さて。前の記事で「なお、もし今「ハゲタカ」を新たに作るとすると鷲津はいったい誰が演るのか?という話にもなったのだが、それはまた別記事で」と書いた件(2月28日「NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」放映10周年記念のあれやこれやなど」)。

鷲津政彦 芝野健夫 西野治 劉一華
今のところ、真山仁の原作「ハゲタカ」の映像化作品は、2007年放映のNHKのテレビドラマ「土曜ドラマ ハゲタカ」と、2009年公開の映画「ハゲタカ」のみだ。この両作品で主役の鷲津政彦を演じたのが大森南朋、そのライバルでありビジネス・パートナーの芝野健夫役に柴田恭兵、鷲津を追いかけ追い越そうとする若手がドラマでは松田龍平、映画では玉山鉄二だった。

ドラマ・映画の後日談なら当然、今までの鷲津の中の人の大森南朋にやっていただきたいところだけど、新たに作るとなると原作者の真山さんは今度こそは原作どおりのキャラで原作どおりのストーリーでやってほしいんじゃないかと思う。少なくとも真山さんのトークショーで何度かお話を聞いた限りでは。ジョークだと思うけど今度はフジテレビあたりでとも言っていたので(2013年11月4日「ハゲタカ第四弾『グリード』発売記念小説家・真山仁トークイベント」)、原作どおりに鷲津がスーパーマンみたいな活躍をしてちょっとしたカタルシスを得られるような映像化作品を望んでいるのかもしれないし、原作どおりの恋愛描写もガッツリ入れてほしいのかもしれない(推測)。

と言っても真山さんは別にNHKの「ハゲタカ」を否定しているわけでもディスっているわけでもなく、○○の誰それと言われるような、この作品はこの人と言ってもらえるような作品があるのは非常にありがたい事だし、やはりそれはNHKのおかげだとも言っている。でもさー、デビューしてまもない頃に作品を映像化された事はともかく、原作の骨格は変えてはいないとは言え、物語も設定も大きく変えられた映像化作品が国内だけでなく国際的にも高く評価されてしまった……というのは、原作者にとっては微妙すぎるなんてものじゃないだろうと思うですよ(しつこいようだけどあくまでも推測です)。

原作の鷲津は「これといって特徴がない、街ですれ違っても気づかないほど印象が薄い」「貧相に見えていたのに対峙してみると大きく感じる人物」という描写があり、なおかつぱっと見「貧相な小男」というビジュアル。しかも関西弁だったり(小説の中でも多分ほとんど使ってないと思うけど。でも母親にまーくんとか言われてる場面にはズッコケたよ(笑))。このお話は主人公が目立ちすぎてはいけないけど存在感はとても必要な、非常に難しいお話でもある。原作は物語が進むにつれて原作者の真山さんも「スーパーマンみたいな鷲津」とか言っているけど、すくなくとも最初のほうの「ハゲタカ」の鷲津はそうではなく、日本経済のどん底とその再生を描いた、その象徴的キャラクターである。

前に確か大友Dだったかが、(視聴者に)こいつ(鷲津)は一体何者なんだとという得体の知れない怖さを出したかったキャスティングだって言っていたけど、実力はあるもののほとんど無名だった大森南朋を鷲津にキャスティングしたのはやっぱりすごいと思う。私はNHK版鷲津(大森南朋)をこよなく愛する者ではあるけど、多分NHK版の続編よりは原作「ハゲタカ」を最初から映像化する話のほうが遥かに可能性は高いと思う。そこで、もし今「ハゲタカ」を新たに作るとすると鷲津はいったい誰が演るのか?な訳ですよ。

この話題は度々廃人な集まりの時に上るネタで、今までも西島秀俊や玉木宏、香川照之、長谷川博己などの名前が挙がり、今回もディーン・フジオカとか若い時の堤真一とか色々あがったのだが、私がふと思いついたのは星野源である。

星野源(「逃げるは恥だが役に立つ」)
去年の10月期TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は本当に面白いドラマだった。脚本と演出が隅々まで神経が行き届いた作品だったけど、役者さんたちもメインからサブまで本当によかった。何よりもこのドラマの主人公の一人、津崎平匡というキャラクターに星野源という役者さんを得たことがその成功の一番の要因だったと思う(私的には星野源の平匡と石田ゆり子のゆりちゃんがこのドラマの肝だと思う)。

「逃げ恥」の製作エピソードについては星野源がオールナイトニッポンで語っているものが面白い。。

星野源『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ラストの意味を語る
星野源『逃げるは恥だが役に立つ』を振り返る

そこで鷲津な訳だが。原作での経歴は元ジャズピアニストで現在は金融の世界に名を轟かす天才的ファンドマネージャー、初期の「ハゲタカ」では確か30代前後の「貧相な小男」とある。でも、多分物語をぶち壊さないためには目を引くビジュアル、例えばイケメンであるとか表情が特徴的であるとか露出が非常に多い役者さんであるとかではないほうがいいような気がする。後期(現在)はともかく、初期の原作「ハゲタカ」の物語の展開は鷲津の物語になっているんだけどその実、鷲津という人物そのものを描写しているわけではない。というか初期の「ハゲタカ」において鷲津政彦は日本経済のメタファにしか過ぎない。主人公でありながらその主人公の物語、鷲津の物語になってはいけない。これは相当難しい役なので、私としては、30代の実力派俳優でなおかつ印象的過ぎないビジュアル(つまりイケメンでも変顔でもない)というので、ふと、星野源が浮かんだのである。……あー、えっと、星野源ファンの皆さん、すみません。彼は非常に魅力的な人だとは思うけど美青年ではないと思うの。つか、ニャンコ先生に似てない?(←ひどい)

ちょっとこれは、見てみたいと思いませんか?(笑)

役者としての星野源は「昨日のカレー、明日のパン」(2014年、NHK)で主人公(仲里依紗)の病気で亡くなった夫役でほぼ幽霊みたいなキャラもよかった。主人公は夫の父(鹿賀丈史)と二人暮らしで、夫が亡くなってからそれなりの時間がたって気になる男性も現れて、でもまだ主人公の中には夫の面影が残っている、という非常に微妙なキャラ。主人公の回想場面や現実の妄想場面で登場する夢の中の人みたいなもんだから、生身の人間らしくはあってはいけないけど主人公の行動には微かに影を落とすキャラ。あるいは「コウノドリ」(2015年、TBS)のツンデレ医師もちょっと新鮮でした。

松田龍平(「あまちゃん」) 平岳大 鈴木亮平
今ふと更に思いついたのだが、松田龍平はどうだろう? 平岳大とか、もしかすると鈴木亮平でも悪くないかも? 松田龍平だと線が細すぎではあるけど掴みどころがない感じがでるしピアノも似合いそう。ただし原作後半のスーパーマン的鷲津からは程遠いかも。平岳大なら内に熱いものを秘めていながら表面的には冷徹な感じも出せそう。鈴木亮平だと何でもありというか、「俺物語」で20kg太って「天皇の料理番」でも10何kgだか痩せたりする人だから、原作や脚本を徹底的に読み込んで見る人が驚くようなデニーロアプローチをしてきそう(笑)。

誰が鷲津を演るにしろ民放で「ハゲタカ」が製作されるとなると問題はCMである。お願いだから絶望の淵に立たされた主人公の場面のすぐ後に同じ役者さんが「この洗濯洗剤ならこんなに真っ白に!」と言っていたり、主人公が反撃の機会を窺っている緊迫した場面のすぐ後に「今日は家族で焼肉パーティ!」とかやらないでほしい。というかCM流すならできればドラマの雰囲気に合わせるか、せめてドラマの出演者を使わないCMにしてほしいわ。その方が視聴者だってスポンサーに好意的になると思うんだけど。

一番の望みはNHK版鷲津による映画「ハゲタカ」の続編だけど、その可能性が限りなく低いのなら(泣)せめて新しい鷲津で新しい「ハゲタカ」もそれなりに楽しみにしてみたい。……ええ、こんなおバカな妄想で気を紛らわすくらい、ハゲタカ飢餓状態です……。


コメント欄より超どうでもいい追記(2017/3/12):
平岳大「下町ロケット」 平岳大「下町ロケット」 平岳大「医龍」
左から不憫ぶりが話題になったNHK大河ドラマ「真田丸」の武田勝頼役の平岳大、TBSドラマ「下町ロケット」のチョイ悪の平岳大、そして出演者・平幹二朗の青年時代役で出演したフジテレビ「医龍4」の平岳大。

おまけ:
長谷川博己「シン・ゴジラ」 長谷川博己「夏目漱石の妻」 長谷川博己「獄門島」
左から映画「シン・ゴジラ」のハセヒロ、NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」ですごい顔芸だったハセヒロ、そしてNHKBSプレミアムドラマ「獄門島」で未だかつてない狂気の金田一耕助を演じたハセヒロ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
せこい鷲津が見たい!
星野源、確かにいいよね。
どう見てもイケメンじゃないけれど、不快なところがない。
情けな〜い役も、逃げ恥みたいな理系インテリも似合う。

ところで平岳大って誰?と思ったら、平幹二朗の息子なのね。なんだかすごい経歴だね。数字にも強そうで、鷲津の設定も無理なさそうだけど、やっぱりもっと可愛げが欲しいので、個人的には星野源か、長谷川博己もいいなぁ。
長谷川博己は個人的にお気に入りです。
もし新しくドラマ化されるのなら、儲かった時には影で「いひひ」と笑うようなキャラクターがいいなぁ。ちょっとセコかったりするのもいいんじゃない?(この案は現鷲津ファンの皆様の賛同を得られるかは微妙ですが)
そこいくと劉は松田龍平が仲介した例の作戦で、騙されたとも知らず、思わず笑いが溢れるシーンがあるじゃん。
あそこ好き(笑)
2017/03/11(Sat) 23:41 | URL | oha~ | 【編集
>どう見てもイケメンじゃないけれど、不快なところがない。

大森南朋もそうだけど、新井浩文とか星野源みたいなイケメンじゃない実力派の方が役の幅が広くて応用が効くよね。

>ところで平岳大って誰?と思ったら

じゃ、oha~さん好みっぽい平岳大の写真もアップしておいたよ。本文参照あれ。左から大河ドラマ「真田丸」で演技とそのあまりの不憫さに話題沸騰だった武田勝頼、oha~さんがお好きそうな「下町ロケット」のせこいキャラ、右が平幹二朗の息子役で岸部一徳の息子と共演した「医龍」のキャラ。いろいろ取り揃えてみました(笑)。

>長谷川博己は個人的にお気に入りです。

ふむふむ、じゃあ「シン・ゴジラ」の官僚役のハセヒロは今一つで、「夏目漱石の妻」の人としてどうか?なハセヒロや「獄門島」で未だかつてないダークな金田一のハセヒロの方がお好みかしら。いやー、あの金田一にはびっくりしたけどさ。

>儲かった時には影で「いひひ」と笑うようなキャラクターがいいなぁ。ちょっとセコかったりするのもいいんじゃない?(この案は現鷲津ファンの皆様の賛同を得られるかは微妙ですが)

いや、それは原作の鷲津政彦も(多分)やらないから見られないかもね。あ、確かドラマ第2話のオープニングでしてやったり顔で微笑む鷲津は見られるけどね。

>劉は松田龍平が仲介した例の作戦で、騙されたとも知らず、思わず笑いが溢れるシーンがあるじゃん。あそこ好き(笑)

ピンポイント過ぎ(笑)。
2017/03/12(Sun) 11:59 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
おまけ画像ありがとう。
あ、武田勝頼ね。うんうん、不憫な上に気品もあって、大変良かったです(笑)
ハセヒロは「シンゴジラ」はカッコよすぎで趣味でなく、何と言っても「デート」と「ラブ&ピース」が最高!
夏目漱石もとっても良かったわ。
こういう顔のよく動く人が好きなので(現実は別)、大森南朋は嫌いじゃないけど、彼の鷲津は無表情すぎるのが残念。

鷲津探し、面白いね。
もっと無名であっと驚く鷲津俳優いないかなぁ〜。
2017/03/12(Sun) 13:21 | URL | oha~ | 【編集
星野源かぁ………
確かにほんわりしたイメージを持っていたけど、「コウノドリ」の冷酷な感じに、いい意味で驚かされたわ。
でも、ニャンコ先生に似ているとは、思いもしなかったぞ(笑)

鷲津はなぁ、大森南朋が強すぎて、なかなか他の人で想像できないなぁ。
小日向さんがもう少し若ければイチ押しなんだけど、残念。

2017/03/14(Tue) 08:48 | URL | suika | 【編集
星野源たしかにいいね。でも、売れすぎちゃってるからなぁ~ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
原作読んでないけど鷲津ってそんな感じだったのね。ふと思ったのはクドカンとか・・貧相すぎるか?(笑)ビジュアルが特徴ありすぎるかね。あとは濱田岳とか柄本佑なんてどうかしら?柄本君は得体のしれない役うまそう(笑
そうなると松田龍平がやった西野も変わってくるね。
てか、私が一番心配なのは中延さんを誰がやるかだよ。あのプロフェッショナルでありながらお母さんのような味わいを出せる方がいるかねぇ・・
今日、先週の『バイプレイヤーズ』見ていたら大森南朋がゲストに出てきて『ゴールデンパラシュートです!』ってやってたから笑ってしまったよう・・
2017/03/31(Fri) 19:06 | URL | きこり | 【編集
>鷲津はなぁ、大森南朋が強すぎて、なかなか他の人で想像できないなぁ。

そりゃもちろん、続編なら大森南朋鷲津政彦ですよ! でもさー、続編どころかスピンオフはもちろんのこと、ドラマの再放送すらない今日この頃なわけで(泣)。それに反してこのところノリノリな原作者の真山さんは「ドラマでやるならフジテレビあたりで」なーんて発言しちゃっててさー。「ハゲタカ」は遠くなりにけり、、、かしら(とほほ)。そうは言っても原作版鷲津を今の大森南朋がやるのもなんだしなあとか思うし。なにせ原作鷲津は女を取っ替え引っ替えだからね。

>小日向さんがもう少し若ければイチ押しなんだけど、残念。

もう少し?(笑)小日向さんは今63歳ですわよ、奥様。でもあと30歳若ければ鷲津は結構いけるよね。惜しい(、、、惜しい、か?)。
2017/04/10(Mon) 22:48 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>星野源たしかにいいね。でも、売れすぎちゃってるからなぁ~

まあね。でもオールナイトニッポンで喋っているのを聞いたら、役に対する理解と取り組みが素晴らしいと思うんだよね。私は星野源に対しては別に好きでも嫌いでもないんだけど、役者としていいなあとは思いますわ。

>原作読んでないけど鷲津ってそんな感じだったのね。

原作鷲津は……よくまあ、あの原作からあのドラマを作ったなあと思うし、原作者も立場的に仕方がなかった(なにせデビューしたばかりだったから)とはいえあの原作をよくもまああそこまで改変されちゃって思うところありまくりだろと思うよ。

>ふと思ったのはクドカンとか・・貧相すぎるか?(笑)ビジュアルが特徴ありすぎるかね。あとは濱田岳とか柄本佑なんてどうかしら?

ク、クドカン。役者のクドカンは確かにいいし(「BORDER」とか「カルテット」は本当にナイス)原作のビジュアルにはそんなに遠くないかもしれないけど、底にエネルギーが溜まってなさそう。濱田岳は原作鷲津に身長込みで近いけど、今までの役柄をかなり吹っ切ってやってもらわないと苦しいかも。柄本佑はお芝居はOKかもしれないし得体の知れなさもOKだし底に何か秘めてる感じもいいけど、なんか全体に負のオーラを感じるというか(失礼すぎか(笑))。

>私が一番心配なのは中延さんを誰がやるかだよ。

おおお、中延さんか。中延さんはそのまま志賀廣太郎さんの使い回しで。つか原作の中延五郎はただ単に不動産投資のすごいエキスパートって設定なんだよ。ドラマと映画の中の執事兼じいやみたいな存在じゃないのよ。

>今日、先週の『バイプレイヤーズ』見ていたら大森南朋がゲストに出てきて『ゴールデンパラシュートです!』ってやってたから笑ってしまったよう・・

しくしく。拙宅で自動録画されているはず、と思ったら録画されてなかったもんだからまだ見てないの。同じ時間帯に3番組同時録画できるんだけど、キーワード登録などでさらに4番組めが自動録画で入ると、録画予定のものが録画されてないことがごくたまにあるのよ。くそー。まあ、DVDが出たらレンタルで見ることにするわ〜。
2017/04/10(Mon) 23:09 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック