神はサイコロを振らない 第4回(2月8日放映)。

例のウェブページの製作者はヤス子(小林聡美)の弟・菊介(武田真治)だった。その理由を「なんとなく、ヒマだったから」と答えて、菊介は哲也(山本太郎)にバケツを持って1000数えるまで外に立っているよう命令される。そして亜紀(ともさかりえ)に追求されて答えたもっともらしい理由は「僕はねーちゃんの閉ざされた心に石を投げたかった」って、アンタ……。

ウェブページ作っただけではねーちゃんの心に石投げたことになってないし、直接ねーちゃんには何も働きかけてないし、にもかかわらず402便の関係者には不安を煽る手紙出しているってどういうことよ。ちゃらんぽらんなニートに見せかけておいて実は結構腹黒? 愉快犯タイプ?

トンデモ物理学者・加藤(大杉漣)が、自分をビシッとしかりつけたヤス子にフォーリンラブって、これまたどうなの? ただでさえ騒がしいキャラなのにこれ以上無駄にもっと騒がしくする必要あるのかなぁ。テーマと小林聡美の演技がよくても、何かこう色々と中途半端なような気もするのだが。

ただ、哲也に別れを告げるヤス子には納得だ。10年間会わなかったとしても友達なら変わらずに友達でいることは可能だ。しかし恋人同士が10年会わなかったら、そうれはもう恋人ではないだろう。結婚しているとか子どもがいるとかならまだしも、そうでないならやはりヤス子にとっては既に終わった恋なのだ。つい数日前に喧嘩別れしたばかりの哲也にとっては残酷な話だが。

「あの人は10年前の私が好きなのだ」
「あの人の時計の針は動いていない」
もしかすると、恋が終わったのは10年前ではなく、10年前の自分を今の自分に重ねて見ている(今の自分を全く見ていない)哲也を見たときに、終わったのかもしれない。

あるいは、あと数日でまた別れが待っていると知っているから、気持ちがまだ哲也にあったとしても2度目の別れのつらさを思うと、これ以上哲也に気持ちを向けてしまうと後が辛いだけだから、だからきっぱりと哲也に別れを告げたのかもしれないし。

どうもこのドラマ、色々微妙。
関連記事
コメント
菊介
わたしも菊介の行動(HP・手紙)には疑問符いっぱいです。
なんとか心情を理解しようと思いますが、
いまだに納得しきれません。
気持ちの行き場所がちょっとひねくれてるな~って思うのは私だけでしょうか^^;?
2006/02/09(Thu) 18:34 | URL | ジェシカ | 【編集
なんかねー、変ですよね、あのキャラ。
もっとシリアスな作りなら、もっともっと裏があるだろうと思うし、もっとコメディよりなら関係者に手紙まで送るこたないだろと思いますしね。もしかして、菊介ホームページ編の謎はここで終わりなんですかねぇ。
2006/02/10(Fri) 11:20 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 神はサイコロを振らない~君を忘れない~(第4話)「10年前の夢を今も覚えてますか?」◇東洋航空402便の乗客の”残された時間”に関する加藤(大杉漣)の理論が新聞で報道された。それを聞いてホテルに向かったヤス子(小林聡美)は、神蔵(ベンガル)ら乗客が記事を読
2006/02/09(Thu) 11:25:47 |  気ままなNotes...
うーん、今回は自分の中で思い返し(ビデオ撮ってないので)噛み砕いて消化するのに時間がかかった回でしたわo( ̄ー ̄;)ゞでもまず、言いたい。親友が10年前の姿で若くて羨ましくても小林聡美さん、お肌じゅーぶん綺麗ですから!!『すいか』のノースリーブ姿を見て、肌白
2006/02/09(Thu) 13:43:08 |  スロウライダー★彡