6月6日、今日の東京地方は雨です。つい「6月6日に雨 ざあざあ ふってきて、三角定規に ひびいって」となんとはなしに口について出たのですが(一体いくつだよ)、いやいや、違う違う。6月のこんな雨の日は、あの赤い車に憧れ続けた彼を思い出す……。

とうりゃんせ信号の劉一華
私にとって6月6日といえば14年前の2009年に映画「ハゲタカ」が公開された日ですが(以前も書きましたが)、私は公開日には見ていません。NHKドラマ「ハゲタカ」(2007年放送)が面白かったので気になっていたものの、ズルズルと見逃していて実際に見たのは6月24日でした。えー、これはどう言う事?と2回、3回と映画館で観るようになったのが沼の始まりです。

当時テレビでは24時間番宣してんじゃね?というくらい映画「ROOKIES 卒業」(5月30日公開、TBSドラマの続編映画)や「アマルフィ 女神の報酬」(7月18日公開、フジテレビ開局50周年記念作品。今更だけど、とにかく番宣がすごかったから6月の映画だと思ってたけど7月公開の映画だったのかー)のCMがガンガン流れていたもんでした。でも「ハゲタカ」はNHKドラマの続編映画なのでそういう派手なCMも全く見かけず、元々地味な金融映画だしキャストも地味(ひどい)、お呼びじゃないというか、当時は「ルーキーズ」や「アマルフィ」だけでなく「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」や「天使と悪魔」とか、ガッツリお年寄りのハートを掴んだ「劔岳 点の記」とか色々ひしめいていていました。翌年、日本アカデミー賞に映画「ハゲタカ」が助演男優賞と主演男優賞でノミネートされた時は嬉しいよいうよりも、でかいバックがついている競合映画の中で、隙間家具的にノミネートされたんじゃねーか?と思ったぐらいです(←屈折)。

あれから14年、早いなー。当時映画「ハゲタカ」をきっかけに知り合い、そして「ハゲタカ」をネタに熱く語り合った友人たちとは今でも会っておしゃべりをしています。もうNHK版「ハゲタカ」に関する新しい情報は微塵もないし、皆さんそれぞれ今の推しがあるので「ハゲタカ」ネタの話になる事はほとんどありません。でも皆さん狭くて深いNHK版「ハゲタカ」沼にどっぷりハマるぐらいなので、今の推しの話を聞いていても面白いし楽しいし、そして羨ましい。私なんざ、いまだに「ハゲタカ」だからさー……(遠い目)。

特に新たに書いておくようなネタは何もないのですが、今日はこんな雨の日に帰らぬ人となった「ハゲタカ」の劉一華(玉山鉄二)を偲んで合掌。しかし鷲津政彦(大森南朋)はやっぱりかっこいいなあ。中の人が今年の大河ドラマで「えーびすくい、えびすくい」と踊っている人と同じとは思えない(笑)。
映画「ハゲタカ」劉一華

映画「ハゲタカ」鷲津政彦



【弊ブログの映画公開記念記事】
2010年から毎年6月に書いている記事の一覧です。

ステラ2007年2月23日号 宝島2007年5月号
2022年6月6日「13年目の6月6日はドラマの鷲津待ちで。

とうりゃんせ信号の劉一華
2021年6月17日「6月6日、あの橋の畔で

映画「ハゲタカ」
2020年6月6日「映画「ハゲタカ」公開から11年、今年の6月6日は中延じいやを偲んで。

映画「ハゲタカ」公開10周年記念
2019年6月5日「あの、熱い夏の日々から10年、長かったのか、短かったのか。

映画「ハゲタカ」公開9周年記念
2018年6月5日「すべての「ハゲタカ」に花束を

映画「ハゲタカ」公開8周年記念
2017年6月6日「恋は、遠い日の花火ではない。

映画「ハゲタカ」公開7周年記念
2016年6月6日「湖南省の青い空など想像してみたり

2015年6月6日「萌えは大切。大事な事だから2回言います。

映画「ハゲタカ」公開5周年記念
2014年6月6日「映画「ハゲタカ」公開から5年、「鷲津ファンドとの出会いが全てを変えました」

映画「ハゲタカ」公開4周年記念
2013年6月6日「No HAGETAKA, No Life.

ハゲタカ公開3周年記念
2012年6月6日「2009年6月6日から3年、病は重いままです(笑)

映画「ハゲタカ」公開2周年記念
2011年6月6日「映画「ハゲタカ」公開日の2009年6月6日から2年

映画「ハゲタカ」公開日の2009年6月6日から1年
2010年6月6日「映画「ハゲタカ」公開日の2009年6月6日から1年
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
6月6日といえば
私もやっぱりコックさんの絵描き唄が浮かびます(>_<)
こんにちは。
記念日の記事アップ、さすがでございます。
あの頃の暑苦しい想いや楽しかったロケ地遠足など鮮やかに蘇りましたが、14年も経っちゃってるんですよね。怖い怖い。
当時、私の周りの誰もが「鷲津」「大森南朋」「大友さん」のワードを理解して使ってくれていたのも懐かしい。
藤井風という実在かつ情報が豊富な推しがいる現在、当時「鷲津」という限られた情報の産物にあそこまで入れあげていた若かりし(←現在比)自分も懐かしいです。
2023/06/08(Thu) 11:54 | URL | nanako | 【編集
求む、推し
おお〜!
この記事を読んで、初心に戻った気分です。(って最初から鷲津愛はみじんもありませんが)
こうして見ても、あの頃の玉鉄、いえ劉一華はほんとうに美しかった。私も劉一華を偲んで黙祷したいと思います。

nanakoさまは実在する推しがいて、うらやましゅうございます。最近「あの頃、忌野清志郎と」という元マネージャーの本を読んで、しみじみと推しのいた過去の幸せを思い出しました。
60代、代謝の下がった今こそ、燃料は必要です!どっかにいないかなぁ〜。
2023/06/09(Fri) 11:50 | URL | oha〜 | 【編集
コメントありがとうございます。記念日と言っても新ネタは何もないですが、1年に1回ぐらいはまあいっかあと思っております。コミケの時だけ顔を合わせる知人なんか今でもアニメ「海のトリトン」ファンで最近までサークル活動もしていたそうで、1972年放送だからファン歴51年!わしらなんかまだ14年だもんね、まだまだ若造だわ〜(違)。

>あの頃の暑苦しい想いや楽しかったロケ地遠足など鮮やかに蘇りましたが、14年も経っちゃってるんですよね。怖い怖い。

nanakoさんに初めてリアルでお会いしたのは2009年10月23日の東京国際映画祭、あの映画「笑う警官」の時ですよね。わしら初めて会ったというのにEMUさんと3人で3時間くらいずっと映画の文句をガンガン言い合いましたねぇ……(遠い目)。いや、ホント、暑苦しかったわ(笑)。

>藤井風という実在かつ情報が豊富な推しがいる現在

思えばnanakoさんは当時でも向井理という実在俳優推しだったんだから、鷲津の方が例外ですよね。鷲津パワー恐るべし。
2023/06/11(Sun) 12:54 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
>こうして見ても、あの頃の玉鉄、いえ劉一華はほんとうに美しかった。私も劉一華を偲んで黙祷したいと思います。

当時玉鉄って面白味のない若手イケメン俳優と思ってましたが(私は美しい男にも不憫な男にも興味がないからさー)「ハゲタカ」ですっかり見直しちゃったもんね。(大人なお事情の余波かもしれんが)流石に日本アカデミー賞優秀助演男優賞も納得でしたよ。

>最近「あの頃、忌野清志郎と」という元マネージャーの本を読んで、しみじみと推しのいた過去の幸せを思い出しました。

それでも実在してしかもそれなりの業績を残していると、この間の坂本龍一の訃報関連のニュースや番組みたいにありし日の姿を見ることができたからいいじゃないのー。他の人にもすんなり理解してもらえるしー。

私なんか「日本沈没」の田所博士(小林桂樹版)、「ガッチャマン」の南部博士、「真田十勇士」の真田幸村(辻村ジュザブロー版)、飛んで「ハゲタカ」の鷲津政彦(大森南朋版)という非実在キャラの並びだかんね。

>60代、代謝の下がった今こそ、燃料は必要です!どっかにいないかなぁ〜。

でも代謝の下がった今、下手に萌えすぎると負荷が大きくてもはや体に悪いかもよ(笑)。
2023/06/11(Sun) 13:33 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
そーですか、もう14年ですか…
思えば、tsumireさんがハマらなければ、わたしもハマることはなかった「ハゲタカ沼」。熱くも幸せな日々でした。
でもさ、14年も経つと、「ガッツリお年寄りのハートを掴んだ「劔岳 点の記」」、このハートを掴まれた世代に、我々もなっちゃったよね。その間色々あっても、今でもみなさんで元気に過ごせて何より。
最近、ちょっと見たい番組があって、NHKオンデマンドの一ヶ月見放題プランに入ったんだけど、「ハゲタカ」ありましたよ。(当たり前だけど)
ブルーレイ持ってるのに、あやうく見そうになった。時間がなくてやめたけど。
推しも無く、やりたいゲームも無く、ぼんやりと毎日を過ごしておりますが、涼しい季節になったら、また皆様とお会いしたいです。
2023/06/15(Thu) 12:37 | URL | suika | 【編集
>思えば、tsumireさんがハマらなければ、わたしもハマることはなかった「ハゲタカ沼」。熱くも幸せな日々でした。

ほほほ、今当時のブログ記事を読み返すと本当に暑苦しいわ〜(笑)。若い頃にそんなに熱くなることもあまりなかった反動なのかしら。そしてsuikaさんは最初の頃はクールに私のハマりっぷりを見ていたから今だに信じられない気もしてるのよ(ふふふ)。

それにしても私なんか超人見知りで超出不精なのに50歳過ぎてから知らない人達とどんどん会って、見たいものはどんどん見に行ってブログ記事を1カ月で20本も30本も書いたりして自分でも想定外の熱さであったことだよ。

>「ガッツリお年寄りのハートを掴んだ「劔岳 点の記」」、このハートを掴まれた世代に、我々もなっちゃったよね。

もう間も無くわしらも前期高齢者だもんね(しみじみ)。

>「ハゲタカ」ありましたよ。(当たり前だけど)ブルーレイ持ってるのに、あやうく見そうになった。

そうなのよ、私もDVDもブルーレイも持っているし、録画機のハードディスクにも去年だか一昨年だか再放送のやつが入っているし、NHKオンデマンドにも入っているから、あちこちに手を出しちゃいけないことになっているわ。

>涼しい季節になったら、また皆様とお会いしたいです。

またご一緒にバカ話しましょう。いつになるかはわからないけど楽しみにしていますぜ!
2023/06/18(Sun) 23:29 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック