アンフェア 第2回(1月17日放映)。第1回目は最初の数分しか見ていないのだが、今回はなんとか最後まで見ることが出来た。しかし……これは最後まで見るのが結構しんどそうなドラマだ。

ドラマ自体はすごく引き込まれるしストーリーも結構緻密な感じ。主人公雪平を演じる篠原涼子が、これまたいい感じ。篠原涼子が出ているドラマって全然見たことがなかったのだが(「HR」はたまに見ていたが、あれは普通のドラマと比べるようなものじゃないし)、思っていたよりも格段に役にはまっている感じ(←えらそー)。脇も阿部サダヲ、寺島進、香川照之、木村多江と手堅い感じで、見るのが楽しみだ。でも井上順は途中で殺されるか、犯人の共犯者か(主犯じゃない)、犯人に密かに操られるだけのキャラのような気も。

先週の第1回目を見た同僚H田が「篠原涼子の後ろからの裸のシーンがあるんですけど、あれ、乳がすごいですよ!」と言っていたので今回そこら辺も期待してみていたのだが(何故?)、今回巨乳シーンはなかったようだ。裸で新聞読んでいるシーンはあったが乳見えなかったし(←だからなぜそんんところを?)。

それは置いておいて。ドラマ自体は「タブロイド」(1998年、フジ、常盤貴子、佐藤浩市、ともさかりえ、京野ことみ、真田広之他)を思い出す雰囲気。「タブロイド」ではメインの「謎」は徐々に描かれていって、基本的には1話完結だったのでそんなに無理せず見ることが出来たが、このドラマは最初っからメインの謎がバーンと描かれるので、見ていてすごく緊張を強いられる。見終わると疲れるので、これを続けてみるのはちょっと辛いかも。毎週主人公(篠原涼子)以外の誰かが殺されるかも、というのも気が休まらないし。

すごく気になるドラマだが、気力体力が必要なドラマだ。これから続けてみられるかどうかは不明。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
なーんだ、篠原涼子、乳出んかったんかい!(って、なぜおばさんは乳を見たがる)
わたし、かなり前から香川照之がちょっと気になるんですよね。決してきれいどころじゃないけど、なんかいいなぁって。
阿部サダヲも、どん太のテンションの高い芝居が好きだったんだけど(家族には受けが悪かった)、気力体力が必要なドラマはだめだわぁ。ただでさえへらへらしたお笑い番組しか見れない体力なのに。
ところでtsumireさん、ミシェル・ファイファーや小宮の悦ちゃんはいいけど、藤山直美は微妙(役者としては好きだけど)萬田久子も危険なあねきを見てたら、結構年くってるなぁって思っちゃった。(はっっ!ってことはわたし達も!?自分の足元が見えない幸せな女.........)
2006/01/18(Wed) 17:45 | URL | suika | 【編集
先週の篠原涼子の乳は吹き替えだったらしいですよ、奥様。
香川照之は手堅いですよね。ドラマの中にいると引き締まる感じがするし。阿部サダヲは去年の竜虎のどん太がよかったけど、今回みたいな普通の(普通、かな?)役もOKだし。寺島さんはあの「木島丈一郎」とは打って変わって冷静な管理官役でこれまた楽しみなんだけど……やっぱ、年とると緊張感漂うドラマはつらいわー。

私は萬田久子はずっと年上と思っていただけにちょっとショックですよ。藤山直美は老け顔の年下だと思っていたんだけど、トシ相応だったのね。同い年の有名人のリスト(http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data00/year/birth_1958.htm)を見ると、色々複雑。
2006/01/19(Thu) 09:26 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
アンフェア(第2話)◇雪平(篠原涼子)は例のしおりを持っていた瀬崎(西島秀俊)を取り調べる。殺された野口(入江雅人)とはライバル関係にあった瀬崎だが、全く動揺を見せない。その様子に、雪平は興味を持つ。事件はニュースで大々的に取り上げられ、犯人が小説の続き
2006/01/18(Wed) 22:32:17 |  気ままなNotes...