会社で一番無駄に小うるさい男、Y男が今朝「新しいMacが出たんだよ! 4倍早いんだって。もう、ジョブズうはうはだよね」とちょっと嬉しそうだった。

しかし社内には10年前はかなりいたMacintoshユーザも、現在ではすっかりなりを潜めている。会社の業務用PCもすっかりWindowsかその他のマシンになっている。Y男が「もうM(2年ほど前に退社した熱烈Macユーザ)がいなくなってから、Mac信者がすっかりいなくなって俺は寂しいよ……」とつぶやく。しかしそこにソルボンヌ卒業のお局様S藤さんが「あら、Kさん(←私のことだ)だってMacじゃないの?」と言う。

Y男「え!?」(にこにこしながらこちらを見る)
私「あ、私Macユーザだけど、信者じゃないから」
私の場合、信者になるほどの知識がないのだ。
Y男「またそんな事言って。皆地下にもぐっているからわからないんだよーー」
私「でもMacユーザならSくん(9月26日「いや、今ちょっと客先から向かっているので」参照)だってそうでしょ」
S藤さん「あら、H岡くん(10月13日「Sさんもいつかきっと、必ず僕のことをわかってくれるはず」参照)だってMacだよね」
何だよ、10人くらいしかいない部署の4人がMacユーザだったのかよ。
K井さん(←私の直属上司)「うちの家にあるMacは壊れたきり使ってないなー」
おっと、5人?

Y男「みんなそうやって隠れ信者になっちゃうんだから。俺なんかMacWorldに行ったら、もう、泣いちゃうよ!」
私「あー、信者の皆様には、昨日が元旦だったんだよね」
Y男「もうね、そのうち踏み絵、しちゃうよ!」(←でも嬉しそう)
H岡くん「でも新しいMacはまだネットでしか買えないですよね」
Y男「いいの。俺、Apple ID持ってるもーん」
いや、君の他の3人もそれは持っているから(きっと)。

しかし昨日のMacWorldの基調講演、私にとっての鑑賞ポイントはやはり彼と彼(←写真)の頭部であったと言ったら、Y男はもっと泣いちゃうだろうか。でもハゲ専だからな、仕方ないのだー。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック