カリフォルニアで開催されているGDC(ゲームディベロッパーカンファレンス)で、昨日任天堂の岩田聡社長が色々お話されたそうですが。

 ・任天堂の岩田聡社長、SCEのフィル・ハリソン氏が基調講演(ファミ通.com)
 ・任天堂・岩田聡社長GDC基調講演(Nintendo INSIDE)

私にとっての一番のニュースはこれ。

 ・ニンテンドーDSで『ゼルダの伝説』が発売(ファミ通.com)

ゼルダ、キタ-- (゚∀゚) --------ッ!! ですよ! サブタイトルは「Phantom Hourglass」(幻影の砂時計)、一体どんなゲームになるのか。

任天堂といえばマリオとゼルダ。Nintendo64の「ゼルダの伝説・時のオカリナ」は本当に面白くて楽しいゲームだった。ゼルダの中で草原や荒野を駆け抜けるのは実に爽快だった。そしていろいろな場面での季節や時間の移り変わりが美しかった。エンディングに至るまでの数々の冒険が楽しかった。あのゼルダの感動を再び!

でも今年末に発売って、まだまだ先は長いな……。ところで『脳を鍛える大人のDSトレーニング』開発秘話、「当初、浅田篤役員に相談したら、「これから高齢化社会だから老人向けのゲームを作れば?」とアドバイスを受けた」ですってよ。ろ、老人向けゲーム……。
関連記事
テーマ:任天堂
ジャンル:ゲーム
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック