NHKの朝の連続ドラマの主題曲CD「朝ドラ/NHK連続テレビ小説テーマ集」。収録曲は1964年の「うず潮」(全然知らねー)から1992年の「女は度胸」(やっぱり知らねー)まで。

NHKの朝ドラは子ども時代は親が見ていたから必ず見ていたし、学生時代も結構見ていたので前半の曲ならどれも懐かしい曲ばかりかと思いきや、聴いてみるとこれがどの曲も全然覚えていなくてびっくりだ。私はTV主題歌や曲には子ども時代からこだわりがあったので普通の歌謡曲よりは格段によく覚えているのだが、よく見ていたはずの「鳩子の海」(1974年)とか「マー姉ちゃん」(1979年)でもこんな曲だったっけ?とまったく記憶にない。まあ、どれもよく似たポンポロポンという曲調で区別が付かないというのもあるが。

「鳩子の海」だと斉藤こずえがドラマの中で歌っていた「ニッポンよ、ニッポン、愛するニッポン、(中略)まだ戦えるぞ、時間はあるぞ、ドドンがドン」という歌のほうがよく覚えているのはやっぱり歌詞があるせいか?(←これは収録されていない)「藍より青く」もエンディングテーマの「耳をすましてごらん」(本田路津子)の方が覚えているし。同じく見ていないけど曲だけは覚えている「ひらり」(「晴れたらいいね」ドリカム、1992年)や「春よ、来い」(松任谷由実、1994年)なんかは、このCDに収録されてるのが1992年前半までなので入っていない。この「ひらり」以降の主題曲集って出るのかな?

「雲のじゅうたん」(1976年)や「藍より青く」(1972年)あたりの曲ならまだ少し記憶にあるが、まったく見ていない「おしん」(1983年)の方が記憶にあるのは、やはりニュースなどでよく取り上げられたせいだろうか。まあ、見ていないって言えば「おはなはん」(1966年)だってほとんど見ていないのだが、これが記憶にあるのはおはなはんの夫役の高橋幸治がやっぱりかっこよかったからかなー。
関連記事
コメント
「おーはなはーん♪」というフレーズ、わたしの耳にも残ってますよ。お母さんがきっとみていたんでしょうね。でもおはなはんが木に登って来客を見る、というシーンしか思い浮かばないというのはもしかして「なつかしの朝ドラ」なんちゃらかんちゃらの記憶なのかも知れません。でも絶対におはなはんがマイファースト朝ドラだと思います。
朝ドラは、そのときの生活スタイルによって見られたり見られなかったりするのでよーく知っていたり、全く知らなかったりします。今すぐ思い浮かぶのは「ひらり」のドリカムが歌った曲かな。やっぱり歌詞があったほうが判別しやすいですよね。
ところで今日は時効警察の最終回ですね。楽しみに鑑賞させていただきます。
2006/03/10(Fri) 10:20 | URL | いがらし | 【編集
「おはなはん」は結構懐かしドラマ特番みたいな番組でも名シーンとか放映していたしね。

あー、結局今日は「時効警察」最終回だというのにまだDVDデッキを買ってない~。
2006/03/10(Fri) 10:55 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック