Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~

Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~ 通常版
九龍風水伝(クーロンズゲート)」は1997年香港返還の年に発売された、超クソゲーとしても名高いPlayStation用ゲームソフトですが、まあ、好きな人は好きな訳ですよ。独特なコアでダークな世界に根強いファンがついていて(あら、「ハゲタカ」みたい? でも「クーロンズゲート」も色々残念な所はあるけどクソではないんだけどね)私もかつてやりこんだものでした。

Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~ 通常版
そんな「クーロンズゲート」から18年ぶりに設定資料集が出ました。その名も「Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~ 通常版」、A4サイズフルカラー210p、5,940円、重い!高い! 私ときたらゲーム発売当時に「公式ガイドブック」も(上記写真一番右)も攻略本(「コンプリート クーロンズゲート」写真右から二番目)も買っているのにさー、もう絶対必要じゃないのに買っちゃったのね。だって、お布施みたいなもんだから(遠い目)。ついでに「クーロンズゲート」を超クソゲー認定してくれているゲームネタ本まで買っていたり(写真左、「超クソゲー〈2〉」)。


なお「クーロンズゲート」は蓜島邦明の音楽もナイスです。これもゲーム発売当時に出たサントラ版を持っているのに、去年出た「九龍風水傳原聲音樂專輯 クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション」も買っちゃってるのな。どんだけ貢ぐんだよ。

クーロンズゲート原画展 クーロンズゲート原画展
そして弊ブログにコメントを下さるsuikaさんより中野で原画展をやっているとのタレコミがあり、本日見に行ってきました。今日はかつてのクリエイターの皆様によるサイン会もあり、12時から整理券を配布していたというのにもたもたしていた私が会場にたどり着いたのは15時過ぎ、もう整理券はありませんでした。ガクリ。

さて、なんでクーロンの原画展を中野で?とか思いましたが、久しぶりに中野ブロードウェイに行って納得。「クーロンズゲート」の舞台、九龍城に現在の東京で一番近いのは、今や癖のあるオタクの集結の地、魔窟感満載の中野ブロードウェイでしたよ。ここも20年前に比べたら随分とすっきりきれいになって九龍城感は薄くなってはいるけど、今回の原画展にはぴったりの場所でした。とはいえ会場は小さいし、展示してある絵も全部資料集に収録されているのでわざわざ見なくても全然OKだけど。写真右は会場内の撮影可のフィギュアを写しつつ、サイン会の様子もちょこっと拾い撮り。会場が小さいせいもあって結構ぎゅうぎゅうでした。

クーロンズゲート原画展 クーロンズゲート原画展
写真右はゲーム発売当時に製作された懐中時計だそうで、ネット上で開催されたクイズ企画の応募者や雑誌懸賞の賞品として提供されたものとか。

なお、この原画展の記事は以下に掲載されています。
ファミ通.com 
電撃オンライン 

ゲームが発売されて18年たってもまだこんなにも愛されているなんて、なんて幸せなんでしょう。映画「ハゲタカ」もかくありたい(←結局そこか!?)。
関連記事
テーマ:ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
わあ、奥様、記事を書いてくれて、ありがとう。
やっぱりクーロンはいいよねー。
わたしも、あの場所の感じは、本当にびっくりしたよ。
魔窟って言葉がぴったりだわ。ちょっと、わくわくしてしまいました(笑)
お布施はしょうがないよね。まだ全部読んでいないけど、キャラクターを生み出した人の話は、やっぱり面白いので、購入に悔いなしです。(全然気づいていない設定もあったし)
初日の開場前には、行列もあったとか。しかも、女性に人気だったとか。意外(笑)
わたしが行った時は、かなり空いている状態で、若い男性が動画を夢中になってずっと見てたよ。

ゲームの中で貼られているポスターも、あんなに真面目に作ってあったのね。(ブロマイド屋のおばちゃんの声優さんも良かった)
そのあと汚す事は本人たちが一番よく知っているのに、あのこだわり。
そういう所にも魅かれたんだろうなぁ。
ゲーム界もだいぶネタが詰まってるように見受けられるけど、どうかしらこの際、「クーロンズゲート」リメイク。PS4で。
喜んでまたお布施を収めちゃうんだけどな。
名(迷?)作は、何年経っても、不滅だね。
2015/07/06(Mon) 08:01 | URL | suika | 【編集
>やっぱりクーロンはいいよねー。

やっぱあのディープな闇の世界には惹かれるよね。世間一般ではクソゲーと言われていて確かにそれは否定出来ない面もあるんだけど、あそこまで作り込んでいるのはやっぱりすごいしねぇ。初めてプレイしたときの、あの訳がわからなさ、闇の世界で迷子になりつつ進んで行った感じ、今でも鮮明に覚えているよ。

>わたしも、あの場所の感じは、本当にびっくりしたよ。
>魔窟って言葉がぴったりだわ。ちょっと、わくわくしてしまいました(笑)

もう、奥様ったら。スパムボックスに入っていた奥様からのメールをすっかり見落としていたけど、東京にいらしていたのね。でも中野ブロードウェイはあれでもかなりこぎれいになったんだよ。昔はもっとクーロンぽかったな。

>お布施はしょうがないよね。まだ全部読んでいないけど、キャラクターを生み出した人の話は、やっぱり面白いので、購入に悔いなしです。(全然気づいていない設定もあったし)

結局私も買ったけどまだみてないわー。今月はあともう1日夏休みをとるのでじっくり見てみようとおもいますです。

>初日の開場前には、行列もあったとか。しかも、女性に人気だったとか。意外(笑)

うーむ、何故だ。……とかいって私もsuikaさんも一応女性だけどさ(失礼)。

>わたしが行った時は、かなり空いている状態で、若い男性が動画を夢中になってずっと見てたよ。

ほう。私が行ったときはあの狭いスペースにかなり大勢の人がいて暑苦しかったです。

>そのあと汚す事は本人たちが一番よく知っているのに、あのこだわり。
そういう所にも魅かれたんだろうなぁ。

何もかもが徹底していていいよね。

>ゲーム界もだいぶネタが詰まってるように見受けられるけど、どうかしらこの際、「クーロンズゲート」リメイク。PS4で。

いいね、とりあえずPS3ダウンロード版にしてくれると私はすぐに買っちゃうよ。……でも奥様はPS4はもうお持ちなのね? わたしゃ最近めっきりゲームのハードを買ってないわー。でもクーロンのPS4版が出たらハードも絶対買うけどね。できればクラッシュバンディクーとジャンピングフラッシュと塊魂も出して欲しいけど。

>名(迷?)作は、何年経っても、不滅だね。

ほんとうだね、こんなにもわしらのハートを鷲掴みなゲーム、ないよね(笑)。
2015/08/23(Sun) 22:18 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
いやー、まさか会社のアドレスにメールを送っていたとは全然気が付かず、申し訳なかったっす。
拾って頂けて良かったわ~。tsumireさんが超絶忙しい毎日を送っていることは承知していたので、リアクションが無くても「想定の範囲内」だったからさ~。気長に待つつもりだったのよ。
中野ブロードウェイ、あれで綺麗になった方なのかぁ。以前の姿が見てみたかったな。
資料集、先日読み終わりました。色々と収穫があったけど、なんと言っても驚いたのは、ラストシーンのネタバレ。
ずっとあれはどういうことかと気になっていたんだけど、お蔭で納得出来ましたですよ。
そんなこんなで、やっぱり続編を作って欲しいという気持ちがムクムクと湧いてきた、罪作りな資料集だったわ(笑)
PS4は、旦那が「ダークソウル」をプレイする為に買ったもので、わたしは最近はゲームを全然してないなぁ。
車の中で「クーロンズゲート」を聞いていると、無性にやりたくなるんだけどね。(あれ、家族には無茶苦茶不評で、いわく、「こんなの、車の中で聞く音楽じゃないよね」とか、「こんな気持ち悪い音楽、よく聞くね?」とか。わたしはワクワクするんだけどねー)

>できればクラッシュバンディクーとジャンピングフラッシュと塊魂も出して欲しいけど。

「ジャンピングフラッシュ」は、鷲津(アロハ男爵)が出てるからね(笑)

tsumireさんの資料集の感想が聞きたいな。お時間が出来た時にでも、記事かメールでも頂けると嬉しいです。

秋の夜長に楽しみが出来たねー。(そしてまたプレイしてみるのもいいかもよ)



P.S

今の関心事は、映画「ピクセル」は面白いのか?という事。どう思う?
2015/08/25(Tue) 08:35 | URL | suika | 【編集
>いやー、まさか会社のアドレスにメールを送っていたとは全然気が付かず、申し訳なかったっす。

大昔は会社のアドレスから私用メール送ってたもんね。弊社も当時は(技術部門の人達は)インターネットの世界に日本からもどんどん発信することを奨励していたし、コンピュータウィルスによる情報漏洩なんかもなかったせいか皆普通に私用メールしてたもんだったよなぁ……。

>拾って頂けて良かったわ~。

いやあ、返事が遅くなってすまんかった。例のブツは近日中にお送りするのでもうちっと待っててね♡

>中野ブロードウェイ、あれで綺麗になった方なのかぁ。以前の姿が見てみたかったな。

大学に入って東京に来た時には池袋の東武デパートを見て本当にここは東京か!?と思ったけど(←東京の真ん中にここまで田舎臭いデパートがあるのかと思ったわ)、中野ブロードウェイはここは日本か!?と思ったもん。

>資料集、先日読み終わりました。

私、まだ見てないわ〜。つか、色んなものをまだ見てない……。とりあえず持ち帰った会社の仕事を片付けたらちょっと見てみよう。

>そんなこんなで、やっぱり続編を作って欲しいという気持ちがムクムクと湧いてきた、罪作りな資料集だったわ(笑)

まだ見てないけど、続編はやっぱりやりたいよね。しかし今になって(資料が発掘されたからとはいえ)こういう資料集や去年出た完全版サントラみたいなのが出るって、もしかして続編を出す空気を窺っているのかしらね?

>車の中で「クーロンズゲート」を聞いていると、無性にやりたくなるんだけどね。(あれ、家族には無茶苦茶不評で、

クーロンはゲームやってなくて曲だけ聞くとやっぱり気味悪い曲なのでわ。喋っている声とか口調もあきらかにアレだし(笑)。

>>できればクラッシュバンディクーとジャンピングフラッシュと塊魂も出して欲しいけど。
>「ジャンピングフラッシュ」は、鷲津(アロハ男爵)が出てるからね(笑)

あ、そういえばそうだった!すっかり忘れていたよ。じゃ、鷲津を見る為に久しぶりに「ジャンピングフラッシュ」をやってみようかしら(違)。

>tsumireさんの資料集の感想が聞きたいな。お時間が出来た時にでも、記事かメールでも頂けると嬉しいです。

了解。気長に待ってて。

>今の関心事は、映画「ピクセル」は面白いのか?という事。どう思う?

映画館で予告編を見たけど面白そうな感じ。少なくともハナからB級感ただよう三谷幸喜の「ギャラクシー街道」や、巨大地震ネタなんだけど中国や韓国じゃあるまいにアメリカであそこまで建物がポロポロになって崩れ落ちるかよ、な予告編の「カリフォリニアダウン」よりは結構面白そうだったけど。でも私、インベーダーゲーム全盛期にゲームをやったことがなかったのでパックマンもやったことがないんだよね。これ、絶対パックマンをやったことがある方が面白いよね?ま、予告編では本編のクソさが予測できなかった「図書館戦争」みたいな映画もあるけどな。
2015/08/29(Sat) 23:10 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック