……って、関係ないけど一体何を教えてくれるところなんだろう。

毎日子どもは学童クラブで午後6時まで過ごし、6時過ぎに学童クラブを出る。私は会社を5時半にひけて自宅最寄り駅に6時5分くらいに着く。駅から学童クラブの方に向かっていくと学校の近くの電気屋さんのあたりで子どもと合流するので、そこで一緒に帰宅する。先日、いつもと同じように合流したら子どもは学校に忘れ物をしたという。面倒くさいので「明日にしたらー」というと、取りに戻りたいという。仕方なくもうすっかり辺り一面が暗くなった時刻に、子どもの小学校に入り込んだ。

裏門の扉をあけて、用務員さんにお願いして入れてもらい、「わすれもの帳」に学年とクラスと氏名を書く。なんだよ、みんな結構忘れ物しているな。スリッパを借りて1年生の教室に向かう。うわーーーっ、夜の小学校に入ったのって、もう30年以上ぶりですよ。なんかちょっとドキドキ。1階は職員室や事務室などがあるので廊下にも電気がついているが、各学年の教室がある2階以上の廊下は非常灯だけがついている。教室内には補助灯みたいな小さな灯りが付いていたので真っ暗ではない。子どもはすぐに忘れ物を見つけてさっさと帰ろうとするが、私はついつい夜の学校を堪能してしまいましたよ(いや、ただ単にじーーーーっと見ていただけだけど)。

子どもの頃、夜の学校って、すごく怖かったもんだったけどな。あれはやはり学校の大きさに対して自分があまりにも小さかったからだろうか。
関連記事
テーマ:育児日記
ジャンル:日記
コメント
夜の学校というか、夜中の学校の話なんですけど、わたしは女子高出身で、学校の敷地内に宿泊施設があって、年一回、クラスの親睦を深めるということで一泊することになってました。で、お決まり(?)の夜中の肝試しということで校舎を一周してきたんですけど......見ました。でも、ガラスに映ったそこにいるはずのない女子高生のシルエットは全然違和感が無くて、今思い出してもさっぱり怖くないですね。ちなみにわたしは霊感ゼロの人間で、人の体験話もはなから信じない奴ですが、「百鬼夜行抄」は大好きです。
2005/11/08(Tue) 12:09 | URL | suika | 【編集
ひゃーーーー、見ちゃったんですか。
普段霊感がない人でも見えちゃうっつーことはやはり霊感ゼロの私でも見えちゃうくらい強力なやつなんでしょうかね。それとも同じ学校のよしみ(って、なんだそりゃ)で見えちゃったんでしょうか。

でも怖くなかったんだったらそれはそれで話のタネになっていいですよね。私は本当にその手の不思議経験はないので、いつも他人の経験談を「へーーーー」と聞くばかりです。でももしかしていつもボーっとしているので、見逃しているだけなのかもしれませんが。
2005/11/08(Tue) 13:04 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック