THE有頂天ホテルぼやぼやしていたらいつの間にやら前売り券を買ってあった映画「THE有頂天ホテル」の公開が今週の金曜日までという映画館ばかりになっていた。そんな訳で昨日の午後は会社をサボって(←またかよ!)あわてて映画を見に行った。会社の近くの映画館、都内でも有数の繁華街の真ん中にあるのに、この映画の座席、空いてる~~。

さて映画の方は濃いキャラの登場人物達のちぐはぐで行き当たりバッタリな行動が、ジグソーパズルを組み立てていくようにうまくハマっていって、結構面白かった。長回ししているせいかあるいは室内劇のせいかちょっと舞台を見ているような感じもした。でも予告やCMや番組宣伝でおいしいところを流しすぎだったんじゃないのかなあ。どこを見ても「これもう見た」感が結構あったのがどうにも。

それにしても出演されている皆さん、コスプレ度が結構高め。声を聞いて初めて「あ、オダギリジョーか」とか「もしかして三日月さん?(麻生久美子)」とか思い当たりましたよ。近藤芳正の「耳の大きな男」なんかプロゴルファー猿みたいだったけど、唐沢寿明の「芸能プロダクションの社長」のあの「やりすぎな」ヘアスタイルもすごい。総支配人(伊東四朗)の白塗りもナイス。

しかしこの映画の中で一番かっこよかったのは「汚職国会議員」の佐藤浩市だったけど、家に帰ってからTVを見たら例の永田議員の逃走劇があって、「まんま有頂天ホテルだよ!」とびっくり。まぁ、なんてタイムリーなんでしょ。

私は映画は映画館で見る主義なので、TVで(アニメ以外の)映画をやっていても見ないし、DVDのソフトもほとんどもっていない。今回も「映画」をみるつもりで見に行ったのだが、この作品は面白かったけど別に映画館で見なくてもよかったかも。「TV向き」とは言わないけれど、でもお茶の間で友達や家族と一緒に見たほうがもっと楽しめるかもね。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
了解。
私の映画のランクづけは、最上級→映画館で見る 優→レンタルで見る 良→wowowで見る 可→地上波で見る 不可→見るに値しない だけど、最近年と共に最上級が減ってきたなぁ。(特に映画の質が全体的に落ちたと言うのではなく、単に映画館に行くのが面倒くさいから)
「有頂天ホテル」は今のところ、私の中では良だな。(なお、ランクの決定には、テレビ、雑誌での聞きかじりと、その時の気分が大いに関係しているので、全く公正な判断とは言えない。でもみんなそんなものよね?)
2006/02/24(Fri) 17:11 | URL | suika | 【編集
この映画面白かったけど、確かにsuika奥様の「良」か、あるいはまあ、「優」あたりで妥当なんじゃないかな。私は映画館で見るか、あとは見ないという選択肢しかないから(選択肢なさすぎ)、「良」「優」レベルでも見に行っちゃうこともあるけど。
2006/02/25(Sat) 15:42 | URL | tusumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック