時効警察 第9回(3月10日放映)。早いよ、もう最終回ですよ! 今回の脚本・演出は第1回目2回目と同じ三木聡、ギャグのはずしっぷりもすべり具合もゆるゆるな雰囲気も、細かすぎてわからないネタの数々ももう見られないと思うと本当に残念だ。始まる前はドラマ自体には期待していたものの、放映開始時間が23時15分という私の超熟睡タイムのため、1、2回見られればいいほうかなと思っていたのだが、気がついてみれば今期のドラマで全話見たのは結局これだけでしたよ。

ストーリーもミステリーのトリック(?)もそれなりに(←あくまでも「それなりに」)ちゃんと作ってあったドラマだったと思うのだけど、そんなの気にならないくらいコネタ満載、どうでもいいネタの応酬の馬鹿馬鹿しさを存分に楽しめたドラマだった。あのラストから言ってもしかして続編が作られることもあるのかもしれないが、その場合放映時間は深夜時間、早くても10時台でお願いしたい。ヘタにゴールデンなんぞに進出したりしたら(ま、いくらなんでもそれはないだろうが)、あの馬鹿馬鹿しいまったり感は失われてしまうような気がするから。

なお、時効警察のウェブサイトには「霧山です。日曜だけどしばらく眼鏡をかけ続けてみます。日曜日にイギリス人が眼鏡をかける理由もわかったし…って、あんま理由になってないんですけどね」(←月曜日にかけなくて済むから、って何?)「いずれにせよ定期預金を解約した今、趣味を継続するのは難しいんだよな~。三日月君は自分の分の費用は負担するから趣味を続けろ、というけど…う~ん…。いつか再開できるといいな。でないと一生ケツの穴の小さい無趣味生活…マズイな~、それは。」とある。別にマズくはないけど、再開希望者は時効課の面々や三日月しずかさんだけじゃないから。よろしく。
関連記事
テーマ:時効警察
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
最終回だけしっかり見させていただきました。その前にホームページでしっかり相関関係とかインプットしでことに臨みましたよ。なんかぬぼーっとした雰囲気、でも事件を解決していく霧山刑事。タイプです。おもわずノベライズ本に応募してしまいましたよ。つぎはチャングムも面白いから見てみてちょ。
2006/03/13(Mon) 21:11 | URL | いがらし | 【編集
>その前にホームページでしっかり相関関係とかインプットし

そんな~~。あのドラマはそんな予習をしっかりして正座して見るようなドラマじゃないっすよ~。それに霧山くん、刑事じゃないし(時効管理課の職員?)。

チャングムは見てみたかったんだよねー。でも今からだと途中からになっちゃうじゃない。放映時間もやっぱり遅めだし。そこらへんがネックだな。
2006/03/14(Tue) 09:28 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『さよならのメッセージは別れの言葉と限らない と言って過言ではないのだ!』 時効管理課の温泉旅行の幹事になった霧山(オダギリ ジョー)。 行き先を考えている最中、日本のモーツァルト的存在だった天才作曲家・ 雨田潮(ROLLY)が殺された時効事件を見つける。 被害
2006/03/13(Mon) 17:44:12 |  どらま・のーと
 ついに「時効警察」も最終回。今回は小ネタ大放出。これでもかってぐらいにやってましたね。脚本・監督は第一回と同じ三木聡。 心に残りました・・・熊本(岩松了)の息子が市の作文コンクールで入賞。でも、実はそれは霧山(オダギリジョー)が書いたもの....
2006/03/15(Wed) 06:31:15 |  トリ猫家族