いくら休みの日とはいえ、昼ご飯にドラ焼きというのはいかがなものか。

近くの児童館では毎月1回子ども向けのおやつ教室のような物を開催している。子ども達と担当の先生とみんなで一緒におやつを作って食べるというイベントなのだが、先月はフルーツ白玉で、今月は今日の午前中開催で、ドラ焼きだったのだ。お昼に子どもを児童館まで迎えに行って聞いてみた。

「昼ご飯、何食べる?」
「ドラ焼き」
「えーーーーーー、昼ご飯にドラ焼き? もっと他の物にしようよ~。ラーメンとかスパゲティとかチャーハンとかさー」
「ドラ焼き。美味しかったし、また作りたいの」
「えーーーーーー。私もそのドラ焼き食べなくちゃならないの?」
「別にいいじゃん」

よくねぇよ。私は甘い物が嫌いなのだ。しかも面倒くさいお菓子なんか作りたくないんだよう。しかし子どもから手渡されたドラ焼きの作り方の紙を見てみたら、ホットケーキミックスにはちみつやらみりんやらいれるだけでいいようだ。仕方ないなー。今日の昼飯はドラ焼きに決定(泣)。

ドラ焼きの間に挟むつぶあんがないので西友まで買いに行く。しかしあんこ類は大きな袋の物しかない。そんなにドラ焼きを沢山作るつもりはないのだ。ドラえもんじゃないしな。かといってゆであずきの真空パックや缶詰だと、砂糖を入れて少し煮詰めないといけないらしいので(面倒なので)却下。自宅にいる子どもに電話したら、あんこなしでもOKというので(それって、ドラ焼きというのか??)家に帰ることにする。途中でふと思いついて和菓子屋さんでつぶあんだけを売ってないか聞いてみたら、ちゃんと売ってましたよ。そんなにはいらないので100gだけ買って帰る。

そしてドラ焼き製作開始。子どもはエプロンだけでなく三角巾までつけてやる気満々だ。ホットケーキミックスに必要な材料を入れて混ぜ、ドラ焼きの生地を作ったら、フライパンに落として何やら形を作っている。いったい何かと思ったら、リトルマーメイドのシルエットなのだという(写真右下、横になっているが)。うーん、ビミョー。2枚焼いて間にあんこをはさむ。出来上がりを見て「リトルマーメイドよりは考える人になっちゃった」と言っている。結局何が作りたかったのだ。

2個目はミッキーマウス(写真右上)。ディズニーに毒されてるな。3個目はハテナマークを作ろうとして失敗したらしい(写真左上)。そして4個目にしてやっと普通の丸い形の物にしていた(写真左下)。しかしこんな形でも本人はいたく満足しているようだ。4個ともぺろりと平らげていた。私は残った生地をそのまま焼いてドラ焼き風味ホットケーキを食した。思っていたよりは地獄じゃなかったが、昼飯には食いたくないな。
一応、ドラ焼きの生地の材料は以下の通り。
ホットケーキミックス 200g
牛乳 100cc
卵 2個
はちみつ 大さじ1、みりん 大さじ2、醤油 小さじ1
サラダ油 大さじ2
以上を混ぜ合わせて焼いて、あんこを挟むだけ。
関連記事
テーマ:育児日記
ジャンル:日記
コメント
あや、まあ・・
あんこちゃんと砂糖も入ったので缶詰あるじゃん!それ買えば、簡単なのでは?
うちじゃ、お汁粉作るときよくそれ使うぞ。
ただ水を足すだけ~
2005/12/03(Sat) 21:53 | URL | きこり | 【編集
あいやー(笑)
甘いモノ苦手でらっしゃるんですね、ご愁傷様でした…。

ところで、あんこ(というか和菓子ほぼ全般)って冷凍保存できますよー。
自然解凍がベストですがお急ぎなら軽くレンジ加熱すればOK!です。
私もたまにあんこが食べたくなるので小分け冷凍してます。

でも和菓子屋さんで量り売りしてもらったほうが割高でもおいしいか…。
のっぴきならない理由(?!)でスーパーの大袋を買うことになったら是非おためしくださいませ!
2005/12/04(Sun) 01:08 | URL | ともぞう | 【編集
あんこ超ビギナー
ともぞうさん、きこりさん、アドバイスありがとうございます。なるほど、小分け冷凍すればいいんですね。しかし次に使うのは1年後とか2年後とかになりそうな気も。そして缶詰は成分表示をよく見て、と。

しかしともぞうさんときこりさんからコメントを頂いてからよくよく考えてみたら、私、親元を出て一人暮らしをして、結婚して子どもが生まれた今に至るまで、「あんこ」というものを一度も買った事がありませんでしたよ~。おいしい和菓子なら何度も買って食べた事があるのに(美味しい甘い物ならOKなんだけど、まずい甘い物だと3時間くらい頭痛がしてしまう)。あんこには超ビギナーでしたねぇ……。

はっ、でももしかして子どもが児童館であたらしいおやつを習う度に、またもやあんこの出番が来る可能性もあるってことか!?
2005/12/04(Sun) 06:54 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック