野ブタ。をプロデュース 第3回目(10月29日放映)。先週の第2回目は保育園の同窓会に行っていて見られなかった(10月24日「だからピーナッツや天童よしみは違いますから!」)。つくづくやっぱり録画機器が欲しい! と思ったのだが、でも第3回目放送予定の昨日の夕方、「女王の教室」の時同様に1回目と2回目の再放送があった。ラッキー! ……にもかかわらず、今度は子どもの習い事のためにまたしても見られなかったのだ。もう見るなって事か?

第3回目は学校祭ネタ。実行委員のバンドー(水田芙美子)に勝手に幽霊屋敷の準備と運営を押し付けられる野ブタ(堀北真希)と彰(山下智久)。クラス行事なのに他の連中は手伝おうとせず、修二(亀梨和也)は八方美人が災いして色んな連中にあれこれ仕事を頼まれ断る事が出来ずに無茶苦茶忙しい。

山下智久、第1回目の時よりもずっとましなキャラですよ! これくらいならまだ許せるよ……って、もしやそう思わせるための第1回目の演技? 原作では野ブタが男の子で彰的なキャラクタは登場しないらしいが、ドリカム編成にして、主人公が異性をプロデュースすることで確かに同性をプロデュースするよりも色々な場面で立ち止まって考えるシーンが多くなり、しかもそれを解説したり反映させるキャラが存在する事で、うまくいけばドラマに幅が出てくるってことか?(でもうまくいかなきゃ収拾がつかなくなる?)

しかし修二がセバスチャン(木村祐一)と担任の横山(岡田義徳)のトリオで歌う歌が何故に「真夜中のギター」(吉岡治作詞・河村利夫作曲)? 

♪街のどこかに 寂しがりやが一人
 今にも泣きそうに ギターを弾いている
 愛をなくして 何かを求めて
 さまよう 似たもの同士なのね
 ここへおいでよ 夜は冷たく長い
 黙って夜明まで ギターを弾こうよ

ま、結局「一人じゃない」ってことなんだろうけど、 修二はもちろんセバスチャンや担任の横山だって自分の世代の歌じゃないんじゃないのか?

さて、せっかく野ブタと彰と修二の3人で作ったおばけ屋敷のセットは学祭の前日に何者かによって壊されてしまう。しかし野ブタはそれでもおばけ屋敷をやると言う。修二は学祭に来ていた他校の生徒をアルバイトに雇ってなんとかセットを直し、カップル限定としお化け屋敷のラストを野ブタが修正した事で大人気のイベントとなる。そしてアルバイトの他校の生徒達3人が実は……20年前の卒業生の生霊だった事が分かる。なんかこのオチがちょっと「すいか」っぽいような気もする。

野ブタが各エピソードごとに少しずつ何かを言えるようになり、自分から前向きに進んでいこうとする様子、たとえ引きつった笑顔であろうと一生懸命笑おうとし、たとえどもりながらでもみんなに「おはよう」と挨拶をするようになり、義理の父親にほんの少し自分の気持ちを伝える事ができるようになる。野ブタのその一つ一つのがんばりぶりが見ていて嬉しい。そして、野ブタがお化け屋敷の出口の鏡に書いた言葉。

 今、手をつないでいるその人に出会えたのは、
 キセキのような、かくりつです。
 光の中に出ても、その手をはなすことのないように。

こんな言葉を書けるのももしかして、野ブタは元々本当は光の中にいる人だからなんじゃないのかという気もする。そして野ブタの変わり様によって彰と修二も明らかに変わっていく……。実は修二と彰が野ブタをプロデュースするのが主眼ではなく、「野ブタ。プロジェクト」によって野ブタを含む他の人たちが変わっていくことが主眼なんだね。特に修二はバカにしていた野ブタと彰がおばけ屋敷をちゃんとやりとげた事で、反対に自分は結局何もやり遂げてはいない、表面だけうまくみんなに調子良く合わせているだけの自分に不安になってゆく。

1回目に見た時よりもずっと、この3人のキャラクタや心の動きや変化が楽しめましたよ。キャサリン(夏木マリ)やゴーヨク堂店主(忌野清志郎。でもちょっとわざとらしいけど)を始めとする脇のキャラも面白いし、小ネタも楽しいし(呪と書こうとして祝と書いちゃうとか、豊臣秀吉をHIDEKICHIと思い込んでいたとか)これは来週も楽しみだ。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『恐怖の文化祭』 桐谷修二(亀梨和也)は、居間で宿題をしながら眠ってしまった弟・浩二(中島裕翔)の 書きかけの作文を読んでしまう。 『ボクの兄  ボクの兄は、高校生だ。 “では、よれよれのボサボサだが、外ではすごく格好つけてる。  性格も、家と外で、全然違う
2005/10/30(Sun) 20:08:15 |  どらま・のーと
待ち遠しかった第3話こんばんわ(=゚ω゚)ノ昨日のMステでは修二と彰が出ておりましたねw来週も出るみたいですねw他局なのにww今回も例によって例のごとく、箇条書き+αでいきますww
2005/10/30(Sun) 22:04:36 |  ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)
毎度のことですが、殴り書きに今までの中では1番よかったと思います・・が、1箇所どうしてもげせないところがあって。こういうやつらは大嫌いなので、むっちゃむかいついた。詳細についてはおいおいということで。文化祭でお化け屋敷をするって話。勝手に話が進んで信子(
2005/11/01(Tue) 00:12:48 |  つれづれなる・・・日記?
陰気でイジメられっ子の転校生を、クラスメートがプロデュースをして人気者に変えていく、という一風変わった物語。セルフプロデュースという興味深い視点からのドラマです。
2005/11/05(Sat) 20:24:45 |  伊達でございます!
修二(亀梨和也)の家、弟の浩二(中島裕翔)がうたた寝している。「お前、そこで寝んなよ。なあ、早く。」弟のそばへ近づくと、書いて有る作文が目に留まる。『僕の兄は高校生だ。家ではよれよれのぼさぼさだ。でも、外ではすごく、カ
2005/11/09(Wed) 22:01:50 |  私でもいいですか?