昔、オリンピックといえばそりゃあワクワクしてテレビを見ていたもんだったが、今、トリノの前の一番最近のオリンピックがどこであったかも覚えていないのは、やはりトシのせい? 札幌オリンピック(1972年)の時なんか、もしかしたら北海道あるいは帯広だけだったのかもしれないけど、オリンピックを見るために学校が午前授業だったよなぁ。

さて、今朝見た気の毒なニュース。

 ランド、五輪出場できず=CASが1年間の出場停止処分-スケルトン(Yahooニュース)

「スポーツ仲裁裁判所(CAS)は10日、育毛剤の服用でドーピング(禁止薬物使用)の疑いが持たれていたスケルトン男子の有力選手、ザック・ランド(米国)に対し、1年間の出場停止処分を科すと発表した。これにより同選手のトリノ五輪出場は不可能となった。米国オリンピック委員会(USOC)も処分を受け入れたことを明らかにした。」

国際大会に出場する競技選手は何がドーピング違反になるか分からないから風邪薬も飲めないという話も聞くので(妊婦と同じだね)、自業自得と言えなくもないけど、でもお写真のザック・ランド選手、これで26歳だそうですよ。しかも20歳くらいの時から服用していたというから、切実どころの話じゃなかろう。

ところで、200g体重が足りなかったから失格のスキージャンプの原田選手。昨日1週間のおフランス旅行から帰国した同僚のY男が、「おまえ、これが共産圏の国だったらこんな理由で失格になったりしたら、死刑だよ!」と文句言ってましたよ。200gっつーたら競技後の尿検査で出しちゃった量ぐらい?

おまけ:簡単でわかりやすいトリノオリンピックの説明

 いよいよ始まる! 冬のオリンピック(NHK週刊こどもニュース)
関連記事
テーマ:トリノ五輪
ジャンル:日記
コメント
活用してますね~、ハゲ、ヅラカテゴリ。
気の毒だとは思うけど、ドーピングで何がひっかかるか分からないわけだから、増毛の道を選べば良かったんじゃないかなぁ。
先日ケビン・スペイシーの「ビヨン・ザ・シー」っていうDVDを見ましたが、わざとらしいかつらをつけてた。「今のハリウッドの技術ならもっとうまいこと出来るんじゃないの?」といぶかしく思ってたら、役の設定がかつらをつけてるってことでしたよ。本人も薄い人で、他の映画の中でもつけてるから、紛らわしいっつーの!
ああ、tsumireさんのせいで、わたしまでこの分野を熱く語るようになってしまった....(はげててもケビン、好きだけど)
2006/02/13(Mon) 20:01 | URL | suika | 【編集
今が旬のトリノオリンピックネタをこのカテゴリで書くヤツは他にいなかろう(←自慢?)。

でも本当に素敵な人はハゲてても素敵なのよ。禿げたら魅力半減したなんつーやつはそれまでのヒトだったのよ。ほら、昔「極道の妻たち」だかなんだかで「極道の男を愛したんじゃない、愛した男が極道だったんや」とかいう台詞があったけど、あれと同じよ~。「ハゲを好きになったんじゃない、好きな男がハゲだっただけ」(←言い訳?)。
2006/02/14(Tue) 09:03 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック