コミックマーケット88 コミックマーケット88
8月16日、今年の夏もコミックマーケット88に行ってきました。2年越しの新刊は今回もなかったわけだが(泣)。まあ、今回のコミケ参加は色々ございました。

まずコミケカタログDVD版。前回は参加日の前日の夜中にサークルチェックをし始めたら色々とんでもないことがあって(2014年12月31日「コミックマーケット87に行ってきました。」)、これに懲りてコミケカタログのサークルチェックは前日の夜になってからやるのはやめようと心に誓いました。……なのに参加日の前日の昼間にやっと、コミケカタログDVD版を開こうとしているわたくしです。夜じゃないからまだセーフだもんね、とかのほほんとしていたら大きな落とし穴が待っていたとです。ファイルを開くといつもはWindows用とMacOSX用のフォルダがあるのに今回はMac用のフォルダがない!?前回のアレがあったからもしかしてWindows用とMac用で別売りのDVDになっちゃった?とか思ってサポートページを見てみたら、まさかのMac版のサポート終了のお知らせが……。

「DVD-ROMカタログに収録するカタログブラウザについては、MacOS X版の開発は前回で終了とし、今後はWindow版のみとします」(コミックマーケット88以降のDVD-ROMカタログ収録アプリケーションについて

「……はい?」(by水谷豊)
「早く、言ってよぉおおお」(by松重豊)。

ま、5月にはアナウンスがあったみたいだけど知らなかったよ、ママン……。DVD版冊子の表紙にも小さく「Windows Only」の文字が。今回からサポート終了したならこの「Windows Only」の文字はもっと大きく表示させておいてつかあさい(泣)。2,500円のカタログをまったく開くことができず無駄になったわー(MacにParallels乗せてWindows入れればいいじゃないかというのは置いておいて。拙宅のMacにWindowsを入れる予定はないし、あったとしても今更そんな時間はない)。

同人総合ポータルサイトCircle.msのページにはウェブカタログのアイコンがあったので、MacユーザーのためにDVD版を買ってもウェブの方でサポートしてくれるのね?と思ってみてみたら、新たに課金が必要な模様? 詳しくチェックする時間もないし、もう、心が折れたのでサークルチェックはやめだ。明日は丸腰で勝負だ(←何の勝負?)。

仕方がない、カタログチェックは止めて翌日の参加のためにせめてチラシをつくらなくては。チラシの奥付部分にはいつも新刊・既刊誌の情報を載せているので、ここは前回までの分を流用して加工しプリントアウトしたものをチラシに貼り付ける。……今度はプリンタが絶不調。半分くらいがかすれてきちんと印字されず、何度ヘッドクリーニングしてもきれいにはならない。やっと多少ましな印字が出来るようになったかと思ったら今度はグレーのインクを認識できませんとのエラーメッセージが。チェックしてみてもインクはちゃんとあるのに、なってこったい。もう、あきらめたよ、ここは手書きでいれることにして、とにかくチラシ本文の原稿を描かなくてわ。しかしこれもまた色々あって挫折。もうさー、夏休みの宿題は8月31日にやっちゃだめだよ……。でもとりあえず最低限チェックしたいサーク情報はネット検索しようかと思ったけどその時間もなく、そんなわけで何もかもが丸腰で参加です。

そしてコミケ3日目の当日、東京ビッグサイト西ホールのサークルスペースにたどり着いて準備をするものの、当日のサークル情報を全く仕入れていないのでどこに何があるのか全くわからない。助っ人の同僚M様もお目当てのサークル以外は全くチェックしていないそうで、二人して「今日はここ(西ホール、創作少女漫画)以外は一体何があるんですかねぇ」とか言っている始末。「(ネットの)準備会のページの今日のジャンルコードを見てみたらどうでしょう?」とのM様の提案で本日のジャンル配置をチェック。

「えーと、東(ホール)は……男性向けゲーム、同人ソフト、コスプレ、ギャルゲー……」
「ほとんど男性向けばかりですかねぇ」
「西(ホール)は創作少女漫画と創作少年漫画と学漫(学校の漫研)かぁ。西と東で真逆なジャンル配置だもの、こりゃ今日は客は来ないわ。もともとここは過疎っている所だし東に来た人達が西に流れて来るとは思えないもんな」
「そうですよねえ」
「今日は配るチラシもないし、まあ、まったりボーッとしているしかないわね」
「そうですよね、明らかに違いますもんね」
ちなみにいつも弊スペースに立ち寄ってくれる新潟の女教師S川は前日(2日目)に「進撃の巨人」スペースのとんでもない行列にならんで色々ゲットして昨日のうちにさっさと帰郷、いつも売り子をしてくださる同僚M様の腐女子仲間のS田さんは前日までタイバニとワンピースの本を買いあさっていたけど本日はやっぱりお目当てはまったくないので不参加でした。

しかしまったりと過ごしているわしらの前には常連の皆様が次々といらしてくれて「あのー、新刊は?」「せめてチラシだけでもいただきたいんですが」と声をかけて下さり、本当に有り難いやら申し訳ないやら。しかも久しぶりに参加したので立ち寄らせていただきましたとか、しばらく病欠してましたがやっと復活しましたというお客様が何名もいらして、しみじみと反省したことでございます(とほほ)。

また、弊スペースに並ぶ旅行記本を眺めて最後にハゲタカ本を手に取って下さった外国人のお客様は、たどたどしい日本語で「これも旅行の本ですか?」と。まあ、ある意味、長い旅の物語かもしれん(遠い目)。「いえ、違います、映画作品の追っかけ本です」と答えたけど、ちゃんと伝わったかしら? 取材の腕章をつけていた男性はすっとハゲタカ本を手に取ったかと思うと「これはNHKのドラマのですか?」と直球な質問を。「えーと、NHKドラマと映画の「ハゲタカ」の本ですが、主に映画を追っかけて32回ほど映画館で映画版を見ました」と答えると驚いた勢いでなのか気の迷いなのかハゲタカ本をお買い上げくださいました。32回で驚いたかもしれんが、私の上には40何回と50何回見た人達がいるので私なんかまだまだなのよ、お客様……。

何はともあれお立ち寄り頂きました皆様、ありがとうございました(ペコリ)。この次こそは新刊をちゃんと出します!

コミックマーケット88 コミックマーケット88
さて、同僚M様の腐女子仲間のMちゃんからのタレコミで、この日はラスボス小林幸子が店を出しているということがわかり、前回、前々回のコミケではすごい噂になっていたけど見れずじまいだったためせっかくなので(?)見に行きました。結構な人達がラスボスのスペースで買ったと思われる紙袋を持っていたしね。そして今さらだけどラスボスのスペース、行列がすごい。しかしめっきりコミケ界の状況に疎いので、子ども(16歳)に「ラスボス見てきたけど一体何のサークルかわからんわ」とLINEを送ったら「あー、ボーカロイドじゃね?」と返信が。へぇーーーー。

コミックマーケット88 コミックマーケット88
そんな子どもへのお土産は彼女が好きな「ラブライブ」のフレーム切手セット、2,000円也。郵便局のおじさんたちが頑張って営業していました。他にも鉄な切手とかムーミンやスヌーピーの切手等、普通の郵便局ではすでに売り切れになっているような切手もあって心動いたけど、何分にもこの日は銀行からお金をおろすのを忘れて参加した為(←どんだけ間抜けなんだか)購入は断念いたしました。

こんな感じで日は暮れて、夏コミ参加の一日は終了、翌日月曜日は仕事の締め日だった為に休む訳にはいかず、ああ、どこでもドアがあったらいいのにーーと思いつつ汗だくになって出社。そしたら同僚達に「例のイベントに行ったんですか?」と聞かれた挙げ句「テレビのニュースに映っているすごい混雑を見て、きっとあの中にいるんだろうなあと思っていました」とか言われちゃったのな。うーむ、それは去年の4月の皇居乾門の通り抜けの時(2014年5月20日「2014年春の花見、皇居乾門通り抜けの1日」)にも、今年6月の鳥獣戯画展の時(5月31日「東京国立博物館 特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」」)にも言われた訳だが。決して行列や混雑が好きな訳じゃないのよ、端から見たらそうは思われないかもしれないけど(とほほ)。
関連記事
コメント
奥様、今年も元気で舞踏会に参加出来たのね。(ドレスは今夏も間に合わなかったみたいだけど、激務の毎日では仕方ないよね(泣))
実は三日目は、我が家の次男が、大学の後輩がサークル参加しているということで、暑中見舞いがてら初陣したんだけど、まったりとした時間から出掛けたにも関わらず、「もう帰りたい」と泣き言をLINEで伝えてきましたよ。
そんな厳しい環境の中、奥様のラスボス撮影というご活躍、お蔭で珍しい画像を見せて頂いたわ~
小林幸子って、あれ、ズラなの?

>この日は銀行からお金をおろすのを忘れて参加した為

そう言えばずいぶん前に、やはりお金をおろし忘れて、お嬢様と危うく無銭飲食しちゃうところで、慌てて近所のATMに走ったっていう記事があったねー。
あの頃はほぼ毎日ブログも更新されてて、その後「ハゲタカ」の裏庭作りに精を出したりと、ネット生活が充実してたよね。懐かしいわ~
年を取って、こんな体調の私達だからこそ、新刊の「年頃の女たち」を楽しみに待っております。(でもこれ、外国の人に内容を説明するのは難しそうね?)


2015/08/25(Tue) 07:53 | URL | suika | 【編集
>奥様、今年も元気で舞踏会に参加出来たのね。

いやあ、でもさすがにそろそろ引退を考えております。とはいえ次の新刊「お年頃な女たち」、そのまた次の新刊「僕らはみんな老いている」を出してからだけど(いったいいつになることやら)。

>実は三日目は、我が家の次男が、大学の後輩がサークル参加しているということで、暑中見舞いがてら初陣したんだけど、

おっと、suikaさんのおぼっちゃも陰界(違)デビュー? 3日目の男子っつーことはやはりゲーム系よね(まかり間違っても創作少年漫画じゃなかろう?)。普通に参加しているだけじゃもう帰りたいとはならないはずだからよっぽど先輩のサークルが大手か、パシリにされたのか、はたまた先輩のサークルの客がトンデモ系でひどい目にあったりしたのか、あるいは人ごみがすごいし(ちょっと程度の)変な人なんか当たり前に沢山いるからそれだけでもう疲れたのかしら。トラウマにならないことをお祈りいたしております。

>まったりとした時間から出掛けたにも関わらず、「もう帰りたい」と泣き言をLINEで伝えてきましたよ。

やっぱり初めてだからかしら。人よりも本とかグッズとかのサークルのスペースに並んでいる物だけ見ていればそんなに大変じゃない鴨。人を見ちゃうとね、とにかく多いしありがちなヲタクから目を見張るコスプレ美女から海外の取材陣から色々いるから見ているだけでも疲れちゃうかもしれんし、人が多いので歩いているだけでも揉まれちゃうし、共有スペースは野戦病院か!?てな景色になっているから、ビギナーの場合、ガイド(笑)がついてないとちと辛いかなあ。

>そんな厳しい環境の中、奥様のラスボス撮影というご活躍、お蔭で珍しい画像を見せて頂いたわ~

私は横から眺めて写真を撮っていただけだけど、実際に並んで買っていた人の話では、やっぱり小林幸子はプロだって。お買い上げいただいた方は「お客様」という意識がしっかりしているという話でしたわ。

>小林幸子って、あれ、ズラなの?

う、意識してみてなかったからわからんわー。

>>この日は銀行からお金をおろすのを忘れて参加した為
>そう言えばずいぶん前に、やはりお金をおろし忘れて、お嬢様と危うく無銭飲食しちゃうところで、慌てて近所のATMに走ったっていう記事があったねー。

ああ、あったねぇ(遠い目)。しかし晩ご飯を食べるだけならまだしも年に二回のコミケで現金の手持ちがなかったのは痛かったわ。コミケでしか見られないような地方のサークルのすごい本とか、プロなんだけどコミケだからとコミケ限定で出しているような本とか、他にもコミケならではのものに出会えるからねぇ。

>あの頃はほぼ毎日ブログも更新されてて、その後「ハゲタカ」の裏庭作りに精を出したりと、ネット生活が充実してたよね。懐かしいわ~

そうよねぇ……。今も書きたいネタは本当に沢山あるのよぉぉぉおお。

>年を取って、こんな体調の私達だからこそ、新刊の「年頃の女たち」を楽しみに待っております。

気長に待っててつかあさい。さすがの私も次回出さないとまずいと思ってます。つか、次出さないと飽きちゃって(何度も同じネタを練っていると飽きちゃうのね。そうでなくても絵コンテ、ネーム、下書き、ペン入れと同じ絵を何度も描いていると飽きちゃうし)もう描かないかもしれん。

>(でもこれ、外国の人に内容を説明するのは難しそうね?)

えーー、なんて説明したらいいんだろ。silver age crisis?(←絶対違う)。40’s and 50’s physical problem?(←ないよなあ……)。 日本語で説明するにしても、日本語でも普通はちょっと言いづらいネタだからなー(私は全く気にしないけど)。まあそんな困った事態になるとかならないとか以前の問題なので、えー、次回こそ頑張ります!
2015/08/26(Wed) 23:32 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック