「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」
日曜日の朝は7時半からTBS「がっちりマンデー」、8時からTBS「サンデーモーニング」、10時からTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」を見たり聞いたり酒を飲んだりしつつ洗濯や片づけをしている。どんだけTBS好きなんだ。10月初めころの日曜日は新聞が2週間分溜まっていたので、例によって切り抜きしながら読み返していたら、美術展の特集記事の写真に目が止まった。細密画の名手による特別展らしいが紹介記事の写真ではそんなことは全然わからない。それよりも何かわからない異形の世界を描いている風なのが気になり、いったいいつまでやっているんだ?と見てみたら10月9日、この記事を目にしたのが10月8日、翌日が最終日とのこと。なんてこったい。場所は日本橋の老舗百貨店(死語)、誰がどんな美術展をやったって確実に混む日じゃねえか。皇居乾門通り抜け(2014年5月20日「2014年春の花見、皇居乾門通り抜けの1日」)や「鳥獣戯画展」(2015年5月31日「東京国立博物館 特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」」)の悪夢再び。

でも気になる以上は仕方がない。10月9日祝日、朝一で日本橋髙島屋の「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-」に行ってみた。髙島屋の開店時間は10時30分、どうせ行列に決まっているんだから早く行っても時間の無駄、天気もいいし先にちょこっとだけ皇居東御苑に寄り道してダラダラ散歩してみよう。秋の皇居東御苑といえば「龍馬伝」(NHK、2010年大河ドラマ)の頃にハゲタカな皆様と楽しんだ遠足が懐かしい……(2010年10月12日「秋晴れの日のプチ遠足」)。ま、この間も別の場所でハゲタカな夜を過ごしたのだがそれはまた別の記事で。時間があればドラマ「ハゲタカ」ロケ地のナンパストリートや映画「ハゲタカ」ロケ地の常盤橋公園やマンダリンオリエンタルホテルも回ろうかと思ったのに、まったりしてたらあっという間に10時近く、こりゃいかんとまっすぐ日本橋へ。

10時15分くらいに高島屋の前に着くとやっぱり行列が伸びているが、思っていたほどの長さでもない(当社比)。美術展会場は8階、開店が10時30分、それから20人単位ぐらいでエレベータに乗るとしても、まだまだ道のりは長いな、、、と思っていたらまだ開店前なのに行列がもぞもぞ動き始めて思いのほかぐんぐん前に進む。エレベータに乗るなら客の詰め込み作業のために行列も止まったり動いたりするだろうに、ノロノロながらも行列の動きは止まらない。もしかして会場の8階まで階段か!? 話題になった映画の公開初日なんかも劇場の階段にずらーーーっと行列がとぐろを巻いているもんね。建物の中に既に入っている部分の行列が長ければ、もしかして私がいる行列末尾は1階あたりだったりするのか?とか思ってたら、エスカレータでした。

なるほど。エスカレータで粛々と8階へ。事故さえなければ行列進行は順調だ。8階に着くと当然そこからも長く行列が伸びていたが皇居乾門通り抜けや「鳥獣戯画展」に比べれば夢のようだ(←しつこい)。何分にも前日初めてチェックした画家なので取り合えず待っている間に携帯で髙島屋のホームページの池田学展をチェック。確認したら100円割引のQRコードもゲットできた。便利。11時前には展示会場に入ることができ、思ってた以上にサクサクと作品を鑑賞することができた(当社比)。

絵は静かな異世界を描いていた。もしかすると音はあるのかもしれないが私には聞こえなかった。潜水艦か何か、閉じ込められた場所から覗き込んでいるかのように、その世界の圧倒的なビジュアルだけが目の前に広がる。なぜこれほどの静けさを感じるのか。もしかするとこの絵の描き方によるのかもしれない。すさまじく緻密な、極細の線で隙間なく描きこまれているために、1日に10cm四方くらいずつしか描けないのだという。なんだか時間がぎゅっと圧縮されて封じ込まれているかのような。それで細部を確認しようとつい近寄って見てしまうけど、そうするとこの静かな異世界を見逃してしまうような気がする。

「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」 「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」
「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」 「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」
展覧会は写真撮影不可のところが多いが、ここでは2か所だけ撮影可能なエリアがあった。一か所は作品「誕生」の制作風景動画の上映場所、もう一か所はその「誕生」の展示エリアで、キャンバスが縦3m横4mと大きいのに展示エリアの奥行きがそんなにないのと人だかりが多いのとで、一番後ろまで下がっても全体がよく見えない。

池田学の作品世界の中では様々な音や音楽が流れている(かもしれない)のに私にはそれが聞こえないと思いつつ見ていたのだが、時代が進むにつれて作品は少しずつ賑やかになってゆく。311の後に制作された「誕生」は津波に揉まれる大木に様々なアイテムがまとわりつくように、というか神羅万象がお祭りのように描かれている。相変わらず音はない(私には聞こえない)けど楽しそう。読んだことはないけど三島由紀夫の作品のタイトル、「豊饒の海」という言葉が思い浮かぶ。

丸善のハヤシライス
不思議な世界を満喫して外に出た。すっかり忘れていたけどおなかすいたのでご近所の丸善でランチにハヤシライスを食べて一服。このあと下丸子の昭和の暮らし博物館「高野文子の描く昭和のこども原画展」を見に行ったけどその話は省略。この日の総歩数は14,294歩也。この歩数が「池田学展」でかせいだものか、それとも東急多摩川線下丸子駅から歩いてひたすら遠かった昭和の暮らし博物館のせいか、はたまた午前中の花見のせいかは定かではない。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この展覧会、わたしも気になってた。全くお名前は存じ上げなかったけど、ネットのあちこちで紹介されてて、細密画と言う言葉にも魅かれて、生の絵を見てみたいと思って。
ただ、KITTEの「香港ミニチュア展」もそうだけど、上京というハードルが高くて、二の足ふんじゃったんだよね。
そんなわたしが、「運慶展」だけはどうしても見たくて、ちょうど埼玉に住む妹がこちらに遊びに来ると言うので、日にちを合わせて上京、一緒に運慶展を見て、その日の内に帰るという計画を立てて、うきうきで出掛けたんだけど、東京に着いてからアクセスを調べるために美術館のサイトを見たら、まさかの休館日だったよ…
運慶展開催中は毎日開館していますと言う言葉だけ目がとらえて出掛けたんだけど、期日が指定してあって、ばっちりその日を外してました(泣)
自分の馬鹿さ加減に、しばらく文字通り立ち上がれなかったわ。(妹からは、「わざわざ私を迎えに来てくれて、ありがとう」と言われた)
そして翌日、母と妹と一緒に京都に行って、午前中に観光を済ませ、午後から本命の出町ふたばに大福を買いに行こうと電車に乗ったら、その日は定休日だと途中の乗換駅で判明した。ただの馬鹿じゃなくて、懲りない馬鹿だということも判明した秋の二日間でした(泣)
2017/11/30(Thu) 13:10 | URL | suika | 【編集
No Title
あ〜たくさん記事がアップされてる!!と、とりあえずそこんとこで喜びますた。
池田学展、これは行こうと思ってて、結局忘れた(涙)
鳥獣戯画とか怖い絵展とか運慶とか、行列に対する忍耐力がなくて、初めから諦めの境地で、こうやって感性が老化していくのかも…。そうそう、空いてると評判の泉谷しげる展ぐらいは行こうと思ってたのに、あっという間に終わってしもた。
若い頃、「豊饒の海」全4巻買ったのに、全部読み終える前に引っ越しに紛れてどこかに紛失。Tsumireさんのこの記事で思い出したヨ!
2017/12/01(Fri) 23:12 | URL | oha~ | 【編集
>ネットのあちこちで紹介されてて、細密画と言う言葉にも魅かれて、生の絵を見てみたいと思って。

へぇーーー。わたしゃそれすらも知らなかったよ。新聞の広告で初めて見て、それで見に行ってきちゃった。

>上京というハードルが高くて、二の足ふんじゃったんだよね。

まあ東京にいるメリットはそこだよね(つかそこだけ?)。東京以外の場所の方が居住に関わる経費は東京ほど馬鹿みたいにかからなくて済むし環境とか断然いいけど、イベント関係はやっぱり今の所東京にいる方が享受できるよね。もしかするとVR技術がもっと進歩すると東京と地方の差はなくなってくるかもしれないけど。

>そんなわたしが、「運慶展」だけはどうしても見たくて、

まあ、奥様ったら情熱的。本当に突っ走る傾向なのね(笑)。しかも2度もやらかすなんて素敵。その情熱はいつまでも、ですよ。
2017/12/03(Sun) 18:45 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>あ〜たくさん記事がアップされてる!!と、とりあえずそこんとこで喜びますた。

記事はねぇ、下書き状態のものが今年だけでも10個以上あるんだけどさー、もう少し書き込んでからと思っているうちになんだか時期を逸してそのままってことになって、アップしてない記事が沢山あるんだよねぇー。もっと思いついたままにアップしなくちゃいかんよねぇ。

>鳥獣戯画とか怖い絵展とか運慶とか、行列に対する忍耐力がなくて、初めから諦めの境地で、こうやって感性が老化していくのかも…。

奥様、わしらもう老い先短いんだからだからこそチャンスは逃しちゃダメだと思うですよ。とはいえほとんど大抵の場合、「別にいいっか」「面倒くさいし」「今回は縁がなかったかも」でスルーしがちな私ですが。

>空いてると評判の泉谷しげる展ぐらいは行こうと思ってたのに、

情報を目にした時点でタイマーとかリマインダーとかに入力するのが吉。でないとさー、本当に何もかもすぐに忘れちゃうからさー(遠い目)。
2017/12/03(Sun) 20:45 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック