ドリーム
2017/10/04 映画「ドリーム」
面白かった。1960年代にアメリカの宇宙計画を支えた黒人女性達の物語でもう一つの「ライトスタッフ」。技術や理論、数字に肌の色も性別も関係ない。被差別を声高に訴えるのではなく実績と結果を示す事で少しずつ前進して行く。脚本と演出が本当に素晴らしい。ロケットの打ち上げが成功するという結果がわかっていてもワクワクドキドキした。

ミックス>
2017/10/21 映画「ミックス。」
初日舞台挨拶付きチケットを前日にひょんなことから急遽入手し鑑賞。何も考えずに楽しめる映画。面白かったけどわざわざ映画にする必要がある作品かな?役者さんと脚本がナイスだけど、演出が今三つ。無駄にだらだら見せている場面が結構多く非常に間が悪かった。最初にキャストの皆さんの挨拶が終わったら席を立つ人がそこそこいた。他の映画の初日挨拶の時もいたけど、挨拶だけ見て次の映画館での舞台挨拶を追っかけているのかなー。

ブレードランナー2049
2017/10/27 映画「ブレードランナー2049」(IMAX 3D)
すごい映画だけど面白いか面白くないかよくわからない。ビジュアルはPSの名作ゲーム「MYST」や「RIVEN」のような空気を感じる。アクション場面があるのに静かで美しく時間が止まったかのような世界とその世界の謎が広がる。前作が人間と人間ではないものを分かつのは何か?命とは何かがテーマなら、今作は"魂"の器が人間であろうがレプリカントであろうがあるいはVRであろうが、「我思うゆえに我あり」、それは"命"なんだという事なのかもしれない。映画的に成功はしないかもしれないだろうけど、いっその事デッカード(ハリソン・フォード)を出さずに、K(ライアン・ゴスリング)をもっと徹底的に描写する話でもよかったかも。
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック