北海道の実家から母親が来ていて、昨日は子どもと一緒に夕飯を食ったりホテルに泊まったりして過ごしていたのだが、さっき電車の中で母親が私を見て言ったのだった。

「あんた、おなかがおおきいのかい?」
「!! めっそうもない! これは自腹ですからっ!」

確かに腹はでているのだが、まぎれもなく中年太り! 実は一個も入ってないですから! いくら私でもこのトシでは第2子ご懐妊は(妊娠自体は可能でも育児が)無理ですから。

でもうちの親がそう疑うくらい微妙な太り方をしているってことだな。なんだろ、大昔の飢饉の時の絵で描かれている餓鬼みたいな腹、っつーことかな。前回来た時にも

「そんなみっともない腹、裾が長めの服を着るかして隠した方がいいんじゃないのかい」

と言われたのだが。とほほ。なんとか善処します。
関連記事
テーマ:今日のできごと
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック