アラビアのロレンス
超出遅れですが、映画「アラビアのロレンス」でロレンスを演じたピーター・オトゥールが死去。

 ピーター・オトゥールさん死去 アラビアのロレンス主演(朝日新聞)

ピーター・オトゥールが1962年の「アラビアのロレンス」に主演したのは30歳、そして亡くなったのが12月14日で81歳。ピーター・オトゥールの出演作では「おしゃれ泥棒」(1966年)とか「冬のライオン」(1968年)、「ラ・マンチャの男」(1972年)も面白かったし好きなんだけど、やっぱり「アラビアのロレンス」は偉大です。「アラビアのロレンス」みたいな作品でこれだけの人物を演じきって、まだ若いといえる年代に高評価を得たというのはその俳優さんにとって幸せな事なのか?などと思ったり(←余計なお世話)。

だいたいなんでピーター・オトゥールは「アラビアのロレンス」でアカデミー賞を受賞してないの?と思って見てみたら、この時主演男優賞にノミネートされていたのは、「アラバマ物語」のグレゴリー・ペック、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール、「イタリア式離婚狂想曲」のマルチェロ・マストロヤンニ、「酒とバラの日々」のジャック・レモン、「終身犯」のバート・ランカスターの5人。映画デビュー2作目のピーター・オトゥール以外は大物揃いな上に、主演男優賞受賞の「グレゴリー・ペック演じる弁護士アティカス・フィンチは、アメリカの良心を体現したキャラクターとして非常に人気がある」(Wikipediaより)あたりが受賞できなかったポイント? それとも当時の政治的事情??

そういえば大昔、ピーター・オトゥールが出ているからという理由で名画座に「パワープレイ」(1978年)を見に行ったらまあ面白かったんだけど、2本立てだったので次におフランスの「Z」という映画が始まり、知らない俳優ばかりだしフランス語好きじゃないし非常に地味な裁判劇なので10分くらいで席を立とうと思ってたらこれが「パワープレイ」よりも格段に面白くて、見終わったら「パワープレイ」の事なんかすっかり忘れてちゃってた事があったな(ちなみに「Z」の主演俳優はジャン=ルイ・トランティニャン、映画は1969年製作)。

アラビアのロレンス
さてそんなこんなで「アラビアのロレンス」、大学生の時にリバイバル上映のものを初めて見て以来何度か見てはいるのですが、2年前に「午前十時の映画祭」でやっていたので久しぶりに見てきました。いやあ、なんて美しい映画なんでしょう。砂漠の残酷な美しさをこれでもかというくらい見せてくれるだけでなく、白い衣装に金髪碧眼のロレンスと黒づくめのアリ(オマー・シャリフ)の対比の見事さとかほれぼれ。後半のロレンスの狂気にすらため息が出てしまうくらいです。また他にもファイサル王子役のアレック・ギネスとかドライデン顧問役のクロード・レインズとかオヤジ好きにもたまらんです。これはスクリーンで見なきゃダメですよ。スペクタクルを実感できるだけでなく、大画面で映し出されるからこそ、だだっ広い地平線に小さく見える影が少しずつ少しずつ大きくなって姿を現した時の期待感とかうれしくなってしまうぐらいだし、最後に切り捨てられるロレンスの無情っぷりも画面から染み出すように伝わってくるし。でも前に見たのが20年以上も前だったせいか、あるいは「ハゲタカ」以降素直に映画を観る事ができなくなったせいか、ついつい余計な事も考えてしまうのね。壮大なロケ場面なんか今だったら絶対CGだよなとか、こりゃ監督とプロデューサーの大変さはとんでもないよなとか(笑)。

大画面で見られるというだけでなく、邪魔される事なく作品にただひたすら集中することができるのも映画館ならでは(とはいえ、映画館のコンディションや自分以外の観客の雑音や行動で気が散らされる事もあるけどそれは置いておいて)。「アラビアのロレンス」は是非とも映画館で見てくださいませ。

・新・午前十時の映画祭「アラビアのロレンス」(2014/2/8~2014/2/21)

2014年の「第二回 午前十時の映画祭」には「アラビアのロレンス」はなし。残念。

そしてすっかり忘れてたけど、ローランド・エメリッヒが「アラビアのロレンス」(テレビ版)を製作するって話があったんだったーー。orz

テレビ版「アラビアのロレンス」を『インデペンデンス・デイ』ローランド・エメリッヒが製作!(シネマトゥデイ)

ううううむ、壮大なズッコケ野郎(←非常に失礼)のエメリッヒかあ。まあ、見ないと思うけど。

でもって今Amazonをチェックしたらブルーレイ版(アラビアのロレンス 製作50周年記念 HDデジタル・リマスター版 ブルーレイ・コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray])には「『アラビアのロレンス』の軌跡:ピクチャー・イン・グラフィック ※BDのみの特典」とか「ピーター・オトゥール:『アラビアのロレンス』の思い出 ※BDのみの特典」「メイキング・ドキュメンタリー:「名作誕生秘話」」「スティーブン・スピルバーグ 『アラビアのロレンス』を語る」とかあるのでついポチっちゃった……。拙宅じゃあテレビ画面も小さいし、第一、落ち着いて5時間もぶっ続けて見るのなんか絶対無理なのにー(泣)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック