今日昼前に同僚のNさんからメイルが来ていた。サブジェクトは「Hさま」。はぁ?

「Hさま、今日黒のタートルネックで決めてますよー。」

社内の密かなアイドル・Hくんと同じフロアのNさんが、わざわざご報告くれたのだった。Hくんは社歴も私とあまり変わらない結構古参の社員なのだが、若い頃からハンサム(←死語?)な好青年でしかも現在もオヤジくささを全く漂わせない相変わらずの好青年振りを発揮している人なのだ。社内のシステム運用担当なので、使っているPCやネット回りで何か不調があるとついHくんに電話してしまうのだが、嫌な顔一つせずに(してても気が付かないのかもしれんが)、色々親切に直してくれるのだった。

だから社内でも密かに人気なのだが、Nさんが言うには「たまに黒のタートルネックを着ているんだけど、今時タートルネックって、すごく珍しいよねぇ? しかも似合っているからさあ」。確かに。今時黒のタートルネックが似合うなんてHくんとすちーぶ・じょぶずくらいだ。しかしこのところ背広姿が多くてなかなかHくんのタートルネックファッションが拝めないとNさんと言っていたところだったのだ。

そしてその後今度はH杉が私の席にやってきてこっそりと耳打ちしてする。

「Hさん、今日は黒のタートルネックですよ」
「さっき、Nさんからタレコミあった」
「見に行くんですか?」
「そりゃ行くでしょう、やっぱり」

と言う訳で、わざわざ上のフロアに直接持っていかなくてもいい伝票を持って、HくんとNさんがいる総務・人事のフロアに行ってみる。何気ない振りをしてちらっといつもHくんがいる島を見てみる。おおっ、いるいる。確かに今日は黒のタートルネックだ。確かに今時いないよなぁ、あのタートル。もしかしてジョブズインスパイア・ファッション? でもすっげー難しい顔をしてモニタを覗き込んでいる。

そしてわざわざ直接持っていかなくてもいい伝票をもって総務の島に行くと、Nさんと目が合い「いたでしょ」というNさんの心の声が聞こえてきたので(!?)私もうなずいて心の声で「バッチリ見たから!」と返したのだった。それからわざわざ直接持っていかなくてもいい伝票をもって経理の島に行って伝票を渡し、再びHくんをちらっと見てフロアを出た。

で、下に降りて自分の席に戻ろうとしたら、上司のKさんに「Hくん、ちゃんと目撃できた?」と言われてしまった。全部お見通しなのだった。もちろん、今度は声に出して「バッチリですよ」と答えたのだが。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
ありゃー、コメント消しちゃった!
せっかくいただいたコメントをアダルトスパムコメントを削除した時に(勢い余って??)消しちゃった。ごめんなさい~。

ま、会社では1人の「好青年」に対して200人のそうじゃない青年とオヤジがいるわけですよ。で、残り少ない「好青年」のほとんどが客先外駐だったり他の事業所勤務だったり休職中だったりするので、圧倒的に好青年じゃない方々の方が多いのよ。おまけに好青年じゃない高年齢の男性社員と来たら、中にはすんばらしいオヤジフレーバーを漂わせている方々もいて、業務妨害甚だしかったりするのよ(泣)。これを相殺できる「好青年」はまだまだ少なすぎるわ~~。
2006/02/18(Sat) 11:25 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック