昨日今日とちょっとばかし熱を出して寝込んでいる私だが、実はインフルエンザではない。私以外の家族がみんなインフルエンザにかかっているというのに。

先々週には家人がインフルエンザで寝込み、先週の金曜日からは子どもがインフルエンザで寝込み、日曜日には子どもの熱も下がってそろそろいつものように調子に乗って動き始めた頃、なんかゾワゾワするなと思って体温を測ってみると36.7度。普段の平熱が35度台だからいつもよりは体温も高めなのだが、まだまだ自慢できるような高さではない。咳は多いし喉が焼け付くように痛いが、熱が上がらんことにどうにもこうにも。

その後2時間置きに測ってみたら確かに熱は上がっていくのだが、0.1度きざみですよ。インフルエンザならもっと急激にガッと上がっていくはずなのに、なんか変じゃないか? そして月曜日の明け方、38度ですよ、いよいよインフルエンザが来たかっ! とかかりつけの内科医に行って診てもらう。

小児科と内科をかねた病院の月曜日の朝は、患者でごった返していて野戦病院のようだ。目の前にいた子ども連れのおばさんが受付で「土曜日に熱が上がったので、K病院で診てもらってタミフルをだしてもらったんですが」と言っている。うわっ、K病院……。「死に来た病院」と呼ばれているヤブ医者だ。でも休みの日もやっているから診てもらうしかないんだよね。そして月曜日になったらやっぱちゃんとした病院で診てもらうよな。

さて順番が来て内科の診察室の中に入り、喉と胸と背中を診てもらう。
「うーん、これは、インフルエンザでも気管支炎でもいいねぇ」
インフルエンザでも気管支炎でもいいって……。私としては喉が焼け付くように痛いので小児科の方の先生みたいにまずは「あら、喉がすごく赤いわよ」と言ってもらいところだよ。
「まあ、インフルエンザと気管支炎では処方する薬が違いますからインフルエンザかどうか調べてみましょう」
ということで鼻の穴に細長い綿棒のような物をつっこまれ、5分後に呼ばれてまた診察室に入ると。
「インフルエンザは検出されませんでした」
「はい!?」
「ほら、この検査薬のここに、反応が出て来てないんですよ」
確かに先週子どもを診てもらった時は、検査薬の細長い紙にインフルエンザの目印のピンク色の線が入っていたが、私のところには入っていない。
「インフルエンザじゃないんですか……」
なんだか釈然としない。
「どうしようかなぁ……。インフルエンザは手当が遅れるとやっかいなことになるし、タミフルは予防投与も認められている薬ですから、タミフルを出しておきます。お子さんもご主人もインフルエンザなんでしょ?」
「はい」

近所の薬局に行くとさっきのK病院に行った人と薬剤師の人が話している。
「K病院でタミフルを2日分だけ出してもらったんですよ」
「インフルエンザの場合、48時間以内にタミフルを飲むと大丈夫だけど、それをすぎるとやっかいなことになるからねぇ」
K病院もやむなしっつーことか。

という訳で結局インフルエンザでもないのにインフルエンザの薬をもらって服用している。熱の方はその後ずっと37,2度~37.5度あたりをうろうろしていて、病気というにもなんか微妙な感じ。どっちかはっきろしろ! という気分なのだ。ま、明日はそろそろ会社には行かないとなー。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
あれぇーっっ?、あれぇーっっ?!もうっ、てっきりインフルかと、わくわく(あっ、いやいや)、にやにや(ちゃうちゃう)、どきどきしてたのに、ずいぶんとグレーな判決ですねぇ。
まぁ、インフルであろうとなかろうと、要は体の調子が良くなれば良いわけですが、微熱って要注意ですよ。すぐに悪い方に寝返りますからね。
そういうわたしも37.2度の微熱と、吐くまではいかない吐き気と、下るまでは行かない下腹の不調で、ここんとこさえません。
子供は劇的に発症して劇的になおっていったんですけど、これも年のせいかよぉぉ....
(早く良くなるといいですね。会社は、まぁ
、さぼっとけ。)
2006/02/01(Wed) 00:29 | URL | suika | 【編集
ふふふ、まだまだこれからインフルエンザにかかる余地があるということですよ。もっとも今日の昼飯時には同僚の練馬のS嬢にもNさんにも「インフルエンザにも打ち勝ったすごく強力な謎の風邪にかかっている」と言われてしまいましたが。

でも、中途半端な微熱と中途半端な吐き気と中途半端な下痢というところが一緒だわ~。もしかしてネット感染? suikaさんもお大事に~(お互い、トシだしね)。
2006/02/01(Wed) 13:34 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック