え? しつこい? まず肝心要の私が忘れてしまう可能性が一番高いので忘備録として。

以前NHKの「乙女屋雑貨店」の制作スタッフの方に私の手持ちの資料を貸し出しした事を書いたが(2月22日「4月8日放映予定NHK総合「乙女屋雑貨店」→3月27日に変更」)一応前の記事の追記でも書いたように放映日日程が変更になり3月27日23時~23時29分になっている。月曜日の真夜中だけど(←私的には)。

昨日帰宅したらスタッフの方から番組案内の葉書が来ていたので、今週号のTheテレビジョンを開いてみたら番組紹介が載ってましたよ。「岸本加世子、野宮真貴、さくらが、少女時代に遊んだ"ぬりえ"の思い出を語り合う。野宮は、'60年代後半にはやった"ファッションぬりえ"を持参し、こだわりの配色を振り返る。ほか、画家・蔦谷喜一の影響で全盛期となった、終戦直後のぬりえブームを紹介」(TheTレビジョン3月31日号)だそうだ。写真右の「マッチ売りの少女」(絵:谷ゆき子)がお貸しした資料。それ以外の「しらゆきひめ」や「おやゆびひめ」のぬり絵はその後入手したもの。

こちらはお貸しした資料が戻って来たのでしまおうとして久しぶりにファイルを開けてみたら、奥の方から発掘されたぬり絵。こっちとかもお渡しすればよかったかも。でも私の場合コレクションの基本は紙製の着せ替え人形でぬり絵の方にはあまり興味がないからなぁ。しかも着せ替え人形は紙製でも何度も繰り返し遊べるけど、ぬり絵は一旦塗り終わってしまうとそれでおしまいだし。

当時リカちゃんものは人形だけではなくこういう描かれた形のぬり絵や紙のきせかえ人形も結構あったようだ。私はスカーレットちゃん派だったので詳しくはわからない。思い返せば結果的にいつもマイナー派になってしまう芽はこのころからあったのか(人形はスカーレットちゃん、ゲーム機はNintendo64、パソコンはMacintosh、ビデオはベータ、住民基本台帳不参加の杉並区在住……)。

リカちゃんのぬり絵の隣にあるのは飯塚玲子のぬり絵。漫画作品はほとんど描いていなかった人だが、私はこの人が描くショウワノートの着せ替え人形が大好きで、この人の作品ばかり重点的に集めていたものだった。でも年代別に作品を並べていくと段々と絵が荒れていくのがわかってちょっと悲しい。

この「乙女屋雑貨店」という番組自体は単発もので、評判が良ければシリーズ化される事もあるそうなので、他のシリーズも見てみたい私としては皆様にもまあちょいと見てみてはとお勧めするところでございます~。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
ハジメマシテ☆
「乙女屋雑貨店」本日、見ました!
……と言っても、普段あまり見ない局なのですが(笑)、しかも新聞の番組欄にもなかったし、本当にたまったま、偶然にやっていたのを見つけて「この番組はなんぞやっ!!」と見入ってしまいました。

タイトルといい、レトロ塗り絵といい、出演者といい……嗚呼(笑)
でもこの番組、単発なんですね。残念。
「次の放送はいつかしら?」と思い、検索してみたところ、こちらに辿り着いた次第です★
2006/03/28(Tue) 00:38 | URL | りん | 【編集
こんにちわ、初めまして。コメントありがとうございます。私も実は(製作の方には申しわけないけど)あまり期待していなかったのですが、思っていたよりもずっと番組としては面白かったなぁと思いました(←えらそー)。ただし今無茶苦茶仕事が忙しいので会社の仕事をお持ち帰りしてやっていたら、気がついたら11時15分!  前半部分が見られませんでした。番宣しておいてこのざまとは(とほほ)。
2006/03/28(Tue) 06:47 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック