大木昇三郎
ドラマ「ハゲタカ」で素晴らしいジジィっぷり(←ヒドイ)と存在感を見せてくれた菅原文太さんが死去されました。

俳優の菅原文太さん死去 81歳 「トラック野郎」主演(朝日新聞)
実録と虚構、対照的ヤクザ像 菅原文太さんと高倉健さん(朝日新聞)

私も「ハゲタカ」にハマるまでは菅原文太と言えば「仁義なき戦い」「トラック野郎」くらいしか知らなかったので映画ではあまり見た事がなかったですが、ドラマではNHK大河ドラマ「獅子の時代」(1980年)の平沼銑次役が印象的でした。

警視庁殺人課
「警視庁殺人課」(テレビ朝日、1981/4/13 ~ 1981/10/19)。当時、タイトルが直球過ぎ、と思った記憶が。

ビゴーを知っていますか
「ビゴーを知ってますか」(NHK、1982/10/9)。主役は外国人俳優さんと島田陽子ですが。

ドラマ「ハゲタカ」第4話
でもま、もちろん、ドラマ「ハゲタカ」ですよ。この機会に是非見てみてつかあさい。写真は大木会長(菅原文太)vs.鷲津政彦(大森南朋)。しかし、菅原文太、大木会長が亡くなった時と同じトシでお亡くなりになったのね……。

ご冥福をお祈りいたします。
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
大木会長…じゃなくて、菅原文太さん、お亡くなりになってしまいましたね。
わたしは菅原さんと言えば、トラック野郎のイメージでした。
学生だった頃、同じ下宿の友人が自宅に招いてくれた時、ちょうどお祭りがあって、そこにトラック野郎のロケが来ているというので見に行ったら、愛川欣也の方でがっかりした(失礼)事を思い出しました。
また、偶然「ハゲタカ」第四回をリアルタイムで見た時、「菅原文太ってこんなにいい役者だったんだ」と思ったことを覚えています。
ご冥福をお祈り致します。


  



………鷲津、かっけー♡(あの時は、眉の太い悪役だと思ってごめんね(笑))
2014/12/03(Wed) 09:28 | URL | suika | 【編集
私が10代の頃、家族に「仁義なき戦い」にのめり込んだ奴がいて、ロケ地ツアーに行ったり、菅原文太のマネしたり、教育TVに出演するってんで(「若者の広場」だったか?)みんなで見てたら、「仁義なき戦い」の話しかしないんで皆で呆れたり、なんだか身近だったわね〜。菅原文太。

健さんも文さんも別にファンじゃないけど、こういう人たちが亡くなると、喪失感があるわ。
ご冥福をお祈りいたします。


2014/12/03(Wed) 21:44 | URL | oha~ | 【編集
この間のハゲタカすごろく大会ではMackyさんが文太のサイン入り「大木流経営論」を持参されて、わしらみんな「おおおおおおおーーーっ」とガン見でしたよ。当時の文太はあんまりよくわかっていなかったそうですが。

私も文太はトラック野郎のイメージしかなかったので「ハゲタカ」ではやっぱり驚きましたよ。つか、若い頃はなんとも思っていなくても年取ってから渋い魅力の役者さんはやっぱりええわ〜とか思っても、先が短(略

>………鷲津、かっけー♡(あの時は、眉の太い悪役だと思ってごめんね(笑))

上の写真の場面はガチで、演技の世界の大先輩vs力はあってもまだほとんど無名の役者の対決場面でもあるので、多分鷲津の中の人が多少怯んで見えるのもええですね。
2014/12/30(Tue) 22:18 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
さすがoha~さんの身内はやっぱり濃いよね。当時でもロケ地ツアーをしている人がいたのね。

私も別に文太のファンではないけど「ハゲタカ」の大木会長はよかったからねぇ……(遠い目)。やっぱり長い間スクリーンやブラウン管(って今はブラウン管じゃなくてなんだ?)で見てきた人がいなくなるって、本当に喪失感あるね。
2014/12/30(Tue) 23:35 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック