子どもの頃、夏休み、冬休み、春休み、本当に楽しみだったなぁ。風邪やインフルエンザが大流行している時の学級閉鎖。あと2人休めば学級閉鎖、あと1人休めば学級閉鎖とこれまた心待ちにしていたもんだったなぁ(遠い目)。

それが大人になって自分の子どもが小学校に行くようになると、夏休みも冬休みも春休みも大嫌いになってしまいましたよ。学校が休みの間、子どもは学童クラブに行くのだが給食がないから、夏バテでヘロヘロになりながらも弁当を作り、寒さに震えながら弁当を作らなくちゃならなくなってからというもの、夏休みも冬休みも春休みも大嫌いさ。

さて先週、家人がインフルエンザA型にかかって寝込み、そのうちこっちにもいよいよくるぞくるぞと覚悟していた。しかし特に変化もなく、感染して発病するならもうとっくの間に寝込んでいるよな~とか思っていたら。今週の月曜日には子どものクラスでインフルエンザでお休みした子が5人でたという。しかも子どもの一番の仲良しさんばかりだ。さらに昨日はインフルエンザと風邪で休んだのは13人だと言う。

そして今日の明け方ですよ、子どもの手が熱いので体温を測ってみたら39.5度!

インフルエンザ、キタ━(゚∀゚)━ !!!!!

朝一でかかりつけの小児科に行ったらやはりA型と診断されたが、まだ罹ったばかりなので熱が下がるのは早いだろう、うまくいけば月曜日には登校許可がもらえるかもしれないとのことだった。しかし午後、ポストに入っていたクラスの連絡帳をみたら1月31日まで「学級閉鎖のお知らせ」が……。なんとクラスの本日の欠席者は19人! そら休みになるわな。なお、学級閉鎖になっている間、健康な子どもは学童クラブに朝から行く事になるが、もちろん弁当は作らなくちゃ行けないのだ。ま、うちはインフルエンザでお休みだからこのまま直らなきゃ学童には行かないし弁当も作らなくていいが。

さて、次にインフルエンザに罹るのはどう見ても私だろう。今日は子どもの面倒を見なくちゃならないが仕事もてんこもりだったので、30分だけ出社してお仕事をお持ち帰りして帰宅したのだが、その時に上司と同僚に堂々と「来週は私、インフルエンザで休みますから。よろしく!」と宣言して出て来たら、「今から予約しとくなよ~」と言われてしまいましたよ。とりあえず現在はそれらしい症状も熱もないのだが、インフルの魔の手は多分、刻一刻と迫って来ている……。
関連記事
テーマ:子育て日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック