来週の土曜日には仕事で台湾に行くので、旅行鞄を買いにいった。今まで使っていたカート付きの旅行鞄は8月の帰省の時についにカートの持ち手が壊れてお陀仏になったので、先日粗大ゴミに出したのだ。

思えば先代の旅行鞄は、生後8ヶ月の子どもを連れて一人でオーストラリアに行く事になった時に買った鞄だった。家人が仕事で先にオーストラリアに行っていたので、私は後から観光で行く事になったのだ。そこで、1週間分の自分の荷物と子どもの荷物を一人で持って、さらに階段などで子どもを乗せたベビーカーも(一人で)持って歩く事も考えて(JRは今ほどエレベータもエスカレータも普及していなかったのだ)、カートが付いていてなおかつ背負えるでかいリュックタイプの物、さらに機内に持ち運ぶ荷物用の小さなリュックがついていて、取り外しが出来る事という条件で選んだのだ。

いやーーー、この時はね、ほんとーーーに荷物重かったよ。よくあんな重たい荷物抱えて、ベビーカーに乗った子どもを連れて、朝の通勤時間帯のラッシュ時の電車に乗って成田に向かい、泣き盛りの乳児つれて8時間も飛行機に揺られて一人で行ったもんだよ。……って言ったら、同僚の練馬のS嬢には「ラッシュ時にそんなことして、すっごい迷惑!」と言われちまったが。

その後、先代の鞄は、何度にも渡る北海道帰省と、香港、オランダ、ハワイ、韓国を旅して先日寿命が来たのだった。アーメン。

さて今回も仕事とはいえ、子どもを連れての二人旅である。オーストラリアの時とは違ってベビーカーもないし、狭い機内で子どものおむつを替えるために四苦八苦する事もない。3泊4日分の私と子どもの荷物が入ればいいだけなので格段に楽だ。盆と正月の帰省時にはいつも1週間近く北海道に滞在しているので、それを考えるとやっぱりちょっと大きめにした方がいいかなー、いっそスーツケースタイプの方がいいかなー、でもこれからはもっと荷物を減らすようにしようかなーとか、目をつけた鞄が置いてある店を1ヶ月近く、週末になると覗いてみたりしていたのだった。ちょっとはた迷惑な客だったな。

とりあえず、今回の鞄は軽くて持ちやすくて、カートも付いていてしかもそれを邪魔にならないようにしまう事が出来るし、ショルダーストラップも付いているのでいざという時には両手が空くし、なにより収納スペースが結構充実していてよかった。まあ、大きい分家の中で場所をとっているが、とりあえず出番のない季節物の衣類(ちゃんちゃんことか水着とか)をつっこんでおいたので、外での出番がない時もそれなりに役に立っていてくれるようだ。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック