真山仁トークイベント
先々週の金曜日、5月18日にあの「ハゲタカ」の原作者、真山仁のトークショーを聞きに行ってきました。池袋ジュンク堂のこのトークイベントも今回で3回目、もちろん6月から始まるWOWOWドラマ「マグマ」合わせですよ。去年の12月2日の第1回はあからさまにハゲタカネタアピールだったので(笑)、とんでなく忙しくて毎日絶叫な日々の中、万難を排して池袋に突撃しましたが(2011年12月4日「真山仁トークショー「ハゲタカから原発まで」(12月2日)」)、今回のメインは「マグマ」だしなーー、まだ仕事も忙しいから会社を定時に出られるかわからないしなあとか思ってぐだぐだしていました。でも「マグマ」自体は面白くて好きな作品だし、ドラマの主役はあの「外事警察」とあの「カーネーション」のオノマチ(尾野真千子)だしっつーことで参加してきました。

そんな訳でその感想を書こうと思ったものの、第1回の感想を書いた時にも書きましたが参加費がかかるイベントの話って一体どこまで書いていいもんなんだろう? 多分今回のこのトークショーで参加費(1,000円、ドリンク付き)がかかるのもただ単に冷やかし客排除のためだけなんだろうけど。とはいえ10日前の超簡単な書きなぐりメモの解読が出来ないし(泣)記憶もかなりおぼろげなので大した事は書けないんですが。

さて、メモの解読はあまり出来ないのですが(とほほ)、真山さんが話慣れているせいか、わかりやすくてキャッチーなコメントが盛り沢山でした。「マグマ」が角川文庫なので今回の司会は角川書店の編集者、郡司聡氏(現在は角川文芸出版、2ヶ月前まで角川文庫の編集長だったそうだ)。「マグマ」は書かれたのは2005年、地熱エネルギーがテーマですが、日本の原発を止めなくてはならないとか、電力会社が原発の事故隠しをやっているとか、各種エネルギー問題にからむ政治の話とか、311以降に読んでみると色々「!?」と思わざるを得ない作品です。真山さんの作品は「ハゲタカ」にしてもこの「マグマ」にしても小説としては文章が結構荒いと思うのだけど(←エラソー?)、でも他にないネタの面白さとぐいぐい持ってこられる強引な展開で読み応えがあっていいですよね。

このトークショーの中でも何故こういうある種の予言的な作品を出す事が出来たのか?なぜここに到達したのかという問いに、2004年に「ハゲタカ」でデビューした後、エネルギー問題をやりたかったということで色々取材したら地熱エネルギーと言うのが有ると。でも地熱エネルギーは難しい事情を抱えているというのがわかったが、そういう現実に難しい事情を抱えているというのは「小説的に非常においしい」と(笑)。そして原発を止めるという話から入るのは別に現在を見越していて予言して書いた訳ではなく、2011年3月まではエネルギーは供給過剰だったのでなんとか地熱エネルギーをひっぱり出すために原発を止める事にしたら、「冒頭からメチャクチャな設定」という読者の声もあった。

今回のドラマ化に当っては最初民放でドラマ化の話があったかが大きなスポンサーを抱えている営業からアウトが出た。

原発は365日24時間、同じ質の安定してエネルギーを出来るが、他のエネルギーはそうはいかない。原発のライバルにならない。東電は地熱エネルギーが嫌いだが何故嫌いかというと365日24時間発電できる再生可能なエネルギーだから。そうなると原発が止められるかもしれない。これは面白いと思ったがでも関係者には絶対やめた方がいいと言われた。でも知らなかった事を知ることができるというのをやりたいというのが出発点。

人間、絶対と言う事は絶対ない(笑)。では絶対ないことが起きたらどうなるのか。今回の安全神話の崩壊で、「神話を見つける」ことが大事ということに気がついた。日本人はデータを並べて「安全」と言われても信じない。でも「安心」と言われると信じて、そこで思考停止してしまう。

最近はスポンサーの人が驚いている。「(周りが勝手に)自粛してくれる」。自分の所にも何度か話はあったけどやばそうと思って断ってきた。やっぱりお金をもらうと書きづらい。マスコミが勝手に自粛すると言うのはメディアの自殺。

好きに書けるのは小説だからというのもある。ノンフィクションだと何があったか、の先を聞き出せないことがあるが、小説はなんとでも書ける。ノンフィクションは97%わかってても書けないことがあるが、フィクションだと3%しかわかってなくても書ける。

よく取材していると言われるが本当はそんなに取材していない。ノンフィクションだと10にうち9正しくても1間違っていると全部否定されるけど、小説の世界は10のうち3書けていたらよく調べていると言われる(笑)。よく取材しているって言われるけど本当は想像して書いている。たまたま当っているだけ。何故かと言うと人間の行動は決まっている。人間の行動や考え方はあまり変わらないことがある。選択肢はそんなにない。自分はその中で一番あり得ない物を選ぶ。

よく小説とノンフィクションの違いで言われているのは、小説は書かないために取材すると。わかったら書かなくてもすむけどわからないとつい書いてしまう。取材も調査も一応全部に懐中電灯で光を当てておくけど、書かないため、切り捨てるために取材をすることはある。

……と、まだとったメモの半分も書いてないのだけど、ちょっと気力体力がないので今回はここまで(とほほ)。なお、ドラマ「マグマ」の話では、話は昨年の夏にあり、地上波では出来ない物をやりたいと言うWOWOWのポリシーから実現した。主役のキャストは早い段階に決まったとのこと。そして最後に、「たかが小説、たかがドラマだけど、それはなかなか侮れない」と。

ううむ、真山さんの話って大友さん(映画監督・大友啓史、「ハゲタカ」の演出担当)の話よりもずっとキャッチーな台詞がぽんぽん出てくるのに文章にしようとするとなんかまとまんないなあ。上記の文章で何か誤解されるようなことがありましたら、それは私の聞き取りと文章力のなさゆえですのでどうか許してつかさい。そんでまたもう少し気力体力が復活したらもう少し追記するかも。
関連記事
コメント
今回も突撃レポート、ありがとう。
わたしは「マグマ」は読んでいないんだけど(というか、真山仁の小説は「ハゲタカ」しか読んでいない)、tsumireさんの記事を読んだだけでも、面白い人だなぁと思った。
小説は作り事と開き直って(あるいは公言して)、それを武器に、普通なら書けないようなことも、書いているように思えた。こういう発信の方法もあるんだなぁと。
やっぱりあれね、こういう内幕的な話を聞くと、有料放送も必要だなと感じるね。
真山さんは割と自由な発言が出来る立場だとお見受けしました。
大友さんはどうかなぁ。NHKを辞めた今なら、「ハゲタカ」のもっと面白い話をしてくれるんじゃないだろうか。(もっともこのタイミングなら、「ろるうに剣心」の話になっちゃうんだろうけど)

それにしても池袋ですか………
大きい鷲津にあったのもあの街だったわ~。彼、今頃何してるのかしら。元気で世界を飛び回っているのかしら………
年に一回は人間ドッグも受けといて欲しいわ。もう立派な中年だし。やっぱりあのサウナ服みたいなの着て、バリウム飲んで口のまわりを白くするのかね。血液検査の結果とか、悪そうだよね。
「鷲津政彦神経衰弱ダークサイド版」、プレイ中は阿鼻叫喚になりそうだね。我々も血圧上がりそう(笑)
2012/06/02(Sat) 20:33 | URL | suika | 【編集
《ドラマタレント談義》
(5/31 毎日新聞夕刊)
A:「ドラマを見る動機は何ですか?」
どのアンケートでも1位は
好きなアイドルが出ているから」だそうだ。
B:ジャニーズ系の人気タレントで釣るのが民法ドラマ。
新人を発掘、売り出すのがうまいのがNHKだという。
(以下は要約)
・多頻度登板で一本立ちした山本耕史、井浦新(ARATA)、
 堺雅人(新撰組の山南、篤姫の家定)
・「大地の子」の上川隆也
・「風林火山」「蝉しぐれ」の内野聖陽
・「セカンドヴァージン」長谷川博己
・「ゲゲゲの女房」向井理
・「カーネーション」綾野剛
・・・と長々と引用したけど、ホントに書きたかったのはコレ。
-----
「ハゲタカ」の大森南朋。「日本を買い叩け!」と乗り込む外資ファンドの起業家。
さめた狂気の演技はバブル後の漂流日本を表現した。
------
以上!

「スタジオパーク」で渡部篤郎が
「外事警察は楽しかった。もう1度やりたい」と住本にゾッコン。
あぁ、大森南朋の口から
「鷲津をもっと演じたい」と言わせたぁぁい!!

とNHKを見ながらカキコしてたら、
NHKプレミアム 6月4日午後9:00~10:29
『英国王室御用達~ザ・ロイヤルワラント~ 「大森南朋 極上の逸品と歴史の旅」』の予告が。。。
あぁやはり「大森南朋≠鷲津政彦」なのね。。。(T_T)
2012/06/03(Sun) 00:09 | URL | Macky | 【編集
>今回も突撃レポート、ありがとう。

実は先週の金曜日にも真山さんのトークイベントがあって参加してきちゃったよ。参加メンバーはおなじみな皆さん(nanakoさん、廃人某嬢、むぎこがしさん、seiuさん)なので、トークイベントの後に夕飯食いながら結局ハゲタカトークだったけど(笑)。

>わたしは「マグマ」は読んでいないんだけど

「マグマ」は結構面白いよ。2005年(だったかな?)の作品なのに原発を止めるという話から始まって、電力会社の事故隠しや政治家の暗躍ぶりが非常にタイムリー。また、「マグマ」の主人公の野上妙子は「ハゲタカ2」上巻のp.403あたりに出てきているよ。

>小説は作り事と開き直って(あるいは公言して)、それを武器に、普通なら書けないようなことも、書いているように思えた。

なんというか、話を聞くとフィクションとノンフィクションでは書ける事と書けないことが真逆なんだというのがわかるね。ノンフィクションはそのまま事実や現実を書けばいいというのではなく、取材してわかったが故にそれ以上は書けない部分、それ以上は踏み込めない、書けなくなるところがあるそうだ。その点フィクション(小説)は、知らないが故に知らないまま書いてしまう事がないように、小説の中に取材した部分を使わないんだとしても書かないために取材をする必要があるんだって。知ってて書かないのと知らないで書かないのでは全く違う、というのは以前に萩尾望都も同じ事言っていたけど。

>やっぱりあれね、こういう内幕的な話を聞くと、有料放送も必要だなと感じるね。

そうねー、有料のメルマガなんかも面白いのが結構あるらしいしね。

>真山さんは割と自由な発言が出来る立場だとお見受けしました。

金曜日のトークイベントでも、311以降の現状から、過去作品である「マグマ」がまるで予言書のように見えてしまうためか色々エネルギー関係からの仕事のオファーはあったけどやばそうだからお断りした、とか言ってたよ。今回の「マグマ」のドラマ化も最初は地上波民放でのドラマ化の話があったけど、スポンサーの問題から結局実現化しなかったんだと。

>大友さんはどうかなぁ。NHKを辞めた今なら、「ハゲタカ」のもっと面白い話をしてくれるんじゃないだろうか。

大友さんは話し好き、発信好きだもんね。9月9日の大友さんの池袋での講義は申し込んだけど、テーマは当然るろ剣だもんなあ。ま、るろ剣の予告編は一昨日映画館で見て結構期待してもいいかもとは思ったけどさ。いつかもっと落ち着いたら、この前放送ライブラリーで本放映以来20年以上経って開催された「名作の舞台裏「黄金の日日」」みたいにお話ししてくれないかなあ。もう「名作の舞台裏」シリーズでは「ハゲタカ」は取り上げ済みだけど他のシリーズテーマでもいいので。

>大きい鷲津にあったのもあの街だったわ~。彼、今頃何してるのかしら。元気で世界を飛び回っているのかしら………

世界を飛び回っているならそうそう不健康にならずに済んでいるかもしれんけど、またどこかでやさぐれてたりするとまた不健康になっているだろうねえ。

>やっぱりあのサウナ服みたいなの着て、バリウム飲んで口のまわりを白くするのかね。血液検査の結果とか、悪そうだよね。

鷲津くらいになると検査期間1週間ぐらいのすっげー高くていたれりつくせりのドックを受けているんじゃないのか? これは2泊3日だけど。↓
http://media.yucasee.jp/posts/index/434

>「鷲津政彦神経衰弱ダークサイド版」、プレイ中は阿鼻叫喚になりそうだね。我々も血圧上がりそう(笑)

6月6日の映画公開3周年記念に鷲津政彦神経衰弱を完成させようかと思ったけど、なんと一昨日、映画「ハゲタカ」の台本が某図書館にあるもののコピー不可写メ不可なので丸写しするしかないというのが判明したのよ。そこで今月は映画「ハゲタカ」台本再生化(←かなり違う)プロジェクトを立ち上げたいと思います(笑)。
2012/06/03(Sun) 11:51 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>《ドラマタレント談義》(5/31 毎日新聞夕刊)

やあ、いつもポイントを押さえたタレコミ、ありがとう〜。

>A:「ドラマを見る動機は何ですか?」
>どのアンケートでも1位は
>好きなアイドルが出ているから」だそうだ。

好きなアイドルが出てるから、、、、てアンケートの回答層は中学高校生なのか!? あ、そか、ジャニファンは親子でファンなのも多かったっけ。となるとジャニタレを使うと子どもも親も見るし、一番口コミが活発な層だから一粒で二度おいしいってことになるのかしら。誰かを好きで入れ込んで見るということが全くない私にはよくわからんが。

>B:新人を発掘、売り出すのがうまいのがNHKだという。

「売り出すのがうまい」のはちと違うような気が。民放じゃ主役にしないような実力はあるけど地味な俳優を起用し、ドラマクオリティの高さとNHKブランドでディープな視聴者層や他局の作り手に注目されるような作品になった結果、なんじゃないのかなー。

>・多頻度登板で一本立ちした山本耕史、井浦新(ARATA)、堺雅人
>・「セカンドヴァージン」長谷川博己
>・「カーネーション」綾野剛

こうして見ると、俳優の使い方がうまいために、その俳優さんを「再発見」しているのがNHKっつー気もするなあ。長谷川博己なんて「セカンドバージン」で見たときはなんて地味な俳優なんだ!?ってびっくりしたし、「カーネーション」の綾野剛の周防さんはハマリ役だったけど、これは周防さんのビジュアルを含めたキャラ作りがうまいせいでもあるよね。

>「ハゲタカ」の大森南朋。「日本を買い叩け!」と乗り込む外資ファンドの起業家。
>さめた狂気の演技はバブル後の漂流日本を表現した。

ふふふ。これこそまさに他局では主役にしないキャスティングだよなー。まあ、テーマ自体も他局ではないだろうけど。そういや先週の金曜日に6月から始まるドラマ「マグマ」がらみの真山さんのトークイベントに行ってきたんですけど、「マグマ」はイメージ通りのキャスティングだって言ってて、そんですぐに「決して「ハゲタカ」はそうじゃないって言っているんじゃないんですよ」って言ってたよん(笑)。

>「スタジオパーク」で渡部篤郎が
>「外事警察は楽しかった。もう1度やりたい」と住本にゾッコン。

「外事警察」、「ハゲタカ」と違って映画の宣伝攻勢がすごかったねぇ。ミステリマガジンでも「外事警察」は「ハゲタカ」の時の反省を踏まえて作ったって書いてあったけど、宣伝方法もかなり反省されたのねー(棒読み)。「ハゲタカ2」では是非、「ハゲタカ1」の反省を踏まえて、「外事警察1」での成功をいかしていただきたいものです。

>あぁ、大森南朋の口から
>「鷲津をもっと演じたい」と言わせたぁぁい!!

……大森南朋はさー、別に鷲津をもっと演じたいとは思ってないのでわ……(爆)。

>あぁやはり「大森南朋≠鷲津政彦」なのね。。。(T_T)

このまま次の「ハゲタカ」が作られないと、あと何年か後に別のキャストで「新ハゲタカ」が出来る事だってあるかもしれないよね。ま、「ウォールストリート」のマイケル・ダグラスみたいに20年後に同じキャラを演じる事もあるかもしれんけど。
2012/06/03(Sun) 18:04 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック