台湾3日目。台北の街中は無茶苦茶バイクが多い。この日の午前中はオプショナルツアーで故宮博物院ツアーを申し込んでいたのだが、そのガイドさんに聞いてみたら「台湾の市内道路は一方通行が非常に多い。でもバイクなら一方通行のところでも通れるし、信号無視しても大丈夫」だからだそうだ。信号無視OKって、どうなのよ。

さてその故宮には同じツアーのT夫妻と私と子どもの4人で駆け足で1時間ほどで見て回ったが(短っっっ! ちゃんと見たら8年かかるところだよ!)、その後の1時間の自由時間で、T夫妻はもっとゆっくりと館内を見物し、わしらは館内にある郵便局から北海道のおばあちゃんや妹などに葉書を出してみた。11時の集合時刻までに10分ほど時間があったのだが、この博物院ツアーがつまらなくてつまらなくて仕方がなかった子どもは、この待ち時間にもゲームをしていた。

さてホテルの部屋案内を読んでみたら、モデムケーブルでノートPCをつないで設定をすれば部屋の中でもPCを使う事が出来ると書いてあったので、コンシェルジェに今の部屋で使えるかどうか聞いてみたら、部屋替えをしないと出来ないと言われてしまった。でも上の階のビジネスセンターでなら使う事が出来るというので、行ってみた。ここにあるPCを使ってもいいし、ノートPCを持ち込んでもいいが使用料は10分100NTドル。ちょっとかかり過ぎなので台湾から書き込むのは中止。

上の階でパソコンを使ってみた、と部屋で留守番していた子どもに言ったら「私もパソコン使いたいっっ!」と言い出したので、仕方なくホテルの近くにある台北ナビのナビプラザに行ってみた。ここには自由に使える(日本語の)ネット端末が置いてあると書いてあったのだ。行ってみると早速モニタに向かう子ども。しかし自宅で使っている時と同様に、カートゥーンネットワークのゲームをしてやがりますよ。「ここにきてまでそれをやるのかよっ!」と20分ほどで撤収。でもここには現地の資料が沢山置いてあって自由に閲覧が出来るし、レストランやマッサージその他の店の割引クーポン券なども置いてあって、非常に便利。私はここのクーポン券を何種類か出発前日の夜に慌ててプリントアウトして持参して来たが、マッサージ店と中国雑貨の店で使ってみた。

その後は台湾の東急ハンズに行ってみた。漢字テイストの面白グッズが沢山あるかとすごく期待していたのだが……日本と全く同じ品揃えでガッカリだった。そしてこのハンズが入っている微風広場というデパートの5Fには紀伊国屋書店が入っていて、入口の一番目につくところに置いてあった本がこれ、「i狂人 賈伯斯(多分、漢字でジョブスと書いてある)」。i狂人!? すげー。

夜はまあ、台湾に行ったらここでしょ、という「鼎泰豊」で小龍包ですよ。子どもはもちろん3日目も京鼎楼と主張したが、「(一応)小龍包が台湾で一番おいしいらしいよ」というと大人しくついてきた。蒸篭が高くなっているのは、10個入りの蒸篭を2個頼んだから。味は、うーん、おいしいけど、京鼎楼よりも格段においしいのかと聞かれると、よくわからない。まあ、どっちもおいしかったし。でもここも豆苗の炒め物と鳥肉スープがすごくシンプルな味なのに、本当においしかった。小龍包はそんなに何度も食べなくてもいいけど、青菜炒めは何度食べてもいいかもしれない。

なお、翌日同じツアーのH浦に聞いたら、彼女達が行った時はお昼時だったけど30分待ちだったそうだ。私達はちょうど団体さんが出てきたばかりだったせいかほとんど待たずに入店する事が出来た。ここは味もさることながら、店内が新しくて明るくてきれいで清潔、そして店員のサービスがゆきとどいていてよかった。台湾のトイレ事情は最悪だと聞いていたが、ここはトイレもきれいだったし。そして小龍包20個、鶏肉スープ、豆苗炒めとチャーハンを頼んで、全部で920NTドル。満足じゃ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック