沈黙-サイレンス- 沈黙-サイレンス-
「遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。」(映画.comより)

ヒューマンドラマ?? なお、上の写真は日本版の映画ポスター(左)とアメリカの映画ポスター(右)。海外版の方がかっこいいなあぁと薄らぼんやりと思っていましたが、海外版は棄教したと言われている宣教師の(多分)フェレイラ?(リーアム・ニーソン)を中心に据えたレイアウトで、日本版は暗い海にわずかに光がさす砂浜がメインとなっているレイアウト。日本版のこれじゃあ地味すぎて客は入らないんじゃね?と余計なお世話ながら思いましたが、でもこれ、この作品内で語られる「神」の姿かたちを表しているようで結構面白いかも。

キリスト教が禁じられている日本に来て、激しい弾圧に遭いながらも信じ続ける人々に手を差し伸べるロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)の苦悩の物語であり、「神」とは何なのかを問う物語であることをそのまま表現した海外版のポスター。そしてあまりにも無残な迫害に遭う信徒たちになす術もなく何故神はこの苦難に対して沈黙するのかと問う主人公ロドリゴと、その問いに対して答えはなくただ沈黙があるのみ、そして響き渡る波の音や虫の声などの大自然の音。長崎奉行・井上筑後守(イッセー尾形)は言い放つ、「日本に来たらどんな教えも変質してしてしまい、元の教えとは違ったものになる」と。神は唯一絶対ではなく、あまねく存在する国が日本であると。その曖昧さと大自然をメインにしたのが日本版のポスターと言えなくもないような気がします。そうはいっても日本版はやっぱりあんまり魅力的なポスターじゃないけど。

それは置いておいて。先々週の水曜日、映画「沈黙-サイレンス-」を見てきました。映画といえばだいたい娯楽大作か、ナイスなジジババがたくさん出てくる映画か、癖のある佳作を見ることが多い私ですが、今回は戦後日本文学の最高峰、遠藤周作原作作品をマーティン・スコセッシが映画化したもの。いやー、私の日常からは一番遠い作品といえよう。でも40年前、高校生時代に読んだ原作がそりゃあもう面白かったので、これは見るしかなかったですよ。

でもその前に。現在、会社ではインフルエンザがとんでもなく蔓延している。私の右隣の同僚が12月末、私の向かい側の席の同僚Oちゃんと、いつも一緒に昼飯を食っていたSさんが1月はじめに、そして先々週は同じく昼飯仲間のRちゃんと、処理業務を依頼される他のフロアの営業さんが、先週は私が仕事の引き継ぎをした前の業務の担当者とそのサポート役の派遣社員の方がインフルでお休みという、満貫? オセロだったら完敗な状態。それで現在一緒に仕事をしているOちゃんに「お願いですから、インフルにならないで〜」と言われているところです。インフルにならないでと言われても自分の意思で止められるもんでもないしな。そんで会社を一日休んで映画「沈黙」を見に行こうと思っていると言ったところ、「そんな重苦しくて暗そうな映画見たら免疫力が下がるじゃないですか!見るんだったら来月にしてください!」と言われましたよ(笑)。確かに暗くて重そうでずどーんと来そうな映画だもんね。

そんな訳で見に行きましたが……面白かったです。結構長時間の作品だけど全然退屈しません。最初に凄惨な拷問にあっているキリシタン描写があり、そこでの会話が日本語だった事に驚きました。日本を舞台にした外国映画って日本人が当たり前のように英語をペラペラしゃべっているイメージがあったので、全編こんな感じだったらアメリカ人は見ないだろと思いました(←偏見)。でもその後にロドリゴが出会った地元の貧しい信者達は宣教師から教わったというたどたどしい英語を使い、そして奉行や役人達は結構流暢な英語を使う(←ポルトガルの宣教師なんだから英語じゃないだろというのは置いておいて(笑))。地元民の英語は万年英語難民でここんとこ仕事でGoogle翻訳様にすっかりお世話になっている私でもわかるような初歩的な英語でした。凄まじい迫害をうけているのに、それを「トラブル」と言っていたりしてびっくり。英語じゃあちょっと困った事からすごい災難に遭う事まで全般をトラブルというのかもしれないけど、トラブルという単語で私がすぐに思い浮かぶのは「ご近所トラブル」あたりの非常にライトなトラブルですよ。でもさ、地元民たちは久しぶりにやってきた宣教師の姿に感激しなんとか自分たちの窮状を訴えるのに必死なんですね。自分たちがわかる範囲の言葉の中でなんとか訴えている、その必死さがわかる言葉です。

反対に長崎奉行や役人達が使う英語は長崎という場所柄、必須教養なのかもしれないけどかなり流暢です。特に奉行の井上は英語と日本語の使い分け自体に非常な知性を感じます(英語難民のお前が言うな、ですが)。というか、この井上のキャラが非常に面白い。この映画のキモはこの井上と、何度もロドリゴを裏切り平然と踏み絵をしながらも神を信じ続けるキチジロー(窪塚洋介)です。原作を読んだのは何せ40年前なので内容は全く覚えていないのですが、映画を見る限りこの井上というのは非常に知性的で現実的な人なんですね。散々キリシタンを迫害した後で拷問や処刑では何も変わらないし納税者を失うばかりであるということを悟ったせいか、人々に棄教を迫る時も別に信じる心を捨てなくても構わないのだと、ほんのちょっと踏み絵用のプレートに足をかけるだけでいいのだと、これは形だけなんだからと棄教を迫る。本当に信じているならそれを捨てさせることなんかできないのはわかっているのか、あるいは日本に根付いたキリスト教は元のキリスト教からは変質してしまっているのだから別にいいじゃん、みたいな思いもあるのか。このキャラを稀代の曲者役者のイッセー尾形が演じているというのがまたなんとも。

そしてキチジロー。別に窪塚洋介の演技がいいとかじゃなくて(え?ヒドイ?(笑))、むしろ窪塚洋介のビジュアルがこの物語にフィットしていると思います。赤ん坊のような、動物のような、大きなピュアっぽい瞳の、見た目はむしろイエスっぽい、裏切り者ユダ。裏切り者なのに彼の信じる心は実は全く揺らいでいない。

私は宗教心は全くなく、それどころか神様って宝くじみたいなもんじゃね?みたいに思ってたりして、真剣に神を信じる皆様からすれば大顰蹙な訳ですが、そんな私でも非常に面白かったです。でもさ、音楽が全くないこの映画で、神の沈黙に対して自然の音が響き渡るこの映画で、……何度も場内に携帯電話の振動音が響く訳だよ。音切ってりゃいいってもんじゃねーよ、電源切れよ!!
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
見ました
思いの外、面白かったね。
平日昼間、60歳超えのおじさんばかりの映画館であった。
私も宗教心、全くないんだけど、今回の病気発見があまりに不思議な事故で、事故の相手も不思議な人なら、入院決まって実家のお墓詣りに行ったら、巨大な蛇がとぐろまいてるのに遭遇。
なんだか、さすがにこれはご先祖様からの知らせか?とか考えちゃったよ。
キチジロー、不思議な奴だったね〜。
もはやこれって弱いというよりも強いんじゃ?と思ってしまった。




2017/02/13(Mon) 23:26 | URL | oha~ | 【編集
暗くて重くてずずんとくる映画かと思ったけど、そんな事なかったね。思いの外面白くてちょっとびっくりしたわ。

>平日昼間、60歳超えのおじさんばかりの映画館であった。

へぇー。私は公開翌週に見たせいか、割と満遍なく色々な世代の人が見ている感じだったわ。つか、若い人がこれを見るって、原作がどうこう関係なく別の要素で見ているのかしらね。

>なんだか、さすがにこれはご先祖様からの知らせか?とか考えちゃったよ。

私自身はそういうことが全くないけど友人知人のその手の話を聞くことがあり、この世にはわしらには計り知れない何かがあるのかもしれないとは思うわ。

>もはやこれって弱いというよりも強いんじゃ?と思ってしまった。

この映画の中で最強なのはキチジローなのかもね。
2017/03/01(Wed) 23:09 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック