映画「外事警察」
5月15日(ティーチイン付き試写会)と6月9日(「外事警察」秘匿イベント)に、6月2日公開の映画「外事警察 その男に騙されるな」を見てきました。「外事警察」は2009年にNHKで放映された全6回のドラマで、映画はその2年後の物語になっています。設定はもちろん、主要な登場人物のキャストもスタッフ(脚本、演出、プロデューサー他)もほぼドラマ時と同じ。ドラマ放映時は徹底的に作りこんだ密度の濃い、そしてあまりにも凄まじいドラマの緊迫感と緊張感に見終わったらヘトヘトになったもんでした。見る前はあの、ドラマ「ハゲタカ」のプロデューサー訓覇圭さんとドラマ「ハゲタカ」の演出・堀切園健太郎さんによる作品ということでかなり身構えていた(そしてかなり期待していた)のですが、見てみたらそんなこと考える余地ナッシング、期待にたがわぬすごい作品でした。

感想は3回分まで書いたんですが、、、この年の12月は同人誌の原稿を描く方を優先したので感想を最後までは書けないままでした(反省。ちなみにこの時出した同人誌のタイトルは「ハゲタカ廃人日記」。てへっ)。

 2009年11月20日 外事警察 第1回「テロリスト潜入!」
 2009年11月21日 外事警察 第2回「協力者」
 2009年11月29日 外事警察 第3回「囮」
 
今、久しぶりに自分が書いた「外事警察」の感想を読み返してみたけど、そうそうそう、と自分に改めて同意してみたり(笑)。ただ、「ハゲタカ」と違って、「外事警察」には全く萌えませんでした。つーか、ドラマとしての評価と自分の好き嫌いがこんなにも分かれた作品も珍しい。もちろんドラマ「ハゲタカ」の時も別に萌えがあったわけではなく、面白くってすごいドラマだなあとか、鷲津政彦役の大森南朋っていいかもと「誤解」はしてて、そして映画「ハゲタカ」を見たら完全にハマり、好きなのは大森南朋ではなく鷲津政彦であると発覚、幣ブログをご覧の皆様ご存知の通り、この3年間すっかり廃人様ですよ。なので映画「外事警察」を見るにあたっても、「ハゲタカ」と同じようにドラマでは全く萌えなかったけどもしかして映画でどハマリしてしまうのではないか?という懸念(笑)はありました(「懸念」と言っている時点でどうかと思うけど)。

ちなみに「ハゲタカ」と「外事警察」の関係はこんな感じ。

2007年2月 NHKドラマ「ハゲタカ」放映
 脚本:林宏司、P:訓覇圭、阿部康彦、D:大友啓史、堀切園健太郎、井上剛
2009年6月 映画「ハゲタカ」公開
 脚本:林宏司、P:訓覇圭、遠藤学ほか、監督:大友啓史
2009年11月 NHKドラマ「外事警察」放映
 脚本:古沢良太、P:訓覇圭、高橋練、D:吉村芳之、堀切園健太郎、梶原登城
2012年6月 映画「外事警察 その男に騙されるな」公開
 脚本:古沢良太、P:訓覇圭、岩倉達哉、監督:堀切園健太郎

そんな訳で、まったく素直な目で映画「外事警察」を見られなかったことを、あらかじめ自供しておきます(笑)。

[作品紹介]
「警視庁公安部外事課を主舞台に国際テロリズムとの戦いをリアルに描き、2009年にNHKで放送されて人気を博したサスペンスドラマを映画化。11年、震災で揺れる日本にウランが持ち込まれたという情報が米CIAからもたらされる。かつて警視庁公安部外事4課ウラ作業班主任を務めていた住本健司は、現在は外事課から外され、内閣情報調査室に所属していたが、事件を追うため外事課に復帰。住本と外事4課のメンバーは、テロリストと交流があると疑われている企業・奥田交易の社長夫人を“協力者”に仕立て上げようと動き始める。しかしその矢先、住本が何者かに刺されてしまい……。主演はドラマ版に続き渡部篤郎。「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」のキム・ガンウらが出演」(映画.comより)

まー、大したことは何も書いてませんが念のため折りたたみます。そして一旦書き込んだ記事が書いている途中できれいさっぱり、消えてしまったので(泣)もう、超簡単に書いておきます。
面白かったです。ドラマの続編ではあるけどドラマを見ていなくても大丈夫、独立したクライムサスペンスとして楽しめる作品でした。ただドラマから見ているのでどうしても比べてしまうけど、やはりドラマでは"協力者"の獲得までの過程とか"外事警察"の活動とか役割とか丁寧に、でも無駄な説明など一切なく見せていて、また登場人物のキャラクタについても小さなエピソードをきちんと重ねて浮かび上がらせていたので、納得するとかなんとかのレベルではなくすっと入ってきたもんでした。でもさすがに2時間ちょっとの映画ではやはりサスペンスドラマとしてのストーリー進行メインになってしまうため、そこら辺がかなり端折られているので物足りなく思えて、ドラマを見ていない人には色々わかりにくいかも?とか一瞬思いましたが、でもこれはこれで、却って主人公・住本(渡部篤郎)の底知れない得体の知れなさが感じられてよかったのかも。

また、この作品はサスペンスドラマと言うだけでなく、複雑な多重構造の心理劇でもあるため、ストーリーだけを追っていたら色々わかりにくい所があるかもと思いました。住本の一番上の層は目的のためには手段を選ばず、冷酷に着々と事を運び「その男に騙されるな」のキャッチフレーズ通り信じていいのか悪いのか、あるいは何も信じる事ができないのかできるのか、全くわからない。その実、その下の層は"相手"を深く探索し、理解し、固い関係を結び、"解放する"。でもその下にはどす黒い深淵が横たわっている。けどそのまた下の層にはどうしても譲れないものを持っている……。んーーーー、結局、この映画のテーマが「その男に騙されるな」だとしたら、ストーリー進行がどうのこうのとか、震災描写がどうしたとか、核をどうするのかとかいったエピソードなんかは本当はどうでもよくて(どうでもよくないか?(笑))、色々疑いつつもやっぱり最後の最後まで騙されてしまう事で、観客もまた住本の"協力者"となってしまう構造になっているのかも。

で、お話の方ですが、ドラマの時は、元々民放と違ってCMが入らないNHKのドラマなので、ノンストップでハラハラドキドキの1時間を堪能できたし、また、照明が非常に素晴らしく、闇の深みと余韻をしっかりと見せてくれていたドラマなので(昼間に録画しておいたドラマを見た時は、なんだか白日夢みたいだった)、結構元々が映画的ともいえたのかもしれない。なので映画に対しての違和感は全くなかったものの、絶対的な時間数の違い、そしていつでもチャンネルを変えることができるテレビの視聴者と、わざわざ選んで見に来て一旦座席に座ってしまえばほぼ2時間以上確実に見続ける映画の観客とは違うということを、(当たり前だけど)意識して作っているんだなあ、と改めて思いました。やっぱり映画の方が華やかというか派手というか、物語の引きがありますよね。それがいいのかどうかはわからんけど。

しかしまあ、この映画、やっぱり田中眠(天才科学者、徐昌義役)のただ事じゃない存在感に持ってかれちゃってるよね。登場したときの、闇の中で野獣のように光る目といい(もちろんそれに対峙する住本の目もすごいんですけど)、とつとつしゃべるだけでもすんざましいオーラを放っていて、裏の裏を弄する住本の行動なんかあっさり読んでいて(だからきっと娘の事もわかっていたんだろうけど)、そしてあの狂気、もう参りました。なんか田中眠を持ってくるのは反則っつー感じすらするです(笑)。

まー、そんな訳で楽しめましたが、でもついついドラマと比べてしまうのね。ドラマから映画化された作品の宿命だとはいえ、ドラマの凄まじい濃さを知っていると、映画はちっくと薄いかも、でもその分普通に見て普通にしっかり楽しめる作品だと思います(エラソー?)。

ところで、上に書いた映画「外事警察」にハマるかもしれないという懸念ですが、いやあ、まったくもってハマりませんでした。「ハゲタカ」の時は映画でがっつりハマったんだけどなー、「外事警察」は私的には萌える要素もハマる要素もナッシングでした。ま、下手にハマったら私の場合、とんでもなく疲れる事になるのでね、トシもトシだし体が用心しているのかも(笑)。
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
やっと昨日見てきました。
面白かったよ。ドラマよりかなり色々薄くなっていたけど。

>やはりドラマでは"協力者"の獲得までの過程とか"外事警察"の活動とか役割とか丁寧に、でも無駄な説明など一切なく見せていて

そうなんだよね、そこがドラマ「外事警察」に強く引き付けられた所でもあったんだけど、さすがに映画ではそこまではやれなかったんだなぁと思った。(でもそこが好きだったのに)

映画では、住本は非情な男ではあるけど、「公安の魔物」と呼ばれる域にはまだ達していないように感じたな。不気味さにちょい欠けた。

一方、松沢陽菜(尾野真千子)は、ドラマの事件が原因での住本という人間に対する不信感や複雑な感情、彼女自身がすでに公安の闇に片足を突っ込んで黒化している状態が、上手に描かれていたと思う。(役者の演技も込みで)

まあ結論から言うと、その男に騙されましたよ(笑)
DNA鑑定までは踏みとどまっていたんだけど、今から思うとそれが餌だったな。

田中眠はtsumireさんの言うとおり、反則つーか、持ってくるだけで保険(笑)
逆にこの人の何の毒気もない気のいいおじいさんの役を見てみたいもんだ。(あのオーラは消せるものなのかしらん)

ここの所邦画には、「SPEC」、「テルマエ・ロマエ」とがっかりさせられていたけど(「テルマエ」は前半は絶好調だったんだけど、どうにも後半が………)、「外事警察」は久しぶりに面白かった~と満足して映画館を出られた作品でした。

余談
真木よう子が旦那に睡眠薬入りのビールを飲ませるシーンで、ビールの大瓶を一本開けたのに、コップに一杯だけついで持って行ったけど、残りはどうするのかなぁと、上映中にも拘らず思わず庶民根性が出てしまったよ(泣)
2012/06/25(Mon) 08:44 | URL | suika | 【編集
私は公開後1週間後に観ました。
若いお客さんが多かったようでしたが、中には熟年客(自分と連れも…)も結構いた感じ。
なにしろ、公開前の渡部さんのプロモーションの量がハンパなく、その甲斐があったようです。
「えっ、渡部篤郎が食わず嫌いにまで出ている!」とか驚いたもんです。
『ハゲタカ』の時には、そういう場面を観た記憶がないので、NHKさんたら、もういやねえ…(意味不明)ですわ。
と言っても、わたしゃ『ハゲタカ』には映画公開後にハマったから宣伝がどうのこうの、というのはあまり言えないのですが…。

『外事警察』については、お約束の「あなたは、私なんだ!」でございますよ。
2時間、邪念が入り込む余地なくグイグイと引き込まれてしまいましたが、ドラマを観ていない人の方が楽しめるんじゃないかと感じました。
それだけドラマが凄かったってことですね。
時間の制約があるせいか、例えば、協力者を落とすまでが短いし、弱みに付け込むというより恫喝に近かったというところなんかは、ちょっと物足りなかったかな。
けど短期間で落としたことを表すにはあれしかないのかなー、と思ったり。
ま、はかなげ美女の石田ゆり子をじわじわといろんな角度から落としていくのと違って、いかにも強そうな真木よう子を引き入れるとなると、住本も容赦なく攻めるしかないのか?と思ったり。
6話かけて緻密に多角的に積み重ねていくドラマに比べると全般的に薄くなっていたけれど、ドラマ未見でも十分に楽しめるように調えてあるさじ加減は上手いなと思いました。
絶対ドラマを観たくなりますもん。

ワタクシ的には、贔屓の村松官房長官の黒いオーラが弱まっていて、ちょっと残念。(笑)
でも、ナイスな住本班ブラザーズが健在なのが嬉しかったですわ。
タッキーもいっぱい映ってて、めでたいことです。
そして、なんと言っても、田中泯が凄かったですねえ。
彼が出てくると全部持って行かれる。
さすが、天才じゃき!!
ほんと、反則です。

そして、帰宅するなり、なぜか発作的に映画『ハゲタカ』とドラマ『ハゲタカ』の4・5話(堀切園さん担当回)を見ちゃいました。
おかげてほぼ徹夜……困ったもんです。病気だから、仕方ないのね。
2012/06/26(Tue) 00:13 | URL | 美冬 | 【編集
2度の感想 お疲れ様でございました…

ドラマ終了後すぐ映画化の噂があったのに時間かかりましたよね
私は試写会に行かれなかったので公開初日の1回目に行きました。
東京までは無理だったけど、3年前の6月6日六本木の朝を思い出してましたヨ。

私は『ハゲタカ劇場版』を1回では消化し切れなかったニブ女なので、ネタばれ感想等予備知識なしで行って大丈夫かなと案じておりましたが、皆様がおっしゃる通り映画の方が視点が複雑じゃないので分かりやすかったです。
まだ4回しか行けてないのですが、少し他の視点からの感想を拝見した後で再度観てみたいのですがグズグズしていると
「終わってしまうぞ!」ですよね…

とりあえず4回行けたのはドラマ版より疲れないからです(笑)
先が分かっていてもドラマをリピートするのはしんどい…っす。

印象に残ったのは暗い中での映像の美しさ。
ラスト、地下で核兵器を造る金色の泯さんです。(やっぱり持っていかれてるか 笑)

堀切園さんの撮る色っぽい鷲津 好きだわ~~♡♡♡   ←結局そこ(^^ゞ
2012/06/27(Wed) 00:20 | URL | BOOKO | 【編集
>面白かったよ。ドラマよりかなり色々薄くなっていたけど。

やっぱ薄いよね。映画とドラマの違いについて「ハゲタカ」はどうなのかとかも含めて色々考えちゃったよ。

>そこがドラマ「外事警察」に強く引き付けられた所でもあったんだけど、さすがに映画ではそこまではやれなかったんだなぁと思った。

時間が短いというのもあるし、2時間ちょっとの映画ではやっぱりメインで見せる部分を絞りきって、そこに集中して描かなきゃならないからやっぱりどうしても"枝葉"の部分に見えちゃうところは切っちゃうよね(決して"枝葉"ではなく必要な部分ではあるんだけど)。

>映画では、住本は非情な男ではあるけど、「公安の魔物」と呼ばれる域にはまだ達していないように感じたな。不気味さにちょい欠けた。

それはドラマを見ているせいかも、とか思ったよ。ドラマを見てなかった人にしてみたら、住本の行動はあんまり理解できない(ま、ドラマ見てても私なんか理解しているとはいいがたいけど)、でも行動は一貫してて、そこにもしかしたら"得体の知れなさ"や闇を感じるかもしれんとか思っただす。

>一方、松沢陽菜(尾野真千子)は、ドラマの事件が原因での住本という人間に対する不信感や複雑な感情、彼女自身がすでに公安の闇に片足を突っ込んで黒化している状態が、上手に描かれていたと思う。(役者の演技も込みで)

オノマチは"正しい進化"をした感があるねえ(笑)。ふてぶてしさまで出てきた感じで。

>逆にこの人の何の毒気もない気のいいおじいさんの役を見てみたいもんだ。(あのオーラは消せるものなのかしらん)

普通の気のいいおじさんじゃないけど、「メゾン・ド・ヒミコ」(最後まで見てないけど)のオカマのおばさん役は「外事警察」や「龍馬伝」の時のような積極的な毒っ気は感じなかったなあ……って、あの田中眠にオカマやらせている時点でこれはもう出オチなのか(笑)。

>「テルマエ」は前半は絶好調だったんだけど、どうにも後半が………

「テルマエ・ロマエ」は前半は面白かったねぇ。平たい顔族のじじぃたちのナイスさ加減はハンパなかったし、阿部ちゃん他の濃い面々もよかったし。後半、上戸彩がローマに飛んでからは納得できないっつーか、上戸彩が浮いていて、なーんかあからさまに現代人すぎて、なんだか一昨年の「龍馬伝」を思い出しちゃってたよ。

>真木よう子が旦那に睡眠薬入りのビールを飲ませるシーンで、ビールの大瓶を一本開けたのに、コップに一杯だけついで持って行ったけど、残りはどうするのかなぁと、上映中にも拘らず思わず庶民根性が出てしまったよ(泣)

ほほほ、私はあのシーンではつい、自分が飲むビールは自分でつげよ、とか思ったけどそしたら話が進まんよなー(笑)。
2012/07/02(Mon) 07:48 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>若いお客さんが多かったようでしたが、中には熟年客(自分と連れも…)も結構いた感じ。

私は結局、訓覇さん他のティーチイン付き試写会と、王子シネマ「外事警察」秘匿イベント付き上映に行ったので、よくよく考えてみれば普通の客が周りにまったくいなかったという状況ですね。でも私は外事萌えは全くないのでこの中ではほぼ一般客だったんだけど……。

>なにしろ、公開前の渡部さんのプロモーションの量がハンパなく、その甲斐があったようです。

あのプロモーションは「外事警察」という作品にプラスになったんですかね? 私も月1万円節約生活に出ているのを見たときは「えーーーーーっ! いくらなんでも番組、選べよっっ!」と思ったもんですが。そして「ハゲタカ」の時もこれくらいばんばん番宣をやってくれていれば、とか思いつつ大森南朋が鷲津コスプレで食わず嫌いや節約生活に出てたら絶対イヤ!と思いました(笑)。

>『ハゲタカ』の時には、そういう場面を観た記憶がないので、NHKさんたら、もういやねえ…(意味不明)ですわ。

まあ、映画「ハゲタカ」公開当時は「ROOKIES」と「アマルフィ」の番宣がそりゃあもうひどいことになってましたからねぇ。ただでさえろくすっぽ番宣が出来なかった「ハゲタカ」なんか霞むどころの話じゃないっすよ。

>と言っても、わたしゃ『ハゲタカ』には映画公開後にハマったから宣伝がどうのこうの、というのはあまり言えないのですが…。

私も公開3週目以降に初見のクチなのでどうこう言えないですけど、まだそのころだったらYouTubeとかに「知っとこ」とか「朝サラダ」とかの番宣映像やテレ東の特番映像が載っていたんですよね。

>ドラマを観ていない人の方が楽しめるんじゃないかと感じました。それだけドラマが凄かったってことですね。

やっぱ比べちゃいますよね。なので今回はドラマ外事に思いを馳せながら(笑)、ドラマ「ハゲタカ」を見た人達は映画「ハゲタカ」を見てどう思ったんだろうとかも思ったり。

>けど短期間で落としたことを表すにはあれしかないのかなー、と思ったり。

ほんと、難しいですよね。

>ドラマ未見でも十分に楽しめるように調えてあるさじ加減は上手いなと思いました。

そういう配慮もさることながら、やっぱり映画としてもそれなりに(←失礼?)完成されているというか(エラソー!?)大画面と"闇"を生かした作品になってましたよね。

>でも、ナイスな住本班ブラザーズが健在なのが嬉しかったですわ。

ふふふ、続編の楽しみですよね。ちなみに王子シネマの秘匿イベントではブラザーズが4人勢揃いで色々面白い話をしてくれましたが、やっぱりこの4人の中ではタッキーが一番役者でしたねぇ(当たり前?)。

>そして、なんと言っても、田中泯が凄かったですねえ。

もしかすると作品によっては彼を使うのは危険かもね(笑)。

>おかげてほぼ徹夜……困ったもんです。病気だから、仕方ないのね。

そうそう、もう不治の病だから仕方がないの(←開き直り)。
2012/07/02(Mon) 23:53 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>ドラマ終了後すぐ映画化の噂があったのに時間かかりましたよね

そうそう、最初ドラマ終ったばかりなのに!??とか思ったけど。この間のティーチインの時に岩倉Pが言ってたけど、始まる前に台本を見てて1回目を見たら強烈だった、すごい、日本の製作陣の中にこんなドラマを作れるとは、とすぐに映画化を申し込んだって言ってたけどね。

>東京までは無理だったけど、3年前の6月6日六本木の朝を思い出してましたヨ。

ふふふ。3年前の6月6日、ハゲタカ廃人な皆様はお祭りでしたね。私はその頃にはハゲタカを映画でやっていたのも知らんかったもしれん。

>まだ4回しか行けてないのですが、少し他の視点からの感想を拝見した後で再度観てみたいのですがグズグズしていると
>「終わってしまうぞ!」ですよね…

「外事警察」、「ハゲタカ」よりも格段に終るのが早いよね。私なんか「ハゲタカ」を3年前の6月24日から見て、その後6月末に2回目見て、7月に入ってからがーーーっっと見たもんだったけど、「外事警察」は7月に入ったら一気に上映館が減ったもんね……。

>印象に残ったのは暗い中での映像の美しさ。

この作品のこの闇の深さはやはり映画館で観るべきですね。そういう意味では「正しい映画」なのかもなー。

>ラスト、地下で核兵器を造る金色の泯さんです。

田中眠自身が最終兵器(笑)。

>堀切園さんの撮る色っぽい鷲津 好きだわ~~♡♡♡   ←結局そこ(^^ゞ

もちろん、結局そこ(笑)。
2012/07/03(Tue) 22:29 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック