5月に子どもの小学校の給食用のランチョンマットを5枚作ってこれでしばらく安泰、とのほほんとしていたのだが(5月29日「給食用のランチョンマット」)、子どもも7歳になり微妙に好みも変わって来てあんまり「安泰」じゃなくなって来てしまったのである。

誕生日をすぎたあたりで急に、お気に入りだった「二人はプリキュア」への熱が冷めたらしく「だってプリキュア、ダサいんだもん」と言うようになってしまった。プリキュアは今年の4月時点で4歳~6歳の視聴率は58%だったそうだが、7歳になったらいきなりもうダサい!? なんだよ、それ。それでプリキュア柄のランチョンマットを使わなくなってしまい、4枚でローテーションしなくてはならなくなったため、仕方なくさらに2枚作ってみた。何の芸もないけれど。

プリント生地は吉祥寺のコットンフィールドのUSAコットン、黄色と水色の無地は池袋のキンカ堂で買ったポプリン。5月に作った他のUSAコットン柄の4枚も今回の2枚の柄も子どもは結構気にいってくれている。流行物には手を出さない方がいいってことか。

それにしても子どもって移り気だよな。うちと同じ年の娘がいるNさんとしみじみ、「子どもの熱狂ぶりに親が嫌々つきあっているうちに、親の方もこころなしかそれのファンになっていたりする頃には新しい番組や商品が出て、あっと言う間に古いのには見向きもしなくなるよね」と言っているのだ。女心と秋の空?
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック