野ブタ。をプロデュース 第5話(11月12日放映)。ジンギスカンの後片付けをしていて(11月14日「ベランダ焼肉至上主義者の心変わり」)、最初の20分ほどあまり見られなかった。不覚。

野ブタ(堀北真希)に足りのないのは女の色気だと考えた修二(亀梨和也)は、植木(シッタカ/若葉竜也)の野ブタへの視線に気が付いて、上原まり子(戸田恵梨香)とのダブルデートを目論む。デートなんかしたことないという野ブタに特訓する修二と彰(山下智久)の会話がナイス! 特訓にかこつけて自分の気持ちを告白している彰も、女の子しゃべりの修二も面白かったが、しかし元々シッタカを好きでもなんでもない野ブタには何の参考にもなってないんじゃないのか。

気が進まな気な野ブタを説得し、まり子には野ブタの株を上げるためにわざとダメ女のふりをしてもらって修二、シッタカ、野ブタ、まり子の4人のデートは進行する。野ブタへの自分の気持ちに気が付いて心穏やかではない彰は、4人の後を付ける。シッタカと野ブタの二人を残して修二とまり子が去ると二人は水族館に向かう。すぐそばで倒れたおじいさんに駆け寄る野ブタがおじいさんの口から出ている泡を手で拭いて、シッタカに「かばんを取って」というと、シッタカは一瞬、野ブタのその手を「汚い!」と言ってしまう。哀しい凍りついた目をする野ブタ……。今まで野ブタは何度この言葉を言われたことだろう。しかし、そこにかけつけるあっちゃん(彰)、カッコいい!(by オリエンタルラジオ) しかもおじいさんを運ぶ救急車の中で野ブタの手を取って「全然汚くないだっちゃ」とフォロー。このドラマの主役は彰か? 回が進むにつれて彰株、急上昇ですよ。

倒れたおじいさんは酒の飲みすぎだった。病院から出てきて晴れた空を見上げる二人。「空、きれいだね」「うん、キャッチボールしたいような空……。したことないけど」野ブタは修二と彰にいつも心に留めてもらっていることに深く深く感謝していた。そしてなんとかボールを受けるだけではなく、二人に自分からボールを投げ返して受け止めてもらえることを願っていた……。

しかし翌日。学校の壁一面に野ブタを中傷するビラが貼りまくられていた。いやー、これはすごいですよ、この努力、この凄まじいマイナスのエネルギーは一体どこから来るのか? いくらテレビ的に見せるために大げさに表現している部分があるとはいえ、ここまで派手な嫌がらせをするというのは、もう明らかに病んでいるんじゃないだろうか。ストーカー的と言うか、もしかするとある種の愛なのか? とすら思える。原作にもこのようなキャラクターが登場するのだろうか? そしてこの話はもしかして、このストーカー的な歪んだ心の持ち主さえも変えてゆくという話になるのだろうか……。

そのビラを無言で剥がす彰と野ブタ。しかし修二はビラの内容を打ち消すためにもシッタカとつきあってみろと言う。そんな修二に野ブタは「好きでもない人とつきあうのはよくないと思う」と答え、彰は「ビラの内容なんか関係ない、野ブタは野ブタだ」と言う。やがて校内には先日のダブルデートで見せたまり子の「悪女ぶり」から、まり子が実はとんでもない女の子だと言う噂が流れる。それを気にして修二はまり子に謝りにいくが、まり子は気にせずに「本当のことは、修二が知っているからそれでいいの」と言う。ここでもビラの時と同様に相手を信じる事よりも、表面ばかりにとらわれている修二の姿が浮き彫りになってしまう。いやー、まり子も彰も「大人」だねぇ。これでまり子が野ブタいじめの張本人だったりしたら今回大幅イメージアップなだけにドンデン返しですよ。

そんな修二を彰は待ち伏せして、二人でこっそりと野ブタの後をつける。野ブタは犬を相手に笑顔の練習をし、神社で一礼し、買いもしないのに野菜を眺めて、花屋のおばさんとぎこちないながらも話をする。自分からボールを投げるためにほんの少しずつ前進していこうとしている野ブタ。彰は「俺たちさ、野ブタのこと何も知らないよね。っていうか知ろうとも思ってなかったっしょ。野ブタの願い、知ってる? いつか人気者になって、お前にありがとうって言うことなんだ」と言う。野ブタは人気者になる事が目標ではなく、修二や彰が自分に対してやってくれた事で(できれば「成果」をあげて)ありがとうと言いたかっただけだった。ビラを丸めて野ブタに投げて「俺やっぱさ、俺がお前を人気者にしたい」という修二とそれを受け止める野ブタ。今までのような一種のゲームとしてではなく、自分が野ブタをプロデュースすることで、ごく普通の女の子のように心から笑う場面を見てみたいと思う修二……。

翌日倒れたおじいさんの孫だという子が野ブタのところにやって来て、やがて友達になっていった。も、も、もしかして、この子が実は例のいじめっ子? どうにもこうにも疑心暗鬼になってしまうドラマだが、あのバンドーを一瞬でも変えてみたように、謎のいじめっ子も変えてゆく話であってほしい。
関連記事
テーマ:ドラマ・映画
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『悪夢のデート』 「髪も切って、結構可愛くなったと思うんだけどな。 何で野ブタ。の周りだけ、どんよりしてるんだ? こいつには、何かが足りねーんだよな。 野ブタ。に足りないものね・・・。 こ、これだ!これだよ。 野ブタ。に足りねーものは、この、男に媚びるよ
2005/11/15(Tue) 11:46:40 |  どらま・のーと