神はサイコロを振らない 第9回(3月15日放映、最終回)。うーん。今回の感想はまず、「もったいない」だった。ラスト、悲壮で湿っぽい話にならなかったのはよかったし、過去に戻ってしまった402便の乗客たちが親しい人たちと別れの時を一緒に過ごしながら静に消えて行ったのもよかった。また、現代から消えた402便の乗客たちが、過去を改変したことで実は別世界(パラレルワールド)に行ってしまって、現代の人たちは再び会うことは出来ないけれどもでもどこかで生きているかもしれないという希望の残るラストもよかった。

でもなーーー。せっかくいい役者さんたちを色々揃えていて(私は小林聡美をみるために見ていたが、尾美としのりもともさかりえも鶴見辰吾も市川実和子もよかったし、子役の子がまたよかったし)、テーマもよかったし、ストーリーだってそんなに悪くはなかった思うんだけど、中途半端にコメディタッチで描かれる箇所がドラマの中で浮いていて、せっかくの流れを止めていたようにも思う。

例えば物理学者・加藤(大杉漣)がヤス子(小林聡美)に恋してはしゃぐの鬱陶しかったし、削っても全然問題なかったと思う。その分もっと背景をしっかり描いて欲しかったし(例えば10年前の飛行機が時を越えて出現した時のマスコミや世間の騒ぎっぷりをもっとしっかりと描いてほしかった)、乗客たちと家族の描写がもっともっとあってもよかったんじゃないかと思う。

それに色々細かいところが中途半端な感じがしていた。例えば菊介(武田真治)がなぜあんなウェブページを作っていたのか、とか。あそこら辺の描写が「え? そんなことで?」というあまりの軽さに(その割にはドラマ前半ではそのウェブページの存在である種の緊迫感を生み出していたりもしたし)、拍子抜けして一気に続けて見る意欲がダウンしてしまった。

そこら辺ちゃんと描いていてくれれば、今回の静かなラストがすごく生きていただろうにと思うと残念だし、「もったいない」なのだ。でもまあ、それなりに楽しめたかなー。

しかし。ドラマが終わった後、一番最後に次の新番組「プリマダム」の予告編が入って、一気にぐったりですよ。予告編だけでもう、ご馳走様でした~。
関連記事
コメント
もう恋なんかしないだろうなー。と思う私。
ヤス子よりも年取ってるし、バツ1で、子ども2人いて。だけど私が守るべき家族があって、そんなことにうつつを抜かしてられないってところが本音。男ってめんどくさかったりするし。
ある面そんなヤッチが生き生きと402便の乗客とやりとりし、静かにそれぞれが別れの時を迎えたエンディングはよかったと思う。

人を愛したいとか、愛されたいとか、ちょっと世捨て人にも考えさせてくれたドラマでありました。

次は中森明菜と主演女優(度忘れした)がもう、もめているってうわさのドラマ。やっぱりチェックしたいなー。
2006/03/16(Thu) 14:22 | URL | いがらし | 【編集
人生まだまだこれからですぜ、奥様。恋だけじゃなくて、他にも楽しいことやウキウキするようなことは、結構あるものでございます(沢山あるわけじゃないけどな)。私の場合、これからの季節、花見だ花見、桜ですよ!

で、新番組。私は「プリマダム」の方は心動かないなあ。中森明菜がやっぱご馳走さま感があるのかなあ。
2006/03/16(Thu) 15:00 | URL | tsumire | 【編集
こんにちは~
終わってしまいましたね><

わたしも菊介のHPの件は、緊迫感を持たせたわりには理由付けが甘かったなーと思っていました。
結局なんだったの?みたいな感じです。

コメディタッチですが、賛否両論ですけど
私は良かった派です。
ずっと「事件ドラマ」として描いていくと
かなり重たいものになってしまったと思うので。。

たぶん映画として作った場合、tsumireさんの仰る感じがいいかな~と思いますけど。

余韻にひたってるところに新番組の予告って
遠慮したいですね(==;
プリマダム、スルーします。。
2006/03/16(Thu) 17:46 | URL | ジェシカ | 【編集
こんにちは。
このドラマ、本当に「惜しい感」が否めませんが、tsumireさんがバシッと書いてくれて気持ちいいです。
「プリマダム」どんなドラマになるんでしょうね。私も見ないかも知れませんが…。


2006/03/16(Thu) 17:59 | URL | ミマム | 【編集
こんにちわ、とうとう終わっちゃいましたね。いい所も沢山あったドラマだと思うので、やはり終わってしまうと寂しいです(というか、なかなか新しいドラマになじみにくくなっているせいもありますが)。

コメディタッチの部分も全部が全部浮いていた訳じゃなくて、例えばヤス子と亜紀のやりとりなんか本当に生き生きとしててよかったですよね。それだけにあまりうまくいっていない部分があるとつい愚痴老人になってしまう私です(笑)。同じメンバーで映画というのもこれまた面白そうですね。
2006/03/16(Thu) 21:20 | URL | tsumire→ジェシカさん | 【編集
こんにちわ。
でもこのドラマ、402便の乗客の消え方が本当に静かで、美しいといってもいいような一瞬を描いてたのがよかったですね。消えた乗客の目の前にいたそれぞれの家族も、しばしの間懐かしい夢をみていたかのような気持ちになったのではないかと思うと、見ている方も少しだけ救われるような気がします。

それにしても1クール3ヶ月弱って、短い~~。
2006/03/16(Thu) 21:27 | URL | tsumire→ミマムさん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/16(Thu) 23:51 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『最後の一日 運命は変えられる!』 最後の日に、亜紀(ともさかりえ)と菊介(武田真治)が、 ヤス子(小林聡美)とテツ(山本太郎)のために結婚式をしようと 盛り上がっている。 だが亜紀の気持ちを加藤教授の落書きで知り、 最後の時間は二人で過ごそうと、ヤス子に言わ
2006/03/16(Thu) 17:28:55 |  どらま・のーと
とてもいい形で終わった最終回でしたね。結局、運命を変えることはできなかったけど生きている人の心や気持ちは動きました。大屋本部長の謝罪は胸に響くものだったし菊介を励ま
2006/03/16(Thu) 23:29:23 |  塩ひとつまみ