ドラマ初の海外ロケとなったフィリピンロケや、生田スタジオでの撮影の話、鉄砲を扱う場面で火の粉が飛んで松本幸四郎が怪我をした話、渡辺氏による海上ロケの話、松本幸四郎が武士だったら地毛ではなく髪を剃ろうと思ったが剃ったら普段は落ち武者のようになってしまうところだった(笑)、など。

松本「(視聴者には)テレビの画面を通して生身の役者が必死になってお芝居をしている事が伝わる。ドラマ以外のトークとかお笑いとかでその人が1、2分話すだけでその人がどう言う人なのか伝わって来る。テレビは舞台とか映画とは違う。そう言う意味では女優さんはテレビを通して出られるのは大変、今色々進化して大変だと思う(笑)。竹下さんにその辺の苦労話を」
竹下「カバーしてもしきれない物がTVで映るってことですかね(笑)。この時代、マルチでスタジオで撮る事が多いので、意識をして演技をする以前のものが映り込んでいる気がする。生きると言う地の部分、生身の部分、素の部分、役者さんぞれぞれの存在感が存分に発揮された「黄金の日日」だったのではないか」

近藤Pによる千利休を演じた鶴田浩二のエピソードや今井宗久を演じた丹波哲郎のエピソード等。そして松本幸四郎による市川森一との思い出、テレビで演じるということ、竹下景子による撮影時の思い出や市川森一の話など。また、客席にいた読売新聞の鈴木嘉一編集委員(昨年「NHK大河ドラマの五十年」という本を出した)からも大河ドラマについて話してもらっていた。最後に市川森一氏についてゲストから一言ずつ話してもらい、さらに「黄金の日日」の最終回の最後の場面を上映し、予定の時間を大幅にオーバーして閉会となった。

最後の部分は力つきたのかもう文章を読み取れないのでとりあえずざっくりとここらへんで。時間が経つと片っ端から忘れてしまうのでとにかく文字起こししてみましたが、文体や敬称の不統一を許してつかあさい。時間と気力があれば後でまた手直しと追記するかも(特に市川森一氏についての部分等)。いやあ、リアルタイムで「黄金の日日」を見ていた時から35年経ってこういう話を聞けるとは。なお、あとでむぎこがしさんにきいたら「ハゲタカ」も35年経ってまたこういうイベントがあったらどんな感じになるだろうと思ったと言ってました。なーるほど。

次回の「名作の舞台裏」で取り上げる作品は2011年放映の作品との事。うーむ、やっぱり視聴率40%越えの「家政婦のミタ」?part2で実にきれいな着地をして終った「JIN」? それとも最低視聴率で最高評価と新聞記事になっていた「鈴木先生」か? それもまたたのしみだけど、でも記録として残して撮ってあるだろう「名作の舞台裏」シリーズ第20回、「ハゲタカ」トークショーの映像を是非とも見せてつかあさい!(泣)
関連記事
テーマ:NHK
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
こんにちは むぎこがしです

おたのしみ頂けたようで

「ホッとしました」(by中延さん)

です。んーでもやっぱ横浜は(気分的にも)
遠かったですね。まあ自宅にたどり着くまでに
愛車(自転車のパンク)のトラブルがあった事もありますが。

セミナーでは観覧される方々の年齢層の
高さが異常に高くて(一瞬、リアルタイムで視聴したことがある人
に限るとか申込にあったかなと思ってしまったほどでした)まず驚き、
余裕で座れるなとか思っていたらあれよと行列が長くなり、
会場は満席になり係員さんが念入りに空席を探して
完全に空席なく座席を埋めてしまったこと、
「黄金の日日」の上映がはじまると皆さん
身じろぎもせずスクリーンに見入っていたこと、
年末に市川森一さんの追悼でテレビで見た
第1回と今回スクリーンで見たのではやっぱり感動の
度合いが違って映画版「ハゲタカ」をスクリーンで観る
という悲願を諦めずに機会があるごとに
発言し続けアピールし続ける決意を新たにしたこと
というような下らない事を思っていました。

tsumireさんもお書きになったように
「黄金の日日」が放送後35年経っての今回のセミナー
だったならドラマ版「ハゲタカ」を放送後35年経って
「名作の舞台裏のその後」とか銘打って同じ面子で
また同じ会場でセミナーをしてくれたら…
という下らないことを「妄想」しておりました。

2007年第1回放送当時の年令→35年後(2042年)の年令

主演 大森南朋 35才→70才

出演 宇崎竜童 61才→96才

演出 大友啓史 41才→76才

制作 訓覇圭 40才→75才

司会の人は変わってもいいので代わりに由香ちゃんか芝野センパイでよろしく。

柴田恭兵 56才→91才

栗山千明 23才→58才

や、やっぱり年令的に難しいですかね。

でも黄金のお話しをされた制作の近藤晋さんは
なんと御年83才!!(1929年 昭和4年のお生まれ
デスカかお若い!頂いた資料を見てつい先日放送された
土曜ドラマスペシャル「キルトの家」の制作も手がけられて
おられてバリバリの「現役」なのでさらにビックリ)
演出の高橋康夫さんは71才、司会の渡辺紘史さんは68才ですから
「ハゲタカ」の35年後同窓会も充分実現可能ですね。

問題はわれわれ(爆)が出席するのに横浜まで
ホイホイ移動出来る足腰の強さや3時間のセミナー
を聞き続けることが出来る気力を保っていられるか
ですよね、と確認しあいそれまで頑張りましょうと
tsumireさんとエールを交換してお別れしたのでしたね。

大丈夫かな?

そうそう私は「庶民の視線」と火薬の商いで
「経済」を絡めて信長や秀吉、家康と渡り合ったという企画意図と
鶴田浩二が演じた千利休の髪型を総髪
(『由比正雪』のような髪型と言ってましたね)にしたいと
ご本人から申し出があったこと、
利休は「茶人」ではなく「政商」として描いたこと
信長以降に「ほうび」として与える領地(石高)の代わりに
利休が目利きをした茶器を「この茶器は何万石の価値がある」
との「お墨付き」を付けて家臣に与えていたこと、
そういう今までになかった「千利休」を描くことを
何かトラブルがあってはと事前に「お茶の世界」の宗家に
会いに行ったら宗家違いだったとか、
そこでの「特攻隊」がらみのエピソードとか
丹波哲郎さんが収録中に大きな穴に落ちてしまって
その穴に一番に飛び込んで丹波さんを担ぎ上げた
若いADさんを今度NHKに出演する時には抜擢して
やってくれと言ったとか

まあミミズにも笑われるようなヒドいメモを
「解読」しながらコメントさせて頂きましたが
皆さんとーっても饒舌でお話しになりたい
エピソードが一杯で3時間全部トークにしても
語り尽くせないほどの「ネタ」をお持ちでいらして
ついついあの伝説の「ハゲタカ」セミナーは
どういう感じだったんだろうかと…。

同録を見させてもらうにはどうしたら
いいんでしょうかね、ため息ものですわ。
(長文失礼いたしました)


2012/02/25(Sat) 15:57 | URL | むぎこがし | 【編集
今回は本当にお世話になりました。ありがとうございます。

>セミナーでは観覧される方々の年齢層の
>高さが異常に高くてまず驚き、

いやあ本当に高年齢な皆様ばかりで。自分が婆あなのをすっかり忘れて言っているけど(笑)。

>年末に市川森一さんの追悼でテレビで見た
>第1回と今回スクリーンで見たのではやっぱり感動の
>度合いが違って

私もやっぱりテレビ画面とスクリーンでは全然違う!と思いましたが、やはりドラマのリズム自体は今のドラマを見慣れていると昔のドラマってやっぱりちょっともったりしているんですよね。あとドラマ構成として、第1回なのに、そして子役が全く登場しなくてしょっぱなから大人の主人公がそのまま出ているのに、その主人公があんまり活躍しないのにもちょっと驚き。「GOW」だったらあり得ない(笑)。なんつーか、あの第1回からして「助左」というキャラとか人生とかを描こうとしているのではなく、あの時代の輝きそのものを描こうとしたのかなあとか思いました。

>ドラマ版「ハゲタカ」を放送後35年経って
>「名作の舞台裏のその後」とか銘打って同じ面子で
>また同じ会場でセミナーをしてくれたら…

20年後でも可。ま、大森南朋はそのころにはすっかりつるっぱげかなー。

>2007年第1回放送当時の年令→35年後(2042年)の年令
>主演 大森南朋 35才→70才
>出演 宇崎竜童 61才→96才
>演出 大友啓史 41才→76才
>制作 訓覇圭 40才→75才
>柴田恭兵 56才→91才
>栗山千明 23才→58才

柴田恭兵、危うし!(笑)

>でも黄金のお話しをされた制作の近藤晋さんは
なんと御年83才!!

へーーーー。そんなすごいジジィには見えな(略

>「ハゲタカ」の35年後同窓会も充分実現可能ですね。

楽しみですね。でもそのころにはこういう会場に直接出向いて話を聞くというスタイルじゃないかもね。コンピュータとネットスペース社会が進化して、バーチャルスペースでの参加だったりすると、大森南朋も現実のつるっぱげ大森南朋じゃなく2007年当時の鷲津のビジュアルで登壇というのも可能だったりするかも。

>問題はわれわれ(爆)が出席するのに横浜まで
>ホイホイ移動出来る足腰の強さや3時間のセミナー
>を聞き続けることが出来る気力を保っていられるか
>ですよね

ほほほ、35年後はもっと色んな事が楽に見られるようになっていますよ。

ほんに、今回はありがとうございました。
2012/02/29(Wed) 01:07 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
(35年待たなくても・・・)
某年、大友さんが海外の映画賞の監督賞とか作品賞を受賞
⇒凱旋帰国
⇒大友大監督○○賞受賞会見
 「転機はドラマ「ハゲタカ」でした」
⇒大友監督○○賞受賞記念シンポジウム@六本木TOHOシネマ
 1.監督御挨拶
 2.来賓御挨拶
  ・NHK時代の上司
   「いやぁ大友君にはほんま、難儀しましたわ(なぜか大阪弁)」
 3.受賞記念上映A
   『受賞作品』
 -休憩-
 4.受賞記念上映B
   映画『ハゲタカ』
 5.大友監督を囲んでトークショー
   ゲスト
   ・受賞作品の出演俳優
   ・『ハゲタカ』出演俳優♪
 6.大プレゼント大会
 7.閉会の御挨拶
ま、こんな感じ?

西島秀俊くんと福士くんのお顔に心惹かれる今日この頃のMackyでした<(_ _)>
2012/02/29(Wed) 12:39 | URL | Macky | 【編集
>某年、大友さんが海外の映画賞の監督賞とか作品賞を受賞

うーむ、超最短の場合、今年公開の「るろうに剣心」でカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭を総なめって感じかしら……。大友さんには悪いけどそれは「ハゲタカ2」よりも道が遠そうよね(泣)。となるとあと20年後くらいか、あるいは50年後くらいになんかの賞の特別賞とか功労賞とか。先はなげーなー。

>4.受賞記念上映B
>映画『ハゲタカ』

待ち通しすぎる。でもこのころになるとあの短縮特別編ではなく、「ハゲタカ ディレクターズカット編」が出て鷲津がかっこよくジャケットを羽織るシーンとか芝野の活躍場面がもっと入っている特別編集版が出るわね。楽しみ♡ もちろんこのころの大森南朋の頭は(略

もしかして「タイタニック」や「スターウィーズ」みたいに「ハゲタカ 3D」も出るかもね。あの鷲津が3Dで「買い叩く!」。あの劉が3Dで「俺は、アンタだ」(目の前に差し出された手が本当にすぐ目の前にあるように見える訳ね)。芝野が古谷社長と話す場面はツバが飛んできそう。……別に3Dでなくてもいいや(笑)。でもラストシーンは3Dだと鷲津がこっちの方に来るように見えるのか。

>ま、こんな感じ?

素晴らしい~(パチパチパチ)。

>西島秀俊くんと福士くんのお顔に心惹かれる今日この頃のMackyでした<(_ _)>

するてえと「ストロベリーナイト」は毎週リアルタイムでガン見ですね。でもなんで「ストロベリーナイト」が9時で「ハングリー」が10時なのか。そこが不満だ。
2012/03/08(Thu) 07:06 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
鷲津の3D!!!!!!ウーーン、バタッ!………(卒倒)

あの鷲津が、目の前でうろちょろしながら生着替えしてくれるわけ?
劉からの留守電聞きながら、目の前で動揺したり?
一本道をこっちに向って歩いてきたら、肘を捕まえられるじゃん!(てへっ、それは無理か)

そんな「ハゲタカ 3D」が来たら、上映期間中は、毎日映画館に通っちゃうぜ。
あ、でも、他の人の部分は飛び出てこなくていいですから。(記者会見の後、三島由香とずんずん廊下を歩くシーンも、鷲津だけでお願いします)
2012/03/08(Thu) 09:50 | URL | suika | 【編集
>鷲津の3D!!!!!!ウーーン、バタッ!………(卒倒)

ここんとこ眠くて眠くて何も出来なくて、今朝も寝ぼけながら書いたような気もするけど、今さらながらに、鷲津の3Dは見てみたいわね。

>あの鷲津が、目の前でうろちょろしながら生着替えしてくれるわけ?

ま、あの未公開場面のラウンジのあの背中ももちろん3Dですんで、より大森南朋の役作りを実感できることでしょう(笑)。「売って売って売りまくれ」の場面でオフィス内をうろうろするのも、もう目の前でぐーるぐるしている訳ね。奥様のお好きな首筋鷲津(←何だソレなネーミング)も触れちゃいそうな感じで(うふ)。ドラマ版の3D化とかもあったりするかなあ(でもその場合3Dテレビでないとダメなのか?)。もしあったら第5話の風グッジョブ場面もより実感できますわね。第6話の病室シーンなんかベッドそばに置いてある紙おむつも手に取れるかも(ほほほ)。

>劉からの留守電聞きながら、目の前で動揺したり?

ああ、いいわねえ。

>一本道をこっちに向って歩いてきたら、肘を捕まえられるじゃん!

私、3D映画ってまだ「三銃士」しか見た事ないんだけど、やっぱりすごく飛び出て見えるんだよね。本当に肘を捕まえられるような気がする(笑)。

>そんな「ハゲタカ 3D」が来たら、上映期間中は、毎日映画館に通っちゃうぜ。

回数券がある映画館もあるけど、「ハゲタカ」だったら定期券(??)が必要だな。

>あ、でも、他の人の部分は飛び出てこなくていいですから。

そうそう、問題なのは鷲津だけが3Dじゃないことだよね。あの派遣工500名のデモの時にうすらにやけた顔した小太りの男が前面に出てきている場面なんかも3Dだし、ラストの劉一華の生家を訪ねた場面の横分けも3Dだからなー。おまえらはひっこんでろって感じだ(笑)。

そんな訳で(?)今日は仕事中の合間に鷲津立体化計画のため、普通の有り物の写真を立体化する方法を検索していた私です(笑)。
2012/03/08(Thu) 21:54 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック